『カインとアベル』砂漠のロケ地

2009.03.17 15:26|カインとアベル
ドラマの冒頭、チョインが瀕死だった砂漠。
砂漠のジソプ

内蒙古でのロケだと聞いていたけど、
こちらの記事(翻訳記事)によると、
寧夏回族自治区の銀川市(自治区の首都)という名前がでてきます。
万里の長城の西の端っこあたり。
市の郊外にいくと砂漠になっているらしい。
北京から900キロ西。
地図ではこちら↓
地図


さらに西にすこしいくと内蒙古自治区にはいり、そこにテンゲル砂漠があります。
そちらの風景が
こちらのブログにありました。幻想的な砂漠の風景。
ロケ地がどこだったかははっきりわからないけど、こんな風景のところだったわ~~。

ところで、記事によると、9話からは、ソウルで身の危険を感じたガンホ(チョイン)とヨンジはチョンジュ(清州)へ移り住むらしい。
ふたりの生活がはじまるのかな。
チョンジュにはキム科長(チョインの上司)が左遷されて行ったのでは…??…面白くなりそう。^^


スポンサーサイト

Comment

内モンゴル自治区

こんばんは
うちで以前作成した地図で恐縮ですが
http://sophil3.blog96.fc2.com/blog-entry-378.html
寧夏は内モンゴル自治区にてっぱるような位置関係
なので少しでも移動すると内モンゴル自治区なんですね。
銀川の西に空港があるから利用しやすかったのでしょうか。
http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=92415
こちらの記事でもウンチョン砂漠となっていますが
手持ちの地図帳では銀川の少し南(寧夏回族自治区エリア内)に呉忠(ウーチョン)という町がありました。
疑問が解決しません。

わかりやすい地図

SOPHILさん,
作製された地図,各省の位置がよくわかりますね~.v-426
そうそう,寧夏の北にとんがった部分に,銀川がありますね.

手元の地図では,銀川市の左の小さい砂漠があって,その西にホーラン山脈,その西に広いテンゲル砂漠,となっています.
銀川市は人口が百万ちかくのおおきい都市なので,宿泊などはそこをベースにしていたのかも.
砂漠は,ジープかなにかで移動したんでしょうか….

砂漠では目印はないので,ロケ地の特定は難しいですね.>_<
非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール&ひとこと

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スクロールはカーソルをあてるとストップします♪

★★ 「秘密の森」が終わってしまい、このあとはイ・ヨニの「再会した世界」を見るつもりです。わりあい評判が良さそうなので。 ★★ ★♪ここへのコメントのかたはこちらをクリック♪

最近の記事

FC2カウンター

訪問ありがとうございます.

USERS ONLINE

現在の閲覧者数:

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