スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『相続者たち 상속자들 』6話 あらすじレビュー

2013.10.25 17:23|相続者たち
本格的に学園ドラマに。

ヨンドの存在感がありすぎじゃないでしょうか。良い意味か悪い意味かは別として。


   heirs-6-00009.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



チャンヨンが、ヨンドとタンのにらみあいの現場からウンサンを引っ張り出す。

タンとその場を去ろうとしたラヘルをヨンドがつかみ、
タンとヨンドのふたりは、泣きをみるのはそっちだ、的なジャブの応酬。

「怖かったら学校かわれよ、俺はオモニが理事長だから転校できないし。」とタン。
「ほお、オンマとオモニを使い分けるんだ。」と皮肉っぽい笑いのヨンド。
タンが一瞬緊張した顔に。

heirs-6-h-004.jpg


やっと生徒の輪が解散。
ボナの友だちは、「うわさのキム・タンをやっと見られたわ。悪魔って聞いてたけど、めちゃかっこいいし。」
しかし、ボナから、タンがあのルックスでいじめっ子だから悪魔で、自分の初恋の相手だ、と聞いてびっくり。


ラヘルは、ウンサンの転校にタンが関わっているのか、と詰問するが、答えはNO。
「自分の意思なんていつも関係ないんだ。おまえとの婚約のときと同じく。」


チャンヨンとふたりになったウンサン。
彼が、キムタンの正体(帝国の次男)を教えてくれなかった、と文句を言う。
しかしチャンヨンは、そんなことよりもっと目の前に問題がいっぱいあるから、と冷静。

heirs-6-h-003.jpg


校内は、厳密なカースト制になっていて、一番上が経営権相続者。ヨンドやラヘルが所属。いわゆる財閥二世。
二番目が株式相続者。経営権までは承継できないが、すでに大株主。ボナがこれ。
三番目が名誉相続者。大手弁護士事務所の息子のミョンスや、検事総長・長官の家系のヒョシンがここに所属。

そしてラストが、自分がやウンサンのいる、社会配慮者グループ。
大企業の秘書室長の息子のチャンヨンでも最下層のスードラ(不可触選民層)だという恐ろしい話をきき、ウンサンは気持ちが底まで沈み込む。
チャンヨンは、それでもウンサンには自分という味方がひとりはいるからマシだと。


教務室に来いという連絡があり、ウンサンは担任に会い、手続き書類を書くが、親の職業を書く欄でちゅうちょ、まよって、「主婦」と記入するが、担任から家政婦だと聞いている、と指摘されてしまう。
担任とウンサンとの会話を聞いていたのが、まえにヨンドにいじめられていたメガネの生徒。
この子、「オバカちゃん注意報」でナリの片思い相手の俳優志望青年。


クラスで転入生として紹介される。
一人の生徒がいきなり、「どういう資格で入ってきたのか?」とぶしつけな質問。
クラス全体が興味しんしんの視線。
フリーズしてしまうウンサン。

そのとき、自分も転入生だから、といきなりタンが前に出て自己紹介をはじめたために、ウンソンは窮地脱出。
「平凡に過ごしたい。」と自己紹介するタン。
タン、すくなくともヨンドとつるんでイジメをやってた時代に戻る気はないようです。


タンの家。
タン母が、ウンサン母を捜していると、白ブラウスに黒いスカートをめくって浴室のそうじ中。
衣装がヘンだと指摘されて、「気分転換に。」と筆談。
ぷぷぷ、ウンサン母、ユニーク。
これってチョン・ドヨンが賞を取った「下女」のパロですね。あのヒロインも家政婦だったけどねーー。


おきにいりのブラウスがクリーニング中ときいてがっかりするタン母。

彼女は、正妻のギャラリ-を訪れ、このまえぶたれた意趣返しに来たらしい。
正妻、無視しようとしたが腹立ちをおさえられず、
「私たちふたりがいっしょのとこ見られたらダメでしょう!」

heirs-6-h-002.jpg

たしか1話のあたりで、愛人のタン母が夫と別に住んでいたらよけいに噂になるから家で同居させてる、みたいに言ってたよね。タン母の存在って、外部に知られてないってこと?
でも使用人の口に戸は立てられないと思うけどな。こういう上流社会ってゴシップ好きじゃないの?



