『メリーは外泊中  매리는 외박중 』 4話あらすじレビュー

2010.11.18 14:54|メリーは外泊中
メリが必死になればなるほど可愛い~
今回は車に閉じ込められて窓をバンバンたたいてます。
      閉じ込められたメリ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


mso0400

メリはムギョルを強引に家の外に引っ張りだす。
ジョンインがドラマ音楽をムギョルに作曲させようとしているときき、メリ、ふたりが近づけばムギョルとのニセ結婚がバレると恐れて、必死でムギョルを説得。

mso0401

すでに結婚している女性と婚姻届を出して、百日契約結婚を考えるジョンインはどうみてもおかしい男だ、と。
「二重人格で重度のサガジ!」などとジョンインをよび、
なにか下心があってムギョルを利用しようとしてるに違いない、と。
ムギョルは、昨日が初対面だったし(メリのことなど知らずに会ったのだから)そんなはずない、と言う。
さらに、昨夜会った印象で、ジョンインは音楽に対しては真摯な男だという印象をもったようす。
しかし、一方で100日結婚契約が変なのは確かなので、メリのジョンイン評価ももっともだと思い始める。

ギターをとりに家に入ろうとするムギョルを阻止、自分があとで持って行くとメリが主張。

オフィスで、メリはジョンインにムギョルに関わらないでくれ、とはっきり言う。
ジョンインは、こんどのドラマの音楽には彼のような人材が必要だ、と言うが、メリは聞く耳をもたない。

そのとき、ソジュンがオフィスにはいってきて、メリに、新らしい携帯を渡そうとする。

mso0402

「(悪口の件は)メリさんじゃなかったと思うから。」と。
メリ、携帯は大丈夫だったのでいらない、謝罪だけ受けます、と言う。

ジョンインとソジュンが話しているのをみて、スタッフたちが二人が似合いだ、などとささやく。
メリ、それをきいて、「似合いのひとがいるのになんで私と結婚するのよ?」とぶつぶつ。

ソジュンはジョンインに、日本語の台詞の発音をなおしてもらっている。
「サイコデス」は「サイコーデス」と延ばした方がいい、などと。
ソジュンは、役で、歌もうたってギターも練習しないといけない、と不安がる。

ドラマ好きのメリ、ジョンインのオフィスを掃除しながら、好奇心で台本をみている。
メリも日本語の練習。「ホッキガイルってなにかな」
私も知りたい~何なの?


ジョンインに台本の印象をきかれ、音楽ドラマでラブコメっていうテーマが新鮮、と褒める一方、大人は見ないかも、と辛辣。
ジョンインも当たっている指摘にドキっとする。笑
あはは、メリーは外泊中のことをあてこすってる?


メリがムギョルのギターを返してもらいたい、というと、ジョンインは自分が直接返しに行く、と。

ムギョルは、道ばたでアンプの修理中。
ファンの女の子が寄ってくるが、そこにメリが、でっかい声で「チャギヤー(ハニー~~~)」と呼びながら突進してくる。
メリ、焦って、ジョンインがついてきていることを知らせ、必死で恋人のふりをする。

mso0403


ジョンインはムギョルと仕事の話をしたがるのだが、メリ、ふたりの接近を阻止しようと必死。
車のドアからのりだして邪魔しようとしたところを、ジョンインに頭をおさえられ車のなかに突っ込まれる。
mso0404

あはは、メリって小動物か子どもみたい。閉じ込められたメリがばんばん窓をたたいてるが、男ふたりは完全無視。


ドラマ音楽の話をもちだすジョンイン、
「僕たちは音楽の方向性は合ってそうだけど。」と。
「そういうことを言うやつにかぎって、どんな詐欺かわかったもんじゃない。
結婚も事業、音楽も事業ってことだろ。」ムギョルは冷淡。

