『甘い私の都市』(달콤한 나의 도시)  ~最終話

2008.08.25 14:10|韓国ドラマ
見終わりました、全16話。
前半は退屈な印象もあったドラマなんだけど、終わってみれば、よかった~~!
小品だけど佳品という感じのドラマ。
評価は最後までみると最初の印象とまったくちがって、
★★★★と高めになりました。
反転、というほどではないけど、ミステリーっぽい仕立てもあるので、以下ストーリーのネタバレはさけてます。
甘い私の都市
↑ここではみんな楽しそうだけど、こんなシーンはなかったし、ドラマの印象ももうちょっとbitterな感じです。^^



なによりキャスティングがよかったと思う。
特別個性的なひとや大スターは出ていないけど、キャラクターによくあっていてどのキャラにも好感がもてました。
でも視聴率はあまりよくなかったみたい。10%前後?ヒトケタのこともあったかな。

あとになって小説をドラマ化した、と知ってなっとく。淡々としたなにげないエピソードの積み重ねやセリフが、小説的です。

1話の尺も通常の韓国ドラマの65分~70分なくて、50分くらい。ストーリーも波瀾万丈もなく(終盤ちょっとドラマティックになるけど)、どろどろもなく、サラっとみられて暑い夏にはそれもよかった。
私は好きですね、このドラマ。

但し、前の記事にも書いたけど、初め8話くらいまではすごく日常的な話がつづいて、まったりした感じなので、(チ・ヒョヌくんのペン以外は)そこまででリタイアの危険はありますね~。

9話くらいに、ヨンス(イ・ソンギュン)のミステリアスな過去がちらちら見えだして、面白くなるし、彼の意味深なセリフも気になりだしたわ。

イ・ソンギュン、すごくよかった。
ふつうの人が「自分には絶対起きないと思っていたことが起きた」ときに、どういう人生を歩むのか、という、難しい背景設定のキャラクターだったけど、彼の(いい意味で)普通っぽい雰囲気がよくて、共感しやすかった。

そうそう、若いときのイ・ビョンホンだと、このヨンス役、合っていたかも。
でもちょっと色っぽいヨンスになってしまうかな。

ヒロインのチェ・ガンヒも、砂糖菓子のような甘い雰囲気があって、ドラマの後半とくに好感度アップ。

ラスト2話は、ヨンスの秘密が明らかになって、これまでの彼のセリフや表情の意味がつながるのですが、そこもあまり説明的でなく、観ているほうの想像にまかされる部分も多いです。
そういう点も小説的。
そういうのを物足りないと思うか、余韻があっていいと思うか、で、このドラマの評価は分かれるかな。

……………………………………………………………………………………………………………


うーむ、やっぱりネタバレなしだと書きにくいわ。。

終盤のドラマで詳しく語られなかった部分についてはいろいろ疑問もあり、自分の想像もあり、そのことを書きたいので、ここから先のネタバレはOKのかたのみ、反転させてみてください。




まずは現実的な疑問。
「キム・ヨンス」には15年前から失そう届けが出ていたのだったら、会社を設立したり銀行取引をしたりって可能なのかしら。住民票をとらないといけない場面もいっぱいでてくると思うんだけど。

高校時代のテギョン、過失致死で20日の拘留だったみたい。
そこで、ホン理事と出会ったけど(サンテグジュペリの本をもらった)、オトナといっしょに刑務所にいたのかしら。。@_@;;

そしてほんものの「キム・ヨンス」。
彼は世間と折り合いをつけにくい、風来坊タイプの人だったのかな。
それで、あっさりテギョンに名前をあげたのかしらん。
そのときは善意だったようにみえたけど、自分も中年になってやっぱり故郷に帰りたいとか、落ち着きたいとか思い始めたときに、テギョンの写真を新聞でみつけた、ということかな。
でも高校生テギョン→イ・ソンギュンをみてわかる、ってのは無理があったわ。笑

ヨンスが男から名前を返すようにいわれたあとも、ウンスとの結婚の準備を進めていたのは少し疑問に思ったわ。
どうしても言い出せなくて、かといってウンスをあきらめられないまま、音信不通にした、ということなのかな。
テギョンとしては高校生のあのときは、死にたいとおもって、自分を捨てなければ生きていけない、と思いほかに選択肢がなかったのでしょうね。
でも何年もたって他人から観たら、「人を死なせた前科があって、それを隠すために他人になりすまして生きてきた」と、うけとられかねない話だし。
とても言い出せなかったんでしょう。
ヨンスが「自分が話せないことがあると言ったら…それは本当に話すことができないことだから…そう理解してくれますか?」と言ったときのことを思い出して、泣けました。

