いきなり佳境!「ソドンヨ」

2008.05.09 10:28|韓国ドラマ
ここでも放映前にお知らせしたのに、すっかり忘れていた「ソドンヨ」(BS朝日)。
たまたま昨日の朝テレビをザッピングしていたら、いきなり、
阿佐太子(アジャテジャ)と洞窟で兄弟の名乗り、という佳境になってるじゃないですか~~!
ここ、「ソドンヨ」のOne of my best scenesなんです。
チャンの「ヒョンニム!」
にはなんべんみても泣かされるわ。。
それでついつい今朝もみてしまいました。今朝の「暗殺」の回って、前半の山場ですね。
ここからは第四王子をめぐって、カタルシス満点になっていくのよね。
このあとチャンの顔つきもかわっていく感じです。
たぶんCMとかのぶん10分以上カットしてると思うけど、それも気にならず、かえってサクサク進んでいいわ~!(あ、でも、私はまえに完全版をみていて、頭のなかで無意識に補足してみてるかも。はじめてみるひとは、ちょっと説明不足と思うかな……)

京城スキャンダルでもうまかったリュ・ジン、あらためてみると、サテッギル役もすごく上手いわ~野心家だけど、本来はまっすぐな青年だったのに、運命のイタズラに翻弄されて、屈折していくすごく頭のいい男……ハマり役です。



序盤のチャンとソンファ姫の幼い恋物語や技術者チャンの開発物語のあたりは、チャン=ヒョンジェくんの演技も硬い感じで、いまいちノレないかたもいたかもしれませんが、このあとはものすご~~く面白くなりますので、ここまで観られたかたはぜひぜひ、完走してくださいね~。

阿佐太子

ところで↑の阿佐太子、
来週のテサギに登場してきます。
ラス前になっての登場でびっくりしたんですが、タムドクとスジニを結びつける案外重要な役回りです。
そっちもお楽しみに♪

スポンサーサイト

Comment

テサギ

こんにちは
毎朝、仕事の手を止めて見ています。
なかなか面白いですね。
テサギの撮影場所が良く登場しています。
城やお寺は山の近くにあるように見えるのに実際は湖畔に飛びだした水辺の近くの森の脇なので位置関係がわかると不思議です。

DVD-BOX3に入っている内容になってきているので後半に入ってきたということですね。
ソンファ姫はイ・ボヨンさんよりユジュ@コヒプリだったらよかったらと思ってます。
>サテッギル役もすごく上手いわ
リュ・ジンはいつもあんな役ですね。

>チャン=ヒョンジェくんの演技も硬い感じで
顔はいいのですが、口呼吸しているようでいつも半開きの口が気になってしまいます。
阿佐太子は頭が小さいのか帽子が大きいのかお坊ちゃんのように見えてました。
テサギに登場するとは楽しみです。

玉に瑕!

SOPHILさん、
 チョ・ヒョンジェについて同じ印象を持っている人がいて嬉しいです。あのぽかんとした口は玉に瑕ですね。以前、「ラブレター」を見た時は、彼が若くて、とても素敵だと思ったのですが、やはり口元だけは気になりました。目がきれいです。
 リュ・ジンは目が冷たいので、あんな役ばかりなのでしょうね。

見てますよ~

komachiさん、こんばんは♪
komachiさんが教えてくれたので、1回目から見れてます。
ありがとうございます!
週5日もあるので、見るのが結構大変だけど、でも面白いですっ!

チャンの開発物語もとても面白かったですよ!

太子様、どこかで見たことがあるなぁと思っていたら…そっか!23話で登場ですね!

うさぎ帽

SOPHILさん。
チェ・ジョンアンさんの贔屓すじでしたね。^^
>水辺…
そうそう、ソドンヨといえば、あの水辺をイメージします。
テサギと同じロケ地もあるのに、撮影のしかたでずいぶん雰囲気の違うドラマになってますね。

>口呼吸…
あはは、気が付きませんでした。pattiさんも同じことを書いてますね。
チャンってびっくりお目々をすることも多いので、ついつい口があいてしまうのでしょうか。

太子の帽子ですが、チャンがかぶるともっとオカシイんですよ~うさぎみたいで。

このあとも

kippoさん、おひさです。
面白いでしょう?
テサギとはずいぶんテイストが違いますけど、これはこれで波瀾万丈で最後まであきさせませんよ~。

チャンの開発物語、
オンドルとか、面白かったですね。
純な顔をしてますが、単純な性格じゃないですよね。なかなか策士の面もあって。

週五日なので、録画がたまると大変ですよね。このあとは次から次へと話が進むので、止められないかも~。

忘れてたよ~~

あんにょん。
「ソドンヨ」再びですね。
私、いろいろあって「ソドンヨ」が始まってるの忘れてたわ。
私の大好きな黒装束のチャンはまだまだ先ね?みなくちゃ。
って、DVDあるのにねぇ(笑)

