スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『相続者たち 상속자들 』14話 あらすじレビュー

2013.11.22 17:41|相続者たち
ヘンな大人が介入しないと、若者は成長し、こうやって↓恋もちゃんとすすんでいきます・・。   

heirs-14-top.jpg
14話


タン、ロックされたドアを蹴飛ばし続け、開けないと殺す、と絶叫。
とうとうドアをぶちやぶったタン。
ヨンド、ウンサンをうしろに避けさせ、タンのパンチを受ける。

heirs-14-uy-001.jpg

タンはさらに、イスをふりあげるが、ウンサンが必死に抱き留める。
ヨンドは殴り返すわけでもなく、ただウンサンをじっと見つめている。

タン、イスをおろして、ウンサンを部屋のそとにだし、ヨンドと対決。
その胸ぐらをつかんで、ウンサンに関わるなと言ったろう!とつめよる。
しかし、ヨンドは、タンがウンサンを放さないのがわるい、と言う。
ウンサンを守るのは自分だと、前に言ったことを繰り返すヨンド。

ヨンドとの際限ない争いにうんざりしているタン。
しかし、ヨンドは、
「おれはおまえに勝つことだけで、母との最後の食事を逃したんだ。
おまえをみるたびに自分を殺したくなるんだよ!なのにどうやっておまえとの争いをやめられる?」
涙さえうかべて吐露するヨンド。

しかしタンは、自分はそのときもほかのときも最善をつくしたんだ、と弁解。
それがいっそうヨンドを怒らせる。
タン、「おまえはむかしもいまも、人を不幸にさせることで自分も不幸にすることに全力出してるんだ。
なんでいつまでも変わらないんだ?」
それがずっと聞きたかった、視聴者も。

heirs-14-uy-002.jpg

ヨンド、
「自分だけ変わったって?『もっとおおきな戦い』だって?くそったれ。
婚約破棄だと?どうせいづれ父親のまえで土下座するだろ。いまやってこいよ。
それとも、こんどもウンサンをかわりに土下座させるのかよ。
おまえのは大きい戦いじゃなく無謀な戦いさ。」
しかしタンは、びくともせず。
土下座してもまた立ち上がればいい、そうやってつづければいつか倒れない日も来る、と。
「おまえはずっとそこにいろ。チェ・ヨンド。俺はもうそこにはいない。」
くうううーーーめちゃくちゃかっこいいんですけど、タン。
ヨンドを黙らせちゃいました。



タン、ドアの外にいたラヘルを無視、ウンサンをひっぱって去る。
ラヘル、むかっ腹でヨンドに、タンの秘密を放送しようとしたことを非難。
しかしヨンドは、バラすつもりはもとからなくて、ただちょっと誰かと会っただけ、とぼんやりしたままつぶやく。


ウンサンは、ふたりの絶え間ないけんかの理由が単なる三角関係じゃないと察知。
「俺はずっと後悔してるし、ヨンドは自身を恨んでいるんだ。。」
あのトッポキ屋の件がここまでひきずるとは・・・そのあとタンがアメリカに行ってしまってヨンドのハケ口がないままだったのかな。

ヨンドはいつになくしずかな口調でラヘルに自分とラヘルが似ていることを話す。

heirs-14-uy-003.jpg

・・タンはラヘルに希望をあたえたことは一度もなく、政略結婚の婚約なのに、しがみついているラヘルのほうがルール違反で、しかしラヘルは自分のほうが悪いとは絶対に認められないだろう・・
「俺も同じさ。ただ意地を張ってるだけ。」
ラヘルもめずらしくかみつかずに黙って聞いている。
タンが原因で自分は小学生のままなのに、相手が大人になっていったらイヤ、ということですね、ぶっちゃけ。


ウンサン、ふたりの因縁をきかされ、タンとヨンドのほうが恋愛関係みたいだ、と嘆息。
「こんなミルタン(押したりひいたり)、ほかにないよ。」
タンのカレーで汚れた制服を洗ったのはウンサン。
手洗いか?とからかわれて、怒って「脱いでよ!」とウンサンがいうと、機会を逃さず(笑)、「いま?ここで?」脱ぎたがるタン。

チャンヨンはボナにまだ怒っている「ふり」で彼女を無視。
床にすわってダダをこねてるボナ。


イェソルはウンサンに、ミョンスのアジトにおきわすれたオーディションの台本を持ってきてくれないか、と頼む。自分はもう行けないから、と。OKするウンサン。
ウンサンも自分を嗤ってるだろう、というイェソルに、
「この学校の子はなんでほかの子が内心どう考えてるか疑いたがるのかしら。育ち方が悪いわ。謝りかたもしらないし。」と嘆息。
イェソル、わかれぎわに「ごめん。」と。


