『メリーは外泊中  매리는 외박중 』 15話 あらすじレビュー

2011.01.07 11:45|メリーは外泊中
この回は、みんながみんな、なんでこんな行動するのォ?!とイライラしてました。

ムギョルは子どものようにスネてるし、
メリは優柔不断だし、
チョンインでさえ、父親たちの暴走を見て見ぬふり・・
父二人は・・話にならない・・・まいるわーー>_<

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ふたりが帰ったあと、チョンインはムギョルが返してきた指輪を見つめる。

メリがムギョルを追いかけて弁解をするが、ムギョルは、
「抱き合っていてなんの話をつけるっていうんだ?」
怒りをおしころした声。
そのままメリを置いて帰っていく。

mm-15-00


メリがムギョルの部屋にもどっても彼は戻っていない。
ソラらから電話で、クリスマスパーティに来い、と電話。
メリは半泣きの声で、ムギョルがもどってから行く、と。
メリのようすがおかしいのに気づく。

mm-15-01


バスに乗っているムギョルだが、彼に気づいた乗客達がさわぎだし、降りてしまう。

ムギョルがもどり、メリは、チョンインに離婚してくれと頼んだ、と話すが、ムギョルは何も聞きたくない、と。

mm-15-02

いっしょうけんめい明るく話しかけるメリに、いきなり怒鳴り出す。
「おまえに会ってから一番辛かったのがなにかわかるか?
いきなり自分が変わったことだよ!
音楽のスタイルも変えて、馬鹿馬鹿しいステージもやって・・全部おまえのために我慢したんだ。・・なのにおまえは?・・今日見たおまえはまったく見知らぬ女だった・・。」
そしてひとりでいたい、と言い、メリを帰らせる。

mm-15-03


泣きながらとぼとぼと帰っていくメリ。

メリの家ではソヨンがデハンに言われて嫌々拭き掃除。
だらしなく足で床を拭いている。

mm-15-05

デハンが結婚式に呼ぶ招待客がいない、と悩んでいるのをみて、ソヨンはびっくり、「笑わせるわね、メリったら。ムギョルがいないとダメとか言ってたくせに。」とあきれ顔。

ムギョル、ぼんやり座っていると、誰かがくる音。一瞬メリかと思った表情。
しかし来たのは母ソヨン。

mm-15-06

メリを非難する母に対してメリをかばうムギョル。
招待状を見せられメリの真意ではない、と思いつつも腹立ちを押さえられない。
母に、指輪は返したのでデハンのところを出ろ、と言う。
指輪の件が解決したことを単純に喜ぶソヨン。
これでデハンに大口をたたける、と早速電話。
「自分の娘を売るなんてどういう親?!いやがる娘を嫁にやるってのは売るのと同じでしょうが。」
言いたいだけ言うソヨン。

メリが帰宅して、チョンインに離婚してくれと頼んだ、と父に告げる。父仰天するが、メリのようすが深刻なのでそれ以上なにも言えなくなる。
メリはひとりになって、必死に不安を押し殺している。

チョンインは仕事を再開、自分がいない間のスタッフの労をねぎらい、みなでキャンプに行くことを提案。
そこにムギョルがやってきて、いきなり、チョンインに、
「あんた、最初から計画的だったんだろ。メリにウエディングドレスを着せて、招待状までだして、ほんとに結婚式までやるつもりなんだろ。」と非難。

mm-15-08

mm-15-09

準備は父達が勝手にやっているのだ、と答えるチョンインに、
「卑怯なやつ・・メリを愛してるのか?」
「否定はしません・・でも昨日のことは誤解しないでもらいたい。
メリさんは僕が頼んだから来てくれただけで、進んで来たわけじゃないんだ。」

