むやみに切なく』第13~14話 かんたんなあらすじと感想

2016.08.19 17:01|むやみに切なく
じりじりするというイライラするというか・・。
このドラマのボトムラインは、ジョンウンが加害者でウルが被害者なんですが、その当事者のふたりだけがそのことを知らない、という。
しかも、なんでジテもジュニョンもそれを言わないか、よくわからないんです・・。
まあ、そろそろ、爆弾がはじけるとは思いますが・・・。


13話

ジョンウンがプールにおちた夜。
ホテルのバーで飲んでいたときから背後にはジュニョンがいた。
弁護士から真犯人を知らされたらしい。
SNSで過去にさかのぼって、ウル父の事故のあと彼女がハワイやアメリカに住み、友達にも囲まれ、事故のことなど完全に忘れて生活をエンジョイしていたことをジュニョンが知る。
事件の時効まであと46日で、ジュニョンの余命は短くて一ヶ月・・長くて二ヶ月。証拠も証人もなく、ジョンウンに裁判を受けさせるのは現実的に無理。
このときなぜことのことをウルに教えないんでしょう?


ジュニョンがジョンウンに近づく方法として選んだのが、彼女が投資側の担当になる映画に自分が出演すること。
一度断った役なのに、事務所代表に無理押しして、出演をきめる。
ジョンウンがヒョンジュンの息子の婚約者と聞かされても意思はかわらず。
ジョンウンにちかづいてどうするつもりかしらん。
ジョンウンが急に自責の念にかられて自白・・・なんていうのはありえないシナリオだし。彼女に(やってもいない)何かの罪をおしつける、ぐらいのことやってくれたらいいのに。でもそんなマクチャン、やらないね、ジュニョンは。



そして四人がホテルで顔をあわせることになる。
ウルはジテの背からおりてジュニョンに近づき、彼が携帯番号を変えてないのを確認。メールも電話を無視したことを責めるがジュニョンはウルに関心がないという顔。

ふたりになるとジテはジョンウンに、もっと早くわかれるべきだった、と固い表情のまま謝る。

ジュニョンの冷たい対応がやはりショックで、焼酎を買おうとするウルだが、さすがにまた問題を起こしそうなので自制。カラオケで会社の代表と憂さ晴らししていたが、偶然ユヌのマネージャー?らにマノク(ジュニョンのコーディ)が迫られているのをみて、がまんできずに喧嘩になる。

ジュニョンはジテに誘われ酒の席に。しかしジテはわざとらしく、病人に酒はダメだ、といい、ほかに漏れないように英語で自分がジュニョンの病状を知っていることを告げ、しかも、そんな彼にはウルを永遠に守るのは無理だと通告。
こういう卑怯なことを言う人だったかなあ、ジテらしくない感じ。

ジュニョンが、ウルやグギョンが大げんかの最中なのを知る。喧嘩の理由など知りたくない、と去るジュニョンだったが、ウルが追いかけていき、自分はここもあそこも怪我をした、と大げさに訴える。
しかしジュニョンは心を鬼にして、ホテル従業員にウルの世話をたのんで離れていく。
このへんも「ミサ」に似ててデジャブな感じ。笑


翌朝、二日酔いのジテは、ホテルの自室にジョンウンがいるのをみていらだつ。
母との電話では、映画担当も会社での本部長職も、母が(婚約破棄の罰として)ジョンウンに譲ったことを聞かされるが、ジテはまったく動じず、逆に、もしウルやその家族に何かしたら許さない、自分には切り札があるのだ(ジョンウンの罪のことらしい)と逆脅迫。


ジュニョンは朝の運動でジョギングをしているが、医者が言っていたとおり運動機能に麻痺がおこりはじめていて、つんのめったり手も自由がききにくい。ものが二重にみえる症状も頭痛も悪化していく、と医者のことばが思い出される。

ウルも散歩にでて海岸ですわっているジュニョンを発見。
視野がぼやけていたジュニョンは急にめのまえにウルをみて驚く。
ウルは5000wをなくしたふりをしてジュニョンに声をかけるが、ジュニョンはウルを避けようとたちあがる。その手をにぎったウル。
ウルはジュニョンの冷たい態度にめげず、自分が彼に会いたかったと正直に話し、ジュニョンの気持ちも変わってないと信じていると。
このときのウルはよかったです。ジュニョンに関して気持ちが揺れることがないようで。