アジトの先客はヨンド。
台本のあり場所をウンサンにしめし、出て行こうとするが、ウンサンが顔のけがのためにばんそうこうをさしだす。それをとらずに出て行くヨンド。

ボナが、イェソルの台本をとりにきてあげたようで、ウンサンが頼まれたときくとさっさと帰る。
なにげにイェソルの心配をしてあげるボナをみて、くすっと笑うウンサン。

ウンサンがそとにでるとヨンドが待っていて、さっきのばんそうこうをもらってバイクで帰っていく。

heirs-14-uy-004.jpg
いいよーこうやってひとの親切は素直にうけとる!
人間の基本です




ウンサン、せんたくものを干しながらチャンヨンに電話して、ボナと仲直りするように言う。
チャンヨン、さっき廊下でボナがかわいくて、振り向きたくてしょうがなかった、と。
犬もくわない話にあきれるウンサン。
「その可愛いボナが誰かにとられないように。」と言い捨てて電話をきる。


タンの家では、ウンサン母が引き継ぎのためのメモを書いているのをタン母がみとがめて、自分はつぎのひとを探しもしてないのに、と焦っている。

ラヘルが訪ねてきた、と言われて、
タン母、びっくりして、ウンサンに、部屋にこもっていて、出会ったらまずいからバイトにも行かないで、と要求。
「あんたまでこの家にいるのがバレたらタンはおしまいなのよ!」とパニクるサモニム。


ラヘルは、愛嬌ある婚約者モードで、タン母を籠絡。
「もっと早くお会いしてればよかったのに。」と花までプレゼント。

heirs-14-uy-005.jpg

タンが実母のために難しい決断をした、とほめるラヘルに、感激するタン母。
ラヘルは、なぜウンサン母のふりをして保護者会に来たのか尋ねる。
タン母は、ウンサンの母が都合がわるくて代わりに行っただけ、ウンサンの家とは知り合い、とごまかす。
ラヘルは、納得したふり。自分は婚約をやめるつもりはない、といいだし、タン母を喜ばせる。
「タンがウンサンを好きみたいで残念なんです。」と悲しそうに言うラヘルに、タン母はいそいで、親しいから優しくしてるだけ、と否定。
ふたりの会話をとなりで聞いているウンサン母。


出てきたラヘルは、ウンサンの制服を発見。タン母に電話をして、ウンサンがここに住んでるかどうか確認。
uh・・・oh・・・最悪のやつに見つかってしまった・・・


翌日。
ウンサンはラヘルに制服をどうした、とつめよる。
ゴミ捨て場に捨てた、もう燃えたかも、と冷笑するラヘル。

ウンサン、必死にゴミ捨て場をあさり、やっと発見。「オンマが買ってくれたものなのに。」

heirs-14-uy-006.jpg

やってきたラヘルに、自分のこのざまをみて気は済んだのか、と怒りを押し殺してウンサンが言う。
家政婦の娘なんかが成金のふりをして婚約者とつきあうなんて、あきれかえって昨夜は眠れなかった、と傲慢そのものの表情で見下す。
こんな仕打ちはまだ序の口だ、というラヘル。
「ここを掃除しなさいよ。母親みて習ったでしょ。」
母を侮辱されて我慢できないウンサン、ラヘルをビンタ。
晴天の霹靂、ラヘル、文字どおり『ワナワナ』してて緊張シーンのはずなのに笑えました。

激怒のラヘル、ウンサンに転校を要求。でなければ秘密をバラす、と。しかしひかないウンサンに、秘密はウンサンの正体だけじゃなくタンの庶子だという秘密もだ、と言う。
「ヨンドははじめからバラす気がなかったらしいけど、私はできるわ。ふたりもろとも墜落させてやる。」
ウンサン、ショックだが、しかたなく転校を考える、と答える。
そこに、タンが登場。
ウンサンを退避させる。


タンは、ラヘルが自分が傷ついていることを言いかけるのをさえぎり、ウンサンがあの家にいることをどうして知ったかたずねる。
ラヘルがタン母に会いにいった、ときき、「どの母?おまえがこのまえ虫けらを見るように見ていた母か?」とバッサリ。
タン、友だちをひとりなくした、女をぶつわけにはいかないが、こころのなかではラヘルをなぐった、と言い捨てて去る。
ラヘルには『名誉ある撤退』、ということばは辞書にないね。


屋上のウンサンにちかづき、タン、ラヘルが家に来てたことをなぜいわない、そんなに頼りないか、と怒る。
ウンサンはしずかに、タンはそれでなくても手一杯な状況だから、と言うが、タンの憤りはおさまらず。
・・生まれたときからずっと手一杯だった、隠してる実母、自分を嫌う兄、毒舌の夫人、原因をつくった父、秘密を知った友だちの憤怒、ひとり外国に捨てられた三年・・
手一杯なことを数え上げる。

「だから僕のいまの状況はぜったいに君のせいじゃない。」
「あなたのせいでもないわ。キム・タン。」
二度くりかえすウンサン。

heirs-14-uy-007.jpg


タンは、いっしょにアメリカに逃げようか、といいだす。
ウンサン、「よさそうだけど、私はまたオンマを捨てて、あなたはあのおおきい家にお母さんを置いて、行く?」
高校生にはどうにもならない現実・・。


