スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 『梨泰院殺人事件』

2009.12.10 11:17|韓国映画
チャン・グンソクの最新映画、『梨泰院殺人事件』(2009年、監督ホン・ギソン)を見ました。
1997年に起きた実際の殺人事件をもとにしたサスペンス・犯罪映画。
公式HP
CINE21 情報

梨泰院ポスター1


主演がパク・デシク検事役にチョン・ジニョン
チャン・グンソクは父がメキシコ人・母が韓国人の不良青年で当初事件の犯人として逮捕されたピアソン役。

「快楽のために(for fun)」不良外国青年が、無辜の韓国人大学生を殺害したという、やりきれない現実の事件を、忠実になぞった映画で、製作意図も、たぶん商業的な意味というよりは、事件をもう一度明らかにして、社会正義を問いたいという意味をもっている。

★★★★


(以下ネタバレなし)

シノプシスは・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「事件は米軍キャンプに近い街のハンバーガーショップのトイレで大学生がナイフで惨殺されたというもの。
当初、米軍内の捜査機関CIDがピアソンを逮捕して韓国検察当局に引き渡したが、担当のパク検事が事件を洗い直し、
ピアソンの友人で事件当時ピアソンと一緒にいたアレックスという韓国系アメリカ人青年を真犯人として起訴する。
目撃者の証言などから、ふたりのうちのどちらかが犯人であることは間違いなさそうだが、裁判が進行するにつれて、事態は混迷していく・・」
という内容。

社会正義を追求すべき検事であるながら、罪の意識など期待もできない犯人、密室で行われた犯罪の態様などから事件が混迷するなかで、自分の信念や被害者の痛切な思いとは反する結果に苦しんでいくパク検事役をチョン・ジニョンが好演。
途中からは、緊張感の高い裁判劇になっていきます・・。
パク検事


チャン・グンソクは、全編ほぼ英語だけのハーフの役で、ルックスもセリフも違和感は少なかった。
何を考えているのかよくわからないピアソンという青年の不気味な感じもうまく表現してました。
ピアソン現場


ほかに、もうひとりの被疑者アレックス役がシン・スンハン、その父役がコ・チャンソク(「映画は映画だ」の監督役だったひと)
アレックス&父1


アレックスを弁護する敏腕弁護士にオ・ガンノク。(彼って、例の麻薬事件の件はどうなったのかしらん・・)
弁護士paku

被害者のジュンピル君役が、ソン・ジュンギ。(クリスマス・・でも死んでしまう役で、続いてまたこういう役で会ってしまったわ・・・>_<)



映画としてはよくまとまっていて、事件の全体像がクリアにわかったし、この映画を世に問いたいという製作意図もよく伝わってくるものでした。
チャン・グンソクも、この映画への出演を決めたのは商業映画じゃないところで選んだ、と言ってました。
(実際には、彼が出演したこともあってか、興行的にもそこそこ成功したらしい。)

とりしらべ


しかし・・・なにしろ実際の事件そのままの内容ということで、重苦しく、あまりにもアンフェアな結果にどうにも視聴後に気持ちが沈みこむ映画でした。

楽しんで見る映画では全然ありません、念のため。

梨泰院ポスター2
スポンサーサイト

Comment

髪型

こんにちは
ドラマの流れからするとこの映画を見ることになりますね。
私も数週間前に見ましたが
「殺人の追憶」を見たときのように重い感じの映画だと思いました。
他の出演者が苦手だったので星の数は少なくなってしまいました。
さらっと見ただけですが
髪型は父親がメキシコ人なら納得です。

つらい映画

こんばんは.
「殺人の追憶」に比べると映画としてのインパクトや登場人物の描きかたの工夫など、少なかったかもしれません.
映画として、というよりは事件のやりきれなさの印象が強くのこりました.

どちらかはわからないけど、二人のうちの一人が犯人であることが間違いない場合、中をとって懲役15年づつ、とは行かないので(当たり前ですが)・・・ただやりきれなさだけが残りました.

