スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『トッケビ(鬼)〜わびしく燦爛たる神〜』10話まで。気になっていることは・・

2017.01.06 12:15|トッケビ(鬼)
昨年末で10話まで放映された「トッケビ」
とても不思議な雰囲気があって面白いドラマ。

トッケビ、死神、トッケビの新婦の三人プラス,過去からの転生、などなど普通の人間はほとんどいない,という・・・。笑
ファンタジーそのもの。この手のお話はあまり得意でないワタシなんですが、このドラマはなぜか大丈夫なんです。

話はぶっとんでいるんだけど、同居する三人の日常はセコかったり、小競り合いがあったりで、まあふつうの人間とあまり変わらないなーというところがあるからかしらん。

トッケビの能力のひとつ、「どこでもドア」のおかげでカナダ・ケベックの美しい風景も堪能できるし、ほんとうに映像表現が美しいドラマです。

oni-01.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




900年間,胸に刺さった剣を抜いてもらおうと探し続けた新婦ウンタク(キム・ゴウン)をやっと見つけたトッケビのシン(コン・ユ)ですが、彼女に惚れてしまったために、剣を抜いてもらってこの長い長い命を終わらせることを躊躇しはじめました。
ところが、本来生まれるはずがなかったのに、トッケビ新婦の宿命をもってうまれたウンタクのほうは、剣を抜くという持って生まれた役目を果たさないと死んでしまう、という反転が!!
すでに二回も事故で危ない目にあっているウンタク。

こういう設定は「青い海の伝説」でも似ていて、人魚は愛する人間から愛されないと心臓がかたまって死んでしまう・・・ということで,生きるか死ぬかの恋になっています。
でも、シリアス度からいくと、ひとりが死なないともうひとりが死ぬということでは、トッケビのほうがもっと悲劇的。

一方、いつのまにかトッケビ・シンの友達になりつつある同居人の死神(イ・ドンウク)とチキン店の社長のサニー(ユ・インナ)の恋。
こちらは、高麗時代、将軍だったシンを逆賊の濡れ衣で殺した王・ヨとその王妃(シンの妹)の転生だと判明。
というか、死神のほうは生きていたころの記憶を失っているし,現世で生きてるわけでないのですが。


10話まできて、シンとウンタクはお互いの気持ちを確かめあったので、とりあえずトッケビがウンタクの命の危機をなんとか救いまくり、神の与えた運命をなんらかの変数で変えてふたりがいっしょに生きていける方法を探すのでしょうね。

そこでポイントになるのがサムシン婆と神。
神のほうは、蝶のかたちでシンの周りをうろついている・・・ように見えます。

実はこのドラマについて書かれている外国のサイトで見つけた意見なんですが,気になったのでちょっとご紹介。

シンに長年支えてきたユ一族の現世の青年であるドクファ。
実は彼が「神」の化体なのでは・・という意見。
理由のひとつが、このまえウンタクがスキー場に逃避していたとき、必死に探すシンを助けて居場所を見つけたのがドクファということになってたけど、そういえばあのときスキー場に蝶が舞ってましたね。
冬のさなかに変だな,と思ってたのですが…あれがドクファなら辻褄は合うような。(⬅︎ほんとに合うのか?!)

サムシン婆がこれまでに二回ドクファを飲みに誘っているんだけど、そのときに敬語を使っていたらしい。
サムシン婆(見た目は妙齢の美女だけど)の年齢からして大概の相手には敬語は使わないだろうから・・・。

・・・いかがでしょう?
私は、なるほど、と感心したのですがねー。
クレジットカードなしで生きられない神様・・っていうのも、いまどきらしくてアリかも。
まあ、神さまは忙しいだろうから、シンだけに関わっているというのは変なんけどね。笑

ほかにもうひとつきになること。
高麗時代にシンを陥れた内侍(このひと、「ショッピング王ルイ」楽しい役柄だったのに、今回はものすごく不気味)が現世で生まれ変わってるとしたら、ルックス的にはドクファに従いている秘書さん?
いまのところシンに忠実そうにみえてますが、前歴が怪しいようだし、さてどうでしょうか・・・。.


思った以上に高麗時代の因縁が影響しているようなので、カメオだと思っていたキム・ソヒョン嬢やミンジェくんがたくさん出演するのも嬉しい誤算。

因縁がほどけて、みながハッピーになって、しかも荒唐無稽にならないフィナーレになってくれることを祈りつつ後半も楽しみに見ます!!


スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ

あけましておめでとうございます。

面白いですねートッケビ。
わたしも、もともとドンウク目当てで見始めたので、彼に当て書きしたような死神役、最高です。
10話ラストで高麗時代の彼がチラリとでたときはドキっとしました。

不思議なのが、彼が長身だとはこれまでおもったことなかったのですが、実はコン・ユとならんだときあまり差がないこと!
ふたりがトンネルから出てくるセルフパロディみたいなサービスシーンには笑わせてもらいました。

先月半ばにいただいたコメント!
読んでたのに、返事したつもりで忘れていたようです。
申し訳ありませんでした。

ところでいつも鍵コメで頂いてますが、とくにオープンでも問題ないように思いますが、、、。

あけましておめでとうございます<m(__)m>

どっぴりハマっています。
英語字幕付きを見ているので、土曜・日曜が楽しみで楽しみで(*^_^*)

映像がとびきり美しいところ、実はメイン4人のうち3人が儚い存在で時々ものすごく切ないのに突然そこからコメディに反転するところなんかが正に私好みです。
実はファンタジーはなんかわざとらしいと思ってしまうタイプなのですが、このドラマはそれでこそ生きてくるシーンが多すぎて、素晴らしいです@作家さん。
上半期の某作品と同じような場面(ヘリから軍人たちが下りてくる場面と、ウンタクを救いにトッケビと死神が現れた場面とか)でも、ファンタジーだからこそ楽しめるので存分に満喫しています。

三(産?)神婆と神の説は、私も読みました。
ドクファも会長も、トッケビに仕えながらも、すべてを把握しているような不思議な態度を時々見せていて、面白い存在です。その秘書さんの存在感たるや!
内侍の生まれ変わりでないことを祈ります^_^;
髪型がルイの時の俳優さんとかぶってるのが気になりますが^m^


コン・ユ×イ・ドンウクという主役級を二人持ってきてのブロマンスも楽しみの一つなのですが、コン・ユssiは5年ほどこの役を断り続けたらしいですし、死神は全く別の俳優を予定していたらしいですが、今やこの二人しか考えられませんね。

全20話なのでしょうか?後半もこのままどうかどうか面白いまま終わってほしいと願っています☆彡

今年もよろしくお願いいたします。

ゆまさんへ

あけましておめでとうございます。

11話もそうくるか@奸臣で、ビックリ!
さらに気色悪さがパワーアップしていて!v-12

コン・ユは、「ビッグ」で失敗しましたからねー。ファンタジーものにはトラウマがあったかも。まあ、あのドラマは演者ではなく作家の失敗だったと思いますが、、。

コン・ユもいいですが、ドンウクがあまりにもハマり役で。あの色白がこうも生きるとは!笑

王ヨですが、奸臣の思うツボにハマりすぎで、賢そうな顔してるのに、、と、ムカついてます。
v-41
ソヒョン嬢ととても美しいカップルなので、なおさら悲劇が惜しいです。

人魚も楽しく見てますが、こっちのほうがやはりドラマの作りとしては洗練されてますね。
あちらのわかりやすさも悪くないですが。

テレビでチイントが始まったので、大学生キムゴウンも楽しめますねー

ことしもどうぞよろしくお願いします。m(_ _)m

komachi様
あけましておめでとうございます。
今年も、宜しくお願いします。

コン・ユさんの鬼、視聴率も毎回上がり
前回のビッグが、不評だったので
御本人も、さぞかし嬉しいだろうなぁ〜と…
毎回、解らないながら観ています。

私ごとですが、7日にキムウビン君のファンミに行って来ました。
1人で東京まで行くのが家族の手前都合が悪く(笑)
娘を道づれにして。

噂通り、本当に気配りがゆき届き
ファンだけでなく、司会の方や通訳の方にも優しくて
一緒に行った娘が
こんな、ファンミ初めて!今回付き添いで行った私でもファンになった!会場に来てた全員が益々ファンになりはったと思うよー
って言ってました。
あの優しさは、ご両親に愛情掛けて育てられた賜物だと。

長々と、感想を書いてしまい御免なさい(笑)

今年も、素敵なドラマの解説楽しみにしています。

はなちゃんママさんへ

あけましておめでとうございます⛩

ウビンくんのファンミ行かれたんですねー。
東京に引っ越したくせに、全然それを生かせてないワタシです。^_^;

やはり、かれは性格イイのですね。
まえにバラエティにでたときは、そんな感じでした。
やはり、素がでますよねー。

ビョンホンとの映画もヒットしてるようだし、ことしもますます活躍してくれるでしょう。

No title

こんにちは~

いよいよ 도깨비 記事上げられましたね! よく読みました。 ありがとうございます。
漢字の勉強になります。(笑)

あたかも少女漫画を見るような 、優雅なCF映像を見ているような楽しみです。
主演級の素敵な二人の俳優を見る楽しみも大きくて。v-238

夫もおもしろいというが、은탁という少女の魅力のためです。
彼女の非凡なところと賢しい才覚に私も引かれることになります。(子供のころから おばけを見ていたので平凡でないのが当然?)