タン母、診断書をもってきて、全治二週間だから正妻を訴える、と居丈高。
やれるならやってみなさい、とひかない正妻。
このふたりのけんか、笑えるわーー。
診断書に対人恐怖症、という診断があって、正妻、「私は『対人(テイン)』じゃないの?!」タン母「ちがうでしょう、大人(テイン)なら168cm以上ないと。」
ぷぷぷ、正妻さん、小柄だもんね。




放送室にきたタン、ヒョシンと旧交をあたためる。
ボナがはいってこようとするが、タンをみて逃げ出す。

ロッカーで友だちにタンのことを、「ほんとに嫌いだけど、かっこいいのは認めるわ。」と話している。

ミョンスは、廊下をやってくるウンサンをみて、会ったことがあるような気がする、といいだし、どうせクラブでしょう、とボナの友だちに嘲笑われる。
ミョンスは明るくウンサンに声かけ、
「中学からあがってきたんじゃないなら、どっちだい?社会配慮者か『成金』のどっち?」
答えにこまるウンサン。
ボナのともだちは、ウンサンに、
「タンともヨンドとも知り合いみたいで、ボナも知っていて、チャンヨンが手を引っ張ってったし、ラヘルはめちゃ嫌っているし、いったいあんた何者?」
あはは、いきなり正確な分析。
ボナ、それでもウンサンのことをなにも言いふらしたりしないのはいいとこあるじゃない。そんなことしたらチャンヨンに嫌われるけどね。笑


タンがやってきて、ウンサンのことを『成金』と呼び、話しがあるからついてこい、というが、無視してウンサンは反対方向へ。



ヨンド、とおりがかったウンサンに足をひっかけ、腕をつかむ。
タンとの関係を尋ねるが、直接本人に聞け、と相手にしないウンサン。
怖がらないウンサンに、
「おまえは今日から俺のものだ、『パシリ』さ。」とちょっと脅す。
そこにタンが介入、ウンサンを行かせる。
「友だちになろうとしてるんだろうが。」むっとするヨンドに、おまえには友だちは似合わない、すぐに捨てるくせに、とタンが言い捨てる。
ほんと、仲悪いねーー。先がおもいやられます。


タンは、ウンサンに、自分を避けてるのはしばらく正体を明かさなかったせいかと尋ねる。
どっちでも、自分がドン底だというのは変わらない、というウンサン。
「泣いた?」タンの質問に答えはない。

heirs-6-h-005.jpg

ウンサンは、自分を『成金』と呼んだことを非難。嘘がバレたら困るのに、と。
とにかく無難に卒業したいのだ、という。
タンは、自分のそばにいたら安全だし、ヨンドも避けられる、と。
しかし、ウンサンは、ほかの生徒が自分を見るのも、ヨンドが近づくのもタンのせいで、自分が避けないといけないのはヨンドじゃなくタンだ、とバッサリ。
「私のこと知らないふりをしてちょうだい。」
うーむ。一理ある。


タンはチャンヨンを訪ねてミョンスのアジトへ。
受験準備のための部屋のつもりがアジトになったもの。

PCを修理してあげているチャンヨンに、ウンサンの正体(家政婦の娘)を口止めする。
親友の自分にそんな必要があるのか(言うわけないだろという意味)、とむっとするチャンヨンだが、
「長年の知り合いこそ潜在的な敵になる可能性が多いんだ、俺の住む世界ではな。」
ヨンドに、実母のこと知られた件を言ってるのかな・・

