幽霊 GHOST (유령) 11話 あらすじレビュー

2012.07.05 17:01|幽霊
今回カメオで出てきたチャン・ハンジュン監督。
夫人のキム・ユニさんが「幽霊」の脚本家。

たまたま、昨日放映のBSJAPANの「最高の愛」第一話のさわりを見ていて、そこでもカメオで出てたので、つい笑ってしまった。
今回のはかなり台詞も多いカメオでした。楽しそうだったわ。^^


ghost-0035

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ウヒョンはハン刑事がノートPCを入手したことを知り、ガンミに連絡。
ガンミも、ゴルフ場のキャディから、自分のまえに来た刑事がハン刑事だと聞いている。
ハン刑事が、真犯人の警察内協力者の一人とはとても思えないガンミだが、ウヒョンは誰も信じるな、と。

ウヒョンは、チームに電話をいれるが、ハン刑事が庁に戻っていないのを知ると、ハッキングにより彼の携帯の位置を調べ、最後にいたのが川辺休憩所と知り急ぐ。
ガンミもほぼ同時に休憩所に到着し、周辺を調べるがハン刑事の姿はなく、ベンチの下に彼の手帳が落ちている。

ghost-11-001.jpg

そこに書かれているのが、「キム・ソクチュン。ナム・サンウォン。キム・ウヒョン」の名前と、事件当日のナム代表の足取り(ゴルフ場など)を調べたメモ。


一台の車が激しく蛇行、ガードレールにぶつかり、最後には倉庫に激突して止まる。
運転席のハン刑事は動かず。

ghost-11-002.jpg



いらいらと何かを待っているクォンだが、ハン刑事事故死の連絡がサンウの電話にはいる。呆然とするチームメンバーたち。同じ知らせは、ガンミの携帯にも。

ghost-11-003.jpg


ghost-11-004.jpg

事故現場に到着したサイバーチーム。
飲酒運転事故だという現場警官の非難めいた口調に怒りが抑えられないクォン、車内で動かぬハン刑事の名を呼び続ける。
ガンミとウヒョンも到着するが、言葉をうしなう。


翌朝。
スンヨンが、ヨンジュが書いたこの事故の記事を読んでいる。

セガンのヒョンミンの元に、ミン常務が飲酒事故という結論がすでに出たので心配ない、と報告。
入手したPCをどうするか、と聞かれて、秘密を知るものは少なければ少ないほどいいから、廃棄する、と答えるヒョンミン。
ハン刑事と会ったときのことを思い出す。


回想。

ふたりは初対面のようす。
ヒョンミンが面会を求めたらしく、ジェミンが犯人ではない、真犯人は別にいるということを知らせたかったのだ、と言う。
静かなところで話そう、というヒョンミンに、「なぜサイバーチームのなかでよりによって自分に連絡してきたのか?」とハン刑事が尋ねる。
「見つけてはいけないものを見つけたから。」
そういうヒョンミンの後ろからあらわれたのが、ジェヒ。


ghost-11-005.jpg

ハン刑事は、ヒョンミン側の人間じゃなかった・・。ナム代表を捜査している途中で、なんらかの方法でPCの存在を知った、ということなんですね。
でも、ヒョンミンはどうして、ハン刑事がPCを入手したとわかったのかな。
ウヒョンの実家をジェヒにでも見張らせていた?



ヒョンミンが、ハン刑事を殺して手に入れたPCのなかには機密文書が6件はいっている。


通夜の席。
憔悴したハン刑事の妻と息子の姿がある。

クォンは、もともとウヒョンへの疑惑からチョン局長の言われるままナム代表事件を調べ始めたことや、自分がハン刑事に事件の背景調査を頼んだことを思い出し、忸怩たる思い。

テギュンは、飲酒運転などするはずないハン刑事が飲酒事故という結論でさっさと事件が処理されたことに憤っている。

クォンは、ウヒョンに、当夜、ハン刑事がいるかどうか確認の電話をしてきた理由を聞く。
ウヒョンはそれに答えず、逆に、ハン刑事が最後に通話した相手がクォンだった、と暴露。
「ハン刑事が何を調べていたか一番知ってるのはチーム長だろう!」
ふたりは一触即発のふんいきになるが、通夜席だということを思い出し、言い争いを止める。

ghost-11-006.jpg

クォン、「おまえがハン刑事の死にちょっとでも関わってたら、俺がぶっ殺す!」
クォンの捨て台詞に、ウヒョンは、
「真犯人を一番つかまえたいのは僕です!」と。


記者のヨンジュが、警官が飲酒運転事故を起こしたことへの非難記事を書いて、チョン局長がいらだっている。
「アルコール血中濃度0.1%という証拠があるし、友好的な記事ばかり書くわけにはいかないです。」とクールなヨンジュ。

