『ビッグ BIG ( 빅)』 5~6話 かんたんなあらすじレビュー

2012.06.20 17:40|ビッグ
いよいよ、マリの本領発揮。

セヨンも疑問をもちはじめたけど、こんな荒唐無稽な話、まずついていけるのはやはり若者のマリのほうでしょう。笑



     big-5-6-mari-001.jpg

今回はかなりはしょったあらすじです。m( __ __ )m
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


5話

セヨンの家のドアが中から開かれようとした瞬間、キョンジュンが阻止。
ダランの持っている鍵を放り投げ、抵抗する彼女を抱え上げて、マンションの外に連れていく。
戻ろうとする彼女に、どうせ行くのならと石をもたせ、「窓を割って、でてきたセヨンに,紅茶が緑茶に変わるくらいまでぶん殴る!」と言え、と。

big-5-6-001.jpg

ダラン、ユンジェがセヨンとつきあっていたのが明らかになり、ショックが大きい。

肩をおとして、そのまま病院のユンジェのオフィスへ。
ふたりの写真がないのに気づき探していたら、天使の表紙の本のなかに、ロス行きチケットを見つけてしまう。
結婚をやめて自分を捨てることもできず、ひとりで旅立つつもりだったのだ、と思い込む。

マリはあいかわらずキョンジュンにつきっきり。ベッドまわりはマリ一色。

big-5-6-002.jpg

ダランがはかせたペア靴下を脱がそうとするので、キョンジュンがとめて、かわりにマリの写真つき枕は置くことを許可。
マリが眠っているリトルキョンジュンに、「キル先生のところへ行かないで。先生はほかに好きなひとがいてあなたが傷つくだけ。」と言うのを聞き、ビッグキョンジュンはちょっとショック。

ダランが心配で家までみにいくと、酔っぱらって自分をユンジェと見間違えて泣きついてくる。眠ったダランのそばで見守るキョンジュン。

big-5-6-003.jpg


マリは、キョンジュンの財布(というよりそのなかの天使の写真)を探しており、ビッグキョンジュンをだまして家にはいりこみ、探そうとする。キョンジュンは子供用の車ベッドを見られたらまずいので必死で隠す。マリ、いきなりキョンジュンの急所を蹴り上げ、財布をゲット。

big-5-6-004.jpg

爆笑。マリのやることは予想がつかないわ。

セヨンは呼び出したダランに、ユンジェは可哀想な人をほおっておけない性格だから結婚しようとしたのだ、と侮辱。
さらに、ふたりの出会いも、ユンジェが結婚式場で、自分がつきあっていたひとと別れたという話を聞いて急いで自分のところへ来ようとしていておきた事故だった、と追い打ち。

big-5-6-005.jpg

さすがのダランも怒りが噴出、キョンジュンにおしえられたとおり、「紅茶が緑茶に変わるくらいまでぶん殴るわよ!」と警告してでていく。


ダラン、ずっと考え込んでいたが、結婚写真は予定通り撮りたいから、とキョンジュンに協力を頼む。
家では母に、写真撮影のあとで大事な相談がある、と。
母はそのあとダランの部屋で分厚いソックスをみて、もしかして妊婦のはく?・・と早合点。


結局嫌々ながらも写真撮影につきあうキョンジュン。
風船もったり、ふたりで自転車に乗ったり、様々なポージング。

big-5-6-006.jpg

ふたりのようすをチュンシクもカメラで撮っており、それをマリに送る。マリはそのポーズがどうにもキョンジュンのクセのポーズに似ている気がして、眼光するどく写真をチェック。

big-5-6-007.jpg
big-5-6-008.jpg




撮影終了。
ダランは、結婚はやめる、と初めてキョンジュンに告げる。
写真はあくまで思い出のためだった、と。
そうまでして、自分を裏切ったユンジェの思い出をもちたがるダランに傷ついたのか、キョンジュンは最後の写真セッションでいきなりダランにキス。

big-5-6-009.jpg

「これはユンジェの思い出じゃなくて、キョンジュンの思い出だよ。大事にして。キョンジュンのファーストキスなんだから!」
くくく・・ファーストキスのわりに手慣れた感があったけど。笑