相手のいる女性と契約結婚なんて言うやつは信じられない、というムギョルに、ジョンインもここでしつこくしても得策でないと思ったのか、すんなり帰って行く。

ムギョルがジョンインのオファーを断ったので、安心して喜ぶメリ。
ムギョルは「おまえのために断ったんじゃない、自分の仕事さ。」とクール。


メリ父のデハンは、ジョンイン父と車のなか。
ムギョルのことが気にかかっているジョンイン父に、彼はただの浮気ものでなんでもない、などと必死でとりつくろうデハン。
ジョンイン父は、デハンに、百日後にメリがもしジョンインを選ばなかったら責任はデハンにある、と宣言。
「そのときは肩代わりした借金の金は返してもらう。」と。
デハン、びびる。
オモ~これは必死になってムギョル排除しようとするよね~


ジョンイン、オフィスで、テレビ局のディレクターと電話中。
今クールのドラマの編成は無理だ、と断られたらしい。
スタッフも真っ青。
ジョンイン、相当ピンチなんだろうけど、すくなくともパニクった顔をしないところはなかなか腹がすわってるわね。


デハンはどうしてもメリとムギョルの仲を裂かないといけなくなって、ムギョルのところにやってくる。
ところが、メリとふたりで仲良さそうにしているのをみて困りはてる。
「あいつひとりなら対決するのに・・」

ムギョルはまだアンプの修理中。
そのよこにすわって、メリ、なにげなくムギョルの収入を尋ねる。
「奥さんみたいだな。」と笑うムギョル。
たしかに奥さんだし~笑


ムギョルが、ガラスにうつったデハンを発見。
メリ、まさか父が監視してると思ってなかったのでパニック。
ムギョルを引っ張って逃げ出す。

とるあえずノレバンに避難。
ノレバン嫌いのムギョルはソファでごろ寝。
しかしドアの向こうからデハンがのぞき見。
なかからみえないとおもって歯をほじってるのよ~爆

しかたなく、メリが歌い始めるが完全な音痴。
みかねて曲の続きをムギョルがうたいはじめる。
mso041001

外にもれてきた声をきいてデハンは仰天。
「うますぎる!かっこよすぎる!メリが惚れてしまうぞ、どうしよう・・!」
mso0406

ノレバンから出てきてもう父はいないかと思ったら、近くのカフェから監視継続中。
ムギョル、メリ父をまくため、ばったり会った知り合いの自転車を借り、メリを乗せて走り出す。

mso0407

メリは、後ろの席から、ムギョルがノレバンでかっこよかった、と言う。
ムギョル、ふりむいて、最高の笑顔で、
「好きになった?」とからかう。
メリ焦りまくって、「きゃ、客観的にみて、の話よ!」
ムギョル、あっさり、「そうだな、恋愛音痴のおまえにはわからねえよな。」

冷たい風をきって必死で走る自転車のふたり。
手が冷たいムギョル。
ああ~この気持ちわかるわかる!
私も冬場、手がすっごい冷たくて往生するから。



やっと父をまいたふたり。
メリは、とおりがかりの店で毛糸を買う。

ムギョルの家で手袋を編むメリ。
ムギョルは手作り?のストーブを設置中。
メリが、あっというまに器用に自分のを編みあげたので、ムギョルも興味しんしん。
「あんたのも編んであげようか?」
うなずくムギョル。

mso0408

メリは自分の手をかさねてムギョルの手のサイズをはかる。

mso0409

ムギョルの誕生日がクリスマスイブで、メリのほうが3週間ほどお姉さんだと判明。
「ヌナと呼びなさい。」と言われて、
「ヌナ~そうやって編み物してると女にみえるね。」とムギョル。

