『メリーは外泊中  매리는 외박중 』 10話 あらすじレビュー

2010.12.15 13:21|メリーは外泊中
ここでも、韓ドラの定番、困ったちゃんの親に悩まされる子ども・・の図が・・・>_<
mukyul

今週は月曜に2話放映、で、結局週に3話放映されました。

この堂々巡りの話が3話?!
記事をアップし続けられるかしらん・・・・sigh・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ムギョル、ソジュンに「帰れよ。」とあっさり言って部屋に入った後、ソジュンはメリに気づくが、キスを見られたのに悪びれない態度。

m&m1000


メリを皮肉ないいかたで罵る。
「たいしたもんだ、ムギョルに偽装結婚を強いてさらにはチョンインとの婚約式をダメにして二人をもてあそんでいる」と。
メリは弁解をしても仕様がないので、ただ、いまの気持ちに正直になりたい、とだけ言う。


メリに見られたとも知らず、テンジャンチゲを美味しそうに食べるムギョル。

m&m1001
メリ、キスをみたこともなにも言わないし、ムギョルを責めたりしないんだね。

「歌ってるときより食べてるときの姿が好き。」と、母親のようなことを言うメリ。
熱々の恋人(というか馬鹿ップル)らしいことをしたい、と言い出す。
ペアルックやリングなど。しかしムギョルは嫌がる。
メリが、甘くて暖かいことがしたい、と言いだし、ムギョルは妄想。
m&m1002


さらに、メリ、今夜ぜひムギョルとやりたくてちょっと怖くて刺激的なこと、と言うので、妄想が暴走するムギョル。

しかしメリのしたいことは、建築中のビル現場にくること。
リフトであがるが、途中からメリは怖がってムギョルの足にしがみつく。
屋上でメリはパニックになって泣きだす。

m&m1003

メリ、ここに来た理由を説明。
自分の嫌な記憶をなくすためにはその場所にきて新しい記憶をつくれば辛くなくなる、と心理学の本で読んだ、と言い、幼いときの借金取りにこういう屋上につれて来られたことがあっていまだに悪夢をみるのだ、と告白。

m&m1004

雪が降り出すなか、ムギョルはメリを抱きしめて、これでもう悪夢をみることはないだろう、と慰める。
メリにも、チョンインと似たような記憶があったんだね。


たき火で暖をとるふたり。
メリがムギョルの一番ハッピーなときはなにか尋ねると、トリートメントしているとき、という答え。爆笑。

次に、一番嫌いな場所を尋ねると、スケート場だという。
親戚に家に預けられてた幼いころに、母が自分を連れに来てスケート場に行ったが、何周かしたあと母がいなくなって、一日待ったが結局母が現れなかったかた、と話す。

m&m1005

メリはこんど自分が編んだセーターで温かくしていっしょにスケート場に行こう、という。
いい記憶をつくって上書きするため。
ソヨン、ほんとにろくでもない母だわ・・・。



ドラマのほうは韓流スターのイアンのおかげで関心もたかく順調だったが、またまたソジュンのスキャンダル、しかも相手はムギョルで、このまえのキスの写真つきの記事がネットにあがってしまう。

m&m1006

また頭痛の種ができたチョンイン。

イアンとバン室長がやってきて、ソジュンのスキャンダルに激怒、ソジュンが降板しなければ自分が降りる、と言い出す。イアン目当てでの投資家たちが手を引くだろう、と脅すバン室長。

m&m1007

ソジュンと連絡をとろうとするチョンイン。


メリ、セーターを編みかけているところに、父がソジュンとムギョルの記事の載った新聞をもってきてあきれかえる。
メリは必死でただの挨拶がわりのキスだ、と弁解。

m&m1008

父は浮気性は病気だから治らない、といい、いまからでもチョンインに戻れ、と説得にかかるが、ちょうどドラマ作家から電話でメリに呼び出し、そそくさと出て行くメリ。


オフィスに来たメリは作家からエピソードが独特で温かくてよい、と褒められる。

m&m1009

オフィスがソジュンのことで騒ぎになっているようすをみて作家が、スキャンダルの多い俳優をつかうのは難しいし、こういう問題がおきて事前制作ができなくなったら困る、と心配。

メリは帰り際、ドラマへの投資家や賛助企業、さらに海外版の購入先まで手をひこうとしている、という話を耳にし心配になる。

チョンインとスタッフが会議。スタッフたちはたかが噂の記事だけで投資家たちが過剰反応するのはおかしい、もしかするとバン室長がなにか動いているのでは、などと言い出す。

