スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『コーヒーハウス』 ~12話 ちょこっと感想 

2010.07.07 14:35|コーヒーハウス
7話以降も、ずっと楽しく見続けてます。(6話までの感想はこちら

どこが気に入っているか・・印象が爽やか、フレッシュ、新鮮!
『こういうジャンル』と決められない感じのドラマなんです。
コメディタッチなんだけど登場人物のキモチの綾を丁寧に描いてるし、
若いヒロインの成長物語と、もうちょっと大人のふたりのビターな恋物語がうまくミックス。
「ドロドロ」も「ベタ」も全然なし!

chtop

ヒロインの成長ものがたり、というあたりは、NHKの朝の連続ドラマをしゃれた感じにしたテイストかも。
しかもコミカルなセンスはもっとあるし。


男ふたりのキャラクターが相当ユニーク。
とくにジウォンの『ウザさ』は
特筆もの。Σ( ̄Д ̄;)

ヒロインふたりのさわやかさは好感がもてるわ。
パク・シヨン、ウニョン役、当たり役だと思います。\(*^▽^*)/

以下、とくに10話以降が、
かなりネタバレしてます。m(_ _)m

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


秘書のスンヨンはあいかわらず、ジンスから間抜けな秘書扱いされて、取材と称しては馬糞の写真を撮らされたり、フラフープを死ぬほど回させられたり、肝心のコーヒーも、いまだに合格点はもらえず・・
でも、ジンスのほうも、なにげにスンヨンとなじんできてる。
嫌なテレビインタビューをすっぽかすときも、目配せ一つでスンヨンがうまく助けてくれたし。。

ジンスとスンヨン


ところが、9話くらいから、ジンスとウニョンの長年の友達関係から恋愛にすすむのかどうか、そこにふたりの過去のいきさつがからまって、かなりセンチメンタルな展開に。

そこらへんだけちょっとストーリーを紹介。

ウニョンは、もともと自分の親友ヒスの夫だったジンスとは友人関係。
ヒスとジンスは離婚後(離婚の原因ははっきり出てこないけど、ジンスの偏った性格も一因?かな)、ヒスのほうは立ち直れないまま、事故(自殺に限りなく近い)で亡くなってしまい、そのショックで立ち直れないジンスをウニョンがずっとサポートしてきた。
作家と編集者としてコンビをくみ、彼を人気作家にし、さらに、プライベートでもいい友達関係だったのだけど・・
ウニョン、これまで表にださなかったジンスへのほんとうの気持ちを、ひょんなきっかけで表してしまうことになる。
しつこくウニョンにつきまとうジウォンや、ジンスの秘書になったスンヨンが、無意識のうちにふたりの関係に化学変化を起こさせた、みたいなんだけど。

・・でもジンスのほうはウニョンの気持ちを拒絶、友人としてしか思えない、と。

ウニョンはそれがジンスの本心だとは思えないものの、やはり傷つき、編集者としてもジンスとはやっていけない、と契約解除を申し出て行方不明に。
ジンスは、ヒスのときの残酷な記憶とかさなり、ウニョンのことを心配のあまり体調を崩してしまう。(このときスンヨンのハルモニのご飯をがつがつ食べるシーン、笑った~~

しかし、無事もどったウニョンのまえではやっぱり自分の気持ちは隠すジンス。

そんなふたりのいきさつをそばでみていたウニョン、悩んだ末、ウニョンにジンスがどれだけウニョンのことを心配して想っているかを伝えてしまう。
激怒したジンス、勝手なことをしたスンヨンを解雇。
さらに、こんどはジンスのほうから、編集契約解除を申し出、しかも友人関係としてもやっていけない、と決意して、現在とりかかっている小説を脱稿したら、遠くに旅立つ、という。

ウニョンとの関係ではいつも冗談でまぎらわしたり、韜晦するような態度のジンス。
彼の『ほんとうの本心』がわからないまま苦しむウニョン。
でも、そういうウニョンだけど、恋愛にかまけて仕事をしないわけじゃなくて、有能な出版社社長としてっきっちり仕事はしてる。

ジンスは元妻の死以来、他人との関係を結ぶことを病的なぐらいに避けており、きもちを表すことも無意識に自分に禁じている感じ。
それはウニョンに対しても同じ。

解雇されたスンヨンが、秘書でありながら守秘義務も守らず余計なことをしたことを必死に謝って(20秒でしゃべれといわれてものすごく早口で言うところ、面白かった~~)、さらに、想いを伝えたらかといって結果は変わらなくても、伝えること自体が大事だと思う、というスンヨンのことばが、胸に響いたジンス。

出張にでかけるウニョンを追って、プラットフォームで、やっと自分の100%の本心、ウニョンを好きだと打ち明ける。

train


ジンス、想いは伝えたけれど、「ウニョンといるあいだはどうしてもヒスの記憶から逃れられない、ヒスを忘れるためにはウニョンから離れるしかない」という真情も吐露。
ウニョンもそれを理解し、去ろうとするジンスを止めない。


この間のジンスとウニョンのやりとり、
友達でいたほうがいいと頭ではわかっていても、いつも理性的に行動できるわけじゃないし、好きだからってすぐに恋愛関係になれるわけじゃない、だからといって友情がなくなるものでもない・・言葉はいつも100%本心をあらわすわけじゃない、でも言葉でしか想いは伝えられない・・
そういう微妙なふたりのキモチのやりとりがうまく表現されていて、とてもヨカッタです。

そして、結局ジンスは、小説「ページワン」を書き終え、ひとりで海外へ旅立ってしまう・・

page1


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・12話の途中、話はここでいったん小休止。
このあと、二年後に飛びます。

スンヨンは、外見もちょっとおとなっぽくなって、ラジオの構成作家として働いていて、ジンスはその後まったく音沙汰無し。

そして12話ラストで、帰国したジンス。
どうやら変身?!


