『ドクターチャンプ』 1~2話 あらすじ

2010.09.29 13:53|ドクターチャンプ
27日スタートのSBSの新ドラマ(月火)、
ドクターチャンプ』2話まで見ました。
面白そう。
キム・ソヨン、オム・テウン、チョン・ギョウン、チャ・イェリョンが出演。
オリンピック選手村のドクターたちと選手の物語、らしい。

10月は新ドラマが多くて、見たいものもたくさん、これをずっと見続けるかどうかわからないけど、見ようか迷っている人もいると思って、参考までに簡単なあらすじを・・・

        dc1
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1話

韓国大学病院ではたらくヨヌ(キム・ソヨン)は、地方大学出身だが、レジデントからフェローへの昇進間近の有能な整形外科医。
同僚に恋人もいるが、その彼に対しても、後輩に対しても、仕事上は厳しく当たる性格。
恋人は実はふたまたをかけていて、ヨヌと別れたいと思っている。

ある日、主任教授が執刀する手術にヨヌは助手としてついたが、その手術中に教授が誤って患者の神経を損傷、体操選手である患者は麻痺の後遺症が残ってしまう。
ヨヌは手術ミスを隠蔽しようとする教授に逆らって、馘になってしまう。
しかも、恋人も彼女をかばわず保身に走り、しかもほかに彼女をつくっていたことも知り、ショックなヨヌ。
患者への申し訳なさと、フェローになるための長年の努力が無になってしまって、はげしく落ち込む。

ふらふらと街を歩いていたときに、イベントで風船(ろうそくの灯で暖まって空に上っていく紙風船)を配っているのに気づき、並ぶがヨヌの番になって風船が売り切れ。
不運続きの自分が情けなくて、思わずその場ですわりこんで泣きだしてしまう。

そんな彼女に、先に風船を買った少年アルムが手をさしのべ、自分といっしょに風船をあげよう、とさそう。
アルムとその叔父のパク・チホン(チョン・ギョウン)とともに、『大丈夫・・なにもかも大丈夫』と、自分に言い聞かせるように、願い事を書いて風船をとばすヨヌ。


実は、チホンは、その前日、ヨヌといっしょにいた母がひったくりにあったとき犯人を追いかけてバッグを取り返してくれた男。
チホンに言われてやっとヨヌも、彼が恩人で、しかもその直後バイクと接触して倒れた男だと気づく。
ヨヌに聞かれて、ケガはなかった、とこたえるチホン。

帰宅したヨヌに、母は病院をクビになったことを非難する。ヨヌが家にいれる金は、実は兄の借金返済に充てられていたと知り、ヨヌが激怒。
どうやら、兄が厄介者らしい。

チホンは、柔道選手だが、兄が2年前に亡くなってから柔道から離れていて、最近カムバックしようとしている。
国家代表選考の試合に出場予定。


一方、イ・ドウク(オム・テウン)、選手村の医務室長の新任。
サッカーのパク・チソンらを治療した有名なリハビリ医師。
足が悪く杖をついている。空港まで迎えにきた選手村の役員に対しても、冗談なのか本気なのかわからない態度で煙に巻いている。



チホンの試合の日、応援に行こうとする甥のアルムだが、夫(チホンの兄)を亡くしたアルムの母はチホンが柔道をやるのを嫌い、アルムが応援するのも反対。
母に黙って会場に行こうとして、アルムは、電話番号を聞いてあったヨヌに、会場まで連れて行ってもらうように頼む。

順調に決勝まで進んだチホンだが、実は足に負傷している。
控え室にいるチホンのところにアルムとヨヌが行くが、ヨヌはチホンの足が化膿して腫れ上がっているのに気づく。バイク事故のことを思い出すヨヌ。
感染症で壊死し始めていて一刻を争うと言い、拒否するチホンを無視して、いきなり切開をはじめる・・!



2話


ヨヌが足の治療を終えると、チホンは、「このために試合で負けたら絶対に許さない!」とヨヌを脅す。
とめるヨヌやコーチの言葉も聞かず、無理に試合に出たチホンだが、何度か投げ技を決められ、そのまま気を失ってしまう。
病院で目覚めたチホンは、試合の結果にもかかわらず自分が代表選手に選ばれたとコーチから聞く。
さらに、ヨヌの応急処置がなかったら足が致命的だっただろう、と聞かされる。

はじめて会ったときからヨヌを気に入っていたチホン、暴言を吐いたことも謝ろうと、病院をぬけだしヨヌを食事に誘う。
ところがそのレストランに、ヨヌの元カレがいまの恋人を連れてやってきてしかも、彼らが3ヶ月もつきあってることを知って二股をかけられていたヨヌが激怒。
チホンも事情を知って元カレに怒鳴りはじめる。
レストランを出て、飲み直すヨヌとチホン。
そのあとチホンが酔っぱらって、しかたなくヨヌがかれを家に連れて帰るが、ズボンのポケットからコンドームがでてきたので、追い出してしまう。(笑)
実はズボンは、病院の同室患者に借りたものだった。