編み物に夢中で9時半になってしまい、あわててメリが帰り支度。

編みかけの手ぶくろを珍しそうにみるムギョル。



ジョンインのオフィス。
ドラマのオンエア枠がきまらないことで、騒ぎになっている。
イアンが降板したがっており、そうなると損失も過大。

ジョンイン父が彼を訪ねてくるが、ジョンインはドラマが暗礁に乗り上げていて疲れ気味。
それでも、ジョンインは父の健康を気遣う。病院がよいをしているらしい。

mso0410

父はメリとの契約の経過を尋ねるが、ジョンイン、仕事にかまけて全然メリの面倒をみてないので、答えられない。
父は、腹をたてて、
「おまえ、絶対にメリに選んでもらわないと。もし100日後にメリがおまえを選ばなかったら、投資した金は回収するから。」と言明。
ジョンイン、100日過ぎればメリがどう選択しようと話はおわり、と思っていたので、父の強い態度に驚き困惑する。
ジョンイン、これはマズい!メリをちゃんと引きつけないとダメだと、やっと本腰(笑)を入れるかも。


メリ父のデハン、監視は途中で失敗したものの、とにかくムギョルのようなチャラ男はダメだ、とメリを説得にかかるが、メリは結婚が事業だというジョンインのほうが問題外、と反論。


やっと必死になってきたジョンイン、メリをひきつけようと、別荘に一泊二日で行こうと誘いに来る。
デハンをお父様、と呼んで喜ばせる。
いやがるメリをデハンが無理に行かせる。

mso0411


車のなかで、ジョンインがムギョルに了解をとると言うのを止めて、メリはまたまた「チェギヤ~~ハニ~」とムギョルに電話。
ムギョルが迷惑そうなのを無視して一方的にしゃべりまくる。

mso0412

ジョンイン側の契約違反の横暴を訴え、代わりにこんどはムギョルと三泊四日、プラス毎日の時間割もムギョル時間を増やそう、などとジョンインに聞こえよがしにしゃべっている。


別荘につくと、父は散歩中と別荘番のアジョシが言う。

mso0413

着くやいなやジョンインは仕事で呼び出されてメリはおいてきぼり。

メリ、この別荘に来たことがある気がするが思い出せず、自分の思い過ごしだと考える。

父と母と見知らぬ男性の昔の写真を見つける。

mso0414

その男性が、部屋にはいってきて、ジョンインの父だとわかる。
ジョンイン父、メリをみて、固まって棒立ち。
母にそっくりのメリだものねーーー本人をみて感激したみたい。


オフィスにもどったジョンイン。
イアンとバン室長(例の女マネ、こういう名前らしい)に対して、海外市場でも有望なドラマだ、などと降板しないように説得にかかっている。
しかしバン室長、
「代表だけを信じてたんですよ、でもドラマの編成が決まらないのにいつまでも待つわけに行かないし。」とゴネてている。
そこにソジュンがはいってきて、イアンを非難。

mso0415

「あんなに作品を褒めてたくせに。最低よ。
私は作品を信じてるから待てるわよ。映画のほうも降りたし。
放映がのびたら時間をかけて制作できていいじゃないの?いっそ事前制作したら?」
と。

mso0416

バン室長は事前制作なんて話にもならない、と一蹴。イアンと出て行く。

ソジュン、ジョンインをチアアップしようと、自分の誕生パーティに誘うが、父との約束があるので、とジョンインは断る。


別荘。
メリは、ジョンイン父が、父よりも前から母を知っていた、という話に驚く。ジョンイン父は、詳しい話はまたいずれ、とだけ言う。

mso0417

ふたりは、お茶を飲み、雑談でもしようとする、共通の話題もなくぎこちない雰囲気。
しかたなく碁でも、と誘うが、メリはやったことがない。
「あ、私ができるものがあります!」

mso0418

ジョンインが戻ってくると、メリの大声と父の笑い声。
ふたりは碁石飛ばしに熱中。
そんな父をみたことがないので、びっくりするジョンイン。
mso0419


夕食。
ジョンインは父の食事の世話をこまごまとする。
メイドに、あっさりして高タンパクなものを用意するように、と指示。
違うメニューのものを食べている理由をメリが尋ねる。
肺がんの手術後の病み上がり、らしい。

