スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キングとプリンスの今週は・・

2012.04.21 22:58|屋上部屋の王世子
どっちも佳境にはいってきましたね!

今週は先週とはちがって、プリンス>キング。逆転。
あくまで私の好みですが。^^

     rtp-002
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まずキングのほうですが、ボングとジェハの対決 ではジェハ国王、チャレッソ!
兄王暗殺をまるで自慢のように話し、ジェハを侮辱するボングに対して、衝撃と憤怒を必死でこらえて、笑顔で、冗談だろう、と答えたジェハ。

さらに、学生時代の記憶の話、刺されたことは覚えてないが、曇った窓にボングが何か書いたのは覚えている、と。
「My name is ・・・・何だったっけ?Tom?違うよね、Johnでしょ?」
のところでは爆笑!
さらに本人が思い出したくもないボングという名前を思い出しちゃったジェハ。
この一連のシーンは素晴らしかったですね。

完全にキレたボングに溜飲が下がったけど、
これがジェシンへの攻撃の引き金になってしまうなんて・・


もうひとつ、好きだったのは、ハンアが自分をクズと呼んだからと、北に追い出したのを知って、ジェハを叱りまくった母。
「あんたがクズだってのは、全国民が知ってるでしょ?!」
ぷぷぷぷ・・これにはジェハも口答えできなかったね。

ところが・・・
仰天したのは、ハンアの妊娠・流産。
まったく想定外でした。
このニュースを聞いて、
ジェハ母が、「あんたたち、別居だったのに。」と思わず言ってたけど、
私も、思わず、「避妊してなかったの?」

国王の暗殺からはじまって、王女の悲劇、暗殺へのハンア関与疑惑、婚約(正式にはまだだったのかもしれないけど)破棄、ハンア帰国、そして流産・・・
あまりにも暗い話の連続で、このドラマに多少疲れ気味のワタシ・・。

しかもウン・ギュテ室長が、まさかの悪役。
単純な悪役ではなくて、ハンアの聴聞会への召喚をめぐって、二人の間に誤解をつくりだしておきながら、いざハンアが帰国する直前には、自分のせいだと言いだし、ハンアの味方になるようなことまで・・・
何?このマッチポンプは?!

保身をはかって行動しているのか、クズ王子のジェハが王になるのが国のためにならないと思って行動しているのかよくわからん~~~@_@;

言葉が難しいだけじゃなく、こういうややこしいキャラまででてきて・・面白いのは面白いんだけど、
単純に楽しく見られるドラマじゃないのは確かです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


一方、プリンスのほうは、あいかわらず三人組ののんきなシーンが好き。

パクハのバースディケーキのエピやバスケのシーンも楽しかった。
お見合い相手、ヨム(@ヘプムタル)でしたね。
(このひと、いつも誰かと雰囲気が似てると思ってたら、ついに思いついた!
日テレのアナウンサーの枡くん。

三人が、初給料でそれぞれ朝鮮時代にいる家族のためのお土産を買ったシーンは、パクハといっしょになってワタシもウルウル。


虚飾のセナもじょじょに化けの皮がはがれだしたし。そうこなくっちゃ。
でも、悪役のはずのテムがなんだか可哀想になってきて。
自分の父親のせいでセナが自分から離れつつある、と思いこんでいて、セナの心変わりに全然気づいてないから。


そして、今回の一番の収穫?は、ガクと三人組の意図がはっきりしたこと。
彼らは、転生というか生まれ変わりを完全に信じていて、世子が現代に来たのは世子妃の生まれ変わりのセナと会うためで、ふたりがここで結婚したら、過去の世子妃殺害事件のナゾが解けて、自分たちは朝鮮時代に戻れる、と考えています。

正直、このロジックは「」なんだけど。
でも、ドラマの進む方向がはっきりしてきた感じ。
最初は、四人が朝鮮時代と現代を言ったり来たりするのかと思ってたけど、そうじゃないんですね。
このまま現代で、ガク・セナ・パクハの三角関係がどうなっていくか、がポイントで、そのなかで朝鮮時代の事件のナゾや秘密(世子妃の妹への悪事)も明かになるような・・・。
セナの正体がわかって、世子妃の本質にガクが気づく・・とかね。

10話ラストの(パクハ本人にとっても)おもいがけない告白では、
犬がいい仕事しましたねーー。
このときのパクハのあわてかたに大笑い。

パクハ、いろんなことがおきても、しつこくひきずらないで、常にあっさり前向き。
だから、悪役が韓ドラ典型でも、イヤにならずに見られるドラマになってます。

ひとつ不満は、好きなイ・ムンシクの常務の出番が少ないこと。
テヨン失踪へのテムの関与を疑ってるけど、行動起こさないもんね。
まあ、いまのテヨンがニセモノとは思ってないから仕方ないんだけど。
ほんもののテヨン、ほんとに死んじゃったのかな・・・。

最後パクハとハッピーエンドを迎える(と決めてますが・・)のは、ガクなのか、テヨンなのか・・?









スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ

あんにょん。

ヨンスル、笑いますよね。動きも表情もロボットみたいで。
チーム分けじゃんけんでグッパ-(日本でいう)をやったときの裏切りは爆笑しました。

ギュテが悪役か教育係か・・・
たしかに、ドラマ自体がボングをのぞいては、善悪を測りにくいところでの話(南北もそうですし、国際関係の理想と現実もそうですし)なので、ギュテも典型的な悪役じゃないのかもしれないですね。
いまのところ自分のミスを隠蔽しようとしているようにも見えるけど。>_<


>周りが北だ南だと騒ぐのも・・・・

聴聞会での議員のザマとか、かなり風刺してましたね。一方で、できてもいない新世代携帯が完成した、と嘘つく国もなんだかなあ・・でしたが。

ボングはかなりマンガ的に描かれてますけど、いまの対立が続いたほうが得、というボング的勢力が強い現状を作家さんが皮肉をこめてあらわそうとしてるんでしょうね。
非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール&ひとこと

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スクロールはカーソルをあてるとストップします♪

★★ 「秘密の森」が終わってしまい、このあとはイ・ヨニの「再会した世界」を見るつもりです。わりあい評判が良さそうなので。 ★★ ★♪ここへのコメントのかたはこちらをクリック♪

最近の記事

FC2カウンター

訪問ありがとうございます.

USERS ONLINE

現在の閲覧者数:

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。