やってまっせ~

caroさん。
やっぱり面白いね、ソドンヨ。
BSではカットのせいもあって話がものすごく早く進む感じです。そろそろ佳境にはいってきて、例のモッラス・チャンのハグ場面!もみられそう。笑
>DVDあるのにねぇ…
そうなのよ、それでも放映でチャンをみたくなるのって、どういうことなのかしらん。
v-391

放送回数

こんにちは
放送回数を勘違いしてました。
55話(DVDBOX4巻)もあるんですね。
(HP更新されて知りました。)
「商道」が始まると朝昼ともにBS朝日を見ることになります。
テサギでの太子役の人をみましたが
悪役でなくてほっとしました。

ハンサム

SOPHILさん。
後半にはいった、という意味で言われたのだと思ってました。^^
長いんですよ、この先も。まだそうとう浮き沈みがありますので、チャンの波瀾万丈をどうぞお楽しみに。

阿佐太子役のひと、コウン役もよくあってましたね。
ハンサムだし、ルックスからしてあまり悪役にはあわなさそうですもんね。
ソドンヨのほうでは出てこなくなって残念です。v-409

昨日はソドンヨをみてもヒョンジェくんの口ばっかり観てました。笑

やっと!

komachiサン今日は!
とうとう見ました『ソドンヨ』!物語の面白さに久しぶりに一気に持って行かれました笑!ただ、欲を言えば主役陣特にアンドレアの君に演技力があれば(ファンの方ゴメンなさい笑)もっとこのドラマ深みがでて気がしました。それで王子の立身出世の胸のすく物語である筈なのに、どうしても悪役のギルとウヨン姫が印象に残って仕方アリマセンでした笑。ただ、後半王子とわかって王を目指していく様はお決まりではありますが、安心してチャンの怒涛の王座奪回劇を楽しむことが出来ました。阿佐太子や悪代官の典型のようなウヨン姫兄とその参謀、モンラス博士や其の学者集団の面々等芸達者な脇の役者さん達がこの作品の真の主役な気がしました。

そうか!あの子役は宮の弟だったんだ!?貴重な情報カムサンミダ!レス違いですが、京ス完走オメデトウ御座います!我らがリュジンをお褒め頂いて大変嬉しいです笑。この作品がリュジンが一番かっこよくて素敵だと思います。仰るとおりこれはファンタジーだと思います。歴史劇に新しい分野を開拓したとフュージョン時代劇といわれているのも頷けます。私がこの作品を愛して止まないのはこの暗い時代に新しい観点で人間を描こうとした製作者の心意気を感じたからです。オマケにリュジンの代表作にもなってファンとしては大事な作品になりました^^

Limeさん。
うふふ、ヒョンジェくん、
私はあのきらきらお目々のチャンv-354が大好きなのですが、たしかにもっとカリスマ~~v-41を出してほしい役がらですよね。

>ギルとウヨン姫が印象に残って…
秀逸なキャラクターでしたね~。いまだにギルのことをおもうと可哀想で可哀想で。。v-406
それに、ウヨン姫サイドにたつとチャンが自分の恋慕しか眼中にないヒドい男にしかみえないあたりも、このドラマの面白いところですね。
私はこのドラマにハマりこんで、モッラスまで好きになったくらいで、ソンファとチャンのあれこれより、モッラスとチャンのツーショットのほうが好きなくらいです。笑

京城スキャンダルのリュジンはチェゴ!でしたね。リュジンファンにはこたえられないかっこよさv-344でしょうね。
時代背景から暗いドラマを想像して最初は見ようと思っていなかったのですが、見てほんとによかったです! 

やっと観ました~

komachiさん絶賛のことだけあってとっても面白かったです^^
ヒョンジェ君が可愛い~、でもリュ・ジンが気の毒~と思いながら観てました。
BSで再放送中とのことで、ヒョンジェ君人気がアップしそうですね。
「パパ3人、ママ1人」では、すごくケチなビジネスマン役でした^^