グンソクくん、英語のセリフはピアソンのキャラからいって、もっとだらしない英語のほうがよかったかもしれないですね.
でも、こういうチャレンジングな役にも挑戦して、役の振れ幅の大きい役者さんになりそうで、まだまだ楽しみです.^^

只今暴走中

初めまして!!

「イケメンですね」からズーーーとお邪魔させていただいてました。
チョンマル カムサハムニダ
なかなか書き込めず、書いては消して・・・を繰り返していました。

グンソク君を、去年「快刀ホンギルドン」で知って「ベートーベン」「ファンジニ」他映画に子役時代のドラマ・・・・
「プラハ~」は以前見たんですが、気がつきませんでした(笑)あまりに子ども・・いえ、若すぎて~

知れば知るほどに、グンソクはカメレオンのような役者さんですね。
作品によってまったく違う顔を見せてくれます。
『梨泰院殺人事件』も楽しみに待ってました。
殺人容疑者の役を演じる・・と聞いた時は驚きましたが、チョン・ジニョンさんとの共演、ナイスな選択と拍手を送りました。

そして、イケメンで見せてくれた、もう~~素晴らしいの一言

今まで気になっていた年の壁など、一気に駆け上がりました。

すごいスピードで進化してるグンソク君にどっぷり嵌っております。
 こんな私に、これからもいろんな情報をよろしくお願いいたします。
長々と失礼しました・・・キャーーー恥ずかしい。



mikannさんへ

オモ!
勇気を出してコメントくださり、^^
ありがとうございます。
mikannさんもグンソクくんにハマったんですね~いいでしょう?
若手ではぴか一v-354ですよね!
私は映画「楽しい人生」で彼におっこちたんですけど、「美男ですね」のような彼にぴったりのドラマをやってくれて涙が出るほど嬉しかったです。←年のせいで涙腺ゆるい・・>_<

ここは、記事の内容も最新情報をおっかけてるわけでなく、ユルユル~~ですので、コメも気楽にどーぞ♪

これからもヨロシクお願いします。m(_ _)m

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

09-12-13 23:14 の鍵コメさん

こちらでトライしてみてください。
http://www.veoh.com/group/001dlazn#

返事コメは不要です。^^

komachiさーん

komachiさーんお久しぶりです。カキコして頂いてありがとうございました。久しく遊びにも伺えず失礼しました。
いやーこの作品本当にいい映画だとおもいました。ストーリー性に頼らない犯罪者真理や色々な団体の思惑など、役者さん達がきめ細かく表現していますよね。チョン・ジニョンや相手方の弁護士オ・グァンノクが最後の最後にもしや??と疑うあの感じがたまりませんでしたね。

待ち続けていた「シティーホール」もやっと入手して観始めましたが、もう1話からチャン・スンウォンかっこいい~うーん胸バクです。
今年もいい作品の紹介楽しみにしてまーす。

amiさんへ

こんにちは!

>チョン・ジニョンや相手方の弁護士オ・グァンノクが最後の最後にもしや??と疑うあの感じがたまりませんでしたね。

ねえ~、こちらにも重いものが残ってしまって、あとあとまでいろいろ考えさせられる映画でした。
米軍基地のあるところ特有の問題もはらんでいて、複雑な事件でしたね。


>もう1話からチャン・スンウォンかっこいい~うーん胸バクです。
ふふふ、はじめはかなりドタバタですけど、途中からは、大人~~~な恋のドラマにどっぷりひたってくださいね。
また完走したら、感想をきかせてください。^^
非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール&ひとこと

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スクロールはカーソルをあてるとストップします♪

★★ 「秘密の森」が終わってしまい、このあとはイ・ヨニの「再会した世界」を見るつもりです。わりあい評判が良さそうなので。 ★★ ★♪ここへのコメントのかたはこちらをクリック♪

最近の記事

FC2カウンター

訪問ありがとうございます.

USERS ONLINE

現在の閲覧者数:

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。