アメリカにいる両親、というのは本当の話なのかな。
テギョン自身は、あのときに死んだと思われているのでしょうか?
ウンスに、「友だちに会わせて欲しい」と言われてホン理事の名前しかあげられなかったときの表情にドキっとしました。

ウンスは、真実を知ったあと、どういうふうにテギョンを受け入れる決心をしたのかしら。
その間の彼女の葛藤はドラマでは語られず、突然スクーターを買ったウンスのシーンに飛んでましたね。
秘密や嘘はあったけど、ヨンスの本質は自分が知っているヨンスだと信じられたから、ということでしょうか。


あ、そうそう、ヨンスの長袖。
あれは事件が起きたのが夏だったから、半袖を着ると思い出すから、というそういう意味だったのかな。

韓国語が読める人だったら原作小説を読んで比較できるんでしょうね~。ウラヤマシイな。


←ここまで。

スポンサーサイト

Comment

こんにちは!

わたしも、こちらまで来ちゃいました♪

>なによりキャスティングがよかったと思う。

ほんとにその通りですね。
はでなキャスティングじゃないんですが、皆さん実力派で、微妙な心理の動きを的確に表現できる人ばかりでしたね。
(個人的にはどうしてもチ・ヒョヌ君が受け付けませんでしたけど・・・上手いのは、認める!)

このドラマって、韓国ドラマでは異色のカラーじゃないですか。わたしは、ちょっと戸惑ってしまって、なかなかこの世界に入り込めなかったんですけど、あとでじわじわ効いてくる感じの作品でしたね。
こういうタイプのドラマ、もっと見たい気がします♪

kirikoさん、コメありがとうございます♪

>どうしてもチ・ヒョヌ君が…
私も、ジェーンがテオを観るたびに「可愛い~~」と騒ぐのをみて、『そうかァ…??!!』と、頭の中が??でいっぱいでした。v-391 でも、なんともいえない雰囲気、はありましたね。^^

かなり従来の韓ドラのイメージと違ってましたね。
スタッフが映画のひとたちだった、という記事をどこかで見た気がします。
視聴率がよくなかったようなので、この手のテイストのものがまた作られるかどうかわかりませんが、似たような不倫ものみたいなのを量産してないで、こういうのも時々作ってほしいですね。v-421

私も原作、つい購入ポチしてしまいました。^^

見終わりましたぁ。

ども!
 国内版DVD見終わりました。
静かに流れていく時間を感じられるドラマでした。「恋愛時代」の時間の流れの描写と共通点を感じました。
 こうゆうの ちょあぁ。 広くウケるドラマというより、一部の人には、とっても共感してしまうタイプのドラマじゃないでしょうか。
 映像もきれいだし、チェガンヒさんの歩く後ろ姿のカットが多く、またこれが余韻のある美しさを出していたように思います。後ろからのショットできれいだなと思える女優さん、はじめてです。ヘアスタイルもとてもかわいらしかったですね。

昨日原作本読み終わりました。原作者が「原作本よりキムヨンスの比重が大きくなっていてうれしかった」という記事を見たんですけど、エンディングはドラマのほうがいいように思いました。全体的には割と原作本に忠実だったように思います。
 しばらく余韻にひたっていたい・・・・ といいつつ、花男、テルアと進行中…

原作

gontamaruさん,
恋愛時代,もこの系列のドラマなんですね.
みたいと思っていたんですが,結局チャンスがないままで.

原作本,私もよみました.
ヨンスがもっとふつうのアジョシでしたよね.笑
ドラマではずいぶんヨンスの比重が大きくて,ドラマとしてはそのほうがよかったかも.
ソウルメイトの彼も,原作ではもっとひきこもりっぽい人だったし.^^;;

わたしもおわってみたら余韻がのこってなかなかいいドラマだとおもいました.
日本でもファンミがあったらしいので,それなりにこのドラマのファンもいるんですね.
非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール&ひとこと

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スクロールはカーソルをあてるとストップします♪

★★ 「秘密の森」が終わってしまい、このあとはイ・ヨニの「再会した世界」を見るつもりです。わりあい評判が良さそうなので。 ★★ ★♪ここへのコメントのかたはこちらをクリック♪

最近の記事

FC2カウンター

訪問ありがとうございます.

USERS ONLINE

現在の閲覧者数:

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