ダラン、怒ってキョンジュンを追いかけ回し、ひっくりかえって鼻血。

キス写真は絶対に削除してくれ、とダランが頼む。キョンジュンがグッバイキスだ、と言ってるところへ、スタッフからおとしもので航空券を渡されたチュンシクがやってきて、ユンジェが姉を捨てて結婚をやめる、という話だと思い込み、いきなり殴りかかる。

big-5-6-010.jpg

キョンジュンを外国に送り出してから、結婚中止を言い出すつもりだったダランだが、チュンシクが知った以上、すぐに両親に話さねば、と。両親をきずつけないために、ユンジェのふたまたの話はせずあくまで自分が結婚をやめたいのだ、で通すつもり。


先にチュンシクが帰宅するが、親戚がきていて話ができず。
ダランが帰ってくるが、そのときチュンシクが、母が誤解して用意した妊娠のお祝いのケーキを見つけて話が混乱。
ダラン、ようやく両親に、結婚をやめる話を持ち出すが、理由を、ユンジェが医者をやめるというから医者でない彼とは結婚したくない、と言ったもので、「恋愛至上主義」の母が大激怒。

big-5-6-012.jpg

モップの棒をもって大暴れ。ダランが逃げ出したところにキョンジュンが来合わせる。
「サプライズ~~!」


二人並んで正座。
結婚中止の「ほんとの理由」を、ユンジェが風俗店に行ったのをダランが許せないから、ということに。なぜかそういう店のチラシをたくさんポケットに入れていたキョンジュン。

big-5-6-013.jpg

両親も、そういう理由なら大人のふたりで決めろ、と言う。


ユンジェが悪者になるので、ダランはキョンジュンに外国に行くことをすすめる。
そのとき、ユンジェ母がソウルにきている、と連絡。
母は、セヨンからユンジェの事故の話をきき飛んで来たらしい。
再会した息子のようすがおかしいことにすぐに気づく母。ダランが事故のことを言わなかったのが結婚準備を優先してるからだと思っており、ダランに冷たい視線。

big-5-6-014.jpg

後遺症をなおすために、自分とアメリカに行こうと言い出す母に、ふたりは困り果てる。
キョンジュンは、ユンジェ母とのアメリカ行きを阻止するために、結婚してくれ、とダランに言い出すが、ダランは、なにを馬鹿なことを、という反応。
キョンジュンはどうしていいかわからずせっぱつまる。
ところで、母が前に言っていた6月24日のことはどうなったのかしら。

事故で魂が入れ替わったのだから、もう一度事故を起こしたら元に戻る、と思ったのか、リトルキョンジュンを乗せて事故現場へ。
しかしすんでのところでおもいとどまる。

big-5-6-015.jpg
big-5-6-016.jpg


結局、キョンジュンはユンジェの母に、自分のようすが変なのは記憶喪失だと説明。
母はどうせ結婚を中止したのなら、自分とアメリカに行こうと主張。

ダランはそれを聞いて、それならいっそ、自分がキョンジュンの面倒をみるために結婚する、と言い出す。
しかしキョンジュンは、いつ元のからだに戻れるのか、ずっと戻れないかもしれない、と思い始めており、このままユンジェの大人のからだで生きていくことを考え始めたようす。
12年の差をスキップするために、母とアメリカに行くことにする、と。

big-5-6-017.jpg

ダランは、頭の中を知識で埋めたからって大人になるわけではない、と反対するがキョンジュンの意思は堅く、もどってきたときには結婚してくれ、と言い出す。
「僕は先生のこと好きみたいだから、新しい僕になってもどってきたら結婚して。」
仰天したダラン、ソファのうえにとびのってキョンジュンの頭をはたく。

big-5-6-018.jpg
キュート!そうしないととどかないもんね。

「あんたみたいな高校生にプロポーズされるなんて」と大笑いするダランに、傷ついた顔のキョンジュン。

big-5-6-019.jpg
big-5-6-020.jpg


旅立つまえに病院に寄ったキョンジュンは、リトルキョンジュンを施設に入れようとしている叔父に、彼が18歳になったら受け取れる巨額の信託財産があって、その暗証番号は自分が知っているのだから、ちゃんと面倒をみてくれ、と釘をさす。
キョンジュンしか知らないはずの暗証番号をなぜこの医者が?・・ととまどう叔父。

