スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『メリーは外泊中  매리는 외박중 』 12話 あらすじレビュー

2010.12.17 20:43|メリーは外泊中
さらにドラマはコメディ路線へ~~~

ムギョルが頭からゴミ箱に落ちていったのは笑った~!

        m&m1207

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

m&m1200

ソジュンの捨てた楽譜を拾うメリ。
ソジュンって、こういうとき、かんしゃくを起こした子どものような行動をとるでしょ?
歌うのが嫌ならいやで、口で言うだけでいいのに、芝居がかったことするから。それがシロ!



メリとムギョルは帰宅、持ってきた荷物の整理をはじめる。


メリは、さっきのソジュンのことばで、明け方ムギョルといたことがわかったので不機嫌な顔で片付け。
ベッドをどうするかでもめる。
「まだひとつのベッドで寝るのはダメ!」とメリ。
結局、カーテンでしきってベッドを半分こ。

作業中ムギョルがケガ、ついその指をなめてしまうメリ。
「同居記念にポッポしよう。」とムギョルがいうが、メリはまだソジュンのことばが気になっていて素直になれず。
「・・気になってることがあるの。
なんでソジュンさんと別れたの?・・ほんとにきっちり別れたなら何も聴かないけど、そうじゃないみたいじゃない、今朝も呼び出されて。」

m&m1201
「気になるのか?」とちょっとからかい気味のムギョル。
「・・うん・・」
キオプタ~~やきもちメリ。


ムギョルは、もっといい男とつきあえばいいと思ったから、とだけ言う。

同じ頃、チョンインとソジュンは食事中。
一応ソジュンは自分の行動を謝るが、ムギョルへの気持ちは整理できていない、とも言う。
チョンイン、口には出さないが相当困惑。
ふたりがなんで別れたかを尋ねる。
こういう個人的なことを尋ねる性格じゃないチョンインだけど、さすがにこれ以上もめたらドラマがたちゆかないからね・・・。


ソジュンによれば・・・
ムギョルとつきあっていたころ撮影現場に親の決めた婚約者がやってきて、家を出てムギョルのもとへ行こうとしていたソジュンをひきとめようとしてもめているのを、ムギョルがみて、スポンサー(パトロン)がいるのだと誤解した。

m&m1202
m&m1203

ムギョルがほかの女と会っているところにソジュンがいって平手打ち・・・
そのまま別れてしまった、ということらしい。

こまごまと説明しなくてもわかってもらえる、と思い込んでいたのだ、と言う。
チョンイン、恋に関してはクールにふるまわないほうがいいのかも、と。

そこにイアンがやってきて、昨夜の件でバン室長が告訴するとわめいている、ソジュンが彼女がスキャンダルをばらまいたと思っているのがおかしい、と非難。

m&m1204

しかしソジュンは、根拠なく言ってはいない、と一蹴。
バン室長に完全にとりこまれているイアンを馬鹿にする。

イアンがソジュンを本気で心配しているのはわかるので、チョンインがとりなそうとするが、ソジュンは無関心。さらに、チョンインはイアンに、バン室長が彼が思っているような人間ではない、と警告する。
しかしイアンはいまだに室長を信頼しているようす。

イアン、待っていたバン室長のところにもどり、ソジュンが謝罪の意志が全然なくスキャンダルをまいた張本人だと信じ切っている、と返答。
イアンもこんな子どもの使いみたいなことをして、
ほんまに韓流スターかいな・・>_<


バン室長は謝ってこないソジュンに、なにか嫌がらせをたくらんでいる顔。


ソヨンが、なぜかメリ父のトッポキの店に出現。
パリに行かなかったらしい。
ふたりはおたがいに相手に気づき、ソヨンは急に指輪の件を謝りはじめる。


一方メリは、質屋の預かり証を発見、1千万ウォンという金額にびっくり。

m&m1206

事情がわかったデハンは、電話で、「舅」からもらった指輪を他人にあげたメリを叱り、さらにムギョルのためにそんなことをしたのだ、と思い込み、ムギョルをつかまえにやってくる。

パニックのふたりはあわてて家からでるが、父がちょうどやってくるのをみて、路地のゴミ箱にジャンプ イン!

m&m1207

父は家のまえで待ち伏せの覚悟。
ラーメンまで出前をたのみ、長期戦の覚悟。

メリとムギョルは臭いゴミ箱のなかで、空腹で死にそう、眠りこみそうになるムギョルに、「ここで寝たら死んでしまうよ~~~」とメリ。

チョンインは家でも仕事。
コーヒーを飲みかけて、今朝のメリとの朝食を思い出し、温かい気持ちになる。

メリ、とうとうチョンインに電話をして、父を呼び出してムギョルの家から離れさせてくれるように依頼。

m&m1208


やっと父の張り番をのがれ、ふたりは震えながら部屋にはいるが、お互い臭くてどうしようもない。
ところが、寒さで水道管が凍ったのかシャワーもでないありさま。

m&m1209
m&m1210



デハンが仕事を終え、店から出てくるとなぜかソヨンがスーツケースをもって立っている。
ぎゃはは、ムギョルのところには行けないよね~怒られたし。
行くところがないのか~だからといってメリ父のところにころがりこむっていうのもスゴイね。