ソウルのヨンオクの店では、彼女もジョンシクも、心ここに在らず。(ヒョンジュンとの再会の後遺症・・・)

ジュニョンの家のまえでの再会では、そのあとふたりはカフェで向かい合うが、ヨンオクは何を話していいかもわからず落ち着かない様子。ヒョンジュンは暖かい目で昔の恋人を見つめている。
ヨンオクは外で待っていたジョンシクを呼ぶと、彼が夫で、ジュニョンは自分たちの息子だと嘘をつく。
愕然とするヒョンジュン。
ヨンオクに聞かれて、自分がジュニョンに命を救ってもらった借りがある、と答える。
このまえのウルの車の事故のことを言っているのだけど、ヨンオクとしては例の昔のスキャンダルをジュニョンが隠蔽したことだと思ったかも。

ハルはジクのストーカーなっているが、意外なことにジクもハルのことを憎からずおもいはじめているらしい。
まあ、このふたりがどうなってもいいんですが、ジクにハルはもったいなさすぎるでしょう・・。
それにここでもまた仇である父の娘と被害者の息子、というぐちゃぐちゃした悪縁の二乗になるし。はああ・・。


ウルは、喧嘩の怪我で目も腫れたまま。
しかも、昨日きていたきれいなワンピースは濡れていて着られず。
しかたなく、小汚いジャージ姿で撮影にでていき、神経質なユヌの逆鱗にふれる。
最初は小さくなっていたウルだが、しだいに腹をたてて、撮影するのに何を着てようと関係ない、と反駁、激怒したユヌはウルはクビで今後もこの業界では仕事をできなくしてやる、と宣言。
この騒動をみていたジュニョンだが、ウルの弁護をするでもなく、冷ややかな態度のまま。

またもや失業したウル。
同じく失業?したジテが、ソウルに帰るまえにデートしようと誘う。ウルは自分たちは(親の悪縁があって)絶対にうまくいかないふたりだ、というが、ジテは、いまはウルの気持ちがジュニョンにあったとしても、最後には自分のもとに来る、という。
ジュニョンの死後、という意味でしょう?なんかジテがすごく嫌な奴になってきてるんですけど。こういうキャラじゃなかったのに。

映画の撮影がはじまり、ユヌとジュニョンが対決。
ジュニョンはサイコらしくユヌに不気味に詰め寄るが、急に彼を殴りつけぼこぼこにする。台本にはないこと。
これって、ウルに酷く当たったユヌへのカウンターってことなんでしょうが、必要か?こんな暴力・・
こんどは、ジュニョンにもがっかり・・。
こんなしょうもないことしてないで、もっと現実的な方法でウルを助けてほしい。借金を肩代わりする、とかね。


入院したユヌはもちろんジュニョンを告訴すると息巻いているようで、こまっているジョンウン。
ジュニョンは、台本を読み間違えた、としゃあしゃあとした態度。
まえに似たようなことで逆にユヌに殴られたことがあったので、あいこだ、と。
ジョンウンは必死にジュニョンにたいして謝罪するように頼み、ふたりは病院へ。

ウルも、スタッフの話から、撮影中止のいきさつを知る。

ジュニョンとジョンウンはユヌを訪ね、跪いて謝罪しろといわれて、おどろいたことにジュニョンがあっさりいわれたとおりにする。これには当のユヌもびっくり。

ホテルの自室に戻ったジュニョンだが、ウルが待ち伏せしており、今回の暴力はウ自分のためにしたのだろう、と言われてしまう。「お姫様病かよ?」とふりはらうジュニョンだが、ウルは部屋のなかまでついてきて、いくらジュニョンが冷たくあしらっても自分はジュニョンのほんとうの気持ちがわかっている、と言い張るウル。
出ていかないウルに対して、ジュニョンはいきなりベッドに押し倒して、
「俺と寝たいのか?」そういいながらウルの服のジッパーを下げ始める。
「その気がないならそう言え。ドアをあけて行かせてやるから。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