タンとヨンド。理事長のよびだし。
放送室の器物損壊の件。
理事長の怒りは頂点、清掃奉仕と反省文百枚、プラスヨンドは父、タンは兄が呼び出しをくらう。
父の名がでるとヨンドは目が泳いでいる。
ヨンドの父を呼ぶ、と理事長が言ったとき、タンが心配してるようすでしたね。まだすこしは友情は残ってるのかな。

ふたりの指導は、ほかの先生が忌避したので(当然でしょう)、ヒョンジュに押しつけられる。
彼女に反省文を書けといわれて、ふたりとも相手がわるい、と非難。
ヒョンジュ、相手がどう悪いかも書けばいい、とクール。
ヒョンジュ、これまでめそめそしたとこばかりだったけど、学校ではクールでかっこいいですねーー。

百枚の白紙とペンをまえに、ふたりともじっとしたまま。

heirs-14-uy-008.jpg

タンの帰国以来の、おたがいのもめごと、けんか、侮辱・・などなど、思い出している。



回想。

heirs-14-uy-009.jpg

ヨンドの母が旅行カバンをもち、必死な顔で、学校のまえでヨンドがどこにいるか聞いている。
タンは、彼とは最近いっしょじゃないし自分の電話にもでない、と答える。
母は携帯もなく、連絡できずに困っており、タンにヨンドを捜して学校前の粉食屋に連れてきてくれ、と頼む。
タンがヨンドをつかまえるが、また母を侮辱されて、いったんはヨンドを連れていくのをあきらめる・・・
ふたりが店に行ったときには母は去っていた・・・


ヨンド母、とるものもとりあえず逃げる、という雰囲気。
あの父は、奥さんにもDVをしてたんじゃないかしら。


ふたりの内心のモノローグ・・
タン『あのとき最後の機会だと知ってたら、最後までヨンドをひっぱっていったのに・・・』
ヨンド『あのとき最後の機会だと知っていたら、タンについていったのに・・・』

おたがいに、自分のまちがいに気づいているが、それを口に出すことも書くことはない。
ここですんなり反省文に書いて、おたがいに「俺が悪かった」というふたりだったら、こんなにこじれないって。


放送部。
ブースで本番前のボナ、外のウンサンに、チャンヨンとのとりもちを頼んでいる。
そっとマイクをオンにするヒョシン。
「ウンサン、私がめちゃ反省してるってチャンヨンに伝えてよ。チャンヨンがいないと息できなくて宇宙にいるみたいよ。・・これONじゃないの!?」

校内中にひびいたボナの声。
みなにひやかされてるチャンヨン。
恥ずかしくて顔をかくしてるボナを見つけ、追いかけるチャンヨン。

ウンサンとヒョシンが可愛いふたりをみている。

ヒョンジュがちかづいてきて、ウンサンが新任教師だ、美人でしょ、と紹介。
固まっているヒョシンに当惑、先に行く。


「もうちょっといい職にうつったの。家庭教師ヌナから先生に。祝ってよ。」
「いや。初恋が遠くなるな。」
硬い表情で去るヒョシン。
家庭教師よりももっと接近がむずかしくなるよねー気持ち的に。


アジトでミョンスはタンとウンサンは離れそうにない、と忠告。
ヨンドは、自分の初恋がウンサンだと思うか、とミョンスに聞く。
「タンが初恋の相手じゃなかったらきっとウンサンだな。」
プハハハ、ミョンス、ポイント突いてます。
ウンサンをどれくらい好きかとミョンスがきき、測れるもんじゃない、と一蹴される。

しつこく、自分とウンサンが水におちたらどっちを助ける、とくだらない質問。
ヨンドは、ふたりを川辺になど行かせない、と。
ヨンドとウンサンが水におちてタイタニックみたいにひとりしか助からないなら?ときかれたヨンド、ウンサンを生かして自分はいなくなって、彼女がうしろめたくてタンのところに行けなくする、と。
「サッドエンディングを選ぶんだな。」とミョンス。

そのあと、めずらしくまじめな顔で、ヨンドの父親の学校への呼び出しの件を心配する。
これは私も心配・・・



タンは、ウンサンを自宅まで送ってくる。
家にもどれ、というウンサンに、もどってくるときは兄といっしょに戻るというタン。

heirs-14-uy-010.jpg


ホテルのロビーで考え事をしているタン。
ウォンが素通りしかけて、もどってきてそばにすわる。
タン、りっぱな家がありながらふたりでなんでこうしてるのかな、と苦笑。
heirs-14-uy-018.jpg
ネマリ~~~。笑

兄に、なぜそこまで自分を嫌うのか、ときき、異母兄弟ですきなわけがない、という答え。
家をでたせいで、なんとなくまえよりは近づいた雰囲気ですね。




ボナはチャンソンとの仲直り(再結合)パーティを企画、招待状を配るが、ヨンドには、「男はこういうのは嫌いだぞ、人をよんでおいて、私はオバカです~~ってやるようなもんだから。」とバカにされる。

イェソルにもわたし、おたがいに謝りあって和解。
いやあ、はじめてふつうの高校生らしい行動を見た気がする@帝国高校

タンは放送室にいき、ヒョシンにドアを壊したことを皮肉られる。
修能試験をちゃんと受けるだろう、と心配するタンに、うなずくヒョシン。


試験当日。
母に送ってこられたヒョシン、暗い顔。

heirs-14-uy-011.jpg

母はこのあと試験の間中、寺で祈祷している、と。
母親の車がさるのを見送った感じだと・・・試験うけないつもりでは?