メリ父はソヨンに覚書をかかせ、デハンの店で働きながら指輪の金を返すこと、さらにメリとムギョルを別れさせるのに協力すること、を約束させる。
ソヨンは後者の約束に躊躇するが、別れろといっても別れるものでもなし、と考えなおしてサイン。

m&m1211

ソヨン、なぜか居候することになり、デハンに、「私を女性と見ないでね。」と警告。
お互いにお互いをタイプじゃない、と言い合う。

そこに、朝鮮人参薬酒が宅配されてくる。
チョンインが送ってきたもの。ソヨンはメリの夫だと聞き、びっくり。

m&m1212

「え?じゃああれって婚約指輪?!・・ムギョルを捨てるなんて・・!!」
「どっちの台詞だ?!あんたの息子の浮気でメリがどんなに傷ついたか!」
ふたりとも全然事情がわかってないもの同志の不毛な言い争い・・・。


ムギョルは震えながら路地の水道でバケツに水を汲んでいる。
そこにチョンインが電話をしてきて曲の件で相談があると言い出す。
ムギョルは寒さで足踏み状態、はあはあはあっっっっ、いいながらしゃべってるので、チョンインは誤解。
ぎゃははは、ムギョルが寒すぎて、うううう~なんてうなってるもんだから、ますますセクシー方面に誤解しちゃったよ。
厳寒のなか外で水くんでるとは思わないよね。


m&m1213

しつこく電話して曲の話をするチョンインに頭にきてるムギョル、
「いまそんなこと話してられる状態じゃねえんだよっっ!!」
「いったい何をしててそんなに忙しいんですか?」
相手にせず切ってしまうムギョル。
チョンイン、悶々としてベッドにたおれこむ。笑


疲れて寝てしまったメリの顔や手をふいてあげるムギョル。
自分もベッドにはいり、しきりカーテンからメリの顔をのぞき幸せそうな顔。

m&m1215
m&m1216
ままごとみたいでほんとに可愛いM&M♪


メリ父、朝起きて、ソヨンが朝食の用意をしているのにびっくりしたあと、昨夜のことを思い出す。
ムギョル親子のせいでなんで自分たち親子が迷惑を被るのか、文句たらたら。
ソヨンのほうもむかっ腹だが、なんとかおさえて作り笑顔。

ムギョルはメリをチョンインの家に送ってくる。
メリがじぶんのところに来てしんどい目に合っただけみたいで、とおちこんでいる。
たしかに、ゴミ箱にはいって食事ぬきで、シャワーもなしで寝ただけだもんね。>_<

しかしメリはこんなのは苦労のうちじゃない、と全然平気な顔。

メリ父、チョンイン宅の近所まできてメリとムギョルらしきカップルを発見、後を追うが見失う。

父に気づいていたメリは近道してさきに到着。

父に、指輪事件について、ソヨンがパリに行ってお金を送ってくる、と弁解する。

m&m1218

父は(ソヨンは自分の家にいるので)パリなんてデタラメだ、とメリをぶちながら叱りたおしていると、教育係の女史がやってきたので、しかたなく帰っていく。
女史、メリが臭いので、おかずをつくっていたのか?と尋ねる。
いえいえ、ゴミ箱にいたのです。笑


女史はソクが夕食をいっしょにするので準備をするために来た、と。


チョンイン、ドラマに関して、ショーケースをおこなって、イアンの出演問題が解決したら制作発表会をやることにきめる。
バン室長がチョンインに会いに来る。
制作発表にはイアンが必要だろうから、出演契約解約の件はとめておいた、と恩着せがましく言う。
しかし条件として、ソジュンを降板させろ、と言い出す。
自社の女優ファン・チェリンを代役にさせる、と言いたい放題。

m&m1219

チョンインは、話にならない、という反応だが、バン室長は自分は転落するとしてもひとを道連れにする性格だ、と脅し文句。


チョンインはムギョルを連れてショーケースの会場候補の場所をみにいく。
車中、メリからメールがきて、「温かいお風呂にはいった?風邪気味だったら薬飲んでね」と。
ムギョルはわざと大声で、「お!!メリからメールだ!!・・ハートなんかもつけちゃって。風呂?いっしょに入りたいってか?可愛いな~」

m&m1220

チョンイン、チラ見。気がそれて危うく追突しそうに。
急ブレーキでむせるムギョルに笑いをこらえる。
お子ちゃまふたり~~~笑

会場候補のホール。
ムギョルは音響に不満なのかファンミをやるようなところだ、と文句をいい、いっそゲリラライブをやるほうがいい、と言いだし、チョンインもそれに関心をもつ。