長かったでしょう~

完走、お疲れ様でした!
ヒョンジェくんのお目々きらきらにずいぶんもってかれましたよ~。

彼の現代ものは「オンリーユー」がいまいちだったんですが、ケチなヒョンジェくん、ていうのもちょっと面白そうですね。
兵役で、しばらく会えないのが残念です。

ソドンヨで廃人になりました・・・

komachiさん、お久し振りです。2/9,10と「太王四神記」の方へコメントを書かせて頂いたatsukoです。
その時にkomachiさんが言っていた「ソドンヨ」を観て、ここ数日廃人となっております。レンタルDVDで観ているのですが、あとは最終回を残すのみです。(レンタル中で借りられない・・・でもどうしても観たくて動画サイトから中国語版のを観てしまい、大体内容はわかってしまった・・・)
「朱蒙」を一ヶ月前に観終わり、その時も2・3日「朱蒙」の世界にはまってしまったのですが、今回はその時以上に「ソドンヨ」の世界にのめり込んでいます。以前4話まで観て「やっぱり朱蒙を完走してから観よう」と思って少し間があいたのですが、10日前位から続きを観始めたら、またまた止められない止まらない状態になり、20話以降は一気に観ました!一昨日は徹夜で朝昼食もろくに食べずほぼ一日中「ソドンヨ」の世界に入っておりました。
感想・・・観てよかったです!!もう一度観たい!特に50話以降は何度でも観たい!かな。DVD買っちゃおうかなって気分です。私が観た韓流時代劇の中では「朱蒙」と並んでベスト1です。もう一度観たら単独でNO.1になりそうな予感。何しろ3日で30話観たので、集中力がない時もあったようで。
主人公のチャンとソンファ姫もよかったですが、話も面白くて、「ここで終わるか~」ってところで終わるので、次・・・次・・・って観てしまうのですよね。感想は色々一杯あるのですが、チャンと関わる人達のキャラもよかったし、悪役(ライバル)だった人達の最期も納得!の最期が描かれていてよかったなあ。でも何と言ってもチャン(ソドン公)とソンファ姫のラブラブシーンが大好きです!
明日には、最終回もレンタルできそうなので、最終回を観たらまたコメント書かせていただきます。
最高のドラマを紹介していただきありがとうございました。

3日で30話は~~~すごい!!

atsukoさん、お返事遅れてミアナムニダ。
ソドンヨ完走おつかれさまでした。
おもしろかったでしょう?
私もたしか終盤、松徳寺のクーデターくらいからイッキ見したおぼえがあります。^^
私も、以前、bsで朱蒙もみてたのですが、カットが多すぎるせいか、ハマれずリタイアしてしまいました。残念……>_<

>悪役(ライバル)だった人達の最期
ソン・フッチピョンのコンビもよかったですね。
ギルはほんとに可哀想でした。
ふつうに有能な貴族だったのに、チャンとは悪縁としかいいようがないですね。

主役ふたりの最後は悲しいといえば悲しい結末でしたが、もともと敵の国の王子王女の物語なので、これでhappy endというのでは夢物語すぎますよね。
私はモッラスとチャンの師弟愛が一番こころに残ってます。v-354

夢にまで出る「ソドンヨ」

komachiさん、お返事ありがとうございます。
まだ最終回観れていません・・・。レンタル店何店か行ったのですが、最終回は全て貸し出し中。「朱蒙」と比べて店舗在庫枚数が少ないから仕方ないのかなぁ。早くちゃんと観たいのに~。
その間、夢にまで「ソドンヨ」が出てくる始末。何とかして~!って
「もうDVD買うっきゃない」ので、とりあえずBOX Ⅳを通販で買っちゃいました。今日中には届くと思うので、また今晩も長い夜になりそうです。

>以前、bsで朱蒙もみてたのですが、カットが多すぎるせいか、ハマれずリタイアしてしまいました。残念……>_<
そうですか~。私もBSで見始めて、でも毎話15分位カットされているようなので、ノーカット完全版がDVDで出てから再度見直していました。そしたらはまりまして、最終回まで一年以上かかるのは我慢できないって、あれこれ探してDVD全話GETし見たのです。でも私も60話位で躓いてしまい、観終わったのが一ヶ月前でした。全81話で途中急遽20話延長が決まったからか、ちょっと中だるみ感があったかな?でも、面白かったですよ~。私の娘(7才)も妹もはまっていますよ。娘は「朱蒙、格好いいね~!」って。あなたにも朱蒙の良さがわかるのねぇ、って嬉しい限りです。なので、DVDでノーカット版をご覧になってはどうでしょう?レンタルも最新刊(出たばかり)でなければ、借りられますよ。
でも、今私は「ソドンヨワールド」にいますので・・・
朱蒙みたいにガイドブックとか出ないのかなぁ?ガイドブックの代わりに「韓流ドラマPRINCE vol3」買っちゃいました。表紙がチャン(ヒョンジェ君)のです。でも、もう出版社にも在庫がないのかGETするのにあれこれ探しましたよ。これには他の韓流時代劇情報も載っているので、次なるドラマも探してみます。

komachiさんはもう「ソドンヨワールド」から卒業しているかもしれないのに、私の話にお付き合いいただきありがとうございます。

>私はモッラスとチャンの師弟愛が一番こころに残ってます。
私も二人のシーンは好きですよ。チャンは父親の愛情を受けずに育ったけれど、モッラス博士が父親のようでしたね。ソンファとの結婚もモッラス博士の活躍がありました。求婚書を代読しちゃったんですもの。あの台詞もよかったですよね~。ソンファ号泣してましたもん。

まだまだお話したいこと山積みですが、とにかく最終回を観たいと思います!