mso0420

食事がはじまっても、しーーんとしており、メリは思わずむせてしまう。
ジョンインと父の関係ってすごく堅苦しいよね。


一方、こちらはムギョルとメリ父のデハン。
デハンは、彼の家に押しかけ、メリの夫にふさわしくない、おまえのようなやつと結婚したら相手が苦労するにきまっている、などとまくしたてる。
ムギョル、デハンの必死のようすに思わず吹きだす。
「どういうわけかこんなことになったけど、そちらからそんなことを言われるいわれはないです。」とはっきり言うムギョル。

mso0421

mso0422


そのとき母から呼び出され、ムギョルが出て行こうとする。デハンは自分がきたことをメリに秘密にしてくれ、という。

母は恋人にふられたようで、おちこんでいる。
よくあることらしく、ムギョルは、
「だから本気にならないでつきあっておけばいいのに。」と。

mso0423

ムギョルは、メリに言われた例の「一番大事なモノがなにかという質問」を母にすると、「愛情」と即答。
ムギョルが、正解は「義理」だという。
この話をしたのが母も会ったメリだ、と聞くと母が、「ああ、あの子犬みたいな可愛い子ね。あの子は義理堅いんでしょうね。」
ムギョルの答えは、ほかの女性たちとは違う、と。
「じゃああなたも義理難い子とつきあいなさい。」
ムギョルあわてて、メリはそういう相手じゃないんだ、と言う。

母は寂しいので、いっしょに住もうか、と言い出す。
mso0424

ムギョルを抱きしめながら、父親もなくあいこち親戚に預けたりしてちゃんと育てられなかったことを謝る。
ムギョルは、「済んだことだから・・どうせ人の一生なんてひとりで生きて死んでいくものだし・・」とだけ優しく言う。
ほんっっっとにムギョルってオンマに優しい~~~

いっしょに住む、といっててもまた恋人ができたら出て行くくせに、と笑うムギョル。
こんどは大丈夫、と指切りする母。

二人はアイスクリームを買いに行く。
ふたりをつけているデハン、写真を盗み撮りして、ムギョルが年上女と不倫している証拠をつかんだ、と小躍り。
ジョンイン父からの電話に、ミッション完了、と報告。笑
あ、でも、確かに母子にはみえない雰囲気だよね、ムギョルとソヨン。

ソヨンは、別れたはずの恋人から電話がはいり、大喜びで飛んでいく。ムギョルには何も言わずに。

ムギョル、しかたなくひとりで公園でアイスをたべ、「寒っっっ!」
こういう、「母に置いてきぼり」、というシチュエーションは何度もあったんだろうな・・・それで人やモノに執着しない(しないほうが失望もしないから)ムギョルの人格ができた・・なあんていうのは、うがちすぎ?笑

母から電話かと思ったら、またまたメリのハイパー音声の「チャギヤ~~」。笑
mso0425

ジョンインに聞かせるため、例によって嘘のラブコール。
ムギョル、あきれぎみで、「それ、やめろよ、鳥肌たつぜ。」
「チャギヤ~会いたいよ~そうだ、なにが一番大事だっけ?そうそう家族は『義理』が大事なのよ。
私たち最後まで義理を守ろうね。」
メリのたわごとだと無視しようとしていたムギョルだが、そのことばがひっかかる。
義理もへちまもない母に置いてきぼりになったばかりだからね・・

最後にメリの「サランヘ~」
もちろんジョンインに聞かせるためだが、言ったメリも、聞いたムギョルもちょっとドキっとする。
ムギョル、あきれたような顔のあと、すこしほほえむ。
ふふ、また少しふたりの距離が縮まったね。
mso0426


ソジュンは、バーにいる。
ギターピックのペンダント(ムギョルのもの?)をいじって物思い。

誕生日パーティのために、みなが集まってきてプレゼントなどをわたす。。
ソジュン、関心はないのだが、自分のためにきてくれているので、さすがに笑顔を作っている。
イアンは高価なネックレスを用意。
直接つけてあげようとすると、ソジュン不機嫌にことわり、「ダイヤは嫌いなの。」とばっさり。
mso0427

