スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イ・ソンミンの『記憶』〜10話まで

2016.04.18 15:01|記憶
面白いです!
視聴率は2〜3%とふるわないのですが、前作のシグナルと遜色ないくらいいいドラマだと思う。
心理ドラマ、と言っていいと思うのですが、中盤にきてサスベンス色も濃くなっていっそう面白くなってきました。

なにしろ、イ・ソンミンの演技、不安や焦燥や後悔や絶望や・・その感情演技の素晴らしさだけでも必見ですよ〜

以下キモの部分のネタばれは避けて、これまでのかんたんな筋と主要人物などを紹介。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
はじめ1話をみたとき、前評判どおり、主人公がアルツハイマーになる難病物だと思って、いったんリタイアしかけたんです・・・でもそこでやめなくてよかった!

主人公パク・テソクは国内最高のローファームの辣腕弁護士。
財閥企業の悪事隠蔽もさっさとやってのけるやり手。

そんな彼が、突然アルツハイマーの診断を受け、自分のこれまでの生き方を振り返ることになり、しかも最近の記憶は忘れがちなのに、過去の抑圧してきていた記憶が頻繁によみがえるようになって、だんだん人間として変化していきます。

彼の現在の妻ヨンジュ(キム・ジス)は、病気になった彼を必死で支える愛情深い人物。
ふたりのあいだには中一の息子と小学生(?)の娘がいて、多忙ながらも、家庭的にそれなりに平穏だったテソク。

彼の前妻ウンソンは、いまは裁判官。
15年前、テソクと結婚していたときに5歳の息子をひき逃げ事故で亡くして、たぶんそれが原因でテソクと離婚。
パク・ジニ演じるこのウンソンが最初、ヒステリックで嫌な人物だと思ったのですが、彼女は息子の死から立ち直れないまま。
過去を忘れたかのようにみえる前夫のテソクを憎んで生きてきたらしい。
しかも、最近、病気のせいで過去の記憶と現在がごっちゃになったテソクが突然自分を訪ねてきたりするもので、もちろん病気のことを知らないウンソンは激怒。
こちらはテソクがかわいそうで見てるのが切ないのですが、彼女の立場からみたら怒るのも無理はないわけで。

彼女は再婚しておらず、彼女に片思い中の左翼検事(そんな検事が韓国にいるなんてドラマでははじめてじゃないでしょうか)がまわりをうろうろしてます。

周りにも言えないような病気になって四面楚歌になりそうなテソクだけど、職場には味方がふたり。
ひとりは、彼の秘書のソナ(ユン・ソヒ)。この女優さん、「恋愛じゃなく結婚」や「秘密の扉」にでてましたが、今回が一番良い役じゃないでしょうか。美人で有能。
テソクの傲慢なやり手弁護士の下にかくれた人間味を最初から感じて、常に彼の味方になってくれてます。

もうひとりは、アソーシエート弁護士のジョンジン(2PMのジュノ)。
この彼がとてもいいです。ジュノが、有能で正義感のある若手弁護士を颯爽と演じていて、ソナとのラブラインもべたべたしてなくて好感度高し!
最初は財閥べったりのテソクに批判的だったけど、テソクが変化するにしたがい、彼の一番の助手になってきてます。
ジュノくん、俳優としても十分才能があります!

問題(!)は悪役の、財閥2世でソシオパスのヨンジン。
といっても今回はナムグン・ミンではないです。笑
なんとこの悪役に、イ・ギウ!私、このひと好きなので複雑です〜。
ちょっとぺちゃぺちゃ喋る癖があるので、悪役なんてできるのかしら、と不安だったけど、長身をいかして、キレて暴力的になるとめちゃ怖い・・・。