そこに、クォンとサンウがはいってきて、去り際のヨンジュに、このまえもらった名刺を忘れ物だ、と示していきなり握りつぶすクォン。
非難記事を書いたヨンジュへの怒りがふつふつ。


飲酒事故という結論をさっさと出した上層部への怒りがおさまらぬクォン。
暴発しそうな彼をなだめるサンウ。

ghost-11-008.jpg

クォンは、当夜、電話してきたハン刑事は酔った声ではなかった、と反論。
電話は二度あり、一度目はてがかりになりそうなノートPCがある、ということを知らせてきたもの。
そのときクォンもちょうどスンヨンから、そのPCの存在を知らされたばかり。
二度目の電話は、PCをもって庁に帰るところ、という連絡。
ああ、ハン刑事が車中から電話をいれていたのはヒョンミンではなく、クォンだったんですね。ヒョンミンサイドのスパイなんかじゃなかった・・。
視聴者もだまされかけました・・


そのときも声は酔っていなかった、とクォンは断言する。
彼は、自分の指示する捜査の途中で、ハン刑事が死亡したことが慚愧にたえないようす
「いったいなにが起きたのか絶対に明らかにせねば!」


斎場にのこってたガンミは、自分が警察にはいった当初、失敗ばかりのときハン刑事が「最初はみなそうだが、最後の姿が大事なんだ、頑張れ。」と激励してくれたことを話しながら涙をこらえる。

ghost-11-009.jpg


ハン刑事が警察内のスパイではないのは明らかだ、とガンミ。
ウヒョンも、PCを入手した真犯人がハン刑事を殺したのだ、と確信。
「ハン刑事の汚名をそそがないと。」と決意するガンミ。


そのころヒョンミンは問題のノートPCのハードディスクをとりだし、その内容をすべて消去。

ghost-11-010.jpg

ひええーーーこれで証拠隠滅は完全?!



ウヒョン=キヨンはハン刑事の手帳に残されたメモ「ルナバー」から探るというが、ガンミは手帳のほかのぺージに、「セガングループ秘密資金事件ファイル」と書かれているのを見つける。
驚くウヒョン=キヨン。

彼は、警察大学をやめたあと、青瓦台、警察庁などをハッキングして事件の資料を調べようとしたが、公判の一審の途中で被疑者が自殺、事件は収束し、誰が告発したか、などまったく記録は残っていなかった、と説明。
そんなはずがない、と憤るガンミ。
この事件の記録をみれば、ハン刑事が、ナム代表、キム・ウヒョンとその父の三人に関して何を見つけたからわかるはず。
コンピュータに記録がないなら、記録保管室を探すようにガンミに指示。
しかしガンミが捜しても結局なにも見つからず。
事件は完全にもみ消された、ということ。
ガンミのようすを蔭から探ってるものがいる。



一方、クォンは、事故現場のプレハブ倉庫をみにいき手がかりをさがす。
ハン刑事が夜10時半にたばこをカードで買ったのが最後で、事故発生の12時までのあいだに犯人が事故を偽装したはず。

ghost-11-011.jpg

犯人がハン刑事にアルコールを注射して意識のない彼を車にのせ、車を始動させたと推測。70キロ以上の速度であればアクセルを固定するものがあったはずだが、それは現場でも見つからず。

サンウからの連絡で、ハン刑事がナム代表のカード明細中、「ルナバー-」への支払いにマークしていたことを聞く。


ウヒョンもそのバーを尋ねるがすでに1年以上閉店。
不動産屋?家主?からハン刑事がきて聞き込みしていったことを知らされる。
バーのオーナーの夫の仕事を聞いていた、と言われ、興味をもつが、その夫の名刺はちょっとまえにきた「牛」みたいな刑事に渡した、と。

ghost-11-012.jpg
この家主のアジョシ、キム・ウニ作家の夫のチャン・ハンジュン監督のカメオ出演ですね。
妙にリアルな演技。



ウヒョンは、ナム代表のメモから、その事務所(興信所)を探しあてるが、すでにクォンが先行。
しかたなく、ジャージャー麺配達員にたのみ岡持ちに盗聴器をつけてクォンが聞き込みをしてる事務所に持って行かせる。

