ベートーベンウイルスの撮影裏話と放映延長

2008.10.07 06:45|ベートーベンウイルス
ベートーベンウイルスが当初予定の16話から2~3話延長されるかもしれないそうです。
関連記事

水木ドラマ、視聴率が三つどもえのなかで、相当健闘してるのでそういう話になるかな…とは予想してましたが、うーん、撮影スケジュールがタイトなのに無理して大丈夫かな、というのと、延長してハナシがグダグダにならないことを祈る!

ところで…
公演や演奏場面の撮影に関連する裏話記事があったので、紹介します。
訳は翻訳機にかけて、適当によみやすくしました。

元記事は こちら

“トゥ・ルミ(イ・ジア)演奏場面でバイオリンの弓を使う方法が度々違うときになりますね。”
“チョン・ヒヨン(ソン・オクスク)チェロ独奏場面すばらしかったです。 ソン・オクスク氏が本当にチェロする方なのかインターネットで検索してみました。”
“トランペット・オーボエなど管楽器演奏者らは口もようは似ているが吹いているという感じが入りません。 呼吸にもう少し気を遣って下さい。”
烏合の衆アマチュア演奏者らが天才指揮者に会って堂々としているオーケストラ団員(単元)に成長するという内容のMBCドラマ‘ベートーベン ウイルス’. 音楽素材ドラマらしく一回が終る時ごとに視聴者掲示板には、演技者らの演奏場面と演奏曲に対する感想と問い合わせが激しい。

1,2回までしても“ハンド シンク=録音された音楽に演奏ふり(そぶり)だけする演技、が下手だ”という指摘が多かった。
だが順次演奏演技が安定することによって8回が放映された7日現在自らの最高視聴率19.8%(TNSメディアコリア)を記録して水木ドラマ中先頭を走っている。 競争作らが製作費250億ウォンの代作(大作)‘風の国’(KBS)とムン・グニョン・パク・シニャン二億台俳優を前に出した‘風の花園’(SBS)という点を考慮してみれば‘ベートーベン ウイルス’の1位は通常でない。
回を繰り返すほど注目が傾く演技者らの演奏場面と、クラシック音楽選曲など音楽にからまった気がかりなことを集めてみた。
ドラマ企画団界から参加したソ・ヒテ芸術監督とのインタビューを土台にした。 ソ監督は現在ミレニアムシンフォニーオーケストラ常任指揮者だ。


◆誰が本物で誰がふり(そぶり)なのか=‘ベートーベン ウイルス’はドラマのために24人内外のプロジェクト オーケストラを構成した。 これらはドラマで使われる音楽を録音して,劇中オーケストラ団員で出演する。 バイオリン3人,チェロ1人,ビオラ1人など弦楽器演奏者5人はソ監督が指揮するミレニアムシンフォニーオーケストラ団員らだ。 残りは三回開かれたオーディションで選抜された。 学校同窓バイオリニストに出てくる主演(組世銀)・チュ・ヒ(パク・ウンジュ)は実際演奏者. 200人余りが集まったオーディションで選ばれた。 オーケストラは劇中演奏者らが仕損じたり切れる場面までドラマ中で使われる音楽はみな演奏,録音する。

チャングンソク(トランペット)・ソン・オクスク(チェロ)・イ・スンジェ(オーボエ)・パク・チョルミン(トランペット)・チョン・ソギョン(コントラバス)等出演陣は録音された音楽に演奏するふり(そぶり)だけする。 代役でなく代演であるわけだ。トゥ・ルミ役のイ・ジア(バイオリン)とジュンギ役のキム・イク(クラリネット)は部分的ながら実演をするが,大部分ではない。 初めての放映1ヶ月半前にやっと撮影に入った差し迫る日程のせいだ。 フルートを吹く女子高生ハ・イドン(チュニ)は例外だ。 実際に高校時期フルートを習ったチュニは劇中オーディション場面でビゼーの‘アルルの女’組曲中2度3楽章メヌエットを上手に演奏して,製作陣を驚かせた。