14話

ジュニョンに挑発されても、
ウルは、いくらジュニョンが自分に酷く当たっても彼のそばを離れない、と言う。
しかし、表情は目を閉じて顔をしかめている。

ジュニョンは結局ひきさがり、部屋のそとにでていってなぜか母に電話。
自分がなぜウルといっしょにいちゃいけないのか言ってくれ、と唐突に言う。
レジで忙しい母はすぐに切ってしまうが、ジュニョンは切れた電話にむかって、ウルと一緒にいて手を握ってあげて、やりたいことを全部する、とまるで自分に言い聞かせるかのように言う。
ホテルの外でしゃがんでいるウルを上から見下ろしながら・・・。

次の日、ジュニョンはカメラを設置してそのまえにすわり、つとめて深刻にならない顔で、医師に余命宣告された話をはじめ録画する。


店にはグギョンがマネージャーをやめて皿洗いをしており、ジュニョンの悪口(ウルへの冷たい対応)を言い、父に殴られかける。ヨンオクも事情がわかり、ウルをあきらめようとしているジュニョンがかわいそうになる。
自分がヒョンジュンと別れなければ彼の生き方も違っていて、ジュニョンが父のために愛する人を失う目にならなかっただろうか、と自問自答。
それを聞いているジョンシクは傷つきながらも、いまからでもヨンオクがその気になればヒョンジュン(は彼女に未練がある顔だったので)とやりなおせるのでは、という。
ぷっさんへーーーアジョシ


ウルはジクの担任から、彼が大学進学をあきらめたと聞き、必死に翻意させようと説得するが、ジクの意思は固い。進学の金よりさきに、居候をやめ、借金を返すのが先だ、と。

まさにこのとき、ウンスから呼び出しの電話。

ジュニョンはポロロについた毛糸をとろうとして、視力も手もおもうようにならないことに気づく。医師からの電話で入院を強く勧められるが、明るい声でことわる。
その直後、ジョンウンが訪ねてきて、キイ型のネックレスを返しに来る。
ジュニョンからの贈り物と誤解したらしいが、実は事務所がジュニョンがおこした騒ぎの謝罪の意味でスタッフにみな渡したものときかされ、バツが悪いジョンウン。
ジュニョンの真摯な表情をどう読み間違えたのか、ジュニョンは彼が自分に関心があるとおもったようす。
プールで助けたときになにを言ったのか、尋ねる。
ジュニョンは彼女の誤解をうわぬりするように、婚約者がいると知らなかったから言ったことなのでもう言えないのだ、と意味深。
ジョンウンは、ジュニョンがウルをどう思っているのかを尋ね、彼は正直にウルを好きだと答えて、さらに、彼女に辛くあたっているのは彼女を大事におもうがゆえだ、という。

ジテだけでなくジュニョンにまで愛される価値がある女だとはジョンウンにはとても思えず、鼻白む。
はらを立て帰ろうとして足をくじいたジョンウンを、たのまれるまま家まで送るジュニョン。
とうとうジョンウンは、露骨にジュニョンを誘惑しはじめるが、まったく彼にその気がなく、いたく自尊心を傷つけられる。
ジョンウンってほんとにやることが幼稚すぎる・・ウルからジュニョンを奪って、ついでにジテに嫉妬させるつもりらしいですが、自分の思惑だけで相手についての想像力なさすぎ。笑

ウンスはウルをよびつけ、なんと10億の手切れ金でジテから離れろ、と言い出す。
そのとき秘書からの連絡をうけてかけつけたジテが激怒して小切手を破ろうとするが、ウルがそれをとめて、金をうけとってでていく。愕然とするジテ。
彼女をおいかけ、金ではなく謝罪をうけろ、と怒鳴るが、ウルは、
「私が何を言っても聞いてくれる人もいない!あんたの両親は絶対に謝罪なんてしないし、私のことを踏みつけにし続けるわ!金を受け取ってどこが悪いの?!」
ウルをひきとめられないジテ。