クォンは社長を脅しつけて(暴力も加味しつつ、笑)、ハン刑事が調べた内容を全部聞き出す。

ghost-11-013.jpg


・・・一年前、ナム代表が、キム・ウヒョンとその父キム・ソクチュンの二週間の素行調査を頼み、前金の70万だけ払ったが、調査終了時には依頼者が死亡していたのだ、と文句まじりに言う社長。
ハン刑事はここで、ナム代表と、ウヒョン親子に何かつながりがある、と知り(手帳に三人の名前を書いた)、しかし、この時点ではクォンには報告はしていなかった、ということですね。


ghost-11-014.jpg

ナム代表の調査の依頼内容は、セガングループの人間にウヒョンが会っていないかを知りたいということで、社長は、ウヒョンが誰かと会った写真を全部撮った、と。
クォンが、その写真を持ってこい、というが、社長はハン刑事に黄色い袋に入れて渡した、と。

ずべて盗聴していたウヒョンは、クォンがそこから出てきたのをみて事務所内にはいり、盗聴器を回収したうえ、当時ほんもののウヒョンを尾行した社長に、
「俺を知っているだろう・・俺がこのひとと会ってたか?」とヒョンミンの写真を見せる。

ghost-11-015.jpg

社長は本人の出現に仰天しつつ、肯定。
さらにもうひとり男がいた、と言う。その写真も撮ったという。
このシーン、社長をウヒョンが怒鳴りつけたとき、ひさしぶりにジソプの怒鳴る演技を見た気がして嬉しかった。←ヘン?!笑


クォンにサンウから連絡があり、ハン刑事がクォン宛にはじめにPCを見つけたと連絡してきた場所が判明、ウヒョンの実家だった、と。
タリラーーーーン・・これはマズいかも。



ghost-11-016.jpg

担当検事がナム代表殺人事件の中間報告。
ヒョンミンにとりこまれている検事が、捜査の結果、チョ・ジェミンを容疑者として起訴する予定だと報告。
ほかに、裏金問題、民間人査察問題についても追起訴を検討中だ、と。
それを聞いている会長は憤怒の形相、検事総長に連絡しろ、と側近に命じる。
しかし面会に行った先では、会長を避けたのか検事総長は留守、会長の怒りは頂点に。

ghost-11-017.jpg


ヒョンミンは、13年前の自分のように、信じていた人間にひとりづつ裏切られる気分を会長があじわっていることに満足。

ghost-11-018.jpg


13年前の回想。

セガングループが、大統領選挙で一候補者に、違法に選挙資金を提供したとして、当時のチョ・ギョンムン会長(ヒョンミン父)に疑惑が集まっているさなか、外国にいたヒョンミンが帰国。
空港でマスコミに囲まれる。
会社の車にのると、ナム理事(当時セガンの財務担当理事)が、疑惑を認めたら軽い処罰ですむはず、会長は体調が悪いし、息子のヒョンミンが罪を認めるように説得したほうがいい、と言う。
ヒョンミンがアジョシと呼んでいたくらいだから、親しいし信頼してたんでしょうね。

父は、疑惑のようなことはしていない、とヒョンミンに否定していたが、父の体調が心配だったのか、ヒョンミンはナム理事のアドバイスどおりそれとなく罪を認めるように勧める。

ghost-11-019.jpg

その後、父は逮捕され、公判では、現在のナム事件担当検事がここでも担当、
ナム理事はじめ部下がいっせいに会長を裏切り、会長の指示で、大統領選の候補者事務所に資金を持っていった、と証言する。
さらに、特捜チーム長だったキム・ソクチュンは、会長が罪を認めた、と証言。
傍聴していたヒョンミンは、その場にいた叔父が笑みをうかべているのを見てしまう。


ghost-11-020.jpg

ghost-11-021.jpg
ghost-11-022.jpg


結局、この一審裁判中にヒョンミンの父は自殺・・・。





サイバーチーム。
テギュンが、花が手向けられたハン刑事のデスクでぼんやり。

ghost-11-023.jpg

いつもハン刑事がコンピューターに疎いことをからかっていたことを後悔している。
事故の日も、電話で一年間使っていなかったPCをどうやってオンにしたらいいか、と電話できかれ、面倒くさそうに答えたことを思い出す。
ハン刑事は、テギュンに言われたとおりに、ロードマスターのなかの車両用バッテリーをPCにつないでオンにし、なかのファイルを確認、驚いた表情をみせる。

まさにそのときに、クォンにPCを見つけたことを電話連絡していた。

ghost-11-024.jpg
ウヒョンの実家に止めたあった車中ですぐにPCを確認したんでしょうね。
ロードマスターってなにかわからないけど、サイバー捜査に必要なものをもちはこぶ一式、みたいな感じ?




