スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国映画「黒水仙」

2008.07.12 00:30|韓国映画
前にイ・ジョンジェの映画を続けてみてた頃、タイトルが暗い感じなのでついつい敬遠した
「黒水仙」(2001年。監督、ペ・チャンホ)
いま、Gyaoで無料視聴ができるのに気づいて、 見てみました。
旬の男(for me!)、チョン・ジュノも出てるし。


黒水仙視聴後の感想が…うーん、これがなんというか、
怪作?!
…といってもどっちかというとネガティブな意味で。
面白くないわけじゃないけど、
well made では全然ない<

なんとも、★のつけにくい映画ですが、一応
★★★にしておきます。
以下のレビュー、ネタバレなしです。
ストーリーは…
「現在のソウル、麻薬常習者が殺される事件を担当したオ刑事(イ・ジョンジェ)がその捜査を続けるうちに、50年前のできごとと事件が関係することに気づく。
…朝鮮戦争後、巨済島にあった、北朝鮮捕虜収容所の捕虜脱走事件。ヒロインのジヘ(イ・ミヨン)は労働党のシンパで捕虜の脱走を手伝っていた。小作人の息子ソク(アン・ソンギ)がジヘを守りながら、ふたりは脱走兵たちと島のなかで逃亡生活をおくるが…。」

朝鮮戦争直後の余り語られない歴史に光をあてた社会派映画、かと思ったら、アクション・サスペンス・メロ・刑事もの、までジャンルすべてをとりこんだ、てんこ盛りの大作映画。
時間軸も50年にわたり、アン・ソンギイ・ミヨンは、なんと20才代~70才代まで演じるという離れ業。

前半はすごく面白かった!

序盤のイ・ジョンジェvsキム・スロ(例によってそこにいるだけで笑いを誘うのはなぜ?)の、バイクチェイスシーンも迫力あり。
巨済島の森での見えない敵との対決シーンも、サスペンスフル。
緊張感が続いて、映画にはいりこんで、くいいるように見てました。
しかも、イ・ジョンジェがものすごくかっこいい!
アップも立ち姿も、彼ひとりで画面が「もつ」んですよね~。

そのあとの50年前の回想、
捕虜収容所の脱走シーン~小学校での潜伏シーン、のあたりも迫力があった!
北朝鮮捕虜のリーダー・ドンジュ役のチョン・ジュノも、冷徹で意思の強いキャラクターを、無表情に演じていてよかったです。
(このあたりの時点では、「シルミド」にメロ要素をまぜた映画なのかも、と思って期待大!だったのに


問題は(見たひとはみんなそう思うことでしょう~~)、後半の謎解きが始まってから。
とくに、日本の、しかもここ宮崎を舞台にしたロケのシーン。
高千穂峡、サボテン園、モアイ像、綾の大吊り橋…
と、県外から客人がうちにきたときにつれていく観光スポットばかり。
どうしても観光協会とタイアップして製作した2時間サスペンスドラマみたいに見えてしまって。
しかも、このシーン、大事な対決シーンなので、そこをおじゃんにしてしまったようで宮崎人としていっそういたたまれなくなってしまった………。

でも、これって宮崎の風景のせいだけじゃないです!(断言)
後半になって、ジヘやソクやドンジュが、初対面のオ刑事に、自分たちの過去をすらすら話してしまう、という不自然な脚本も、2時間ドラマ的になった理由だと思う。
謎解きされてみても犯行動機が全然説得力がない、という致命的な欠陥もあるし。

そうそう、ジュノッちの日本語は、セリフの多さから考えたら、かなり高いレベルでした。

結局、話がつめこみすぎだったんでしょう。
ジヘとソク以外のひとたち、ドンジュや、そのほかにも捕虜を捕まえる民間人(イ・ギヨン)、ドンジュにしたがう捕虜(カン・ソンジン)などのキャラクターを、もっとほりさげてほしかった。

イ・ミヨンとアン・ソンギのメロは…
寡黙でいちずな男ソクを演じるアン・ソンギはやっぱり素敵だし、イ・ミヨンの個性もこういうドラマチックな女性に合います。
でも、やっぱり年齢の不自然さは否定できません。

とても面白い映画になってもおかしくない素材なのに、盛り込み過ぎて失敗したのがもったいなかった……。

でも、前半のジュノっちはよかった!←しつこい。



なんとも視聴感想の書きにくい映画でした……。≧x≦
これは見たひとが多い映画だと思うので、感想というか、宮崎のロケシーンのあたり、他県のひとがどういうふうに思ったかをききたいわ~。
スポンサーサイト

Comment

巨済島

随分前に見ましたが自分の中では評価は高いほうです。
イ・ミヨンさんの特殊メイクにはびっくりでした。
巨済島での映画の印象と宮崎ロケの部分には違和感が
あったのは確かです。
変わった雰囲気の映像を期待してロケしたのでしょうが
日本人が見てしまうと確かに内容共にサスペンスドラマのようでした。
巨済島は実際にも捕虜収容所があったようで
冬ソナの外島も近いのでリゾート地と戦争の名残が
共存している島なんでしょうね。
ロケ地が一緒の韓国版セカチューとリンクしてしまいました。

懐かしいぃー!
これ、だいぶ前に「ジョンジェ目当て」というめっちゃミーハーな気持ちで映画館にまで足を運びました(笑)。
そんなミーハー心満載での鑑賞だったので「ジョンジェってやっぱりかっこいい!」の記憶しか残ってない・・・(大汗)。
komachiさん's「旬の男ジュノッち」に関してはほとんど記憶がない・・・・(おいおいっ!^^;)
イ・ミヨンとアン・ソンギの年齢差は私もちょっとひっかかりました。

巨済島

SOPHILさん。
そうそう、巨済島のロケシーンは緊迫感があってよかったんですけど、フェイクのモアイ像のある日南の風景が、なんだかのんびりしてみえてv-393・・。
イ・ミヨンさん、70才台の役柄なんで無理がありましたね。

巨済島って実は対馬からも近くて日本に近いんですね。私には全然なじみのない名前だったんですが。
googってみたら、造船所があって経済成長してる島ですって。おどろきました。

ジョンジェ♪

mariさん、あんにょん。
これ、ジョンジェ目当てでみるのが正しい見方だと思います!
めちゃくちゃカッコイイですもん。v-347

ジュノもいいのですが、なにしろ最後70歳代のおじいちゃんメイクだもんで・・。v-390
終盤の高齢バージョン、アン・ソンギ、イ・ギヨンは違和感がなかったけど、それ以外のひとはみんな無理がありましたよね~。
非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール&ひとこと

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スクロールはカーソルをあてるとストップします♪

★★ 「秘密の森」が終わってしまい、このあとはイ・ヨニの「再会した世界」を見るつもりです。わりあい評判が良さそうなので。 ★★ ★♪ここへのコメントのかたはこちらをクリック♪

最近の記事

FC2カウンター

訪問ありがとうございます.

USERS ONLINE

現在の閲覧者数:

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。