キョンジュンはマリから財布(と天使の写真)を奪い返し、「キョンジュンの面倒をよくみろよ」と頭を指でタップする。その仕草がキョンジュンと同じなので、またまた混乱するマリ。

big-5-6-021.jpg


ダランが、キョンジュンの家をみにきたときにはすでに彼は出発したあと。
残された、ふたりのキスの写真に思わず笑み。

キョンジュンは、ユンジェ母と空港。最後に名残惜しげにふりかえる。

big-5-6-022.jpg


一年後。

教員採用試験に合格したダラン。
友人の結婚式に同僚エギョンと来ている。エレベーターで並んだ男にふと気づく。

big-5-6-023.jpg
big-5-6-024.jpg

「キョンジュン?!」
しかしその男は知らぬフリ。
「・・・ユンジェさん・・?」
ゆっくりダランのほうを向き直ったその男は・・・?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6話
 
ダランは直感的にキョンジュンだと思うが、友人に結婚式に来た、と言われてまた混乱。
ユンジェかと思ったり。
しかし「Uh・・・Oh~~」というキョンジュンの口癖でやはりキョンジュンだとわかる。

ふたりはそのまま披露宴席にすわり、ダランは一年ぶりにあったキョンジュンの顔をさわったりついつい親しげにふるまってしまう。

big-5-6-025.jpg

まわりの友人たちは、もちろん破談になったユンジェとダランだと思っているのでざわざわ。キョンジュンに言われてやっと状況が把握できたダラン。
キョンジュンが先に席を立ってしまい、ダランが(いかにも破談になった相手に未練があるかのようで)恥ずかしい目に。
友人たちが興味しんしんで彼女に近づいてきたときに、キョンジュンが戻ってきて、ダランを連れ去ってしまう。

キョンジュンは、母がセヨンとくっつけようとして大変だから、それを防ぐために結婚しようと思ってる、相手はキルティーチャーしかいないから助けてくれ、と頼む。
ダランが年相応の恋人を見つけたらいい、と言い出すが、このからだで女子高生を追いかけたら犯罪だ、と。
ぷぷ、確かにそうだ!

しかしダランは、やっとユンジェのことを忘れられたのに、いまさらユンジェの顔がそばにこられても困る、と拒絶。
車から降りたダランを見つめながら、「会いたかったよ。僕をキョンジュンと呼んでるくれる唯一の人だから。」とつぶやく。

big-5-6-027.jpg


キョンジュンはまた元の家のもどっているが、部屋には医学書らしいものがどっさり。
いくら勉強したからって、実技もしないで医者になるつもりじゃないでしょうね・・。

病院にきたユンジェ、マリに再会。
一年間ずっと面倒見てくれていたマリに感嘆するビッグキョンジュン。「自分がキョンジュンを好きなせいで、彼が愛するママをなくしたんだから、自分はずっと彼を好きでいる決心をしたの。そして彼の最愛の人になるの。」と話す。

big-5-6-028.jpg

義理堅さに感心してマリの頭をタップすると、またキョンジュンを思い出しとまどうマリ。


キョンジュンの叔父夫婦は、医師のユンジェが信託のことなどなぜキョンジュンについていろいろ知っているのか疑心をもっており、キョンジュンの父親サイドの誰かかも、と言い合う。

キョンジュンは学校にきて
校監先生にリトルキョンジュンの欠席状況を確認。ダランとのことを聞かれて、実は自分がふられて、自分の不足なところをなおしてまたやり直してもらおうと思ってる、と宣言。

big-5-6-029.jpg


キョンジュンは、しつこくダランに母に会ってほしい、と頼むが、ダランは拒絶。
またもや自分をお子様扱いされて腹をたて、家の新婚家具を片付けろ、と意地悪を言い出す。
ダラン、まだ新婚家具そのままにしてたの?!