タンは、行く場所もなくホテルの部屋にいるのだが、掃除係がきて気まずい。
兄の机にすわってなにげなく書類をみて、このまえ兄が話していた株の話を思い出し、気になってユン室長に電話をいれるが、あとで、と切られてしまう。

会社では大嵐。
人事異動が発表。
会長派の理事らが地方にとばされている。

ユン室長がウォンに、「戦争をはじめるんですね。」と。
異動に、室長の名はいまのところなかったが、リストの最後にのせるかどうか、室長が選んで決めろ、と会長につくか自分につくかを決めさせる。

heirs-14-uy-012.jpg

チャレッソ!タンにつづきウォンも「帝国内の逆襲」。
あの父に冷や水を浴びせるのには無条件に賛成。
実権を掌握したら、ヒョンジュと結婚も強行できるだろうし。



会長は、義弟(たぶんタン母の弟)からフィリピンに飛ばされた、と連絡をうけ、長男の反乱を知り激怒の顔。

heirs-14-uy-013.jpg



タン母、ウンサンをつかって自分からの電話を無視するタンを店によびだす。
謀られたとしったタン、「ウンサン、おまえ人質のバイトまでするのか。」
母は洋服をわたし、ラヘルが気づいてるみたいなのにふたりにどうするつもりか、と尋ねる。
「シアワセになるつもりさ。」しゃあしゃあというタン。
母は、ラヘルは婚約破棄する気はない、会長がいつまでもほおっておかない、ふたりは別れろ、とぶしつけに言うがもちろん無視するタン。
そういうのは金のはいった封筒をだして言わないと、と笑う。
ウンサンの手をとり、さっさとでていく。
タン母、ちょっと気の毒になってきたわ。ウンサンにいじわるするわけじゃないし。息子が放蕩?でかわいそう。笑


ふたりはデート。
ウンサン、今日はほんとは人質が奥様で、タンに会いたかったのは自分だ、と正直。
ウンサンの肩を抱いて、笑顔になるタン。
なにか食べようというタンに、「おかねもないくせに。」と間髪いれないウンサン。
アルバイトに行くというウンサンをうしろからジャケットのなかにいれてハグ。

heirs-14-uy-014.jpg
ふふふ、これは身長差がないとできないワザですね。

放送室でこんなふうにハグしてひとのこと止めただろ、とからかうタン。
次は正面からこうやって止めてくれ、と、こんどは面とむかってハグ。
ほんまにええ時やねーーー青春やねーーー。笑

上着に5万wがはいってたのをウンサンが見つけると、いきなりウンサンを押すのけるタン。笑


ユン室長と会ったタンは、
会長が誕生日に株をタンに譲ろうとしてること、
いまはタンに腹をたてて譲渡をとめてるがいずれは進めるはず、
タンが庶子の告白をしたのでいっそうタンを支える必要がある、
兄と同じ程度の持ち分になるはず、
・・・などと聞かされる。

兄との確執のタネになりそうな話にため息をはくタン。

heirs-14-uy-015.jpg


ユン室長いわく、ウォンは会長派、つまりはタンの後ろ盾になりそうなひとを全部追いだして戦争をはじめた、と。
「帝国の次男に豊かに生まれたぶん、もてないものがある、たとえば自分の意思とか。」と現実をつきつける室長。
タンもわかっており、自分の意思にかかわらずリングのうえにあがらされる理由はそうすればほかの夢をみないからだろう、と。
「兄さんが父さんとの戦いに勝ったら、次は僕と戦うのかな。」
室長の返事はイエス。
ほんとに、どうしようもないことなんでしょうか。タンが不戦敗でいいと言ってもそれではすまないのかな。


パーティーのために美容室にきているボナとラヘル。
ボナ、つい口をすべらせウンサンがバイトでパーティに来れない、と漏らしてしまう。
「バイト先どこ?」
ボナは知らない、で通すが、いやな予感がして、ラヘルに、パーティに来るな、と。

ラヘルはヨンドをおびきだしてウンサンのバイト先に行かせて、車であとをつける。
こんな尾行をさせられる運転手さんが気の毒で。しかも女高生がご主人さま。

ヨンドはカフェで、ラヘルが自分をつけてきたことに気づき思わず彼女のえりくびをつかむ。
女性でも殴るの、と言われて、
「ウンサンに関わることなら恥知らずになってもいい!」
ラヘル、ヨンドがウンサンに本気なことがわかりおどろいた顔。
ヨンドがウンサンを好きなことは彼女にとって毒になりそう、と冷笑する。

ヨンド、自分のミスでウンサンに害がおよびそうで不安げになっている。


パーティー会場。
DJでノリノリのミョンス。
セルフツーショットで、チャンヨンのポッポにシアワセそうなボナ。

heirs-14-uy-016.jpg
このキスがあまりにもsweet で一瞬このふたりリアルでつきあったらいいのに、と思ってしまった・・ミニョクペンドゥル、ミアン~。