バン室長とイアン、車のなかでソジュンの悪口。
室長はイアンに契約解除のサインをするように促す。
韓流スターの看板があるうちにかせがないと、というバン室長。


チョンインはソジュンに会い、スキャンダルのせいでドラマの投資者まで降りかけている状況を話し、ソジュンにとっても女優生命の危機だ、といい、記者会見をするように説得。

m&m1010


ソジュン、記者会見ではじめはムギョルを友達だと言うが、家族のことやイアンとのこと、さらに学歴詐称疑惑まで質問され、苛立ってきて、最後に、「ムギョルは自分が愛しているひとです!」と告白してしまう。

m&m1011

・・・ただのプッツン女優としか思えないわ・・



メリは、街頭のテレビでそれをみてしまいショック。
m&m1012

ムギョル、仕事場でうたたね。
起きると携帯には山のような受信記録。
母がやってきてムギョルがスターになった、と大騒ぎ。ムギョルはソジュンは友達だ、と弁解するが、母はメリとのふたまたはダメだ、と説教。


メリのほうにもソラら友人から電話がはいるがメリは無視。

街角にすわって編み物をしていると、ソラとジヘがやってきて口々にムギョルを非難し、こんなときに彼のセーターを編んでいるメリにあきれる。
m&m1014


ムギョルが講師をしている音楽教師からでてくると例の高校生三人組、「別れろ!」などとソジュンの写真をはった紙をみせて迫ってきて、ムギョルは必死で逃げる。

バンドメンバーはのんきに、ソジュンとは似合いだったからよりを戻せ、だの好き勝手なことを言う。
ソジュンとはなんでもない、と弁解するムギョル。

m&m1016

メリのことが心配になって電話をいれるが通じない。

いつもの居酒屋でばったり会い、バンドメンバーとソラらは呑みにいく。

ふたりになって、メリ、ソジュンがなぜ記者会見であんなことを言ったのか、とつい非難してしまう。
ムギョル、ソジュンが自分を愛してるとしても、その気持ちを自分が整理させられるものじゃない、と反論。
メリはそれ以上なにもいわず、ひとりでバスで帰ってしまう。
メリにも、ムギョルが悪いわけではないのがわかっているんだけどね・・。

m&m1017
m&m1018
↑このメリ、コアラに見えてしまって笑った~~~


バンドリーダーからソジュンの自宅を聞き、メリが訪ねていく。
部屋にはムギョルとソジュンがつきあっていたころの写真、洗面所で歯磨きしてるようなものまであり、メリはショック。


ソジュンは、自分は正直な気持ちを言っただけで、ムギョルへの愛も自分はずっと守ってきた、と主張。
メリは、「これ以上ムギョルを辛くさせたりせず、誤解されるような行動もしないでください。」とはっきり言う。

m&m1020
m&m1019

ソジュンにしてみれば、偽装結婚だの婚約式ドタキャンだの、誤解されまくりの行動をとってるのはメリだろ?!って感じでしょうけどね。>_<


メリをさがしているムギョルは、メンバーに会ってメリがソジュンのところに行ったときき、驚いて自分もあとを追う。
メリはすでに帰ったあと。
このまえソジュンは自分とのことをもう終わらせる、と言ったはずだとムギョルは言うが、ソジュンは気持ちは思い通りにならない、と。

m&m1021

思わずため息のムギョル。
「私はあなたのために家も家族もみな捨てて出てきたのよ、なのにあなたが突然別れようって言ったんじゃないの。」
「復讐でもするつもりか?・・メリは傷つけるな。」
ムギョルがこれまでつきあってきた1ヶ月以上もたない女達と自分が同じで、メリだけは違う、というのが許せない、という感じでしょう。


ソジュンが行方不明になり、空港でみた、だの釜山で見た、だの噂だけがでている。
投資家から資金ひきあげの電話もあり、チョンインが焦っている。

m&m1022


ムギョルはメリを探しまわっている。
困ったムギョルはとうとう敷居の高いはずのメリの家までやってくるが、案の定メリ父にぼろくそに言われて追い出される。
まあ、今回のキス記事をみたら、お父さんの血圧が上がっても仕方ないワ・・


