スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太王四神記 3話 あらすじ

2007.09.29 15:27|太王四神記
ここまでの2話だけでもいろんな疑問がわいてきます。
まず、タムドクの誕生が描写されなかったこと。
タムドクの母が出てこないこと。
タムドクの出自に何か秘密があるんでしょうか?

やっと人物紹介や背景説明は終わって3話で話がうごきだしました。
↓このふたり、タムドク王子とヨン・ホゲ、宿命のライバルになるようです。
王子とホゲ


ふたりはもともと仲はよかったのに、この三話で悲劇的な宿命が……
(以下完全にネタバレです。)
追記あり(12/18)
クンネ城の書庫で四神に関する書物を探ろうと忍び込んだキハ。
タムドクと遭遇したあと、ファチョンの根城に戻ろうとしたところ、襲われるが相手に手傷をおわせる。強い!
相手はサリャン。
ファチョンでキハに仕える片目が義眼の謎男。
キハの武術を試すために襲うふりをしただけ。

スジニとヒョンゴは城下で占いで生計をたてながら将来チュシン王になるかもしれないホゲのいるヨン家のようすをさぐっている。
ヨン家に薬種商(実はサリャン)が出入りしてるのを知り、ヒョンゴがスジニに探らせると、ホゲの母のヨン夫人が彼から毒薬(昔の妖術師が作ったもの、1ヶ月で死に至らしめる)を買ったことが判明。

スジニとヒョンゴは白虎の神物をもっていった村人の娘(第2話で登場)と出会う。
彼女のいた村は鍛冶屋の村で、彼女も鍛冶職人らしい。

タムドクはキハにいわれたとおり足をきたえるために重い袋を足につけて武術の訓練。(昔巨人の星で飛雄馬もそんなことをやってたような…

ホゲは、他国との戦争に従軍し手柄をたてる。
凱旋帰国で、国中が彼の実力を称えている。(しかし、この頃ホゲってまだ10代前半だとおもうんですけど~)
一方、タムドクは父の教えどおり、ひよわで愚鈍な王子のふりを続けている。

王の使いでタムドクが戦勝の褒美をホゲに届けるためにヨン家を訪れた。
しかしホゲがチュシン王になるべき王子だと信じているホゲの母は、タムドクを侮辱する。
ホゲ自身はそんな母に困惑している。
王子に対しては礼をつくしており、また二人だけの時は親しくふざけあったりする友人でもあった。

ホゲの母はしびれをきらし、王(タムドクの父)に毒を盛りはじめる。
どうやら王の出自に問題があって、ホゲの母は王を兄だと認めていないらしい。

タムドクは父が王に即位してから、急に体調を崩したのを不審に思い、病気のことを調べたり、薬草を探し、茶畑でキハに遭遇。
この茶畑のシーンが美しい~~。
茶畑の王子


キハ



キハに医術の心得があると知り、王に会わせると、キハは王の吐瀉物のにおいをかぎ、手を診て、毒物が原因だと告げる。
驚くタムドクと王。
キハは毒を売ったのがファチョンだと察知。
(疑問なのは、大長老はホゲがチュシン王になると思っていて、ヨン家につながりをもとう、あるいは弱みを握ろうとしてこういう策を弄してるんでしょうが、タムドク王子のことはまったく気にしてないのは何故?タムドクもチュシン☆が輝いたときに生まれたと思うのだけど,誰も知らないのかしら?!)

毒盛りの実行犯はすぐにつかまり、タムドクはホゲの母が黒幕だと推測。
しかし、ヨン家がもっとも力のある貴族で、その武力でも宮の兵力に勝っていると知り、どうにもできない無力感にとらわれる。
自分が卑怯な息子だとキハに自嘲するタムドク。
キハはそんなタムトクに、「本当に賢い人間は獲物を捕らえるのに斧ではなく罠を使います。」とアドバイス。
タムドクはそんなキハに、「いつも自分のそばにいてくれ…。」と頼みます。
(ふたりはこの頃からもう両思いだったのね~)