そこにボナがはいってくるが、タンをみて一目散に逃げ出す。
自分に未練があるらしい、というタンに、ポンコツの車に未練なんて、と返すチャンヨン。


暗い顔で帰宅したウンサンに学校のようすを聞く母。
ウンサンは泣きそうになりながら、アルバイトをするからここを出よう、と懇願。
しかし母は口のきけない自分を長くやとってくれたのはここしかない、と。
「オンマが口きけないの、私のせいなの?!・・なんでこんなふうにしか生きられないの?!」
泣き出すウンサン。
オンマに辛く当たってしまって・・でも社会のせい、とか言ってもなんの解決にもならないしね。。。


夜。
ワインセラーにタンがいると、ウンサンがやってきたので、また隠れる。
ウンサンは、母とのやりとりのあとで涙の残る顔。
PCをとりだし、制服の中古がないか調べようとするが、ついぼんやり考え事。
タンからメールで、「会おう」。
しかし、いきなり後ろからタンがあらわれ、驚かせる。
ウンサンの手のにおいをかぎ、「隠れたばこじゃないし。」と冗談。

タンは、明日いっしょにランチを食べよう、と誘う。
「元の学校に戻るか、そうでなければ『成金』のふりして卒業まで俺のうしろに隠れてろ。どっちもイヤでも明日はいっしょにランチだ。」


翌日。
ウンサンは食堂でひとりで食べようと席に着くが、メガネの生徒ジュニョンが自分の席だと彼女をどかせようとする。
小さな声で、
「自分がウンサンの母の仕事まで知っている、ぜったいにほかの生徒に嘘がバレないようにしろ、自分はすぐに転校する。僕はむりだったけど、君はがんばれ。」などと早口でささやく。

そこに、ヨンドとその手下がやってきて、ジュニョンの両側にすわりいじめだす。まるでいつもの習慣のよう。
ウンサンが、見かねて注意しようとしたときに、タンがやってきて、止めて、ひっぱって行く。

ウンサンは、きのうタンが自分とランチを食べろ、と言ったのがいじめを避けるためだったとわかり、おどろく。
「(予想できたのはイジメが)自分が始めたことだから。いっしょにやってたんだ。」というタン。
こういうふうにウンサンに言える、ってことはもうそういうことは卒業したんでしょう。


そこにヨンドがやってきて、むりやりウンサンのとなりにすわる。
ウンサンが席をたとうとしても許さないヨンド。
あきらめて、
「食べましょう。」と言って食べ始めた、肝の据わったウンサンのようすに、
「ほら、これだから気になるんだよ。」というヨンド。
タン、あきれた顔。


音楽室で生徒たちは休憩中。
タンはミョンスに、かれのアジトのこときき、タンとヨンドの写真もある、と聞かされる。

そこにヨンドが手下を連れてあらわれ、みなにそとにでるように命令。
「ほかの生徒には聞かせられない話だから。」

ふたりだけになると、いきなりタンに転校しろ、と言い出す。
「妾の子のくせに、なんて言葉が俺の口からでるまえに、チャンスをやるんだよ。」
顔色がかわるタン。
「なかよくやれるわけないな。」

heirs-6-h-006.jpg



いつものバイクショップにいるヨンド。
チキンの配達にきたウンサンをみておどろく。

しばらくしてまた配達にきたウンサン。
追加注文をしたのがヨンドだとわかり、しかも当人が目の前で、ウンサンはパニック。
自分がバイトしていることが(つまり『成金』でないことが)バレそうなため。
それがわかって、自分の携帯番号を保存しろ、となかば脅すヨンド。