チョンインはムギョルにスケジュールをわたそうとするが、ムギョルは、拒絶して出て行ってしまう。


メリの家。
メリは、風に当たってくる、と出かけようとするが、父はチョンインのところへ行け、とうるさい。
「父さんの望みはおまえが幸せになることだけなんだ!
メリ、愛と現実は別なんだ。」
必死に説得にかかる父に、思わずため息のメリ。
デハンも、同じ話をずーーーとやっていてよく飽きないわ~。
16話中15話くらいこの同じ話をしてるような・・爆



メリは例の書店にきて、すわりこんでいる。
そこにチョンインもあらわれ、おなじようにすわりこんで本をよんでいる。

mm-15-11


そこにチョンインに会社から電話があり、ムギョルが仕事をすっぽかしていなくなった、と。
チョンインはメリには何も言わずに仕事にもどる。
メリもおおよその推測はついているがなにも言わない。

ムギョルはどこかのスタジオで狂ったようにギターを弾いている。

mm-15-12

心配そうなバンドメンバー。「こんなときのムギョルが一番コワイよ。」「やっぱりメリと喧嘩したんだな。」
チョンインがはいってきて、いきなりアンプからジャックを抜いてしまう。

mm-15-13

「こんな無責任な人なんだったら、メリさんについても僕にもチャンスがありそうだ。
僕にメリさんをあきらめさせたいのなら、ちゃんと考えほうがいいですよ。」
そう言い切ってでていくチョンイン。

バンドメンバーらはふたりを仲直りさせようと、嘘電話でムギョルとメリを呼び出す。
ろうそくをハート型に並べたり雰囲気をつくってあったが、ムギョルはそれを見るなりメンバーの意図がわかって、うんざりした顔。
店をすぐに出ていこうとし、ちょうどやってきたメリとばったり。

mm-15-14

しかしあいかわらず冷たい態度のムギョル。
「ひどいわ・・いつまでそんなふうにしてるの?」メリの訴えも聞かずに、
ムギョルはそのまま帰ってしまう。

帰宅したムギョルは、腹立ち紛れにゴミばこを蹴飛ばし、メリのプレゼントのトリートメントを見つけてため息をつく。

帰宅したメリ。
デハンは、ソクから送られた韓服をメリに着せようとするが、メリは暗い顔のまま。
さすがのデハンもそれ以上強要できず。


ムギョルはソジュンと会っている。
ムギョルがすっぽかした番組にはソジュンが代わりに出演したらしい。
ムギョルとチョンインが喧嘩をしたと思ったソジュンが、チョンインのおかげでデビューしできたのだから、と言うとムっとした顔でムギョルが反論する。
ソジュンは明日のワークショップに行って仲直りしなさい、と誘うが、ムギョルにその気はなさそう。


メリが会社のワークショップに行くときき、チョンインと一緒なら新婚旅行の予行演習だ、と単純に喜ぶデハン。
この父の無神経ぶりに、だんだんムカついてきたわ。
メリも、ここにきてもまだ父の意向に逆らうキモチがないのかしら。
いったい結婚式をどうやってやめるつもりなんだか・・。



メリが暗い顔でキャンプ行きの集合場所に来ると、スタッフたちは、結婚式の招待状を受け取ったあとなので、メリを「奥様」と呼び困らせる。

mm-15-15

さらに、ひとりのスタッフは、メリがムギョルとつきあっていると思っていた、と言うもので、いっそう気まずくなり、メリはそのまま帰ろうとするが、そこにチョンインに誘われたのかソラとジヘまでやってきて、メリは帰りそびれてしまう。
メリもさあ、ここでははっきり帰らないとダメだよね。
最初のころはもっと白黒はっきりする性格みたいだったのに、なんでこんな優柔不断な子になったのかな。>_<
ワークショップったって、要するに慰安旅行なわけでしょ?部外者まで来てるんだから。



バスのなかでも、スタッフが、むりやりチョンインをメリの隣に座らせたりする。途中チョンインが居眠りをしてメリによりかかってしまう。

mm-15-16


ムギョルは家で自分の出演した番組のビデオを見ている。
ワークショップに向かうソジュンとメンバーたちが車からムギョルに電話して誘うが、ムギョルは断る。
ソジュンはメンバーからメリとムギョルが喧嘩したという話を聞く。