ホゲが宮中でキハをみかける。
キハがタムドクのいる別邸のほうにいくのをいぶかしく思う。
声をかけ、前に町で会ったことをキハが覚えていたことを喜ぶホゲ。

キハの示唆を受けて、タムドクはヨン家と直接対立せぬように、一計を案じる。
真犯人のホゲの母を呼び出し、毒のびんと医師が報酬としてもらった金を見せ、
「王に毒をもっていた医師が白状した。毒を盛らせたのはホゲだと自白した。」と告げる。
驚愕するホゲの母。
「お、お前はいったいなんで!…そんな幼い無邪気な顔をしていながら……!!」
そのころ、ホゲは宮の兵士に囲まれ、捕らえられていた。
幼年ホゲ



「伯母様、ヨン家の誰が犯人なんですか、犯人をつかまえてください。真犯人が、罪をつぐなえばヨン家もホゲも、これ以上追求しません。」
真犯人であるホゲの母に暗に自分で解決(自死)するように示唆したタムドク。

ホゲの母はホゲを守るため、その場にあった毒のびんをもちだし、ホゲの眼の前で自殺する。いまわのきわに、「きっとチュシン王になって、チュシン国を再建しなさい。ニセの王子(タムドク)は蛇のようにずるがしこい、ダマされないように…」と言い残して。
号泣するホゲ。
ホゲ母

(この一連のシーン、ホゲ母の迫力がすごいです、ちょっとハスキーな声で。この女優さん、みたことあるような気がするけど、おもいだせないわ~)

ヨン家を訪れるタムドク。
当主ヨン・ガリョに夫人が王毒殺未遂の犯人で、自殺したことを説明。
「ウソだ!!」絶叫するホゲ。
しかしヨン・ガリョは終始冷静にタムドクの話を聞く。

ヨン・ガリョ


このひとただものではないです、奥さんが死んだのに全然動揺してないし。
タムドクのしたことの意味を正確に理解してます。
もともと、夫人の「チュシン☆が輝いたときに生まれたのだからホゲがチュシン王になる」という主張も全然信用してない感じだったし。理性の人っていう感じですね。
…でも、「大望」のときと同じで、いい人にはみえないけど。

……………………………………………………………………………………

この三話では、ホゲが可哀想で…。
タムドク、たしかに賢いけど、今回の毒殺事件の解決のしかたは将来に禍根を残しそうですね。。

ホゲを完全に敵に回しそうです。


……………………………………………………………………………………

<追記12/18>
昨夜はオンエア時に見られずにさっき3話を視聴。
日本語つきで細かいところまでわかると、タムドクのとった策は王側にとってはそれしかない、みたいな策だったんだ!と感心。
あの気の強そうなヨン夫人を直接、犯人だと糾弾していたら、王がヨン家をつぶすためにでっちあげた、くらいの反論をされて、あげくには軍事衝突にもなったかも。
夫人の一番の弱みのホゲを犯人扱いしたので、夫人がパニクって自殺に追い込まれたわけだから。
たしかにタムドクの「狡猾」勝ちですね。
この罠を考えたのはキハのアドバイスがあったから。
それももともとは大長老からキハが学んだこと、だったんだから、タムドク・キハ・ホゲの因縁は暗くて深いわ~。
そういえば、全然そうは見えないけど、キハは設定ではタムドク・ホゲよりも5才年上。
12才と17才といえば、コドモとオトナよね。
スポンサーサイト

Comment

ホゲ母!

3話で死なすにはもったいないキャラですよねぇ(~_~;) なんだかワタシのなかでは悪役Ver.の原田美枝子でしたわ。
もう既にご存知かも知れませんが「ライターをつけろ」などにご出演みたいですね。
http://www.hf.rim.or.jp/~t-sanjin/kimsongyon2_p.html

濃いキャラ

オレンジさん、あんにょん。
>悪役Ver.の原田美枝子…
言えてる!v-424
身をのりだして毒をあおるシーンなんて、黒澤映画みたいでしたね。
ヨン夫人、ホントもったいない濃いキャラでした。でもこの事件が結局後をひくんで、重要な役回りなんですけどね。

オモ!
ライターをつけろ、のチャ・スンウオン親分の奥さん!!なんですね、でも
覚えてない…おぼろげに綺麗な人だったような。v-393
テサギネタ本の立ち読みv-14では、舞台が多い女優さん、と書いてました。

初めまして。

SOPHILさんのブログから来ました。
「太王四神記」でタムドクに夢中になってしまった韓ドラ好きの主婦です。
ものすごく詳しいレビューですね、驚きです。
NHK BShiで放送を見始めたばかりで、まだ3話が終わったばかりです。
先はまだ読まないつもりです(ネタバレになるので)
見終わってから読みたいと思います。