◆俳優別個人教師密着教習=演奏場面のリアリティーは‘ベートーベン ウイルス’の成否を分ける重要なポイント. このために製作陣は指揮者カンマエ役のキム・ミョンミンをはじめとして,イジア・チャングンソク・ソンオクスクなどに一対一個人教師を付けた。
キム・ミョンミンはソ監督が,残り3人はドラマに出演するミレニアムシンフォニーオーケストラ団員らが指導する。 個人教師たちは録画の時演技者手動作を助けるためにそばについて,共に演奏する。
キム・ミョンミンの場合撮影前3ヶ月間毎日最小2時間で最長6時間まで多様な拍子により指揮棒振る練習を集中的にした。 ソ監督は“キム・ミョンミン氏がとても練習に没頭したあげく肩筋肉がひどく一つになって,マッサージを受けに通うほどであった”と話した。
カンマエのモデルはベルリンフィルの伝説的指揮者カラヤン. 彼の演奏実況ビデオ・DVDを分析するのは基本だった。
何よりこのドラマ撮影で最も難しい点は演技の部分と演奏の部分の相性を合わせること。
オーケストラ練習場面を一度とるのに平均10時間ほどかかる。
話題になった5回公演場面は2泊3日間夜通ししながらとった。 ソ監督は“手動きと音楽,顔表情などが互いに合うが多くて,撮影が繰り返して見たら後ほどあまり荷が重くて倒れた団員も,泣く団員もあるほどであった”と伝えた。

ゴヌが7話で初めての場面で演奏したリムスキーコルサコフの‘熊蜂の飛行’は録音するのに最も困りきった曲. “演奏がとても難しくて,全世界でレコードで出した人がいくつかの指に挙げる”というゴヌの大使のように大変なことで定評出た曲だ。 演奏者はスタジオを五回も借りて録音する難航終わりにやっとOKサインを受けることができた。

大衆的なクラシック300余曲選曲

◆耳慣れた曲選んで使って=ドラマに登場するクラシック音楽はソ監督が分けて選んだ300余曲中で홍진아·홍자람 作家とイ・ジェギュPDが選ぶ。 曲平均3~5倍の曲数を推薦する。 選曲基準は‘誰でも一度は聞いてみたような大衆的なクラシック音楽’だ。 オーケストラの初めての練習曲がモーツァルトの‘フィガロの結婚’序曲になったのと,ゴヌがヨハネ・シュトラウス1才の‘ラデツキ行進曲’を練習すること,トゥ・ルミが地下鉄中でベートーベン‘ロマンス’を演奏する理由はこのためだ。 とても多くの楽器が必要だったり打楽器がたくさん必要な曲は製作費を考慮して,できるだけ除いた。

似た理由で著作権にかかる曲は避ける。 だが草原の演奏場面に出てきたエンニオ・モリコーネの‘カブリエルの オーボエ’やヒヨンの独走が引き立って見えた‘リベル タンゴ’(ピアソラ) 2曲は‘この曲ではなくてはいけない’という判断の下著作権料を支払った。

↓こちらが音楽監督でドラマの監修をしているソ監督
ソ音楽監督

……………………………………………………………………………………………………

面白かったです、この記事。
練習場面で、CDをながしているのわけでなく、このドラマのプロジェクトオケがあってそのひとたちの演奏のようです。
キム・ミョンミンの指揮ぶりが堂々としていて上手いのに感心してましたが、そんなずっと前から練習してたのね。
帝王カラヤンがモデル、というのはよーくわかります。カンマエの性格にあってる感じ。笑

グンソクくん、たしかキャスティングされたのが最後だったので、たぶんトランペットのふきかた(のふり)を練習する時間が足りなかったんでしょう。(…ワタシ甘いよな~彼には。苦笑)

ハ・イドゥン役のひとはフルートが吹けるんですね。

5話のプロジェクトオケの演奏会シーン、「どーよ?!」(とくにグンソクくん不在シーン)と文句をいっておりましたが、記事によれば二泊三日、夜通し撮影だった、と。
やっぱりああいう演奏会のシーンの撮影っていうのは難しいんでしょうね。人数も多いし、絵柄と音をあわせないといけないし。

たぶんあと最低1回は演奏会シーンはあると思うので、そのときにはツッコミどころがないようにおねがいします。m(_ _)m。

あ、そういえば第九,練習してたけど、あれこそ合唱団やソリストが必要なのですごく撮影が大変…だよね、うーん、ドラマでは本番公演は行われないのかも。。。≧x≦




スポンサーサイト

Comment

観始めました

まだ2話までですが、楽しそうなドラマですよね~
音楽と演奏の振りがあってなかったのね^^;
丸刈りグンソク君も頭付きジアちゃんも可愛いし、嫌味なミョンミン氏も犬も面白いし、脇役の方々も個性的ですね。これからが楽しみです。

早速延長話まで出てるんですね。
「風の…」ドラマ2つを抑えて1位ってのはすごいわ~

コンサートシーンはのだめみたいに入れてほしいです!