現地についてバーベキューがはじまる。
メリは浮かない顔。
バーベキューの席からそっと離れると、ソジュンがついてきて、メリに、チョンインとの結婚の話を聞いた、と言う。

mm-15-17

「びっくりしたわ。ムギョルのことを愛してるんだと思ってたのに。」
メリは結婚の話はほんとうではない、と反論。
「言葉だけじゃないの!そうやって結局ムギョルを傷つけてるくせに!」
うーん、ソジュンの出る幕ではないけど、言ってることは正しいかも。


「いったい誰を愛してるの?私の見るところ、ムギョルでもチョン代表でもないみたいだけど。」そう言い捨てるソジュン。
メリはなにも答えられず。


メリ、ひとりで山のなかにはいっていく。
そのあとをついていくチョンイン。

見晴らしのいいところに出たメリ、
「カン・ムギョル、ごめんね-!!
結婚も、同居も、全部私が悪かったわ!
でも私はあなたの幸せに暮らしたかった・・それも私の身勝手だったわ・・あなたを辛くさせてごめん!」
そう叫んで、泣き出してしまうメリ。

mm-15-19

そんなメリを見ていたチョンイン、ふっきれたように、メリに近づきその背中に手を置く。

mm-15-20

「降りましょう・・。なにもかも元に戻しましょう。」
そう言って、ふたりは山をおりはじめる。
チョンイン、メリをあきらめる決心をした、みたい。


夜になってもふたりが戻らず、皆が心配している。
ソジュンは、メリとチョンインが山から戻らない、とパニック状態でムギョルに電話。

mm-15-21

自分がメリに言ったことが原因かもしれない、と半泣き。
ムギョル、タクシーで現場に駆けつける。

道に迷ったふたり。
メリがつまづき、彼女をかばってチョンインが転倒、頭を打ったのか気を失ってしまう。

mm-15-22


下では皆が捜索しているが、暗くなって危険になったので、警察を待とうという話になっている。
そこにムギョルが到着。
ソジュンたちが止めるのも聞かずいきなりメリを探して山にはいっていく。

メリはチョンインを少しでも暖めようとしているところ、ムギョルが発見。

mm-15-23


チョンインは意識が戻らないままで、メリがずっと付き添っている。
ムギョル、病室の前にいるが、でてきたメリにも声をかけず。

ソラらも心配している。このままだとムギョルとメリがほんとに別れてしまうかもしれない、しかしかといってメリのせいでケガしたチョンインを放っておくわけにもいかないだろう、と。ムギョルのことも心配なメンバーたち。

ムギョルの家ではソヨンが彼を心配して、テンジャンチゲをつくっていたが、ふだん料理をしないソヨンのチゲは不味い。
やはりメリのことを思い出してしまうムギョル。
そんなムギョルをみながら、母は、
「こんどはほんとに美人と本気じゃないつきあいをしなさい。メリがどれだけ幸せになれるもんかみてやろうじゃないの。」


チョンインの状態を不安がってドラマの投資家が手をひきはじめている。
イアンには、バン室長が、ドラマはダメになりそうだから、とまたまた抜けるように説得しているが、イアンは抵抗。

ソジュンはチョンインのオフィスで、ドラマ監督と電話中。製作会社を変えようと言い出している監督に翻意するよう説得中のソジュン。
「チョン代表とは友達としての義理があるんです。」
説得に成功し、予定どおり撮影をはじめることになったようす。

ムギョルがはいってきて、すまなさそうに、所属契約の解約要請の書類を出す。
「卑怯ね!」吐き捨てるようにソジュンが言う。
そして、自分たちが別れた原因について、当時ムギョルはソジュンともめていた男をスポンサーだと誤解したふりをしたのを知っている、と言い出す。
反論しないムギョル。

