スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『未生 ミセン』 終わりました。

2014.12.21 21:19|未生
毎週楽しみに、後半には一話一話惜しみながら見ていた『未生』が終わりました。
傑作?快作?・・・そうとも言えるけどやはり秀作というのがぴったりかなあ。
韓国ドラマとしては、これまでに一度もなかったタイプのドラマでした。
最終話のインディジョーンズなりきりは笑いました。(^∇^)

★評価はやはりこれ以外にないでしょう、
★★★★★

以下は、今後みるひとも多いと思うので、ストーリーやキャラクターには極力触れず、ドラマの印象だけかんたんに書いてます。

miseng-0001.jpg


…………………………………

なにが新しいって、これまで会社を舞台にしたドラマはたくさんあったけど、ほんとに会社生活、サラリーマン、組織、そのなかでの人間関係、をちゃんと描いたドラマって実はなかったんですよね。
これまでのドラマって、脚本家も、取材はもちろんするんでしょうが、実際に経験したことをドラマにできるような人はあまりいなかったのかも。
会社で仕事をしてる「ふり」をしてるとしかおもえないような、なんちゃってビジネスマンドラマや、恋愛の片手間に仕事してる室長がやたら多かった・・・笑

『未生』、そういうドラマとは一線を画してました。
新入社員で契約社員のグレが遭遇する辛さ・痛み・やりきれなさが、我がことのように感じられていちいち胸が痛むんです。
さらに、まわりのひとびとも、
「こういう上司や同僚いるいる」というデジャブ感、親近感。
生きていくのって辛いよね・・・とため息がでる瞬間。
それでもまた頑張って出勤して、上司や同僚から認められて高揚する一瞬。
そしていくら一生懸命、良心的に仕事をしても、報われないどころか、足をすくわれさえする無情な世界・・。
そういうもろもろの会社生活のアップダウンが、みごとに切り取られて描かれてます。
もちろんそれは、絶妙なキャスティングとそれぞれの俳優さんの演技力があればこそ。\(^o^)/

私は、ちょうどこのドラマと同時期にやっていた「秘密の門」をここでも書いておっかけていたのですが、そのドラマの記事に少なさにくらべて、「未生」の記事の多さに毎週驚いてました。
脇役の「代理」たちの記事までわんさかで。
文字通り、人気が沸騰、という感じ。
ケーブルとしては破格に高い視聴率だったんですが、それ以上に体感視聴率はもっと上で、ブームと言っていいような。
「応答せよ1997」のときもこんな感じでしたね。

とくにこのドラマが秀逸だったのは、まるで私が営業2チームの職員としてその場にいるかのように感じられるリアルさでした。
ちなみに、営業2チームとは、グレ(シワン君)やオ次長(イ・ソンミン)という主役たちのいる3チームのとなりで、ずっと台詞もなく背景になってるチーム。(終盤になってセリフが増えましたが。笑)
でも、3チームで何かコトが起きると、遠巻きに心配したり、触らぬ神に祟りなし的に見てみぬふりしたり、気の毒で目をそらしたり・・。
このドラマでは、この外野の2チームの雰囲気を映像にうまくとりこんでいるせいで、いかにもほんとに会社で起きていることのように感じられる空気を作っていて、演出の巧さが絶妙でした。


このドラマを見ながら、個人的にも、自分が会社勤めをしていたころの経験を、苦い記憶(*_*)とともに思い出したりもしたんですが、
一番印象的だったのは、オ次長(まだ課長のころだけど)が、接待酒のあとへべれけで帰ってきて、奥さんに怒られたあと、カメラ目線で「あんたら酒の味がわかるか?」っていうセリフ。
私の父も一生営業の仕事をしていたひとで、とくに高度成長期はほんとによく午前様でした。
当時はなんでそんな飲むのか、と嫌がってたけど、あのなかの半分以上はイヤでもつきあってたお酒だったんだろうな・・・と。
いまさらですが、「お疲れ様でした。」と言いたい気持ちになりましたね。(。-_-。)

見ているひとのそれぞれの心の琴線のどこかに触れる部分が必ずあるドラマだと思います。
ほんとにオススメです。ぜひ機会があったら見てください。

追記

これまでに『未生』に関してかいた記事です。
re: ハン・ソクユル
re: 強烈悪役、キム・ヒウォン
re: 代理たち、OST など。



スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ

あけましておめでとうございます。
お返事がすっかり遅れてすみません。

オ・ジョンセがカメオででるというのは聞いてたのですが、まさかの寝取られ男・・・v-8
ぼこぼこにしてるとき、オロオロ見てるだけの課長がめちゃくちゃ可笑しかったです。

すごくたのしめましたねー未生。
そのあともそれなりにイロイロ見てるのですが、未生ほどはまってるものはありません。
そうそう、ホン姉妹!楽しみですねー。

こちらこそよろしくお願いします。

よかった~^^v

komachiさん こんばんは!

未生~いいドラマでした。
営業三課のメンバーはもちろん同期の仲間も代理たちもよかったですね。
私もkomachiさんと同じく回が残り少なくなるのが残念で寂しかったです。
これはHDDに永久保存(笑)そろそろ二回目視聴を開始しようかと思ってます。
チョン課長役の俳優さん以前見たドラマでの怖いイメージが強かったんですが
今回は静かにいい人でイケメンだし~食堂のアジュマの「イケメン2人」の台詞に納得でした(笑)オ次長とキム代理だって味のあるいいお顔ですが^^;
未生~これまで見たドラマのナンバー1になりました^^v

sayuさんへ

こんばんは。

いままでの韓国ドラマにはないタイプのドラマでしたね。
どこか、わたしが見られるCSか、BSでやってくれないかまってるんですが。📺

チョン課長、何かに出てましたよねー。
個性的な人というわけではないので、脇役ででていてもつい忘れてしまって。^_^;

オ次長、昔は情けないような役もされてたのに、
最近は中身がカッコいい中年アジョシ役が多くて、
全盛期?ですね。(^ω^)
私はリタイアしたんですが、チャスンウォンの華政にも序盤にいい役ででてました。

サムシセッキ、マンジェ島シーズン2始まるようですね。
嬉しい!
ホジュニもドラマがおわったら参加してくれるでしょうか。
(^O^)



No title

komachiさん こんばんは!