招いてないはずのラヘル登場。
コーヒーは自分が頼んで配達してもらう、と。チャンヨン、不吉にかんじて顔をしかめる。


ヨンドはカフェまえでウンサンの出勤をまっている。
ウンサン、彼をみておどろいて、「寒いのに中にいればいいのに。」
ウンサン、こういう思いやりのあるところが惚れられるのよねーーーきっと。

ヨンド、いつになくシリアスに、自分のミスでラヘルがここを知った、と謝る。
ウンサン、もっといろいろバレてるので大丈夫だ、と言ってあげる。

heirs-14-uy-017.jpg

もしラヘルが来たら自分に電話しろ、と言いかけるヨンドに、
「私には黒騎士がいっぱいじゃない。」と冗談めかすウンサン。
まえにヨンドに言われたことば。教室でカバンのなかみをほうりだされたとき。

「あのときだったみたいだ。俺が君を好きになり始めたのは。」
告白第二弾。今回はシャワーあがりで前髪がある純情バージョンなのがいいわ~~純粋にウンサンを心配してるし。

「黒騎士が多くても心配だ。電話しろよな。」
そういいのこしてバイクで帰っていく。


店主からケータリングの仕事を指示されたウンサン。その届け先をみて、チャンヨンに電話、パーティ会場そのものだとわかる。

ウンサンはタンにメールで、自分もパーティにいくが自分をみてもびっくりするな、と。
イヤな予感で会場にいそぐタン。
ロビーでヨンドとすれちがう。


ボナとチャンヨンが開会のあいさつ。
「ふたりが別れるほうに賭けてたひと、夜道きをつけなさいよ!」とボナ。

そこに、ウンサンがケータリングにやってくる。

heirs-14-uy-021.jpg

みながびっくり。「なんでバイト?」
「かせぐためよ。」

チャンヨンがちかづき、小声で、ラヘルのしわざだろ、と確認。

ミョンス、「おまえがなんでバイト?ヨンドみたいに家業てつだいか?」と質問。
みなの視線があつまる。
ウンサン、覚悟をきめて、「実は私・・」
と言いかけたときにタンが入ってくる。

ラヘル、「私が頼んだのよ、コーヒーいれて。」
ウンサンがサーブしようとして動くと、
タンは、「いつまでやるんだ?」
「全部なくなるまで。」
いきなりタンがサーバーのテーブルをひっくり返す。

heirs-14-uy-020.jpg

「もうなくなっただろ。行こう。」
みなは呆然。
ウンサン、「ユ・ラヘル、ごめん、もういっかい持ってくるわ。」と言いながら、タンに引っ張られていく。

ボナ、パーティを台無しにされてラヘルに激怒。つかみかかりそうになるのを皆がとめる。
ミョンスは見ものがあるといって、ヨンドを呼び出す。


外にでたタンとウンサン。
ラヘルの魂胆がわかっててなんで来た?と怒るタン。しかし仕事なのに来ないわけにいかない、と反論するウンサン。
さっきみなに告白しようとしてた、と言う。
「貧乏が恥ずかしいのじゃなく、嘘をついてるのが恥ずかしかったのよ!」
ずっと成金のふりして不安でおどおどしているのがイヤだったから、と。
そして、タンも同じように、生まれてからずっとバレないかとおもいながら隠してたことを告白したじゃないか、と抗弁する。しかしタンは、
「やってみてわかったんだ。おまえはするな。
やって幸せになるとはかぎらない、傷つくぞ。」
ウンサンを心配するタン。
しかしウンサンは、
「あなたから学んだのよ。傷つくとわかっていてもそれでも直進、って。・・行ってくるわ。」
決意の顔で店にもどるウンサンをとめられないタン。
サーバーぶちまけたときは、あいかわらず~と思ったけど、ここでウンサンの意思を尊重するようになったのは、成長したということですね。


ラヘルがおりてきて、タンに、ふたりのレベルがちがいすぎてこんなことしかできなかった、と冷笑。
タンは、「話しかけるな、これからもずっと。」と言い、ラヘルのほうを見ようともしない。