しかたなくダランは荷物を片付けはじめるが、キョンジュンは掃除もしていけ、と言い、自分で洗剤を買いに行き、一番汚れの落ちにくいのを探す。
かわいい~~長くダランにいてもらおうとするなんて。


ダランひとりのところに、ユンジェのオフィスの荷物をとどけにセヨンがやってくる。
ふたりはにらみあい。

big-5-6-030.jpg

セヨンのほうは、ユンジェをめぐっての女の争いと思っているが、ダランのほうは、お子ちゃまキョンジュンのすまいにセヨンのようなセクシーな女性が出入りすることを心配。
なんとか、ヨンジェ(の見かけ)のなかみは19歳の男の子だと説得しようとするが、もちろんそんな話は通用せず。
爆笑。セヨンに魂のいれかわりを推測しろといっても無理だよねーー。


困ったダランは、むりやりセヨンを追い出してしまう。
そこにキョンジュンがかえってきて、ダランがセヨンを追い出したときいて嬉しそう。
「(ダランのいうとおり)自分は幼稚で子供みたいなんだ。」とセヨンに言う。
セヨン、「あなたはもともとそんなひとじゃないのだから、元通りになるまで待つわ!」宣言。

家にはいったキョンジュンは、ダランがユンジェのもちものだった写真などを大事そうに見ているのでショック。
キョンジュンの寝室の医学の本などに驚くダラン。
中身はまだ子供なのに、と、またキョンジュンを刺激してしまい、キョンジュンがダランに迫るふり。

big-5-6-031.jpg


学校ではナ先生が、この一年間、結局ダランにまったく言い寄れなかったことを後悔。
エギョンに、叱咤激励でスタートの合図のためにハートを銃で打ち抜く仕草をしてくれ、と頼む。

big-5-6-032.jpg

ふたりのようすをみてまたまた校監先生がいやらしい方向に誤解。



キョンジュン、ダランの家の店に行こうとするが、(もちろん両親からは悪く思われているので)入りにくくて躊躇。しかも、ふたりが包丁やめん棒をもっているので、想像は暴力的な方向へ。

そこにマリが偶然やってきて、ふたりは公園で持ち帰り餃子をたべる。

マリの目に砂がはいり、視界がぼやけたとき、ユンジェの姿がキョンジュンに見えてしまう。

big-5-6-033.jpg
big-5-6-034.jpg

「こすらないで、涙といっしょにでるから。」まさにキョンジュンに言われた気持ちになるマリ。


ヨンジェの母がダランに電話をして、ヨンジェの住んでいる家を売るつもりだから荷物を片付けるように言われる。
ダランは、キョンジュンがあの家を大事に思っているのを知っているので困る。


リトルキョンジュンの病室に、セヨンがきていて、看護婦からユンジェ(ビッグキョンジュン)がここに寄った、ときき変な胸騒ぎ、問い合わせて、ユンジェとキョンジュンが同じ事故に遭っていたことを知る。
同じ事故で、ひとりが意識不明、ひとりが記憶喪失、ということがわかり、考え込む顔。


ナ先生とエギョンがダランの店にきて、父母はダランの相手にちょうどよさそうな候補の到来に上機嫌。
そのようすをのぞきみていたキョンジュンは、帰ってきたダランに、悩みがある、と打ち明け、家から遠ざける。
悩みはもちろん口実で、アイデンティティ混乱の悩みを適当にでっちあげるが、ダランは一生懸命答えを考える。