12話まで見ましたが、上のトクァの話は正解! 本当にするどいですね。v-12

今後どんな展開になるのか分からないが

ウンタクの未来に他の男を呼んでいるのを予知した공유がその男に対して嫉妬をしているが、
事実は、ウンタクから剣が抜かせて 、神の配慮で違う姿で幻生して,ウンタクの前に現れたこと..
それがその未来ではないだろうか...そうなったら良いですね。

yoonさんへ

アンニョン。

不思議で面白いドラマですね。
トックファは、やはり一時的に神がのりうつってたんですね。
そちらは当たりましたが、奸臣は幽霊でしたから外れました。

yoonさんの想像ラストが当たっていればハッピーエンドでよいのですが。わたしもそれに一票いれます。(^。^)

ワタシは、トッケビカップルより、いまは死神カップル、というか王と王妃のほうが気になります。
シンはリベンジしたいのでしょうが、王ヨは自分のしたことを覚えてないので、復讐してもスッキリしないのでは、、とおもいます。

ところで、このまえの一泊二日で、ジュノとデフコンが入水したとき、シンと死神のテーマソングがながれて笑わせてもらいました。
ほかの曲のドラマなのに、使われるなんて、よほどこのドラマの人気が高いのですね。(*゚∀゚*)

シークレット・ガーデン

こんにちは、今年も宜しくお願い致します。

ユ・インナさんはどちらかというと苦手なので彼女のシーンはさらっと見ていましたが
13話の中盤では「シークレット・ガーデン」に登場したライムの家が登場して驚いて
しまいました。

考えてみればユ・インナさんもそのドラマ内ではライム(ハ・ジウォン)の同居人として
住んでいたので、それに引っ掛けてあの家にしたのかと勘ぐってしまいました。

sophilさんへ

お久しぶりです。
今年もよろしくお願いします。

わたしも、あの場所には気付きました。
ヒョンビンが車を止めてたところですよね。

途中まで、キムソヒョン嬢とインナちゃんのイメージが重ならず、どうかな、と思ったのですが、シンが兄だとわかったあたりからインナちゃんの演技にひきこまれて、とてもよくなりました。

とても発想のオリジナリティや、物語の構築がしっかりしていて、面白いです。
13話はまるで最終回のようでした。

見てます!

この記事が上がったときには、まだ少ししか見ていなかったので追いついた今、ようやく拝見しました。
記憶を辿ればガッツリ韓流ドラマにハマったのはコン・ユのコーヒープリンスだったことを思い出し、やっぱりコン・ユ好きだわ!と思いながら見てますが面白いですねーー、これ!
そして顔と名前は知ってるけど、くらいのドンウク씨がめちゃくちゃ良い!背もあんなに高いイメージなかったんですが彼も演技派ですね。
ほんとに引き込まれるお話ですね。
外国サイトのトックァの推測は凄いですねぇー
私、なーーんにも考えずに見てました(笑)

そして他の方のコメント拝見したのですが
実は私も!!!ウビン君のファンミ行ってしまいました!!
正直相続者でどハマりしたもののその後スジとのドラマはリアタイも出来ず気持ちは失速していたのですが、行かなかったら後悔しそうな気がして申し込み!!
むやみに切なくも予習してから行けました(笑)
しかも最前列で拝めましたぁぁぁ
遠征組だったので帰りの時間はドキドキでしたが楽しかったです。
ほんとにファンサービスが素晴らしくて幸せな気持ちになる素敵なファンミでした~

yukaさんへ

こんばんは。コメントありがとうございます。

ウビン君ファンミ行かれたんですか!
しかも最前列!あのスタイルのよさを堪能されたんですね。
行かれたひとの話では、気立てのよさがわかるファンミだったとか。
よかったですねーー。
遠征のときって、帰りの時間気になりますよね。私は昔グンソクくんのファンミで握手会に出られなくて泣く泣く宮崎に帰ったことがありました。(遠い目・・)

日本に、こんどはボゴムくんも来るらしくて、韓流が下火と言われつつも、来ますねーーー有名どころが。
中国がシャットアウトしている今、日本に来てくれるひとが増えるのかも。^^

コーヒープリンス!
なにげにあれって、韓ドラにハマるひとを量産したドラマですよね。
コン・ユって系統的にはウビンくんラインじゃないですか?恐竜系というか。
でも、私はなぜか彼にはこれまでハマらず、このドラマもドンウク目当てで見はじめたんです。
あの色白と奥目がたまらん〜〜〜笑

あ、でも、キム・シン役は彼しかない気がしてます。
将軍役がかっこいいし、(はじめのころの)ツンデレトッケビも、やきもちトッケビも良い。
13話はびっくりしましたが・・v-406

このドラマの作家さんは、好みに合うときとそうでないときがあるんですが(太陽の末裔はダメでした)、今回は当たりでした!

非公開コメント

| 2017.03 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール&ひとこと

22年ぶりの東京、2年ぶりの三人家族です。^_^   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スクロールはカーソルをあてるとストップします♪

★★ 事前製作ドラマと製作放映同時ドラマが混ざってるので、あっちのドラマのひとがこっちにも・・・というのが増えてますね。ごっちゃになりそう。 ★★ ★♪ここへのコメントのかたはこちらをクリック♪

最近の記事

FC2カウンター

訪問ありがとうございます.

USERS ONLINE

現在の閲覧者数:

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。