heirs-14-uy-019.jpg



時間がたって、ウンサンがふたたびサーバーを運んでくる。
ずっと外でまっていたタン。

タンは、自分がウンサンを成金に仕立て上げて苦しめたことを謝る。
ウンサンは首をよこにふる。

heirs-14-uy-022.jpg

「もし(みなに告白が)無理であきらめておりてきたら抱きしめてやるよ。」と勇気づけるタン。
うなづくウンサン。

ウンサンはみなのまえで、成金のふりでだましたことを謝罪。

heirs-14-uy-023.jpg

家が苦しくてアルバイトしていること、社会配慮者選考で転校してきたこと、を告白。
ヨンドがいつのまにかはいってきていてウンサンの告白を聞いている。

みなは騙されていた、と怒りの声。
「そんな分際で婚約者のいるタンの気をひいたの?」などと針のむしろ。
チャンヨンが思わず助けにでようとするのをタンが止める。

キム・タンも騙されてたのか?という声があがる。
タン、ウンサンにちかづき、「騙されてたよ・・(正体のことじゃなく)強いふりしたくせに、震えてる。」

タンのウンサンへの愛情がだれの目にも明かなので、まわりの好奇の目に耐えられず、さすがのラヘルもこれ以上いたたまれず出て行く。

タンがミョンスに音楽を要求。
「コーヒーはセルフだ。ウンサンは退勤の時間だ。」
みなは笑い出す。

まわりが暗くなり、ふたりにスポットライトがあたる。

ウンサン、ほっとした顔で、「(告白を)やれたわ。」
「よかったよ。社会配慮者チャ・ウンサン、僕は庶子のキム・タンだ。」
みつめあっているふたり。
ヨンド、あきらめたような顔で出て行ってしまう。


「さあ、パーティだ。」
タンはウンサンのエプロンをはずし、髪のゴムも。

heirs-14-uy-024.jpg

手首に、花のかざりを巻いてあげる。
オモ、こんなのいつ用意したの?!

ひたいにキスするタン。
まわりがびっくりするが、チャンヨンやボナは笑顔に。ミョンスは大喜び。

heirs-14-uy-025.jpg


時が止まったようなふたりのシルエット。。。


to be continued・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

少なくとも、ボナとチャンヨン、ミョンスはふたりを祝福してくれたよね。
友だちはそれくらいいたら十分でしょう。

ヒョシンがめちゃ気になるんですけど。
まさかまた自殺とか考えないでほしい。
困ったときには先生に相談、というのが学生の王道でしょう。^^


タン、エプロンはずし+ゴムはずし、手首の花かざりサプライズ、とテクニックがかなり上級なんですけど。
こういうのが苦手そうなお兄ちゃんにも教えてあげたほうがいいかもね。


終盤、毒気が抜けたようなヨンド。
(眉毛だけじゃなくて、笑)前髪おろすと、印象が真逆に。

回想でお母さんが実際に出てきたということは、あの件でのこじれは、ここで解消されたということですよね。ふたりが口にだして和解することはなくても。^^

ヨンドが、ウンサンに気持ちはうけとってもらえなくても、今回そうだったように、謝ったり、彼女を心配したり、思いやりをすなおにうけたり・・・そういうことをひとつづつやっていけば、だんだん大人になっていけるのでは、と希望がでてきました。


スポンサーサイト

Comment

ありがとうございます!

相続者たちにハマりよく理解できないながらもリアル視聴していますが、いつも翌日には詳しいストーリーを書いてくださるので、ほんとにほんとに感謝してます。

とても高校生にはみえませんが^^;タンもシネちゃんも素敵だしかわいいしセリフがいいですね〜でもこのドラマではヨンドとボナが一番好きかも♡来週も楽しみにしてます。どうぞよろしくお願いします^ ^

ホントに青春です

今回も詳しい翻訳、有難うございます~
14話はさくさく見られたんですけど、
13話は結構止まった所が多かったので助かりました。
視聴率と、フリーズ云々って関係ないんですかね?
こんなに詳しいあらすじの書き起こし、どう考えても、大変ですよね??
でもお陰で、ドラマの楽しみが倍増しております。
本当にありがとうございます。

ストーリーの進度は相変わらずスローだわ・・・と
若干イラッとしつつも、やっぱり楽しみに見てしまうのは
子どもたちが少しずつでも成長してるのが分かるからなのかも。
その進度が劇的じゃないから、かえって漫画的設定の割りに
私はリアルを感じています。

心配の種(ヒョシン君やタンサンカップルとウォン兄カップルの今後とか)は
まだまだありますが、作家さんがどんな着地点を見せてくれるのか
本当に楽しみです♪

そうそう、今回13,14話で一番笑ったのは
ヨンド画伯のタン指名手配の絵でした~~~
時々こういう変な拘りシーンを作ってくれるので
この作家さん、好きなんです。

また来週水曜まで、視聴率が地に落ちた
未来の選択見てがんばりま~す。
あ、相続者たちの再放送も見てますが。


No title

毎回楽しみに読ませていただいています。

1~4話を韓国でリアルに観て、続きが気になっていました。
とても詳しくて、まるでドラマを観ている感じです。

これからも引き続きよろしくお願いいたします^^

ふにふみさんへ

初めまして。
こちらこそ読んでくださりありがとうございます。m(._.)m

> とても高校生にはみえませんが^^;タンもシネちゃんも素敵だしかわいいしセリフがいいですね〜でもこのドラマではヨンドとボナが一番好きかも♡

まったく同感です。
ボナ、ほんとに可愛くて、チャンヨンがポッポしたくなるのもよくわかります。
ヨンドにも、いつか春がくるといいのですが。^_^;
まあ、ミョンスとつるんでるのも楽しそうですけどね。

あと6話、先が少なくなると寂しいです。(−_−;)



