スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幽霊 GHOST (유령) 9話 あらすじレビュー

2012.06.29 09:45|幽霊
「牛」、踊るわ歌うわ、大活躍。
ガンミ失笑、ウヒョン苦笑、視聴者爆笑。

ghost-0035
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ghost-9-001.jpg

ファントムファイルの殺人動画の現場がこの別荘(15号)だったと気づいたウヒョン。
ヒョンミンに、一年前の殺人事件の調査で来た、と言うが、彼は動揺を見せず、ウヒョンにウイスキーを勧める。
二階への階段のかげにはジェヒが隠れている。
例の動画でもウイスキーを飲んでナム代表が死んでおり、不安はあるがそれをかくしてウヒョンはグラスから一気のみ。
「絶対に事件の真相を明らかにする。」と言い捨てて、去る。

ウヒョンがでていったあと降りてきたヨム・ジェヒ、ウヒョンが過労死でなく他殺だということを記憶しているのだろうか、とヒョンミンに尋ねる。

その声を盗聴器が拾い、別荘入り口付近にいた車中のクォンチーム長が聞き、愕然とする。

その直後に、彼らの車の横をウヒョンの車がすりぬけていき、サンウ、スンヨンも驚く。
すぐにでも中に踏み込みたそうなクォンだが、違法捜査(盗聴)なのでサンウが引き留める。
ジェヒと話している相手がウヒョンと会ったのは間違いない、と悔しがるクォン。
サンウに、ヨム・ジェヒを監視し続けろ、と命じる。


帰宅したウヒョンをガンミが尋ねてきて、動画の殺人の被害者がナム代表だと知らされる。
彼はセガングループの財務担当理事だったが、独立してCK電子の代表になったおいう経歴。2,011年6月に過労死で死亡したことになっている。


一方、ハン刑事は、クォンに頼まれていたとおり別荘の持ち主について調査、セガングループのものだと報告。
さらに、ナム代表死亡事件に関して、夫人が、夫の死後、娘をふたりも留学にだし、母を高級な施設に入れる、など、明らかに富裕になっている。
保険金20億を入手した、との情報がある。彼女は、事件当時、解剖に強硬に反対した、と。
ハン刑事は、クォンには言わなかったが、メモのキム・ソクチュンという名前をみつつ何か考え込んでいる。
ソクチュンというのはウヒョンの父ですね。
ここでなぜかれの名前がでてくるんだろう・・


キヨンは、ヘミョンリゾート、ナム代表、運動靴の男(ジェヒ)、ハッカーのデハングループ、それらすべてがチョ・ヒョンミンとつながっている、とガンミに話す。
ガンミも、ヒョンミンがファントムという線が濃厚だと知る。
しかし、一年前の5月16日にナム代表が殺され、29日に女優シン・ヒョジョンが殺されたその両日、ヒョンミンはそれぞれ出張と休暇で国外にいた、と。
キヨンはヒョンミンの個人情報をハッキングで手に入れたらしい。
ヒョンミンが犯人がどうか確信がもてない状態。
ガンミは正式な捜査を求めるが、ナム代表が他殺だと知っているのは自分たちふたりだけで証拠もないのに無理だ、とキヨンは否定。
とりあえず、ガンミがナム代表の死亡直前の行動を調べ、キヨンが夫人を調べることに。
ガンミは、もし真相が明らかになったら、殺人の場にウヒョンがいたことがバレ、ほんとに彼が共犯だったら、ウヒョン=キヨンが責めを負わされる、と心配する。
キヨンは、「ウヒョンを信じている。彼はそんなことはやらないはずだ。」とだけ答える。
ナム代表事件の犯人が女優事件の犯人だから、それをつかまえれば、なぜウヒョンがその場にいたかもわかる、と。


ghost-9-002.jpg

ヒョンミン、ヨンジュからクォンチーム長もナム代表事件を追っていると聞く。
警察内部の情報ではまだ正式調査ではない、とヒョンミン。
この内部情報、いったい誰が漏らしてるのか知りたいわ。
チョン局長?まさかハン刑事? 