スポンサーサイト

Comment

プラハの恋人

こんばんは
もうラストが近いですね。
ドラマタイトルを変えてまでハウスシリーズにしたのに
フルハウスらしさがなくてちょっと残念です。
おばあさんは一緒ですが。

1-2話はよかったのですが段々とハム・ウンジョンが苦手になってしまって
それ以降は字幕なしで映像だけをさらっと見ています。
「プラハの恋人」にも出ていたらしいですね。
女性グループから女優というのは(ソン・ユリや)ユン・ウネの流れでしょうが難しいですね。
12話での帰国のジンス髭の姿は何か雰囲が違ってますね。

「フルハウス」繋がりだと「クミホ」も2話まで見ましたがこちらで彼女は久々の主役ですがあの姿には違和感ありです。

ハム・ウンジョン

こんにちは。

>ドラマタイトルを変えてまでハウスシリーズ・・
そうだったんですね、知りませんでした。

>プラハの恋人・・
全然気づきませんでした。
高校生の役、かな~グンソクも出ていましたね。^^

彼女は、ルックスもですが、今回の役柄もかなり幼い感じですね。
2年後に話がとんでちょっと大人っぽくはなりましたが。
ソン・ユリやユン・ウネにくらべると、華やかさがなくて庶民的です。
女性の反感を買いにくいという利点はあるかも。

カン・ジファンがドンファンみたいになってたので、このあと楽しみです。



フルハウスつながりで・・
ピの新ドラマにソン・ユナがキャスティングされましたね。イ・ナヨンも久しぶりのドラマなのでちょっと気になってます。

あ、車の件、いろいろ教えてくださってありがとうございます。
結局、修理にだしたけど、同じ条件でもオーバーヒートは再現できず、原因はまだわかりません。
水はときどきラジエーターに足していた、と主人は言ってたので、別の原因でしょうか。。。


暑中お見舞い申し上げます

komachiさんこんにちは。
お邪魔してます。
コーヒーハウスはなんとなく見てたのですが
結局完走してしまいました。
ほんとNHK朝の連ドラ、というkomachiさんの表現がピッタリの終始爽やかドラマでした。
正直、いい大人がもぉ~と、遅々とした展開にちょっとイラ~っとさせられながらではありましたが。

ま~、好き嫌いは色々あると思いますが、スンヨン役のハム・ウンジョンは、ハン・ヒョジュっぽいテイストと申しますか、地味顔のナチュラルな感じが、私は好感持てました。
歌手ティアラとして歌って踊ってるときはノリノリの濃ゆいメイクなんで、コーヒーハウスでの幼い顔とのギャップがまた面白い。
韓国の女優さんにありがちなパク・シヨン的、なかば暴力的整形顔のいかにも女優!っていうタイプ(そういうのも好きですよ(笑))とは違った魅力。
同世代の女子に受ける感じでしょうか。
なかなかフレッシュな演技で最後まで引っ張ってくれました。

なまりのひどいカフェのマネージャー役のドンウクが、その無造作具合といい、
浅野忠信にどことなーく似てる気がして私は一人で盛り上がってました。

このドラマ視聴率低かったみたいですね。
確かに正直あまり話としては面白くなかったです。
ドラマにおけるウニョンとスンヨンの話の比率が難しいとこではありますよね。
どっちの話がメインなんだよ、と。
思ったよりも最後の方までスンヨン&ジンスの話が引っ張ってて、私はそこが良かったです。
結構きゅん、とさせてくれました。

あー、終わっちゃった。
赤と黒のドロドロ路線に戻るかー。
赤と黒と製パン王キム・タックて話かぶってません?
キムタック、話が大人時代になってからつまんなくなってきたなぁ…

kokoさんへ

こんにちは!

>スンヨン役のハム・ウンジョンは、・・・・地味顔のナチュラルな感じが、私は好感持てました。

そうですね~彼女の声も好きなんです。
演技も悪くなかったし。
このキャラクターにもよく合ってました。

浅野忠信!言い得て妙。\(*^▽^*)/

カン・ジファンという人気俳優のドラマとしては、思ったほど視聴率は伸びなかったですね。
素材があっさりしていたからかな。
たしかに途中ちょっと間延びしたし。

あ、でも実は私はまだ14話までしか見てなくて、なにしろ「悪い男」にどっぷりで、あまりにテイストの違うこっちに触手がうごかず・・>_<
あっちがすんだらこっちに戻ります。笑

「悪い男」、どろどろ・・とは思わないんですが、15話ではホラーっぽくなってます。(苦笑)
これ、私はどっぷりハマってますが、終盤まではナムギルのファンでないと、退屈するのかもしれないですね。
正直、展開を1.5倍くらいに早めてほしい~
とか私もブツブツ言ってたし。v-8
でも、凝ったシーンをじっくりみせて、キャラの微妙な感情を伝える、という意味ではよくできたドラマのような気がします。
非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール&ひとこと

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スクロールはカーソルをあてるとストップします♪

★★ 「秘密の森」が終わってしまい、このあとはイ・ヨニの「再会した世界」を見るつもりです。わりあい評判が良さそうなので。 ★★ ★♪ここへのコメントのかたはこちらをクリック♪

最近の記事

FC2カウンター

訪問ありがとうございます.

USERS ONLINE

現在の閲覧者数:

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。