イアンの歌の最中に、ムギョルのバンドのマンネのレオからメール。
レオとソジュンは誕生日が同じ。
ソジュン、いきなり席を立つ。


バンドメンバー三人、レオの誕生日でまたまた飲み会。
ムギョルとソジュンがつきあっていたころの話。
ちょうど去年のレオの誕生日にムギョルが別れようとして、ソジュンがムギョルを殴った話をしているところへ、当のソジュン登場で唖然。
ソジュンはレオのギプスにサインしたり、上機嫌。
メンバーがいまいち暗いのでソジュンがきくと、「昨日解散したんだ。」と。
mso0428


別荘。
ジョンイン父は、彼のドラマの仕事がうまくいっていないときき、損きりしたほうがいい、ドラマはあきらめて元の日本でやっていた金融業に戻れ、と指示。
しかしジョンインは、最後までやりたい、成功しても失敗しても、と主張。
「結婚のこともきちんとやります。」と父の意に沿うように言い、なんとか父の了解をとる。

デハンは、ムギョルの件を報告、「あいつは完全にアウトです。」と、ムギョルとソヨンの写真を見せる。



メリ、本のなかから、写真を見つける。
幼い自分がジョンインにおぶわれている写真。
はいってきたジョンインにも尋ねるが、ふたりとも記憶にない。
mso0430
mso0429



デハンとジョンイン父はメリの母の思い出話。
「ヒョンのおかげで知り合って結婚できたので感謝してます。」
ジョンイン父は複雑な顔。
デハンたちの結婚後、ジョンイン父は日本へ移住。
デハンは、お互いの子どもを結婚させよう、と昔話していたことを思い出す。
「妻の葬式のときに、もう二度と韓国に戻らないと言ってたので、約束はなくなったと思ってたのに、現実になりますね。」
「帰国しないつもりだったが・・」
大病して、気弱になってメリの母のことを思い出して帰国したのかな・・

ジョンインとメリは縁がある、と嬉しそうなデハン。


メリは、写真にかかれたことばを質問する。
『boku ga iru』という言葉に聞き覚えがあるメリ。
意味を尋ねる。
「僕がいる。ぼくがきみを守ってあげる、永遠に。」
韓国語での意味を教えるジョンイン。
写真のメリはひたいにばんそうこう。


庭に出たふたり。
ジョンインが8歳の出来事をおぼえてないのはおかしい、とメリが指摘。
「8歳以前のことは覚えてない・・覚えていたくもないし。」とジョンインが言う。
額の傷跡を見せてくれ、といわれるが、メリは拒否。

二十年前に会っていたなんて不思議だ、とメリ。
「ロマンチックだね・・過去はともかく・・僕はメリさんと結婚するつもりだ。」

mso0431

突然のジョンインのことばにびっくり。
話がちがう、100日我慢すればいいはずだった、と抗議。
「事情がかわりました。どうしてもメリさんに選んでもらわないと。」
メリは自分は愛する人がいる、と言って、憤然と家にもどりかけ、転倒。

ジョンイン、しかたなくメリをおんぶするが、メリがよそよそしく、せなかにもたれてこないので困る。
mso0432


父二人はおんぶのふたりににっこり。



ムギョルは、メリがまえに書いたメモを発見。
父のためにふたりのなれそめを作り話したもの。
『恋は交通事故みたいに突然やってくる。・・彼はワンダーランド・・素敵な新世界!』
「なんだこりゃ、完全に鳥肌もののロマンス小説じゃないか」と吹き出しながらつい読んでしまう。
寒くて、メリが編みかけた手袋をはめてみる。
mso0433


バンドメンバーのいる店によばれたムギョル。
「あ、完全無欠のムギョル!」とソジュンに呼ばれて、彼女がいると思わなかったのでびっくり。
一年ぶりのふたり、ムギョルはソジュンのほうを見ない。
気まずい雰囲気・・・メンバーが気を遣って帰ろうとするのを必死でふたりが止める。

