ドラマ『甘い私の都市』 (달콤한 나의 도시) ~9話

2008.08.19 11:59|韓国ドラマ
まったりモードのドラマなので、視聴ペースも、ぼちぼち~まったり~になってて、
やっと9話まで来ました。

甘いワタシの都市


31才シングル女性の、恋愛や私生活、仕事や家族、友情など…軽いタッチで描いたドラマ。
大好きな年下の恋人ができたけど、本音では年齢や結婚を意識するから、彼に物足りなさをついつい感じたりするヒロイン。

正直、かなりなオバサンになってしまったコチラとしては、この手のテーマは、「ああ、そこはもう終わりました」という感じ≧x≦で、残念ながらあまり面白いとは思えなくて。
でも、しつこくだらだら観ているのはひとえにイ・ソンギュン見たさ(というか声の聴きたさ

でも、ここにきてようやく、ちょっと面白くなってきたかも。
innolifeドラマ紹介  番組公式HP

以下ネタバレはしてません。
主役のチェ・ガンヒこのひとの作品はドラマも映画もみてなくて、今回初めて。
特別な美人じゃないけど、色白でホワンとした雰囲気がキュート。
ヒロインの、ウンスの、年齢のわりに可愛い感じによく合ってるわ。

ウンスが失恋した夜、遭遇してそのまま一晩すごしちゃった7才年下の映画志望の青年。気があったふたりはそのまま恋人になってしまうけど。
この青年役がユン・テオ役のチ・ヒョヌ。長身でやさしげな雰囲気の俳優さん。優しくて穏やかなテオ役にぴったりなんだけど、この年下の彼がイマイチ魅力的に思えないので、ドラマの前半ではいりこめなかったのかな…?
テオとウンス


でも8~9話にきて、もうひとりの男性、キム・ヨンス(イ・ソンギュン)の登場シーンがふえてきて面白くなってきたわ。
ヨンス

すごく普通の37才という設定。キム・ヨンスっていう名前も韓国ではものすごくありふれているらしい。
ウンスは、上司の紹介でこのヨンスとお見合いをして、ちょうどそのころはテオとラブラブだったので、あまり関心がもてなかったんだけど…。
結婚相手としてはかなり好条件。
社長だし、といってもIT金満社長、ではなくて、有機産直野菜を扱うエコ社長というところがまた、今風です。
ちょっと見は、コーヒープリンスのハンソン、と似たようなキャラクターだけど、外柔内剛、すごくソフトな雰囲気なんだけど、忘れられない過去があるらしくて、ミステリアスな男です。
9話ではウンスと、ちょっとシリアスな場面があるんだけど、やっぱり声に聞き惚れちゃいました。

そうそうしばらくでてこなくて忘れてたけど、ウンスのソウルメイト、つかずはなれずの男友だちナム・ユジュン役としてキム・ヨンジェ(魔王の不倫秘書さんね)もいるから、四角関係、ということかな。

ウンスの恋模様いがいに、彼女の親友ふたりのエピソードも語られてます。
三人娘.JPG
ひとりは(写真右)ジェイン、金持ちの娘でドライで打算的なようなこどもっぽいようなキャラ。
好条件のマザコン医師と結婚。
もうひとりはユヒ。有能なビジネスウーマンだけど、男には一途すぎる性格。昔からの夢のためにいきなり会社をやめてミュージカル俳優養成学校にはいるような、決断力もある。

さらに、ウンスの家族にも波乱あり。
ウンスの母
母が、幼なじみ?の男性と会ってるらしい。おなじみのこのひとたち。^^



ウンスの会社(出版社)の理事役でイ・ハヌイも出てます。あいかわらずオカシイのよ、この理事。
口角泡をとばす、っていうの?ちょっとばっちい感じ。笑
理事

あ、それからテオの父の文房具やさん役でこんな人も出てます。
テオの父
このひと、何でみたのかな~映画でみた記憶があるけど。@_@;;

このドラマ、いまにもリタイアしそうだったけど、ヨンスの秘密も知りたいし、なんとか完走します!
…ていうと面白くないみたいだけど、そうとも言い切れない、不思議なドラマなのよね…きっとこういう感じが好きな人もいるんじゃないかな。。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール&ひとこと

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スクロールはカーソルをあてるとストップします♪

★★ 「秘密の森」が終わってしまい、このあとはイ・ヨニの「再会した世界」を見るつもりです。わりあい評判が良さそうなので。 ★★ ★♪ここへのコメントのかたはこちらをクリック♪

最近の記事

FC2カウンター

訪問ありがとうございます.

USERS ONLINE

現在の閲覧者数:

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