謎が多いドラマで理解するのが困難な時もあり、とてもこのような詳しいレビューが参考になります。
この3話、ホゲの母はタムドクから「死」を示唆されたのでしょうか?
いまいち、理解出来ません(^_^;
実際、見た限りではタムドクの話術というか・・巧みな心理作戦勝ちのような気もします。
難しいですね。
でも、すごくハマってるので毎週、楽しみにみています。
これからもよろしくお願いします。

思いこみ?…

ルッカさん、SOPHILさん宅でお名前を拝見してました。コメントありがとうございます♪
最初の数話はとくに謎が多くてややこしいですよね。私は5話くらいからどっぷりハマって、だんだん記事が長くなって23話なんてマイブログ史上最長になりました。(笑)

>ホゲの母はタムドクから「死」を示唆…
私、そういうふうに書いたのですが、うーん、実は思いこみかも~v-390タムドクがちょっとうなづいたシーンがあったので、そう感じたんですが…。i-230ヨン夫人が死なないで居直ってたら全然展開、ちがってたでしょうね。i-238
ルッカさんもブログおもちなんですね、あとでうかがいます~♪

史上最長?

komachiさん、こんにちは。
レスありがとうございます。

そうだったのですか・・
私も自分で見ていてどうだったのかな?と真実が知りたくなり質問しました。
先に放送をみていられるのですべてを理解されてるのだと思ってました。
確かに、ホゲが捕まっていたので、母としてはパニクッてしまったかもしれません。
ヨン夫人があまりに早く死んでしまったので驚きました。

>史上最長
すみません、爆笑でした(笑)
私も感情移入するともの凄く長くなります(^_^;
でも、komachiさんの文はとても読みやすいです。
また、遊びにきます(^^)

難しい…

ルッカさん、あんにょん。
このドラマ、説明的なシーンがすくなくて、話の展開が速いので、私も一回みただけではよくわからないことが多かったです。NHKの放映で結局各話を三回ぐらいみることになるので、さすがに色々なことがわかってくるのでは~と期待してます。^^
ルッカさんのレビューも楽しみにしてます、続けてくださいね~。

あ~!もったいない!!!

komachiさん、こんばんは

慌て者の私は「ヨン夫人=黒朱雀」かっv-11v-236と思い込んでいたので、あまりにあっけないご退場が子役さんから大人キャストへの交代同様に残念でしたv-390
素顔の彼女は、着ていたv-324に引火という命がけのアクシデントにあった時も「私の人気にも火がつくわね」と一笑に伏して場の雰囲気を和ませたフランクな方だとかv-218
東京や大阪で開催されたドラマの衣装展ですが、どうせ展示するなら一般市民には手が出ないタムドク平民衣装(50万円v-405v-237レートとか、ゼロの桁数間違っていませんe-330)じゃなくて、引火した跡が残っていたであろうヨン夫人の衣装を拝見したかったですv-391
そういう展示内容なら食事を抜いてでも、交通費を工面して駆けつけたかもしれませんv-398
彼女の人気に火がつくことを密かに期待していたのですが、不完全燃焼で残念でしたv-393
最近唐突に発売されたノーカット吹き替え版で、人気に火がつくでしょうかv-391v-236

記事、TBさせていただきますe-466
うまく行きますようにe-459

ヨン夫人

猫型人間さん.

私もヨン夫人,序盤でいなくなって残念でした.
存在感,ありましたね.
>引火
そういうエピソードがあったんですね・・
あのドラマはケガやらいろいろありまくり,でしたね.

またDVDが出るんですか~・・と言ってもほかにどういうのが出たのかもよく知らないのですが・・.
来日したときのあいかわらずのヨン人気をみると,まだまだ需要があるのかな~.