ウルは陽気に、ナリに高価な洋服を買ってあげようとするが、小切手が高額すぎて店側が受け取らず。追いかけてきたジテが横からカードで支払うと言う。ウルは、ナリに、彼の正体をバラす。
あくまでも謝罪を受けろ、と正論のジテに、自分は10億でジテを売ったのだ、と昂然と言うウル。
父をも売ったことになる、といわれても引き下がらず。

結局高価な服を山ほど買ってナリの家にかえってきたウルだが、ナリは、汚い金をうけとったと非難。
しかしウルは半泣きながらも、この金で家も買いジクも大学にやる、父も金を受け取ったことを非難しないだろう、と反駁。
隠れてこのようすをみていたジュニョンは、ウルの心が傷ついていることを慮って辛そうな顔になる。

ナリと喧嘩になったウルは、山のような荷物とともに、階段にすわりこんで酔っ払っている。寝込んだウルをおぶってナリの家の玄関に送り届けたジュニョン。寝顔のウルにキスしそうになるがおもいとどまる。


ジテは帰宅して、ジョンウンのしごとぶりをほめる母に、職員たちはコネの彼女の陰口を言っている、と冷水をあびせる。
そして、ジョンウンとの復縁はぜったいにない、と宣言。
ジョンウンをもてあそんで嫁舅ゴッコをするな、とも。

父は、慣れない肉体労働(ジテは左遷されている)のジテに湿布を貼ってあげながら、妻がウルに金をわたしたことをきかされるが、ウルも結局は金を受け取っただろう、と現実をみろといわんばかり。

ナリがジテに電話してきて、ウルが金にころぶ人間になり果てた、と泣きながら訴える。
ジテは、両親のもっているものを全て奪うしかない、と決心。

ジクが図書館で公務員試験の勉強。よこにはハルがいて、浪人中の彼女も勉強しないといけないはずだが、ジクにみとれているだけ。
このあとのふたりのやりとりはどうでもいいため省略。


ジュニョンは自宅で握力を維持するための運動をしている。そこに、ジョンウンの誕生日だという携帯のアラーム。
靴のプレゼントを買うジュニョン。

ウルは二日酔いで起き上がり、自分がどうやってナリの家にもどったのか、不審がる。
昨日はあれほど喧嘩したナリが酔い覚ましのスープを用意してくれていることに感激。
そのとき、ジテの秘書(いまはジョンウンの秘書)がやってきて、ジョンウンが会いたいと。

ウルはジョンウンの経営するレストランに呼び出される。ジョンウンは、誕生日なのに婚約者と食事もできない、とウルを非難する。
ウルは謝罪し、二度とジテにあわないと約束。
そのとき間が悪くジテからウルに電話がはいり、それを横取りしたジョンウンはウルが自分といることを話す。
自尊心がバラバラになっているジョンウンはウルがなにを言っても怒りを抑えられず、クロスをひきテーブルの上のものをひっくりかえし、最後にはウルの胸ぐらをつかむ。悪口雑言をあびせるジョンウン。
ここにもまた怒り調節障害の財閥2世が・・・・

そのときジテが到着、ジョンウンをウルからひきはなす。
ウルは、ジテに会わないという約束を再度したうえで店をでていく。

ジテはジョンウンに、「いったい自分がどこまで残忍になったらあきらめてくれるんだ?!」と叫ぶ。

ウルがエレベーターに乗ろうとする、なかにいたのはジュニョン。
手には花束とプレゼントを持って・・・・。
みつめあうふたり。

to be continued・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

韓ドラによくあるパターン(で私がいらつくパターン)なんですが、
主人公男がヒロインのために!!という名目でイロイロがんばるわけなんですが、なぜかそれをヒロインと相談せずにやっちゃうんですよねーー。
ヒロインだって大人だし判断力もあるのに、なんでひとりで格闘するかなあ。
ジュニョンも、ジョンウンが真犯人とわかった段階でウルに教えてあげるべきだと思うんですが。
そうしたらいけない理由、わかるひとがいたら教えてください。m(._.)m