はるはるさんへ

こんばんは。

やはり人気がでるとアクセスが多いので、紙芝居状態になりやすいんでしょうかねー

> その進度が劇的じゃないから、かえって漫画的設定の割りに
> 私はリアルを感じています。

おなじように感じてます。
一見ベタな話でしかも展開もスローなのに面白いのは、キャラの造形が上手くて
細部まで面白い脚本の実力じゃないかと。

> 心配の種、、、

ありますねー私はやはりリアルで受験生の母なんで、ヒョシンがとても気になります。
まさかあの人型の絵が現実になったりしないだろうか、と不安です。
(−_−;)


> ヨンド画伯のタン指名手配の絵でした~~~

私も、一番爆笑した場面です。(≧∇≦)
下手だけど、妙にきっちり書いててツボにはまりました。


> また来週水曜まで、視聴率が地に落ちた
> 未来の選択見てがんばりま~す。

お?!続いてますかー。
思ったより低迷してますね。f^_^;)
出だしは悪くなかった気がしたのに。


初めまして、さんへ

こんばんは。

こちらこそ読んでくださりありがとうございます。
このドラマ、だんだん面白くなり、記事も長くなってきてます。
(≧∇≦)

最後まで完走するつもりなので、お付き合いいただけたら嬉しいです。^_^


前髪ヨンドーー

実は今日韓国入りしまして。
で、飛行機の中で14話を見、ホテルに向かう地下鉄内でkomachiさんの記事を拝見するというwww
で、我慢できずにコメントまでしちゃってます。
目の前の韓国より相続者たち、、、


何て言いますか、、、
タンが男前すぎてウリヨンドの入り込む余地ないっす!!(TwT。)
もー、タンがかっこいいのは分かったから!!とやさぐれました(笑)
でも今回のヨンドは前髪あってちょい若く見え、、、幼く見えて純情で良かった!!
素直でよろしい!
自分がヘマしてラヘルにばれたって心配してるのが可愛くて可愛くてしゃーなかったです(>_<)
入り込む余地はなくてもこうやって素直にウンサンと普通の会話が続くことを祈ります。
結局タンのことにせよ、なんだかんだ理由をつけながらも秘密をバラさないんですよね。
今後タンとヨンドは良い方向に向かいそうですね(^ ^)

今回はヨンドがそんなだったからか女ヨンドの降臨でしたね。
ラヘル、意地やプライドだけでなくてタンのことが好きなんでしょうね。

ボナとチャニョンも元の可愛いカップルに戻ったし、イェソルとボナも仲直りしたし♪
結局ボナが良い女すぎるってことで。

で、もう14話ですけど、、、
大人たちの絡み合った糸はどうほどかれていくんでしょうか?笑
もう少しヨンドには頑張ってほしいですが、2人の様子を見て無理やり割り込もうというようなことはもうしなさそうですよね。

yukaさんへ

こんにちは。

オモ!旅行中ですか!?
地下鉄でやさぐれてるのが可笑しいです。(≧∇≦)

今回は、というか、今回で、タン圧勝🎉決まりでしょうね。
負けを認めるのも、🎵大人の階段登る〜🎵
ということで。

> 自分がヘマしてラヘルにばれたって心配してるのが可愛くて可愛くてしゃーなかったです(>_<)

ワタシ久しぶりにこのシーン、リピートしてしまいました。
「心配だから電話しろ。」ていうセリフがなんだかよくてねー。v-10

大人しくなったのが、ちょっとさみしくもあります。
ブイブイいわせるのは映画のほう(チング2)でやってるんでしょう。

女ヨンドの降臨〜!v-8
ラヘルはどツボにハマってますね。v-40
なにがしたいのか、タンをひきとめるにもプライドを守るにも、まったく逆効果なことばかりで。
ヨンドと違って友達さえいないので、救いがなさそう。

ソウル、夜などは零下じゃないですか?
風邪ひかないでお元気に楽しんでくださいねー。\(^o^)/



なんかいいですね~

毎回ありがとうございます。
だんだんタンとヨンドのこともわかってきて、ウンサンが言う
タンとヨンドの恋愛にもうなずけます。
実はヨンドの心の親友は、やっぱりタンなんでしょうね。
もう、ミノくんファンの私としては、サービス満点の回でした。
素敵です!最後の高校生役、なんでもやっちゃってください!
娘から、「ミノくんを好きな気持ちは、女性ホルモン分泌になるかもだから、
お母さんにとってはいいかもね。」と言われてます。半分あきれ顔ですが。
まあ、帝国高校のみなさんは青春やってますが、
現実の高3の娘は、休日も模試で、休みなどなく、
最近付き合いだすカップルを見ては、なめてるね、そんなヒマないわ!
って感じですよ(笑)

komachiさん、こんばんは^o^
14話も大大大満足の内容でした!

あまりにもあれもこれも、全ての場面に思い入れが強過ぎて、書ききれないくらいです(≧∇≦)

これだけ丁寧に描いてくれるのならば、延長してでも大人との対決を見せてほしーなー!噂通りに2話くらいは延長してもいいんではない?なんて♡

今は仕事帰りの電車内、混んでて座れないけど14話リピして耐えまーす^o^また、来週遊びに来ますねっ!