帰宅するメリ、家のちかくまできて、チョンインが追いつく。
「消したくなるような一日でした。」とメリ。
メリを気遣うチョンインに、
「代表のほうこそ大変でしょう。」と心配げなメリ。
さすがのチョンインも、「自分の能力の限度を超えているかも・・」と弱気な発言。
「なにがあっても、代表は『ワンダフルデイ』をかっこよく完成させるはずです。」
メリの激励に、少し明るい顔になるチョンイン。

メリ、チョンイン父の体調を気遣う。
家にはいろうとしたメリが凍り付いた地面ですべってころびかけ、チョンインがかばってケガ。
メリが通りの薬局から走り出るのをムギョルが見つける。


m&m1023

家のまえの階段でメリはチョンインの額の傷の手当てをして、ふたりは幼いときのメリの怪我のことを思い出す。
そこにムギョルがやってきて、メリは引っ張っていこうとするが、メリは抵抗。

ムギョルが話したい、というがメリは拒絶。

メリは、明日、父といっしょにチョンイン父を病院に連れて行くことになる。



ムギョルが帰宅すると母ソヨンが泣いている。
借金300万円を払わぬかぎり出国禁止になる、という。
まえにつきあっていた男の保証人になっていたらしい。

200万払ったからあと100万をどうしよう、と泣きつく母。
ムギョルの悪い予感があたりムギョルの通帳からチョンインの会社との契約金、200万を引き出した、と言う。
ムギョルはもうドラマの仕事をやらないので返すつもりだったため憤る。
これまでにも男や金で何度も問題をおこしてきた母にとうとう怒りが爆発。

m&m1024

m&m1025
いつにない剣幕で怒るムギョルに、ソヨンが、
「『運の悪い』私のせいよ!そんな私があなたを生んで、育てられないのに勝手に生んで、悪かったわ・・!」号泣してしまう。
もっていきばのない怒りをこらえるムギョル。

このときのムギョルの表情が・・・これまでもいろんなことを飲み込んで、それでも母を愛しているムギョルのやりきれない気持ちがものすごく伝わってきて泣けたわ。。


仲良く笑い合っていたムギョルとソジュンの写真をおもいだし、ためいきのメリ。

m&m1026


泣き疲れて寝た母のマスカラの汚れをとってあげるムヒョク。


イアンとバン室長は、違約金訴訟を起こす、とチョンインを訪ねる。
イアンは、スキャンダルのせいで自分の韓流スターのイメージが傷ついた、さっさと違約金を払え、と言う。
チョンイン、最初はおだやかに対応していたが、ついに、スキャンダルが誰かがわざと起こして利益をえているのだ、と言い出す。
バン室長、契約しておいて今回のように暴露記事を書かせて、出演取りやめ、違約金をせしめる、というのを意図的にやっているとチョンインも気づいている。
「君もいつまでバン室長のあやつり人形でいるつもりだ?・・ここらで室長か僕がどちらかを選んだ方がいい。」と、イアンに忠告。
m&m1027

イアンが室長になにか弱みを握られてて、離れられないのか、と邪推してたけど、彼はひたすら単純な男で室長の悪事にも全然気づいてないみたい。


チョンイン、父によばれて、事業に失敗をとがめられすぐにドラマへの投資資金を回収する、と言われてしまう。
そこにメリと父が見舞にやってきて、ふたりのやりとりが聞こえてくる。
チョンインは土下座をしてあと1ヶ月あるのでメリとの結婚も事業も成功させる、と必死に訴えるが、父は聞く耳をもたない。

メリ、だまっておれずに、婚約式をぶちこわしたのは自分なので、自分を叱ってくれ、ドラマのためにもう一度機会をあたえてくれ、と、チョンインとならんでひざまずいて頼む。
m&m1028

メリに弱い、もう一度だけチャンスをやる、と言う。

なんかこのお父さんの脅かし→チョンインの懇願→譲歩、のパターン、なんべんも見たんですけど・・>_<
話が堂々巡り~~~~。



メリ、ムギョルの部屋にやってきて、元気になった、といいながらセーターの続きを編み始める。

ソジュンの家に行って写真をみて、自分のしたかったことをふたりがやってたんだと思って、やきもちをやいたのだ、と正直に言う。
「メリ、俺たちややこしいことを考えないでおこう。
恋人の編んでくれたセーターきてスケートに行くのなんて初めてだ。」と明るく言うムギョル。
これからはほかの女に会わず、メリだけ好きでいる、と宣言。
しかし、「いつまで?」と、無心なメリの質問に困るムギョル。
m&m1029