ヨンジュの線から別荘の件がウヒョンに漏れたのかも、と推測したのか、ヒョンミンは彼女に、携帯やPCのセキュリティを厳重にし、ブラックボックス(車載カメラ、ドライブレコーダー)もほかの機種に変えろ、と命じる。


ウヒョン=キヨンが、ナム代表の夫人を訪問。
夫人はキム・ウヒョンという名をきくと意味ありげな表情になる。
外では監視中の車がある。

夫人宅に、クォンが先客としていたために、ふたりはおたがいにびっくり。

ghost-9-003.jpg

くくく。お互いなんでこいつが・・という表情で笑える

夫人は、夫の死が過労死で心臓マヒだ、と強く主張。
死亡時のようすから、解剖の必要はないと思った、と。

ghost-9-004.jpg


外にでてくると、クォンの車のタイヤが切られパンク。
しかたなくウヒョンの車に同乗して、車内をあちこち探るが何も出てこない。
ウヒョンは車をとめて、なんでチーム長がナム代表を他殺だと思って捜査しているのか?と詰め寄る。
「ナム代表事件で真相を明らかにしたいのか、それとも隠したいのか?」と皮肉な言い方をするクォンに、ウヒョンは「自分は真犯人をつかまえたいのだ。」と強い口調。

ghost-9-005.jpg


そのとき、ラジオ番組の混線で前回と同じ、「セガングループがすべて監視している!」という声が聞こえ、そのあとはうめき声。
驚いたウヒョンとクォンは地元のインジュ放送に向かう。


ガンミは、ナム代表の秘書から、当時の運転手が第一発見者だったと聞き、インジュにあるその自宅を訪ねるが数日間留守、財布を置きっぱなしで不審に思う。

放送局で調査中のウヒョン、局の担当者もなぜ混線したかわからない、と当惑。
そのとき、ガンミからの電話連絡があり、彼女の話の後ろで聞こえてくるPRの歌声が、問題の男の声の後ろできこえてくる騒音と同じことに気づく。

ghost-9-006.jpg


ghost-9-007.jpg

ウヒョンとクォンも、運転手のアパートに急行、彼が拉致されたらしいと推測。
しかも、コンセントタップからウヒョンが盗聴器を発見。

ghost-9-008.jpg
ghost-9-009.jpg


さらに、彼らの車のなかからも盗聴器が見つかり、尾行もされている。
尾行車に、自分たちが盗聴を知ったと気づかれないように、やかましいナイトクラブに博士とテギュンを呼び出し、事情を説明。
ラジオから盗聴音声が流れたのは、周波数の調整ミスでラジオの音声と混じったのでは、というのが博士の推測。
うーん、でもあの音声って、前にも流れて二回目でしょう?
偶然だったら一回のはずなのに。なんかヘン。



自分たちが盗聴に気づいたとわかったら、拉致された運転手が危険なので、自然に振るまえ、とクォンの指示。

ghost-9-011.jpg
わざと盗聴させるために、クォンが振り付きで、テティソの「トゥインクル」を歌っているのが爆笑。
よく隣のジソプ、わらわないでいられるわ・・。


尾行車にわざと盗聴させて、犯人がつかっている盗聴用の周波数を割り出したガンミ。

ghost-9-010.jpg



ヒョンミンは叔父の会長といっしょに、会長の思い出の居酒屋を貸し切りにしている。
祝い事のあるたびにここに来るという会長、今回は息子のジェミンを副会長にする件を株主総会にかける、と切り出す。

ghost-9-012.jpg

ヒョンミンも(内心を隠して)、会長の意志に従う、と笑顔で同意。

ジェヒを会社前ではりこんでいるサンウとスンヨン。
ジェヒのヒョンミンとの通話を盗聴、警察が警備会社からCCTVの映像を入手したが「まだ見つけていない」と話しているのを聞く。


ghost-9-013.jpg

自分たちが何をまだ見つけていないのか、気になったサンウ、署にもどる。
盗聴の受信機をスンヨンに預けた?いいのか、民間人に。苦笑
このとき、ジェヒのデスクのうえの盗聴機のUSBが意味ありげに写ってたけど、ジェヒが盗聴に気づいているという意味だとあとでわかりました。



ユン常務が、インジュ市で民間人査察(盗聴)事件に警察がタッチしはじめた、と報告。
「ナム代表事件が表面化すれば、最大級のスキャンダルです。グループ自体が揺れ動くほどの。」
さらに、ナム代表のノートブックPCの行方は一年間捜してもまだ見つからない、と報告。
「いまや、のこっているのはキム・ウヒョンだけですね。」とヒョンミン。

ghost-9-014.jpg
どういう意味かな・・あとウヒョンを消せば完全犯罪ってこと?それともあとはウヒョンだけがノートブックの行方を知っている可能性があるということ?