マリは、キョンジュンとユンジェの感じがあまりにも似てることがどうしても気になる。
そこに叔父さんが訪れ、キョンジュンとユンジェがどういう関係か、マリに尋ねる。ユンジェがキョンジュンのことをすごくよく知っているのだけは確かだと答える。
叔父さんから、ユンジェが、キョンジュンの母が買い与えた家を購入した、と聞かされ、それもひっかかかる。
チュンシクに会ってそのことを伝えると、彼はユンジェが事故後に変になった、となにげなく言い出す。事故、ということばにマリの目が光る。


ダランとキョンジュンは喫茶店にいる。キョンジュンを誘惑しようとする女性が出現。
恋人か、と聞かれて「ああ・・うう・・」とどもるダラン。

キョンジュンは、テーブルの飴をとりだし、自分をつりのエサにたとえ、たくさん魚がいるわけでなく、魚はダランしかいない、寂しいつり場なんだから、キョンジュンというエサに頼むからくいついてくれ、と。

big-5-6-035.jpg


そのころマリはキョンジュンの家の塀をのりこえ、ガラスごしに中をのぞき、車型ベッドを発見。窓を足で蹴ったりしていたが、いきなりデッキチェアを投げつけ窓ガラスを割る。

big-5-6-036.jpg
ひえーーー。猟奇的少女から暴力少女にグレードアップ!


ダランは、ふたりがこういうふうにいっしょにいれば、人目にはユンジェとよりをもどしたと見えてしまう、と。
キョンジュンは、これからも会うか、二度と会わないかふたつにひとつだ、とダランの決断を迫る。
しかしダランは、ユンジェの顔をもう二度とみたくない、と答える。
「必死で気持ちを整理したのに、ユンジェの顔をしたあなたをみて、気持ちが揺れない自信がないの・・。」
キョンジュン、しかたなく、「もう会うのはやめよう。」と言って去っていく。
キョンジュンが去ったあと、彼ののこした飴をみて、ため息。

big-5-6-037.jpg
恋愛感情はなくても、どうしてもキョンジュンをほおっておく気にはなれないみたい。

マリ、ガラスで腕を傷つけながらも中にはいり、キョンジュンの寝室で彼の子供のころからのロボットのおもちゃなどを見つけ、ユンジェがキョンジュンだと確信。

そのとき、キョンジュンが帰宅。
マリをみてびっくり。
「アジョシ、医者でしょ?私けがしたの。治療して。」
ためらう彼をみて、
「アジョシも血がこわいの?キョンジュンもよ。・・医者じゃないでしょ。・・キョンジュンなの?」
その瞬間、「キョンジュン!」と呼びながらダランが入ってくる。

思わずフリーズする三人。

big-5-6-039.jpg
big-5-6-038.jpg


to be continued・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんな序盤で、韓ドラ得意の「一年後」スキップがあるとは・・。

正直、ちょっととまどってます。
ホン姉妹独特のスラップスティックなお笑いが少ないので。

それに、やはり見た目と中身が違うというのは、混乱するわーー。
コン・ユがすごく上手く演じてるし、とくに一年後、ちょっと成長したけど、まだ高校生のキョンジュンらしさが残ってる感じがよく出てる。
・・が、見ている方としては、いまキョンジュンがどれくらいの成長過程にいるかをいちいち考えて見ないといけない気がして、メンドクサイ。
しかも見た目はユンジェだし。
ダラン以上にこっちも頭がグルグル

あっさり元にもどって、身も心もキョンジュンが、キルティーチャーを追いかけてほしいくらいです。(泣き言)


マリが知った以上、話がもっとこんがらがってきそう。ついていけるかしらん。@_@;




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール&ひとこと

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スクロールはカーソルをあてるとストップします♪

★★ 「秘密の森」が終わってしまい、このあとはイ・ヨニの「再会した世界」を見るつもりです。わりあい評判が良さそうなので。 ★★ ★♪ここへのコメントのかたはこちらをクリック♪

最近の記事

FC2カウンター

訪問ありがとうございます.

USERS ONLINE

現在の閲覧者数:

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