ちょうどそのとき、こんどはチョンインに、メリから電話。
象耳になるムギョル。

m&m1221

ソクがきていっしょに夕食するという連絡だけなのだが、わざと話をひきのばし、「メリさんの料理楽しみだな~なにか買ってかえりましょうか?メリさんの好きなケーキを買って帰ります。」
と新婚夫の雰囲気をだすチョンイン。
く、く、アンタたち、幼稚だけどかわいいから許す。

まんまチョンインの思惑通りに腹をたてるムギョル、
「この会場はいまいちだ!・・帰ろう!」

メリとチョンインがソクと食事。
メリのつくった健康的なメニューにご満悦のソク。
音楽会の切符をだし週末に家族で行こう、と誘う。メリは断ろうとするが家族のはじめての集まりだから、とソクは強引。

m&m1223

その切符をだしたサイフに、メリそっくりの古い写真があるのに気づいたチョンイン、困惑。

さらにソク、音楽会にこのまえあげた指輪をしてきてほしい、と頼む。


メリは自分の部屋で、指輪のことで頭がいっぱい。
チョンインがはいってきて、作家が台本修正を急いでいるのでメリも明日から遅くまで仕事になる、と伝える。
さらに、ちょっと躊躇しながら、メリ父や母とソクとの関係を尋ねる。

m&m1224
父がメリを結婚相手にすることを強要するのか、チョンインがなんで疑問に思わないのか、前から不思議だったのよね。


メリは自分が知っていることだけ(古くからの先輩後輩で、ソクのほうがメリ母とはさきに知り合いだった。)を話す。

指輪のことで困り果てたメリ、しかたなく父に相談。
ソク、店ではたらくソヨンに、「どうやっても今日中に指輪を返してくれ!」と迫る。
ソヨン、返すといったら返す、と大見得をきってしまうが、当然質からだす金はなく、アクセサリー店で似た形の安物を買い、メリに届ける。
もちろん偽物だとは言わず。
メリは、気づかずただ感謝。

m&m1225

OMG~~~~またまたトラブルの種発生!!



チョンインの会社に来たソジュンをバン室長が待ち伏せ。
ソジュンに、ドラマを降りるか自分に謝罪しろ、と迫るが、ソジュンはまったく相手にしていない。
m&m1226


オフィスではムギョルが作ったばかりのタイトル曲の「Hello Hello」をバンドメンバーに見せるが、彼らの反応は冷たい。
ロックのスピリットがない、と言い出す。
ムギョルはドラOSTなのだから大衆性がないと、と話すが、メンバーはムギョルに失望した、と。

m&m1227

きい~~~っ!
ずっとムギョルの才能におんぶにだっこのバンドだったくせに。



いつもの居酒屋で、メンバーはまだムギョルへの不満を言い合っている。
ムギョルがやってきて、「俺は死ぬまでロックはやめない。」
と言うが、みな、ムギョルを置いて出て行ってしまう。

孤独なムギョル。

m&m1229

ソジュンがはいってきて事情を察したのか、大丈夫か、と尋ねる。
「ほおっておいてくれ。」とムギョル。
ソジュンは結局気が変わって曲を歌うことにした、と。
「私はあなたのファンだから。あなたがどんな曲を作ろうとね。」と。
マッチポンプの女やなあ~~。


チョンイン、シャワーのあとバスローブ姿でメリにばったり。
ふたりともフリーズ!
m&m1231

m&m1230

うふふ・・チョンイン、色っぺ~~~


音楽会にきている四人。
食事中に、ソクがメリの指輪をみたい、と言い出す。
デハンはあのソヨンがあっさり指輪を返せたのが信じられない。
デハンがメリの手を見て、偽物だと気づき、メリに目配せするがメリは全然気づかず。

m&m1234

m&m1233

ソクに見せようと手を伸ばしたときに、ソクが不審な顔つき、チョンインはすぐに指輪が偽物だとわかり、自分がイミテーションを買って本物は家にある、と助け船。
なんてクレバーな王子様!
でもこんなに各方面に気を遣ってたら、胃潰瘍になるよ~~>_<