heirs-6-h-007.jpg



夜、帰宅したタンは、杖を突いて歩く練習中の父に、兄の話をもちだす。
「あした時間をあけろ、兄さんをつれもどす。」と父。


翌日。
体調のわるいウォンはホテルの部屋でヒョジュの看病をうけている。
そこに会社から呼び出しの電話。

土曜日なのに、タンを連れて会社に来た会長。
タンは、まさか会社に来るとは思ってなくて、パニクってすぐに去ろうとするが、
父は許さず。

会議室に陣取った父、よこにタンをすわらせる。
土曜日に、いきなり呼び出された理事たち、ゴルフの途中らしい理事もいて、突然の会長のよびだしに戦々恐々。

ビジネスの報告が続くなか、ウォンが遅れてやってきて、タンがいることに驚愕。
そのとき、いきなり父がタンを次男だ、と紹介。

heirs-6-h-008.jpg

みなが男前だ、大きくなった、と賞賛。
ゴルフウエアの理事はタンの叔父。(第二夫人の弟?)

タンの顔見せが目的だったのか会長はすぐに解散を宣言。


兄とふたりになったとき、タンは自分の意図とはちがった、と弁解。
ウォン、「なにも知らないで行動してどういう結果になるかわかるだろ。」冷たく言い放つ。

heirs-6-h-009.jpg

タン、「何を知らなくても、何をしなくても、自分がいるだけで兄には邪魔 兄さんには誤解されるのにどうしろと?」

さすがに答えのないウォン。


せんたくもの干し中のウンサン。
晴天をみあげうらめしそうに、「昼は成金、夜は家政婦っていったいなんなのよ。」
愚痴もでてくる。

シーツを干し終え、バイト前にちょっと一眠り。
タンが、そんなウンサンの寝顔をじっとみつめる。
はがれかけてる絆創膏をはってあげると、母と勘違いしたウンサンがねごとのように、
「ちょっとだけ・・バイトまでちょっとだけ寝るわ・・」

heirs-6-h-010.jpg
デジャブだったのは、似たシーンが「主君の太陽」のテヤン・カンウの初対面のシーンにあったから。

ウンサンが起きると、さおにドリームキャッチャーがかかっている。

タンは、自室で丸まってベッドの上に。
ウンサンの現実的なお金の悩みもシビアだけど、タンの悩み(兄との確執)は答えがなくて、かれの孤独が染みます。



ラヘル母のエステル、このまえの事故のようなユン室長とのキスを思い出しているところへ、電話がはいり、てっきり彼からかと思ったら、当人が目の前で仕事中なことに気づく。
プライドがきずつき、電話をしてこないことをなじる。
お互いさま、といわんばかりのユン室長。
よりせっぱつまっているほうが電話番号を手に入れる口実を探せるだろう、とユン室長はクールに言って去る。
まさか不倫するつもりはない、ってことですね。

ウンサンは担任に、奨学生資格について聞くが、同級生たちはアイヴィリーグもめざそうような子たちで勝てるのか、と鼻から相手にされず。さらに、授業料は免除でも課外活動(ゴルフなどから選択)の費用を支払うように、と言われて、いつまで私服なのか、と追い打ちまで。

掲示板で放送部の奨学金つきPD募集のビラをみたウンサン、さっそく部長のヒョシンに会い、『成金』が制服買う金がないのか、と皮肉を言われながらも、お世辞もせいいっぱい使って試験をうけさせてもらえるように頼む。

heirs-6-h-011.jpg



メガネ男生徒ジュニョンがまたヨンドにいじめられている。
彼の告げ口が会社の秘書室にまで行った、と言いがかりをつけ、暴力をふるう。

heirs-6-h-012.jpg

とうとうジュニョンが反撃。
どうせ転校するんだから、と叫んで、バッグでヨンドに殴りかかり、ほおにひっかき傷をつける。
しかし、ヨンドに柔道の背負い投げで放り投げられて、しかも踏みつけにされる。
遠巻きの生徒たちは無言。
ウンサン、ヨンドの容赦なさにさすがに震えがとまらず。


ヨンドが去ったあと、かけよってなぐさめようとするが、タンがそれを止める。
「弱者のそばにいたら、自分もいっしょに弱者たちにされてしまうだけだ。」と。
ほかの生徒のだれも、ジュニョンに見向きもしないことに気づき、タンの言うとおりだと思い知る。