「あんたはそうやって現実に直面するのを避けるのよ。・・当時は若かったからしかたないとして、いまは違うでしょ。メリさんに対して同じことはやめなさい。今回もまた逃げ出したら、あんたほんとに惨めよ。」

mm-15-26

しかしムギョルはなにも言わずに出ていく。

チョンインは、検査結果でも問題ないにもかかわらず意識がもどらない。

mm-15-24

メリは、チョンインの父がやってきて、看病をかわる、というので病室を出る。
メリを待ち伏せしていたムギョル。

「おまえここで何をしてるんだ?」
「私のせいでこうなったのに放っておけない。」
「もう十分だろう。
僕がこうしなきゃメリは代表のそばを離れないだろう。
・・これまでおまえに冷たくしたり避けたのは悪かった。だが、いま決めてくれ。」
「・・代表の意識が戻るまで待ってくれない?そうしたら、絶対にあなたのところに行くから。」
「いま、決められないなら、そのときがきても同じだろう・・俺かチョン代表か?!」

mm-15-27

mm-15-28


答えられないメリをみて、失望するムギョル・・・・!


to be continued・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


スポンサーサイト

Comment

メリーは迷走中

はじめまして、komachiさん。
“メリー~”は、リアル視聴していたのですが、他の方の感想も気になり、検索していたらこちらにたどり着きました。
このドラマに対するkomachiさんの感想に共感しています。

ムン・グニョン、チャン・グンソク、キム・ジェウクと若手実力俳優が揃っているので、この三人がどうからんでくるのか楽しみだったのですが・・・ 

要するに、食材は良くても調理法が良くなければ、料理は美味しくないということですね。

私もこの回は登場人物のそれぞれの行動にイライラしながら見ていました。

それから、メリーが山の中で、“ムギョラー ミアネー”と叫ぶところは、“猟奇的な彼女” でチョン・ジヒョンが叫ぶ“キョヌヤー ミアネー”を彷彿とさせてイマイチ感情移入できず、その後、チョンインとメリーが道に迷って山の斜面を転がる場面はグリーンローズのコ・スとイ・ダヘのよう。 まるで今まで見たドラマや映画の焼き増しのようなシーンに、どうしちゃったんだ、このドラマ!と本気で心配になりました。

出演者の皆さんは一生懸命演じてくださっているだけに、この展開は痛いです。かなり辛口の感想になってしまいましたが、それだけこのドラマに対する私の期待は高かったのです・・・

いよいよ残すは最終回だけですね。komachiさんがどんなツッコミを入れてくださるか楽しみにしています。




michikoさんへ

はじめまして。

最終話の記事もざっと書いたんですが、校正してキャプをして・・もうちょっとかかります。ミアネヨ。

>食材は良くても調理法が良くなければ・・・・

おっしゃるとおりです。
グンソクくんはずっと作品選びがすごくよかったんですが、今回は残念でしたね。

ラスト2話でのすったもんだも、
ふたりが別れかけたり戻ったりしても全然ドキドキしなくて。>_<

せっかく人気も演技力もそろった「グン×2」のペアなのに、もったいない、のひとことです。v-390


>山の斜面を転がる場面はグリーンローズのコ・スとイ・ダヘ・・・
あはは、そういうシーンがあったんですか?
わたしはグリーンローズを見てないので。
そういえばこのドラマには、独創的なエピソードやシーンやセリフってほとんどなかったですね。

すでに相当辛口で書いてきたので、最終回ではあまり書かないつもりです。
なんだかんだいっても、グンソクくんのファンなので。笑

非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール&ひとこと

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スクロールはカーソルをあてるとストップします♪

★★ 「秘密の森」が終わってしまい、このあとはイ・ヨニの「再会した世界」を見るつもりです。わりあい評判が良さそうなので。 ★★ ★♪ここへのコメントのかたはこちらをクリック♪

最近の記事

FC2カウンター

訪問ありがとうございます.

USERS ONLINE

現在の閲覧者数:

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