一方、医務室長に就任したドウクは、選手村で役員たちと顔合わせ。
さっそくMRIなどの機器を入れろ、だの医師を増やせだの要求。
その後選手村にはいってきた水泳コーチのヘヨンとばったり。
彼らは元恋人同士だが、何かの事情で別れたらしい。ドウクの怪我も絡んでいる事情?
そのせいか、久しぶりに会ったらしいヘヨンにたいしてもイヤミな言い方をする。


チホンは選手村に入村。
しかし新しく代表入りしたマンネなので、こきつかわれイジメらしき洗礼をうける。
同階級のライバルと同室になるが、どうやらなにか因縁の相手らしく、ことあるごとに対立。


ヨヌは、先輩をたよってほかの病院への就職を目指すが、指導教授を裏切ったという噂が流れて、就職できない。
腹をたてたヨヌ、病院まで指導教授に会いに行き憤懣をぶつけ、医療ミスの件が裁判で明るみに出るだろうと言うが、訴訟が取り下げられたときき愕然とする。
そのとき偶々病院を訪れていたドウク、ヨヌと教授の話を聞き事情を察知、エレベータでいっしょになったヨヌに、「内部告発なんて医者同士では裏切り者でしかない、ほかの仕事を探せ。」と言い放つ。
見知らぬ無礼な男に腹を立てるヨヌ。

帰り際、元カレが、選手村の医師の職があると紹介していくれるが、ヨヌは即、拒絶。
そのようすをみているドウク。


ヨヌはその後も就職先を探すが、大学病院を辞めた事情が流布しているせいか、どこにも決まらず。
そのころチホンから、入村の連絡メールがきて、そこの職があったことを思い出したヨヌ、結局面接を受けにいく。ところが、面接官が病院で会った無礼な男のドウク。
「選手村なんかに行くわけない、なんて言ってたくせに。」と、いきなりイヤミを言われる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

話がサクサク進んで、面白い!

チホン、スポーツ選手らしい明るいさっぱりしたストレートな青年。
ただ、兄の遺言となった、オリンピックでのメダル獲得への執着が強い。
チホン役のチョン・ギョウン、「太陽の女」でヒロインのキム・ジスを支える年下男だったわ。
このひと、からだも大きくて、ルックスも柔道選手にぴったり。
全日本の篠原監督を男前にした感じ。(監督、ミアン~~m(_ _)m)

ドウク。
狷介な性格のやりにくそうな男。
足の怪我もだし、過去になにかひどく傷ついて人が変わったらしい。
仕事面では有能。
ドラマでは「いい人」役の多いオム・テウンが、この「感じの悪い男」をやるというのが、面白い!
ほんとうはどういうキャラなのかも気になるし。
達者な演技なので安心して見てられるしね。

このふたりとヨヌで、三角関係?・・・そこにドウクの元の恋人が絡むのかな。

とくに好きな俳優さんが出ているわけじゃないんだけど、ヒロインのキム・ソヨンもふくめてみな、演技が自然でキャラクターも生き生きしてて面白そうです。

ところで、1話で、医療事故の患者さん役ででていたハン・ボベちゃん、「ラストスキャンダル」のソニの娘ジミン役だった子だけど、顔の印象が変わったわ・・整形したのかな~まだ高校生だと思うけど・・・
まえのほうが個性的でよかったような。。。
スポンサーサイト

Comment

被写界深度

こんばんは
もうあらすじをアップされていたんですね。
カメラ映像に関してチェックしてみました。
1話のラストで本人以外の背景のボケが今までのカメラよりは見事だとは思っていましたがデジタル処理だと思っていました。
2話でも多用されていたのでおそらくこの部分なのでしょう。
一眼レフカメラ画像のような絵になっています。

フォーカスを当てた部分以外は通常のレンズよりは
桁外れにぼやけるので主役を強調できそうです。

たしかに・・

こんにちは。

少し良い画質で、2話の一部を見直してみたら、たしかに背景と手前人物の対照がはっきりしてますね。^^

一般の放送用カメラではなく、専門家用デジタルカメラを使っている、という記事を見ました。

ストーリーというよりは、キャラクターの個性に重きがある話のように思います。
出演者がみな達者な人たちなので、期待できそうです。

非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール&ひとこと

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スクロールはカーソルをあてるとストップします♪

★★ 「秘密の森」が終わってしまい、このあとはイ・ヨニの「再会した世界」を見るつもりです。わりあい評判が良さそうなので。 ★★ ★♪ここへのコメントのかたはこちらをクリック♪

最近の記事

FC2カウンター

訪問ありがとうございます.

USERS ONLINE

現在の閲覧者数:

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