ラヘルは、名札を返せ、とウンサンをエステクラブまでよびだし、
「あんたが成金かどうかなんて知らないけど、うちは先祖代々ずっと金持ちなの、だからあんたとキム・タンがセットで噂されるのはまっぴら。」
10万Wを駄賃 車代だと放り投げていくラヘル。
ヨンドも、弱い男の子いじめてないで、コイツを殴ってくれたら見直してやるのに。


ヨンドがまたコンビニでラーメンをたべようとしてると、ウンサンが水をもって外のテーブルへ。
前とおなじように、突っ伏して寝るウンサンのまえに座り込むヨンド。
彼女の足をけとばし、
「こんなとこでなんでいつも寝てるんだ?こっちが守ってやりたくなるだろうが。」
ウンサン、相手がヨンドと気づき、まずいとおもって寝たふりのまま。

heirs-6-h-001.jpg


そのとき、タンからヨンドに電話がはいる。
「ラーメン、うまいか?」
ヨンドがおどろいてみまわすと、通りの向こうからタンがこちらを見ている・・・・!

heirs-6-h-013.jpg


to be continued・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ヨンドの態度からは、まだウンサンにどういう気持ちかわからないねーー。
ウンサンがビビってるように、イジメの対象にしようとしてるのか、
タンへのイヤがらせなのか、
それともほんとに関心があるのか。

もちろん、ワタシは三番目が希望です!
・・・ちゃんと更正するのが先決だけどね。


やはり、タンの実母問題が、ふたりの確執の原因だったようです。
でも、ほんとの友だちなら、生まれがどうとか言わないのが友情でしょうが、大人の事情とは関係なく、ね。











スポンサーサイト

Comment

はじめまして

初コメさせて頂き来ます。
詳しいあらすじ、有難うございます!
リアル視聴しているんですが、どうしても聞き取れないところがこちらでクリアになり、感謝感謝ですv-353
特に6話は意味不明なところが多くて、助かりました!

アメリカでの最初の2話が、映像も美しくて内容的にも良かったので、最後まで質を落とさず頑張ってもらいたいな~と思っている次第です。
(結構尻すぼみなドラマ、多くないですか?)

また、お邪魔させてくださいませv-344

はるはるさんへ

こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

> アメリカでの最初の2話が、映像も美しくて内容的にも良かった、、

そうでしたねー。
ロスの青い空や農園風景がとても印象的で、タンの孤独もよく描写されてました。

私は学園ものは好きじゃないのですが、このドラマはセリフなどが皮肉っぽかったり、風刺がきいてたりで、これまでのところ面白くみてます。

おっしゃる通り、韓ドラはどうしても途中からはライブ撮影的になって、やっつけ仕事にありがちなのが問題ですが、このドラマはどうでしょうか。f^_^;

ロケ見てると予算もありそうだし、準備期間も長かったんで、期待してます。(^_−)−☆


”ルシファー”はエンジェルになるんでしょうか

こんにちは。 相変わらず信義祭りをやっています(笑)。

このドラマはレビューを拝見したところ、花男とキャンディキャンディを足したような感じですか?

ヒロインがどうも苦手で見る気がおきないので、こちらのブログを楽しみにしています。
(シヌヒョン@ミナミシネヨをソデにした恨みが・・・っていつの話だか。 別のドラマで共演していますね。つまらなさそうだったので見ていませんが)