ご同意感謝致します

komachiさん、こんばんはv-410

ヨン夫人の早期ご退場について、ご同意いただけて大変嬉しいですv-398
彼女の存在感に対抗できたのは、大長老様くらいでしたからねv-391
ヨン・ガリョ叔父さんを「王様の親戚になれた喜びもつかの間、結果的にはとんだ貧乏くじを引かされたのかv-292」と気の毒に感じてしまうほどでしたv-394
>>引火
基本的に安全管理システムがなっていないのではv-293v-236とか、俳優さん達が次々とサイドビジネスに手を出す理由も、本業一本槍では生活が難しいからいざという時のための保険代わりe-317v-236と考えるようになりましたe-330

>>DVD
去年の夏に出たDVDは、ノーカットだけど吹き替えなしだったのですv-390
一部の残念な方を除いて韓国ドラマの吹き替え版としてはかなりハイレベル(特に大長老様の吹き替えは私の知人の間でも評価が高かったですv-391私がずっとホゲ目線で見続けていたのは、宮崎ご出身だという吹き替え声優さんの「いいお仕事」も大きかったと終盤になってようやく気づきましたが、komachiさんは如何だったでしょうかv-398v-236)だったので、カジョクの方以外で地上波しか見られない人からのリクエストがかなりあったのではv-391v-236と推察していますv-398

でもv-388あくまでここから先は私の勝手な思い込みに過ぎないと思いますが…もしかすると、とりあえず限定生産で様子を見て売れ行きがよかったら「オールイン」廉価版v-52のように増産して一気に稼ぎに入ろうとしているのではv-388v-236と、放送局の「みなさまの…」が空々しいようなさもしい営業戦略に今更ながらあきれてしまいますe-262

ふきかえ

猫型人間 さん,

実は私はNHKの吹き替え版のほうはチラ見した程度なので,わからないんです.m(_ _)m
でも,あんまり違和感のない吹き替えだったんですね~.

私は字幕を読むのが苦にならないので,なんで吹き替え版にするのか,といっつも思うのですが,私のチングにも,字幕は面倒でぜったいイヤだ,という人もいるので,まあ,イロイロですね,≧Д≦

あんなに何遍も放映してなおかつDVDもいろいろ出す,っていうのが商魂たくましいですワ・・

放送局の商魂

komachiさん、こんにちはv-398

>なんで吹き替え版にするのか
主役の吹き替えは「ヨン様かっこいい~」なんて軽々しい気持ちで吹き替えないで下さいv-393という感じでしたが、我が家のe-288は今時モノラル音声なので韓国語が全くわからない私が字幕で見たら頭の中がパニックを起こしていたはずv-401
>あんまり違和感のない吹き替え
ホゲ役の声優さんは、美日々やオールインもこなしていたこともあったと思いますが、情報を検索してブログの記事を拝見したところ「回を追うごとに、ホゲに感情移入が深まって行くのを自覚。どうやら自分には世渡り下手で不器用な役が合っているよう」 とありましたv-405
文字通り「心を重ねて」下さっていたようでv-398ありがたや~ですv-410
>あんなに何遍も放映してなおかつDVDも~商魂たくましい
激しく同意v-217v-237
いくら高い契約金で青田買いをしたと言っても、それが受信料で運営している公共放送のやり方かっv-293v-237ですよねぇv-403

関西地区ではだてに「2ちゃんねる」に指定されていませんな…と思いますv-394

声優

猫型人間さん、

ホゲ役の吹き替えがよかったんですね。
いろいろ感情の起伏の多い役で大変だったでしょうけど。。

韓国の俳優さんはいい声の人が多いので、吹き替えのとき日本の声優さんもなかなか大変ですよね~。
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『太王四神記』第3話 あらすじ&見どころ

第3話 毒薬の因果●主なキャスト●ペ・ヨンジュン(タムドク役:神・ファヌンの血を受け継ぐチュシンの王)オ・グァンロク(ヒョンゴ役:玄武ウサの生まれ変わり。水を操る力を持つ)ムン・ソリ(キハ役:虎族カジンの生まれ変わり。火を操る力を持つ)イ・ジア(スジニ...

「太王四神記」第3話は、子役さんもうラストになっちゃうのヾ( ´ー`)?

「今日会った女は死んだが、生き続けてお前を死なせる」はチャングムの第1話で太子(後の燕山君(ヨンサングン))の生母、廃妃ユン氏に服毒...
| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール&ひとこと

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スクロールはカーソルをあてるとストップします♪

★★ 「秘密の森」が終わってしまい、このあとはイ・ヨニの「再会した世界」を見るつもりです。わりあい評判が良さそうなので。 ★★ ★♪ここへのコメントのかたはこちらをクリック♪

最近の記事

FC2カウンター

訪問ありがとうございます.

USERS ONLINE

現在の閲覧者数:

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。