スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『記憶』全16話視聴終了。感想。

2016.05.10 20:05|記憶
イ・ソンミンの『記憶』、終わりました。
終盤はあまり意外性がなくて予想通りではあったけど、とてもイイ終わり方だったと思います。

星評価
★★★★

星半分が不足したのは、悪役がステレオタイプだった点ですね。
ドラマでも映画でも、似たような人物ばかり(!)、昨年来見ていたせいか、もはや驚きがなくて・・ほんとに韓国はこんな財閥ばかりなんでしょうかねーー。
まあ、このドラマのほんとの主題は、そういう善悪の対決というのがメインじゃないので、悪のほうを掘り下げなかったのはやむをえないのでしょう。
病のせいで、ようやく、人生の大事なもの、家族の尊さに気づいたイ・ソンミンの心の旅があくまでテーマなので。

以下、短く感想を。(ネタバレはしてません)

memory-9-01.jpg

................................................................................






おもな感想は以前のこの↓記事に書いたとおりで、イ・ソンミンはじめ出演者の演技がともかく素晴らしかったです。

「イ・ソンミンの『記憶』〜10話まで」 

それに加えて・・
アルツハイマーになったイ・ソンミンが、記憶があっちこっちしたり、急に今自分がどこにいるのか何をしてるのかを忘れて呆然となったり・・・というような症状が出現するのですが、
もちろんイ・ソンミンの演技も素晴らしいのだけど、演出も秀逸で、彼の孤独感や恐怖などがよく伝わってくる工夫がされてましたね。
またそんな彼を見守る妻や息子の気持ちも、カメラワークが繊細に彼らの心情をとてもよく表現してました。
音楽も、癒し系のうるさくないもので、とてもうまく選ばれていたと思います。

息子役のナム・ダルムくん、「六龍が翔ぶ」でバンウオンの子供時代も演じていた売れっ子ですが、彼にはこの多感な中学生役、尊敬する父の病を知り、家族を必死にささえようとする長男役が、彼のノーブルな顔だちとあいまって、とてもよく合ってました。急におとなっぽくふるまうようになった彼をみてるとその健気さに、
そしてそんな彼をみる親の心情を想像して、ずいぶん泣かされましたね。

テーマ・素材は暗いドラマだったのですが、イ・ソンミンとジュノのかけあいはほんとに楽しそうで、たしかにいくら治らない病気といっても現実ではいつもいつも暗い顔ばかりしてるわけはないし、そういう明るさがこのドラマの救いになってましたね。もちろんジュノの明るい恋愛も。

個人的にちょっとだけ、残念だったのは、チョン・ノミン(ローファーム代表役)が最後まで煮えきれない感じの役だったところ。
なにげにこの俳優さん、好きなんです。
たしかに、こういう煮えきれない、殻を破れない感じの役がめちゃ巧いのですが、もうちょっとかっこいい見せ場があったらよかったのに。

主人公が、生きて行くことの価値を再発見する人生ドラマなんですが、そこに彼の記憶や苦い過去と複数の未解決事件をからませてミステリーとしても上質のストーリーになっていました。

「脚本も演出も演技のどれにも穴がない」という記事をよくみましたが、たしかにそういう佳作でした。
視聴率的には平凡でしたが、それにまどわされずに、視聴されたら満足できる大人むけのドラマだと思います。
オススメです。






スポンサーサイト

Comment

見終りました

イヤな気分が残らない静かで温かい作品でした。
エンディングのテロップどおり、「力の限り幸せに」なれるよう生きようというメッセージが、テソクを含め、周囲のキャラクターそれぞれからも伝わってきたことが何よりも一番良かったです。

このドラマ、途中で知ったのですが、「魔王」「復活」コンビの作品だったんですね。
これまでは復讐することで結局虚しさが残るエンディングが多かったと思うのですが、このドラマでは、テソクが弁護士という職業を全うする形で、復讐ではなくあくまでも真実を明らかにすることで、もっと大きな意味で悪を裁いたような形になっていたのも良かったです。

前半は症状が出るたびドンウと一緒にいるテソクが切なくて、おまけにドンウの生年月日が家の子とひと月違いだったので、ドンウを見るたびどうしようもない気持ちになってしまって、わが子を殺したスンホとの最後の会話で優しい言葉をかけたナ判事の気持ちがどうしても納得できないという感想も残ってはいるのですが…

イ・ギウの悪役は怖かったですが、USBを聞いてドンウを殺した犯人を知ったシン副社長と一緒に笑う秘書が本当に恐ろしかったです。慣れって人を鈍感にするんだなぁとゾッとした瞬間でした。

それでも、自分が守るべきものを静かに勇敢に守ろうとするヨンジェを演じたキム・ジス、さりげなく笑顔で支え続けようとするチョン弁護士とボン秘書、子どもたち、テソクとヨンジェの親たち…みんな優等生すぎるほどでしたが、大騒ぎせず彼とともに決して未来をあきらめずに生きていこうと覚悟した人たちの姿が魅力的な作品でした。


途中までは気持ちが少し重くて、「また、オ・ヘヨン」見始めたのですがすぐ追いついてしまいました^_^; 無愛想なエリックがなかなか良くて、はっちゃけすぎなソ・ヒョンジンにちょっと戸惑いつつ、お姉さんがどうなるのかも楽しみです♪

ゆまさんへ

こんにちは。

妻役のキムジス、よかったですね。
たぶん太陽のなんとか、という姉妹ドラマ以来に彼女をみたのですが、最初は、前妻のナ判事とともに、ふたりとも老けたなーとビックリしたんですが(超失礼!)、とてもいい役柄で、おっとりしながらも芯があり、よかったです。

たしかに、ナ判事、憑き物が落ちたように物分かりよくなったのが、ちょっと嘘っぽかったかな。

ひき逃げ犯の若い人、初めて見ましたが、上手かったですね。弱さと優しさとがまじった育ちの良さをうまくだしてました。

エリック、いいでしょ〜。
見直しました。いままで、男前だけど、とくに惹かれなかったんだけど、今回の役が妙に合ってると思います。
8話まできて、案外シリアスな話しになるのかも、、と思ってるんですが。
ヒロインがいいことも悪いことも、正直にはきだすので、イジイジしなくて、みててストレスがないです。

非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール&ひとこと

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スクロールはカーソルをあてるとストップします♪

★★ 「秘密の森」が終わってしまい、このあとはイ・ヨニの「再会した世界」を見るつもりです。わりあい評判が良さそうなので。 ★★ ★♪ここへのコメントのかたはこちらをクリック♪

最近の記事

FC2カウンター

訪問ありがとうございます.

USERS ONLINE

現在の閲覧者数:

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。