シネちゃんは上記のドラマでシスター役でしたね。 ルシファーは彼女によって救われるのでしょうか。

この作家さんは、主人公がヒロインを見初めてアタックする展開が早くないですか? 前作でもそうだったし。 私が今、信義を見ているからそう思うのかもしれませんが。

ミノくんはネットでお顔がパンパンな写真を見て驚いたことがありましたが、ちゃんと絞ってきたのですね。さすがプロ。

やはりいい男は影のある役がよく合いますね。

高校生役ですが、洋服着ていれば大丈夫のような気がします。サービスなんでしょうけど、上半身裸はやめたほうが良かったですね。 
実際の高校生は、老けた顔していても、もっとなんていうか、違う体をしていませんか?
ミノくんはいろいろ知っちゃった大人の体つきですよね。

また引き合いに出して申し訳ありませんが、ヨン様とジウ姫よりずっと高校生に見えますって・・・。

ヨンドがマンガちっくな顔してて面白いです。 

これからもレビューを楽しみにしています。

では。 

ぽにょさんへ

こんばんは。

私の記事では伝わらないと思うのですが、このドラマは、素材は高校生もの、なんですけど、セリフや演出が大人っぽいというか、花男とは雰囲気が違ってます。
皮肉っぽさや斜にかまえた感じで、ミンホくんの役柄もアンニュイな感じもあり・・。
そこら辺が、ワタシには期待以上に面白いドラマになってます。

シネちゃん、苦手という韓ドラ女性ファンが多いですね。
私は、彼女とかシン・セギョンとか、素朴な感じのある女優さんがわりと好きなんですよね。

> シネちゃんは上記のドラマでシスター役でしたね。 ルシファーは彼女によって救われるのでしょうか。

今回の役は、ミナミシネヨのときのような「イイ子」ではなくて、ひたすら現実的で自分本位なところもある子として描かれてます。
かなりな苦労人だし。

ミンホくん=タン、のほうはすでにいじめっ子卒業したようで、いまはヨンドがルシファーを一手に引き受けてます。笑
私はヨンドとウンサンカップルにも期待してるので、彼女の影響でルシファーが善人に更正するのを待ってるのですが。


> 高校生役ですが、洋服着ていれば大丈夫のような気がします。・・・  実際の高校生は、老けた顔していても、もっとなんていうか、違う体をしていませんか?

あはは、含蓄のあるコメント、勉強になりますわ~~~。

たしかに、めちゃセクシーなv-344からだです。笑
ついでに、チェ・ジニョクも着替えシーンがあって、ほんのちら見ですが、サービスしてくれてました。彼は首が色っぽいです。v-10

> また引き合いに出して申し訳ありませんが、ヨン様とジウ姫よりずっと高校生に見えますって・・・。

そうそう、あれはかなり無理があった・・・v-391

ぽにょさんも、ヨンド=キムウビンに注目していてくださいねーー。
もうすでに、キてる子ですが、スター性がありそうで期待してます。^^


変化

こんにちは
海外ロケから国内のシーンになると面白くなくなることが多く
主役以外の話も時間の都合でカットしていいドラマが多いのですが
このドラマはそういった脇役の話も意外と楽しめています。

リアルタイムでsoompiやフェイスブックをチェックしたドラマは
初めてです。
今週は「ごめん、愛してる」のユンの家が登場するので、時間が経って
どこまで建物が変化したか楽しみです。

ユンの家

こんばんは。

高校生の話かーと、放映前は多少侮っていたのですが、面白くて毎週楽しみになり始めました。
(^_−)−☆

ラヘルとボナの口喧嘩と、タン母と正妻の口喧嘩が同レベルで笑えます。(≧∇≦)

オモ?!
ユンの家ですか?
誰かの邸宅という設定でしょうか。
なつかしいです。
あそこはほかのドラマでも使われている有名な家ですね。

非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール&ひとこと

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スクロールはカーソルをあてるとストップします♪

★★ 「秘密の森」が終わってしまい、このあとはイ・ヨニの「再会した世界」を見るつもりです。わりあい評判が良さそうなので。 ★★ ★♪ここへのコメントのかたはこちらをクリック♪

最近の記事

FC2カウンター

訪問ありがとうございます.

USERS ONLINE

現在の閲覧者数:

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。