MINOMIYAさんへ

こんにちは。

> 実はヨンドの心の親友は、やっぱりタンなんでしょうね。

そうでしたねー。
アメリカにタンが行ってるあいだ寂しかったでしょうね。(≧∇≦)

このあとは二人が、本当の敵というか大人と戦ってほしいです。

> もう、ミノくんファンの私としては、サービス満点の回、、

カッコよすぎですね。

お嬢さんだといろいろ話できて楽しそうですね。
うちの息子はワタシの韓ドラ好きにはノー関心で、σ(^_^;)
最近の日韓の冷え込みで、肩身が狭くなってます。
彼も今日模試です。_| ̄|○

ヨコヨコさんへ

こんにちは。

私も大人との対決、期待してます。
とくにヨンド。
あのアボジの蛮行に天誅くだしてほしいです。

二話延長、あるんでしょうか。
延長、痛し痒しですよね、韓ドラでは。
内容がともなってればいいですが。
ウォンとタンの和解などを描いてくれればいいですね。(*^_^*)





No title

こんばんは♪ 13話から、益々面白くなってきましたよね。

私は、あの異様にかっこいい「せいたか兄弟」には、是非力を合わせて、父親に対抗し、仲良く帝国をきりもり?して言って欲しいです。実は弟をかわいいと思ってそうな兄と、兄のこと大好きな弟の2人でなら可能なのでは~なんて、希望的観測を抱いてます。

あと、あの小学生くんですよね。憎めなくて困ります。ほんと、ミョンスの初恋タン発言よかったです。ヨンドにミョンスのような友達がいてよかった! 
今、ウンサンに振り向いてもらえず可愛そうなヨンドですけど、タンと仲直りできれば、救われそうな気が…。一生、ウンサンにちょっかいだしながら、親友夫婦!?を温かく?見守る彼でいて欲しいです。

今回、私が注目したのは、ヨンドママ。ヨンド父の割には、(やっぱり政略結婚だったのかしら!?)知的そうなクールビューティーでしたよね。ヨンドに、少し似た感じだし。ほんと、男の子にとっては、ママって、何よりも大きい存在なんですね。それに、父があれじゃあ、母だけが頼りの家庭だっただろうし… 

…そして、タンパパやヨンドパパ以外に、どうしても耐えられないのが、ラヘル。
最近、1話目から再度見始めたのですが… 1話目からもう鬱陶しさ性格の悪さ全開!です。
こういう、煮ても焼いても食べられなそうな、どうしようもなく嫌な子が、韓国ドラマにはよく出てきますよね… これがなければなあ。シークレット・ガーデンでは、私、あのタン母(でしたよね?)の出てくるシーンは、耐えられないので、全てスキップしてましたから。
ラヘル、唯一、素直でまだ可愛かったのが、アメリカでタン兄と話しているシーンでした。あんな感じが、時々でもあれば、まだ許せるのですが、最近の、悪行の数々ですっかり記憶から消えていました。やはり、タンへの執着とウンサンへの嫉妬で、まともな判断ができなくなってるのね。

私の感想を長々と書き連ねてしまい、失礼しました~

komachiさんのご感想いつも楽しみです~♪

hanaさんへ

お返事遅くなってすみません。

> 私は、あの異様にかっこいい「せいたか兄弟」・・・

せいたか・・ってとこ笑いました。
ウォンってひとりでみてるとそんなに背が高いと思わないのですが、ふたりがあまりかわらないところをみるとすごく長身ですよね。
あんな美形兄弟がいたら、家のなかが明るくなりそうなもんですが。v-354


> 今回、私が注目したのは、ヨンドママ。

あのアボジのいまの愛人とはずいぶんちがって趣味のよさそうなひとでしたねー。
あんな逃げるようにして出奔してしまったのが、なぜかわからないし、ヨンドにそのあと会いに来てあげないのもナゾで・・。v-361

> ・・・シークレット・ガーデンでは、私、あのタン母(でしたよね?)の出てくるシーンは、耐えられないので、全てスキップしてましたから。

私はあの母を魔女母と呼んでました。^^;;

ラヘルは、成績がいいらしいのに、イケズの質は幼稚で低レベルですね。
制服事件のとき、ウンサンが、あんたのオモニの育て方が悪い、みたいなこと言ったのですっとしました。
あのエステルの価値観をそのままですもんね。
タンが好きなのにそれさえ素直には表せなくて、自縄自縛になってるし。
ヨンドとはちがって友だちもいないので、ちょっと救いがないかも・・・。
そうそう、ウォン兄!彼といるときは素直だったので、彼に説教してもらいたいです。v-392


非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール&ひとこと

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スクロールはカーソルをあてるとストップします♪

★★ 「秘密の森」が終わってしまい、このあとはイ・ヨニの「再会した世界」を見るつもりです。わりあい評判が良さそうなので。 ★★ ★♪ここへのコメントのかたはこちらをクリック♪

最近の記事

FC2カウンター

訪問ありがとうございます.

USERS ONLINE

現在の閲覧者数:

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。