今日TAXI未生スペシャルを見たんですがチョン課長、出演者とのつながりが多くて^^
ソン代理とは父方のいとこ、オ次長とは劇団が一緒、ソクユルとは大学の先輩後輩、カン・ソラとは「ドクター異邦人」で共演と前に出っ放しでした(笑)
↑のドラマで北のスパイ役~とっても怖い人でしたね^^;
紅一点のカン・ソラが理想の男性を選ぶコーナーも楽しかったですよ~「愛嬌見せて」なんて
言って・・ドンシク、ハン代理がキヨミ~♪歌ったり、チャン・グレとソクユルはプインプインポーズやらされたりと^^ 勝ったのはドンシクでしたわ~^^v
カン・ソラ背が高くて肩幅が広くてぽっちゃりさんが好きですって~^^;

三食ご飯漁村編2 私もホジュニの後半出演期待してま~す^^

komachiさん 楽しい旅行を!

sayuさんへ

返事がめちゃ遅れてすみません~。

私もTAXI特集みましたよ~

チョン課長、ドクター異邦人は見てないんですが、失踪Mというキム・ガンウのミステリードラマでも悪役だったんです。といっても、大悪党の下の小悪でしたが。

>カン・ソラ背が高くて肩幅が広くてぽっちゃりさんが好きですって・・・
 
ぽっちゃり、じゃないけど、ユ・ヨンソクにあてはまりません?
メンドロンはドラマとしては不発でしたが、ふたりのケミはよかったですよ~。
・・ていうかヨンソクくん、あの肩幅みてるだけで、眼福です~。
いま、CSでまたラオス編みてるんですが、ホジュニの鍛えてなさ加減との対比が絶妙です。

おいそがしいのにスミマセン…

見終ってしまいました…最後の方は、終わってしまうのが惜しくて1話1話もっと続いてほしいと思いながら見ていました。

あちこちで絶賛のこのドラマですが、私にとっても韓ドラNo.1のドラマになりました。
叫びたい気持ちが多すぎて支離滅裂になりそうですが^_^;お許しください。

会社のみならず社会で働く多くの人にとって共感する部分があり、そういう世界で働く家族に対する日々わすれがちな感謝の気持ちを思い出させてくれ、毎話胸が痛くなるのに胸が暖かくもなる、魅力あるドラマでした。
原作ありきだからかもしれませんが、今までの韓ドラならグレは正社員になったろうと思うのですが、やっぱりなれなかったあのシーンで、このドラマはやっぱり違うなと実感しました。
グレが2度も内部告発のきっかけとなってしまいますが、社会って正しいことがいつも正解とは限らない、その苦々しさやりきれなさなんかは、きっとみんな一度は経験したり毎日戦っている現実の壁だと思いますが、そういうことを真摯に描いたドラマも初めての気がします。
特番でキム・ヒウォンssi(!)登場人物がみんな主人公だという内容のことを言っていましたが、それぞれみんな自分の人生の主人公なんだということを、こんなにも多くの登場人物について描いていたところも、20話という話数にもかかわらず見事だったかと。
実際無名もしくはそれに近かった俳優さんたちがスポットライトを浴びることにもなったと思いますし、ミスキャストどころかベストマッチな俳優さん揃いだったのもチェゴで。

最終話のヨルダンシーンは不評な意見も結構読みましたし、私もちょっとやりすぎだなぁと思いながら見てたんですが、1話の冒頭をまた見てみたら、まさにグレのシワン君の不安な瞳がちゃんとヨルダンでは自信に満ちた瞳に輝いていて、それほど酷評しなくてもと思いました。

今は未生ロスまっただなかで、TAXIの未生スペシャルやら代理特集なんかで気を紛らわせて?いますが、BSで放送中なので、週1まったりとまた見てみようと思っています。

そして、同じ監督なんですね、「シグナル」!
こちらも評判がいいので見たいと思ってはいるのですが、いかんせん時間がなく…
やっと次は「おぉ私の幽霊さま」を見ようと思っているところです。

長文失礼しました<m(__)m>

ゆまさんへ

こんばんは。
未生、完走されたんですね。( ^ω^ )
おっしゃる通り、だれもが主役、そんな稀有なドラマでした。
二度目の内部告発のとき、意図と違いオ次長の辞職にまでいってしまったときのグレの慟哭が忘れられません。(T_T)

ヒウォン氏、突然おもいだしたのですが、「星から来たあなた」で刑事役でしたね!
そのときは感じ悪い役じゃなかったので、同じひととはついぞ気が付きませんでした。
(汗)

シグナルも、凡百の刑事物とは違う、ユニークでよく練られたストーリーで、演出も渋い感じで、秀作になりそうです。
また機会があったらぜひ、観てみてくださいね。( ^ω^ )

非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール&ひとこと

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スクロールはカーソルをあてるとストップします♪

★★ 「秘密の森」が終わってしまい、このあとはイ・ヨニの「再会した世界」を見るつもりです。わりあい評判が良さそうなので。 ★★ ★♪ここへのコメントのかたはこちらをクリック♪

最近の記事

FC2カウンター

訪問ありがとうございます.

USERS ONLINE

現在の閲覧者数:

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。