スポンサーサイト

Comment

まったく同感です

>ジュニョンも、ジョンウンが真犯人とわかった段階でウルに教えてあげるべきだと思うんですが

本当にこの作家さんは男性主人公に幸せを求めさせてあげないんだから!
周囲は個々の想いだけで動いてるから、何もかもジュニョンが鍵を握ってるっていうところにイライラしています。
ただでさえ死に至る病抱えてるのに、ウルの復讐も幸せも一人で抱えこんで、いろんなことを画策してるジュニョンの愛をウルが否定しないところだけが救いかな。

この2話のウルはとても私好きでした。
13話でバッタリ海岸で出会ったジュニョンに、私のことが好きだってちゃんと分かってるからっていうウルも良かったし、
14話で、どんなに歯向かっても踏みにじられるんだからお金も受け取ってやるっていうウルも。
ここでジテが小切手を破ろうとなんてせず、「君はもらう資格があるから何度でもいくらでも受け取ればいい!」って豪語してくれたりしたらスッキリしたのに~と思いましたが、きっとステレオタイプのジテはそんなこと言わないよなぁとか、
ジュニョンがいないなら、ウルがジテと結婚して、ジクがハルと結婚しちゃえば(この二人の話本当にいらないですね…)、一番の復讐じゃない!?とか、
私の頭のシナリオはすっかりマクチャンです^_^;

そうでもしないとウビン君、もといジュニョンの切なさがやりきれない!

ゆまさんへ

早速の、コメントありがとうございます。
ほんとに、ゆまさんの言ってた通り、幸せを求めない主人公ですねー
嘆息〜。(;_;)
ジテも婚約破棄した段階でジョンウンの人間性を疑うからそうするのだ、と言ってやればよかったとおもうんですけどねー。そこでジョンウンやそのサポーターたちがどうでるかはわかりませんが、風穴は空いたはず。プンスカv-412

たしかに、ウルがよかったですね。
海岸のシーンもお金のシーンも。
わたしも、ナリやジテの言い分が全然わからなかった。俗物です。笑
もう時効寸前で証拠もなかったら、金銭で解決するしかないでしょう。
わたしの好みのシナリオは、ジョンウン相手に弁護士に交渉してもらっての10億ゲットだったらよいのに、と。弁護士がユンゲサン@good wifeならベスト。(^ω^)
もう、ジョンウンやらウンスやらと会うのも嫌ですワー。


今晩は、今回もありがとうございます。

なんだか、観ていて…
誰一人、幸せな人が居なくて
幸せになろうとする人も居なくて

ジテも、本当ににウラの事が好きなのかも
疑問だし
たとえ、それが愛だとしても
もっと早くに、犯人がジュンウンだと教えるべきだし、時効が迫ってるなら尚更
もし、ウラの前にジュニョンが現れなかったら
以前みたいに、足長おじさんとして過ごしていただろうし
そしたら、ジョンウンと結婚したの??
と、思いました。

15話でウラがジュニョンの病気の事を知るみたいですが
もっと、切なくなるぐらい愛情表現してもらいたいです(笑)

ハナちゃんママさんへ

こんばんは。

>誰一人、幸せな人が居なくて
幸せになろうとする人も居なくて

その通り、、(>人<;)
身勝手なウンスでさえ、なにも満足してなくて、ひとに不幸をふりまいてブーメランのように自分にも不幸が返ってきてるという、、
救いがないですワ。

ウルがお金を受け取るという、韓ドラの定番外しをしてくれたのはよかったので、仇たちにはそういう現実的な対応でかわして、ジュニョンとつかのまでもハッピーな時間を過ごしてほしいです。
ウル、病気のこと知るんですか?
わたしは予告みてないので。
やはり来るべき時が来た・・ですねー(T_T)

非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール&ひとこと

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スクロールはカーソルをあてるとストップします♪

★★ 「秘密の森」が終わってしまい、このあとはイ・ヨニの「再会した世界」を見るつもりです。わりあい評判が良さそうなので。 ★★ ★♪ここへのコメントのかたはこちらをクリック♪

最近の記事

FC2カウンター

訪問ありがとうございます.

USERS ONLINE

現在の閲覧者数:

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