仲直りしかけたふたりだが、メリがチョンインの会社が難局にあって、チョンイン父の資金が必要なのでチョンインを助けないといけない、と言いだし、ムギョルがすねる。
「義理のためか?」とムギョル。
うなづくメリ。


翌日、メリとチョンインが会っている。

ムギョルが来そうにないと思ったチョンイン、
「彼が来ないということは、三人の関係を続けるつもりはないと考えて、僕たちふたりの話をすればいいのかな。」と言ったところに、ムギョルがやってくる。
「それは困るな。
・・こんなばかばかしい話にメリをひっぱりこむなんて。
俺たち、もう遊びはやめてちゃんとやりましょうよ、ほんとの結婚生活ってやつを。」と宣言・・!

m&m1030

m&m1031


to be continued・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

正直言いますと・・・
10話の途中まで見て、マジで、もう見るのをやめようか、とまで思ったわ・・。
あまりにも話が堂々巡りでぐだぐだになってきていて、
ソジュンのプッツンぶりにも愛想づかししてきたし。

ただ、ムギョルが、母がかってに通帳の金を使ったときいて怒ったあとの絶望的な表情をみて、やっぱり見よう、って考え直しました。
1シーンでもこちらのハートに訴えるものがあれば、まあいいかな、と。
頼むから、グンソクくんやグニョンちゃんの演技力をムダにするようなハナシにしないでくれ~~~(祈)





スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ファイティン!あぢゃあぢゃ!!

お久しぶりです。^^
今日はね~マンネに喘息の発作が出てしまって、仕事をお休みしてるんですよ。…だから、こうしてお邪魔できてます。
(マンネは今は落ち着いて寝ているんだけど、こっちはホントに寒くなってきたので、オンマは気をつけてあげなくちゃ…反省。。)

めりは、8話くらいから間延び~な感じでしたね。(トホホ)
でも、11話からは面白くなってきましたよ。^^
特に!!うりイナがちょあ~♥♥のむきようぉ~♥♥♥
ムギョルも、ホントは弱い部分が出ていたり…メリによって変わってきた自分を認めたくない…みたいな葛藤もあったり…

しかし…(プチ怒)
メリがまったくイナに揺れないのは…?
(ムギョルとジュナの関係に揺れてるだけだし…)
最初のドラマ解説で、二人の男性の間で揺れ動きながら成長していく…って書いてあったような?
うりイナにも揺れなさいよーっ!
うりイナにも幸せをちょーだいっ!!
って、もんもんとしておりましたよ(汗)

komachiさん!!
頑張ってレビュー続けてください!!
楽しみにしています。^^ ファイティン! あぢゃあぢゃっ!!

あ…あてな…見てるんですけど、台詞が半分以上わかりません…(滝汗)
でも、スンウォンssiが素敵過ぎるのはわかる。^^;;

鍵コメさんへ

10話がボトムだったようで、ちょっとコメディ色つよくなって、11話からは少し面白くなってます。
話はどうにもロジックがつながってないけど。笑

最後まで記事も続けます!


Aulさんへ

あんにょん~~

作家交代でカラーが変わりましたね。
もうこうなったら、男二人のやきもちバトルを中心に行ってほしいかも。
ドラマ制作は・・どうでもいいです。笑

>イナにも幸せをちょーだいっ!!

・・ですよねーーー。
あーんなに優しくて、あーんなに辛抱強くて、おっとこまえで・・
とくに、あの額の生え際のあたりがものすごーく素敵v-344(←変態)。

でも、ゴメンね、最後はムギョルです。m(_ _)mm(_ _)m

アテナ、まだ全然見れてません。
いまごろになって成均館が終盤に来てるんですよ、この師走になにやってんだか・・笑

正直、アイリスも面白いとおもわなかったし、プランBもリタイア、この系列は相性わるいので、リアルタイムではパス、します。
(ウソンも、実はノー感じなんです・・>_<)

マンネちゃん、心配ですね。
宮崎も今日は一気に真冬になってます。ブルブル・・・どうぞくれぐれもお大事に。
非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール&ひとこと

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スクロールはカーソルをあてるとストップします♪

★★ 「秘密の森」が終わってしまい、このあとはイ・ヨニの「再会した世界」を見るつもりです。わりあい評判が良さそうなので。 ★★ ★♪ここへのコメントのかたはこちらをクリック♪

最近の記事

FC2カウンター

訪問ありがとうございます.

USERS ONLINE

現在の閲覧者数:

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