目新しいのかな

kamokoさんが視聴されるとは嬉しいです♪
のだめほどのはじけっぷりではないですが、なかなか楽しいドラマです。
キム・ミョンミン、上手いですよね。v-354

ウラの二作品をおさえての一位ってちょっと意外ですよね^^:。
あまりこれまでの韓ドラにない素材なので、そういうのも受けてるのかもしれません。
見てないのに言うのはナンですが、風の国ってチュモンとどこが違うのかな、という気がするもんで。≧x≦

ごぶさたしてます~^^

komachiさんこんにちは^^

おおお~~!って感じなんですけど!!
延長されるかもしれないんですね~^^
でもうれしいような…うーんビミョーです^^;
話数が足りなくてつめつめになってテキトーになっちゃうのもやだし、ヘタにのばしすぎて中だるみするのもやだし…
複雑ですね(笑)

そして、ハ・イドゥン役のチュニちゃんは、フルート吹けるんですね~@@!
で、やはり言われているのかぁ…他のみんな演奏と手の動きが違うって…^^;
とくにグンソクくんのトランペット演奏は酷評されているそうですけど…そっか~一番最後にキャスティングされたから仕方ないですね!(←私も甘い。笑)
それに比べカンマエことキム・ミョンミンさんは5ヶ月とか事前に練習してたんですよね~~(インタビューでは3ヶ月じゃなくて5ヶ月って言ってた…)彼の指揮の演技にはホント脱帽です!!
ホント彼なしにはやっていけないな~って思います(*^_^*)
でも演奏のフリがヘタでもやっぱりグンソクくん派なもんちょんいです~(笑)

吉とでるか~?

もんちょんいさん、あんにょん。
もちろん、話数がふえるのは嬉しいんですけどね~過去のいろいろな例をみると……ねええ…。v-394

カンマエの指揮、ホント圧巻ですね。
指揮台にたつ彼からは後光がさしてます~~。v-352v-352
いっつも傲慢な顔してるので、きのせいか鼻も高くなってるみたいにみえるし。v-14
顔つきもかわってきてて、ドラマおわってももとのキム・ミョンミンにもどれないのでは…。笑

>…フリがヘタでもやっぱりグンソクくん派…
me too!!!v-344

評価

こんばんは
やはり延長されていたんですね。
今朝から15話あたりからラストまで一気に見たので何だか
薄まって勢いがなく失速した感じがしました。
野外での演奏の余韻があまりなくカンマエが去っていくのはちょっといただけないので編集機でタイムラインを私がいじくりたかったです。^^;

Petite Franceでのロケはよかったのでもっと
明るい時間帯での撮影を増やしてくれてればと思いました。

最近見たドラマの中では中盤はかなり嵌っていたので余計に辛く評価してしまいます。
イ・ジアさんはやっぱりかわいいです。
「太王四神記」の時よりは少し大人っぽいのがよかったです。

中盤がよかった

SOPHILさん。
やっぱり終盤がちょっとヨワイですよね。カンマエはたぶんひとりで去っていくだろう、と予想はつきましたがもう一山もりあがってからにしてほしかった。
ミョンファンももういっかい登場してほしかったし。

私もこのドラマ序盤から中盤がよかったです、中だるみがなくて。
老人とイドゥンのエピソードや、カンマエとゴヌの確執や、ミョンファンとカンマエの関係や…そういう中盤の展開はかなり面白かったです。

ジアちゃん、よかったですね。
まだ二作目と思えないくらいで、演技もよくなってきてますね。
非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール&ひとこと

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スクロールはカーソルをあてるとストップします♪

★★ 「秘密の森」が終わってしまい、このあとはイ・ヨニの「再会した世界」を見るつもりです。わりあい評判が良さそうなので。 ★★ ★♪ここへのコメントのかたはこちらをクリック♪

最近の記事

FC2カウンター

訪問ありがとうございます.

USERS ONLINE

現在の閲覧者数:

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