ほかにも盗聴されている者がいないか街を走ってチェック、インジュ総合病院のひとりの医師も同じように盗聴されていると判明。
彼が、ナム代表事件で、自然死だと判定した医師だとわかり、ナム事件への関係者が盗聴されているという関連性に気づく。
代表の夫人も同じかもしれないと、ウヒョンとクォンは、その自宅は向かうがそこも荒らされており、夫人の姿はない。その場でクォン、わざと声をあげ、「運転手のイ・ジョンヒョンの居場所がわかった!」と嘘をいい、盗聴者に聞かせる。
目的はセガンのものたちが運転手を別のところに移動するようにしむけ居場所を見つけること。
狙いどおりに彼らは動き出す。

ガンミ、病院前を張っていたが、セガングループの者たちが急いで病院内に走っていくのを目撃、病院内に運転手が監禁されていたのだと気付き後を追う。

ghost-9-015.jpg


そのころ、警察庁では、サンウが例の別荘のCCTV映像を再チェック中。
事件当夜、セガングループのある関係者の車が正門をはいっていくのを発見。
さらに、その同じ人間が、運転手の口座に、一年のあいだ、定期的に入金していることをハン刑事から知らされる。
うーん、このハン刑事の情報が出るタイミングがよすぎて、彼がヒョンミンへの内通者じゃないか、って感じがするんですけど。
この関係者というのがラストで判明。



セガンの者たち、精神病棟から運転手をむりやり救急車で運ぼうとしたが、そこにクォンら警察が到着。

ghost-9-016.jpg
ghost-9-017.jpg

ghost-9-018.jpg

運転手を無事確保。
ひどくおびえたようすだが、ナム代表殺害当時の目撃証言を始める。

ghost-9-019.jpg
ghost-9-020.jpg




セガングループでは、株主総会が進行。
予定どおり、会長の息子ジェミンが副会長に選出され拍手が起こっているその瞬間、クォンがはいってきて、ジェミンをナム代表殺害容疑で逮捕する。

ghost-9-021.jpg
ghost-9-023.jpg



一方、ウヒョンは、ナム代表夫人の家から、運転手のところへ急行していた途中で、いきなり車前に飛び出してきた夫人に止められる。
ひとけがなく盗聴の心配のないところにきて、彼女が告白をはじめる。
ウヒョンらに前に会ったときも盗聴されているので真実を言えなかった、と。

夫死亡時にも本当は解剖を強く要求したが、そのたびに、娘が事故にあったり、家に火を付けられたりした。盗聴器を一度捨てても、またいつのまにか設置されており、そうしてこの一年監視されつづけていた、と。

ghost-9-022.jpg

なぜ自分にこういう話をするのか、とウヒョンが尋ねると、
「キム・ウヒョンさんだから。夫はあなたにノートブックを預けた、と言っていました。犯人の手がかりになるものがそのなかにあると。どこにあるのですか?」

ghost-9-025.jpg

おもいがけない話に呆然とするウヒョン=キヨン。

総会会場では、ジェミンの逮捕にかすかに笑みを浮かべるヒョンミン。

ghost-9-026.jpg




to be continued・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うーん、どうやら、ナム代表殺害事件の犯人にジェミンを仕立て上げて、グループ乗っ取りへの一歩を踏み出すようですね、チョ・ヒョンミン。
結局、クォンチーム長もウヒョンも彼の思惑どおり動かされているだけ。
これをもしクォンが知ったら、暴発するくらい怒り狂うかも。

チョン局長がクォンに事件を調べさせたのもこのためだったのだから、やはりチョン局長ーヒョンミンラインがあり、ですね。

チョ・ヒョンミン、黒幕なので動きは少ないけど、存在感が出てきてます。
一年以上かけてこういうことを仕組むなんて、すっごい粘着体質・・>_<


いまはヒョンミンの思うつぼであやつられてるクォンとウヒョンだけど、ふたりがチームを組み始めたのは確かなので、いずれ反撃してくれるでしょう。


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール&ひとこと

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スクロールはカーソルをあてるとストップします♪

★★ 「秘密の森」が終わってしまい、このあとはイ・ヨニの「再会した世界」を見るつもりです。わりあい評判が良さそうなので。 ★★ ★♪ここへのコメントのかたはこちらをクリック♪

最近の記事

FC2カウンター

訪問ありがとうございます.

USERS ONLINE

現在の閲覧者数:

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。