もっと知りたいシリーズ

atsukoさん、あんにょん。

そうそう朱蒙はちょっと中だるみ感がありましたね。
見たいきもちもあるけどなにしろ話数が~~~~>_<

>「ソドンヨワールド」から卒業…
いえいえ、大ハマリしたので、細部まで覚えてます!笑
なにせ去年の私の韓ドラのNo1v-354ですから。

ソドンヨのガイドブック的なものですが、私は
「もっと知りたい韓国ドラマ」シリーズのNo16を買いました。なかなか盛りだくさんで、満足でした。
 ↓
http://kk.kyodo.co.jp/pb/motto/index.html

早速買いますよぉ

komachiさん、こんばんは。

「ソドンヨ」最終回、DVDでやっとみました。
感想は・・・よかったし、感動したんですけど・・・
欲を言えば、最終回の話をあと2・3話作って構成したらよかったと思うのですが。
キルの登場を最終回まで引っ張って、二人が結婚してからあっという間に3年後・・・10年後では・・・。ソンファが新羅王からスパイ?になるよう言われて、断って、戦争になって、ソンファが病気になって・・・って1話では無理があるでしょう!って突っ込みたくなりました。

>主役ふたりの最後は悲しいといえば悲しい結末でしたが、もともと敵の国の王子王女の物語なので、これでhappy endというのでは夢物語すぎますよね。

そうですね。ソンファも言ってましたよね。「普通は王族同士の恋など実ることはないのに・・・」って。happy endで終わってほしかったという意見もあったようですが、死が二人を別つまでみせてもらったので、完結したんだなぁと思いました。ソンファ亡き後のソドン公が心配でしたが。

「もっと知りたい韓国ドラマ」シリーズのNo16、ご紹介ありがとうございます。
早速、買いたいと思います。AMAZONで調べたら、まだ在庫があるようでしたので。

ところで、komachiさんは韓ドラは何で視聴してるのですか?
スカパーとかですか?
DVDが出てから見てもいいのですが、「風の国」(イルグクssi)とか早くみたいんですよね~。
でも私は日本語字幕がないとみてもチンプンカンプンなんです。

atsuko さん。
見られましたか!最終回。
最後のチャンの微笑みが印象的でした。。

>韓ドラは何で視聴してるのですか…
うちはCSはいれてないので、テレビはBSと地上波、レンタルも利用します。
あとリアルタイム視聴にトライすることもありますが、
なかなかつながらないことが多いです。>_<
http://www.korea-tv.net/howto/

これは大きな声ではいえませんが^^ゞ
ネットで動画も探します。おもに
ドラマの英語タイトルで検索すると,
you tube 以外にも、いろいろヒットすることが多いですよ。
風の国だったら「kingdom of the winds」とかで。
そういうところは、海外サイトなので、アクセスすると山のようにspamメールがくるし、ちょっとリスクもあるかもしれません。

もしくわしい情報が必要なら、ここに鍵コメでメールアドレスをいれてくださればメールします。

ヒョンジェ君

komachiさん、こんばんは。

「もっと知りたい韓国ドラマ」シリーズのNo16、購入しました。
前半が「ソドンヨ」特集でしたね。まだ全ては読んでいないのですが、インタビューは中々の充実ぶりでした。(^0^)
あらすじというか全話解説などがあったらもっとよかったです。
ヒョンジェ君は、チャンのお姿とは違ったイメージで、かわいらしく爽やかな感じでした。

そういえばヒョンジェ君は、ヨン様映画「スキャンダル」にも出演していたんですね。今日はヒョンジェ君を目当てに「スキャンダル」を見ました。しばらく棚に眠っていたのを引っ張り出して・・・
特典映像にはインタビューなどもあって楽しみましたよ。
他の出演作品もチェックしてみたいです。

ネットで動画もいよいよの時はチャレンジしてみます。
私はBS、CS、レンタルなどで頑張ってみてみます。

ヒョンジェくん

atsukoさん。
ヒョンジェくんのドラマでやっぱり「ラブレター」が代表作ですかね~あの神父になろうとする青年役は、彼のキラキラしたお目々がぴったりハマってました。

スキャンダル!なつかしーーーー。v-352
非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール&ひとこと

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スクロールはカーソルをあてるとストップします♪

★★ 「秘密の森」が終わってしまい、このあとはイ・ヨニの「再会した世界」を見るつもりです。わりあい評判が良さそうなので。 ★★ ★♪ここへのコメントのかたはこちらをクリック♪

最近の記事

FC2カウンター

訪問ありがとうございます.

USERS ONLINE

現在の閲覧者数:

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