ガンミはそれを聞いて、ハン刑事が使ったロードマスターを所轄警察署に探しにいき、確認。
ハン刑事は、サイバー捜査の基本どおり、証拠のPCを開けるときには万一の毀損に備えてハードディスクのコピーをしていたことを知る。

ghost-11-025.jpg

ghost-11-026.jpg

アッサー!コンピューター音痴といわれつつもちゃんとやることはやっていたハン刑事。偉い!



ウヒョンは所轄署でハン刑事の遺留品をチェックするが、黄色い封筒はなく、すでに廃車工場に送られた事故車を確認に行く。
事故車を見つけたとき、クォンがあらわれ、黄色い封筒をふりながら、「探してるのはこれか?!」と声をかける。

ハン刑事は、捜査中重要な証拠があれはスペアタイヤのところに隠していたのだ、と。

ghost-11-027.jpg

ウヒョンは、渡された黄色の封筒のなかの写真をみて、ヒョンミンと本物ウヒョンが同席している写真を確認。

「おまえはハン刑事のことなど何も知らないだろう?なんであんなことをした?!」
そう怒鳴っていきなりウヒョンを殴りつける。

ghost-11-028.jpg

「ハン刑事は、おまえが疑わしくてもさらに確認してから報告しようとしてたんだ!最後までおまえを信じてたから、俺にも秘密にしてたのに。
おまえ、なんでハン刑事を殺した?!ナム代表も、おまえが殺したのか?!」

ghost-11-029.jpg

「犯人は、ウヒョンじゃないです。キム・ウヒョンは死んだから、ひとを殺せない。
シン・ヒョジョン、ナム代表、ハン刑事、みなひとりの犯人が殺したんです。
そしてそいつはもうひとり殺してる。キム・ウヒョンを。
キム・ウヒョンは爆発事故で死んだんです。僕は、パク・キヨンです、」

衝撃の告白・・!!

ghost-11-030.jpg

to be continued・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先週のエンディングから一週間、
ハン刑事をてっきりヒョンミンの手先と疑っていたワタシ。
ミアナムニダ・・合掌。

わかってみればすっごい優秀な刑事さんだったわけでこの痛手は大きいかも。でも弔い合戦の意味でキヨンと牛が協力してほしかったのに、
なんと正体を「牛」に告白してしまった・・。
もうここまできたら隠せない、と観念したみたい。
ヒョンミンとウヒョンがつながっている証拠写真まであったら、「牛」の追求を免れないから。
もともとウヒョン=キヨンかもしれないと疑っていた「牛」、このあとどういう行動にでるのか・・?
キヨンの話をどこまで信じるか、
ハッカーで犯罪者でありながら、警察になりすましたキヨンをどうするのか・・・?


スポンサーサイト

Comment

\(^▽^)/!

komachiさん~
こんばんは

やっと折り返しの11話。
面白くは見れています

でも
同僚愛 親子愛 友情は少し描かれてますが
もう少し 人間を深く描く部分もあれば もっと感情移入できるのに・・
なんて 思ってしまいます。
事件の謎解き部分は 面白いですけどね・・・

昔は 日本も推理ものの面白い作品あったのに~
なんて 見ながら考えてしまいました。
今放送されている MONSTERS や トトリ 
見てみましたが ・・・ (^_^;)
韓国ドラマも好きですが やっぱり日本のドラマ 映画にも頑張ってもらいたいです。
このままだと 本当に廃れてしまそうで・・・心配(←1ファンとしてですけど・・)


ラスト キヨンであることを明かし ここからの展開楽しみです。
あっと驚く スパイも隠されていそうだし・・
最後まで楽しめそうです~~
でも、サインのような結末・・・勘弁してください(ーー;) 

pi-koさんへ

こんにちは。

幽霊楽しんでられるようで嬉しいです。
たしかに、プロフェッショナルな部分やデジタル犯罪に関するところに重点がおかれてるドラマで、人間ドラマの比重が少なかったですね。
そんななかで、クァクトウォンとジソプのかけあいは楽しかったです。
ガンミとキヨンのラブラインがもうちょっとあってもいいと思うのですが。v-344

サイン、面白かったですが、私もあのラストはちょっと・・・
後味のいい終わりかたではなかったですね。

幽霊、このあとも、いろんな反転があるとおもうので、楽しんで見てくださいねー。^^



非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール&ひとこと

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スクロールはカーソルをあてるとストップします♪

★★ 「秘密の森」が終わってしまい、このあとはイ・ヨニの「再会した世界」を見るつもりです。わりあい評判が良さそうなので。 ★★ ★♪ここへのコメントのかたはこちらをクリック♪

最近の記事

FC2カウンター

訪問ありがとうございます.

USERS ONLINE

現在の閲覧者数:

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