デハンは当然、偽物事件に激怒。
怒りの矛先は息子のムギョルへ向かう。

チョンインはメリをムギョル宅まで送ってくる。
メリは指輪のことを黙っていたことを謝るが、チョンインはあれこれ尋ねず、ただメリにも事情があるんだろう、といういつもの寛大な態度。

m&m1235


ふたりの親密そうな雰囲気をみていたムギョルは不愉快そう、メリと家にはいる。

メリはムギョルに、指輪の件が、チョンインの機転で助かった、という話をする。
ムギョルは、自分(の母)のせいなのだから、そんなことがあったらまず自分に相談しろ、と怒る。

m&m1236

メリ、「私は偽物だと知らなかったし・・」と言うが、母が偽物を持ってきたとは言わない。
ムギョル、自分が何とかしたのに、と言うが、メリは何も答えず。
うーん、メリにはムギョルに相談してもどうしようもなかった、とわかってるよね、そうは言わなかったけど。・・切ないわ・・お金がないって。

m&m1237

そのとき、デハンが下のシャッターをたたいて、ムギョルを呼ぶ声。
メリとムギョルはおおあわて。

m&m1238

しかしデハン、シャッターをあけて入ってきそうになって・・・!?


to be continued・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こうなったら、ムギョルとチョンインがやきもちやきまくり~のやりとりだけでもいいかも。

ドラマのほうは、イアンが降板しようがソジュンが降板しようが、全くどーでもいいんですけど。


ここからは相当辛口です。

実は、「シークレットガーデン」も見ているんだけど、スターが出てきて、芸能界も背景にあって、このドラマとかぶってる部分もあるでしょう?
でも話としてはあちらが数段面白いのよね。
それでつらつら考えてみたんですが・・・

例えば、オスカ、トップスターで我が儘で、MVの撮影すっぽかしとか、無茶をやるんだけど、理由があって彼のキャラクターとの整合性はとれてるのね。

でもソジュンって、当初、「協調性のない、プライドの高い女優だけど、イイ作品を作ろうというプロ意識はしっかりある女優」、というようなキャラだと思ってたのに、その後ただのプッツン女優になってしまったでしょう。
キャラが変わってしまって、ついていけなくなった感じ。

12話での、バンドメンバーのムギョルへの反発も、ピンとこないのよね。
解散まで行こうか、というくらい行き詰まっていたのに、少なくともリーダーくらいはもうちょっといろいろ物を考える大人なキャラクターにするほうが自然だと思うのに。
インディーズバンドの描き方も中途半端な気がするわ。
ムギョルが、彼らが反発するような曲を書くようになった気持ちの変化もあまりうまく描写されてなかったし。

「シークレットガーデン」のほうは、逆に、ライムの職業観や仕事仲間との絆も、うまく彼女の性格にからめて描かれてるのよね。
だから、メインの男女の入れ替わり、という話以外でも、十分面白い話になってます。

メリ、ムギョル、チョンインのキャラクターの造形は悪くないと思うのに、結局、二重結婚という素材によりかかりすぎなのが、面白くなくなった原因かも。>_<

スポンサーサイト

Comment

なるほど~

面白くないのはどうしてか、細かい分析に「なるほど~」です。

私も、お子ちゃまな男子2人の、小競り合いだけでも面白いので、そういうのをいっぱい見たいです。話の筋はどうでもよくなっちゃった。
あと、チョンインが、ベッドにダイビングするみたいな普段の大人な彼からは予想のつかない意外性のある反応にウケます。
ゴミ箱に頭から落ちていくムギョル私も笑いました。見事にまっ逆さまに滑り落ちていきますからね。
ソジュンがあんまりにもうっとうしいキャラで、どうも感情移入できません。この女優さん、せっかくいい雰囲気なのに、気の毒ですね。

キダリッケヨさんへ

あんにょん~

>細かい分析に・・・・
分析なんてほどじゃないです.v-8
5%とかっていう視聴率をみるとついつい凹んでしまって・・・
グンソクくんファンとしては,「もっと面白いハナシになってくれ~~」という叫びですワ・・・>_<

「美男ですね」もあんまり視聴率よくなかったけど,あれは面白かったからこういうイライラはなかったんだけど.笑

正直,私も,キダリッケヨさんと同じく,お子ちゃまふたりのヤキモチバトル,だけでいいかな,という気持ちもあったりしてます.^^;;
チョンイン,だんだんお茶目になってきて,可愛い!

ソヨン,パリに行かなかったのは,彼女なりに反省したんでしょうか?
非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール&ひとこと

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スクロールはカーソルをあてるとストップします♪

★★ 「秘密の森」が終わってしまい、このあとはイ・ヨニの「再会した世界」を見るつもりです。わりあい評判が良さそうなので。 ★★ ★♪ここへのコメントのかたはこちらをクリック♪

最近の記事

FC2カウンター

訪問ありがとうございます.

USERS ONLINE

現在の閲覧者数:

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。