さらに、テソクのいるローファームの代表がチョン・ノミンなんですが、このひとも謎ありセクシー中年役、ぴったりはまってます。


テソクは、病気も徐々に進行するし、長男は学校で問題があるし、サイコ・ヨンジンは問題を起こすし、しかも絶縁していたはずの実父もトラブルを起こすし・・・と、綱渡り状態の毎日。
こちらがヒヤヒヤしながらテソクの一挙手一投足を見てるんですが、
そんななか、ドラマは中盤になって、サスペンス色が濃くなってきました。
公訴時効も過ぎて、過去に終わった話だと思っていた、亡くなった息子ドンウのひき逃げ事故になにか裏がありそうだとわかってきて、しかもそのときにべつの事件も絡んでいたかもしれず・・・。


話が幾重にも重なってきて、ちょっと先が見えない感じになってきました。
早く週末が来ないか、と毎週待ち遠しいドラマになってます。

シリアスなドラマなんだけど、ジョンジンとソナとやりとりとか、テソクとその親友の医師(チェ・ドクムン扮)の友情とか、くすっと笑えるところもあって、暗い暗い一辺倒のドラマでもないです。
この医師役のひと、「君を覚えてる」でも謎のギャラリー主人でソ・イングクにいじめられていい味出してましたよね。

音楽もとても印象的なものが使われて、テソクの心情がひたひた伝わってくるような秀逸な選曲です。

たぶん、私も最初そう誤解したように、難病ものの陳腐なお涙頂戴ドラマだと思ってパスしたかたもいるでしょうが、
実はとても面白いし、家族愛や人生の悲しみなどが心にしみてくるドラマなので、今からでも視聴をオススメします。

・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、私事ですが、
引っ越しを機に古くなったPCをリニューアルしたんですが、旦那が買ってくれたのがmac!!
息子もmacだし、皆でmacにしよう!!、とか言って・・・汗
優しいんだか、意地悪なんだか、よくわからん〜
まだ慣れなくて、画像を入れるのも一苦労。

・・・というわけで、まだまだ更新をサクサクできそうにないですう・・・。
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ

こんにちは。
だいぶ慣れてきたのですが、とにかく東京はお金があれば楽しい街だと実感。笑

> <チョンドジョン>

お疲れでした!
よくできたドラマでしたよね、私はさきにこれを見たせいで、どうも六龍がデジャブになって、失敗でした、見る順番。

> <記憶>私は9話まで、字幕動画を観ました。イソンミン、凄いですね!お仕事できる人役、ピッタリはまってます。<未生>を思い出してます。

そうそう、イ・ソンミン抜群です!
なにげにチョン・ノミンもいいですし。
12話まできて、ほんとに胸が詰まるシーンがいっぱいで、しかも、12年前の悪夢にでたピエロの事件ってもっと裏がありそうで、最後まで目が離せません。

イ・ギウ、スタンバイ、懐かしい〜〜。
私は途中でリタイアしたんですが、彼はコメディのほう寄りの人だと思ってたので、今回は意外でした。

太陽、とまったままなんです。
日本放映まで待とうかな、と。私、じつはソン・ジュンギくんってそこまで好きでもないのかも。笑
この作家さんのドラマ、シークレットガーデンもそうでしたが、評判がすごいものほど、あまり好みじゃない傾向があります。


> パソコン、macになったんですね。写真・イラストとか芸術面に強いmacなので・・・・

いやあ、それが、ぜんぜん使いこなせないです。
とりあえずマウスがないのからして、困ってます。
いっとき、昔には、画像の加工とかやってみようと思ったこともあったのですが近年はもうノータッチで・・


非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール&ひとこと

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スクロールはカーソルをあてるとストップします♪

★★ 「秘密の森」が終わってしまい、このあとはイ・ヨニの「再会した世界」を見るつもりです。わりあい評判が良さそうなので。 ★★ ★♪ここへのコメントのかたはこちらをクリック♪

最近の記事

FC2カウンター

訪問ありがとうございます.

USERS ONLINE

現在の閲覧者数:

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。