ソジュン、いきなり、「よりを戻そう。」
しかし、ムギョルは、「知ってるだろ、俺は一回別れたらそれまでだ、やりなおしはしない。」と即答。

mso0434

mso0435

「一年悩んでたのに・・二回もふられたってことね。」
止めるのも聞かずに、ソジュンはふらふらと出て行く。

メンバーに、ひとの気持ちも考えないで~などと非難され、ムギョルは、
「メリと結婚しろっていってたくせに。」と反論。
「メリさんのせいでソジュンさんをふったのか?」などと別の騒ぎになってくる。

ムギョル、店を出るが、路地でソジュンが酔っぱらいにからまれているのを見つける。
mso0436

酔っぱらい、「おい~スポンサーにだけいい顔してないでよ~」とソジュンにつめよっている。
ムギョル、いきなり酔っぱらいふたりを殴りたおす。

mso0437

「危険だからひとりでうろつくなと言っただろ?!」とソジュンに怒鳴る。

路地からソジュンを引っ張ってきて、「大丈夫か?」とこんどは優しく尋ねる。
ソジュン、「大丈夫じゃない・・」とつぶやき、ムギョルに抱きつく。

mso0438

引き離すわけにもいかず、ムギョルは当惑気味。



メリ、ベッドに寝かされ足首をジョンインに冷やしてもらっている。
きまずいメリ。

mso0439

急に結婚すると言った理由は、事業のためでもあり、父のためでもある、というジョンイン。
「親孝行ですね。」
「父は僕にとって神様だから。自分を卑下させられる 慈悲深く過酷な神様・・」
そのことばのシリアスさにメリはジョンインの横顔を見つめてしまう。

mso0440

ジョンインが枕を足にあてがったり、動くたびにメリは誤解して、過剰反応。笑

ムギョルに電話しようとしたメリをとめて、
「カン・ムギョルはいまや僕の競争相手だから。」と。
アッサ~~!
ライバル宣言でました!



「これからベストを尽くすよ。」と、メリの額の傷にキスする。
・・ぼくがいる・・・

mso0441
オモ~  メリったら、ゆっくりジョンインが近づいたのに、ポッポを避けなかったね~
昔の記憶がかすかに残っていた?!




to be continued・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


いよいよ四角関係成立!
なにしろジョンインが、本腰を入れ始めたのでこれは面白くなりそう!
全然メリに関心オプソ!だったのが、幼いときの写真のことでは、クールな王子にも弱点がありそうだし。

一ヶ月しか誰ともつきあったことなし、のムギョルもこのままいけば100日の最長不倒記録だし。
いやあ~楽しみです♪





スポンサーサイト

Comment

動き出しましたね~

こんにちは~。^^

4話にして、4人の気持が動き出しましたね。
面白くなってきました。
ジョンインのトラウマが気になるわ~
私は完全にセカンドですっ(汗)
4話後半の時折見せる”ふっ”とした笑顔がぁ…
今回のジェウクくんは、表情があって良い役柄だわ(笑)
『僕が君を守ってあげる』と幼心に言わせたキッカケ(事件?)があるハズだと思うんだけど…それが何なのか気になりマス。
ムギョルも、気持は既にメリに傾いてますよね~
メリには、彼女の言葉(それがどんなに突飛な事でも)信じさせられる何かがあるんじゃないかと思います。(どんな時も一生懸命だからかな…?)
それが、二人のコ・ミナムを惹きつけるのかもぉ~
…とすると…ソジュンは雪クリのウジョンのように…可哀想なキャラ?(←最後にはセカンド同士上手くいく?)
メリは、一時でも、ジョンインに傾くことは無いのかしら?
ムギョルへの想いに気づくのは何時なのかしら?
と、先の展開が楽しみデス。^^


(これって16話でしたっけ?)やっぱり、この位のシリーズは展開が早くて見てて楽しいですよね~
Aulは、コレの他には『グロリア』を見てるんですけど、コチラは50話なので、展開が…つらい時期が長そうでねぇ…(でも、面白いですよ。^^)

この先も楽しみにしてますね。^^

ジョンインとお父さん

4話よく読みました。 とても詳しくて、このドラマの台本でも見ている気がします。ありがとうございます。

音楽を素材にしたロブコメ..おとなは見ないって..確かにこのドラマの立場でもあったことですね。 韓国では視聴率が出てきそうでなければ、ドラマ製作が難しいために..主に、歴史物、家族や世代間の葛藤に対する話が多いと考えます。(家族が全部一緒に見られるなどの)日本のように特定分野の固定された視聴者層があって、色々な分野のドラマを製作することができるそのような環境がまだ不足したようです。
それでも、視聴率に関係なしで多様で良いドラマが多くなったら良いが...

囲碁のシーンは、アルカギということで、何年前にコメディ番組で流行したことです。 何か厳粛なふりをしながら単に卵をはねる遊び

背景が弘大だからかな..酒飲むシーンが多いですね。 確かに弘大の夜道は酒場ごとに若者たちで混みあっているけれど。

ところで、ジョンインとお父さんの関係、本当に、何かぎこちないですね。もし,養子とか、、そんなもん じゃないかな.
メリの額の傷跡、日本語が書かれている写真...どんな過去があったのか..興味深くなりましたね。 ふふ

Aulさんへ

あんにょん~
面白くなってきましたねーーー♪

>『僕が君を守ってあげる』と幼心に言わせたキッカケ(事件?)・・

額のハリポッター傷と関連ありか?!
「ボクガイル」という言葉はメリの深層心理には残ってたみたいですね.
はじめ,「ホッキガイル」ってきいたとき,ヒキガエル?!と思った私っていったい・・@_@;;

>ムギョルも、気持は既にメリに・・・
似てますよね,ふたり.
親が頼りにならなくて自立せざるをえなかったところ・・とか.
でも,それでゆがんだりしなくて,ほんわか明るいとことか.

ジョンイン,過去のいきさつで,ちょっと有利になる局面もあるのかな~
韓ドラでは初恋至上主義は根強いんだけど,メリはなにしろ4歳だから,初恋とは言えないかも~~笑

まだジョンインの中身が謎なので,どういう女性に惹かれるタイプががわからないわ~
そのへんも興味しんしんです.^^

yoonさんへ

こんばんは.

韓国ドラマの実情,

>主に、歴史物、家族や世代間の葛藤に対する話が多い・・・

その分野が視聴率がとれていますもんね.
逆に,日本ではいまそういうドラマは減っています.
20年以上前にたくさんあったけど,いわゆるホームドラマ(家庭が舞台で家族におこるあれこれを描いたもの)は,ほんとに少なくて,NHKの朝ドラマくらいかもしれません.

アルカギ,という遊びなんですね.
私が幼い頃は,将棋の駒を山のように積んで,くずさないように1コづつ取っていく,という遊びをしました.^^

ジョンイン=養子説,
私もそう感じました.8歳までの記憶は思い出したくない,というから,そのころ養子になったのかな,と.

>弘大だからかな..酒飲むシーンが多いですね・・・
ふふふ,ムギョルもメリも酔っぱらいますね~
私は一度だけ弘大駅周辺に行きましたが,ビラが路上にたくさん落ちていて,いかにも学生街という印象をもちました.
非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール&ひとこと

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スクロールはカーソルをあてるとストップします♪

★★ 「秘密の森」が終わってしまい、このあとはイ・ヨニの「再会した世界」を見るつもりです。わりあい評判が良さそうなので。 ★★ ★♪ここへのコメントのかたはこちらをクリック♪

最近の記事

FC2カウンター

訪問ありがとうございます.

USERS ONLINE

現在の閲覧者数:

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