スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ドリームハイ 드림하이 』 8話 あらすじレビュー

2011.02.02 11:54|ドリームハイ
dhqw1122



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ヘミはグクから「アジトで逢いたい」というメールをもらう。
「裏切ったくせに・・」と腹をたてつつ、リップを塗ったり鏡のまえで、まんざらでもない顔。

dh-800


拉致されたグクは、父の部下の室長たちにそのまま空港に連れて行かれ、チケットを渡される。
行き先はカナダのバンクーバー。室長も同行して遊学先に落ち着くのを見る、といい、まさに監視つきでむりやり行かされそうになる。

dh-802

グク、腕をもったままの室長を、ジャンパーをぬいで振り払い、脱兎のごとく逃げだし、客にまじってまいてしまう。
グクは、そうまでして自分を追い出したい父の本音がわかり、ショック。
・・頼むから、これ以上父さんを憎ませるようなことをしないでくれ・・

待ちぼうけのヘミは怒り心頭。


サムドンは母と帰宅。
夕食をとろうとしている。
母はヘミに、サムドンが卒業したらヘミと結婚する、と騒いでいるが気にするな、と。

ヘミは母の手前にっこり適当に受け答えしながら、テーブルのしたでサムドンの足をけっとばす。笑

グクが帰宅。

サムドンが母に、グクが自分のあとを金魚のふんみたいにくっついてくる奴、とホラを吹いてあったので、母はグクも自分の息子のようだ、とご飯にほぐした魚の身をのせてあげたり親切にする。

dh-803

「・・鯛は好きです。」
「ほら、サムドンは魚嫌いだけど、この子は魚が好きだから、こうやって背も高くて男前になるんだよ。」とグクの頬をなでるサムドン母。
そういうことをしてもらったことのないグク、こみあげるものがおさえきれず、泣いているのがバレないように必死にご飯をつめこむ。

dh-804

サムドン母にしたら普通のことやってるんだけど・・父にむりやり外国に放り出されそうになった直後のこれはこたえるよね・・プッサンヘ~グク。

ヘミはそんなグクのようすに気づく。

食後に、サムドンは母をバスセンターに送っていく。家のまえであいさつするヘミとグク。
サムドン母は、「好物の鯛をこんどはたくさんもってきてやるからね。」とグクの頬をさわると、グクはその手を握る。

サムドンと母が行ってしまい、家にはいろうとするヘミをよびとめ、グクが謝る。携帯をなくして連絡もできなかった、と。
「怒ってるだろ?」
「うん、すごく、もどったら殴ってやろうかと思ってたけど・・今日は見逃してあげるわ・・なにがあったかしらないけど、すごく疲れて辛そうに見えるから。」
そう言って家にはいりかけるヘミの腕をつかみ、グクはヘミの肩に顔をうずめる。
おどろくヘミだがそっとグクの髪をなでてあげる。

dh-805


バスターミナルで、母を見送ろうとしているサムドン。。
母がヘミが気に入った、といろいろ話かけるが、途中でまたグクは耳が聞こえにくくなる。
母を見送ったあと不安げに耳に手をあてるサムドン。

dh-806

おーまいがーーーっっっ、また?!
これはやっぱり後遺症があるってことだね・・>_<



マ社長のオフィス。
手下が、ニセショウケースにかかった費用を報告。
場所代、椅子レンタル料など、しめて743万ウォンン。
しかし社長は、場所代だけオヒョクに請求しろ、と。
「自分の夢を見てもらったんだから、それくらいはこちらが出さないとな。」
ほお~~~男気あるじゃん。


キリン芸校では職員会議。
校長は昨日の(ほんものの)ショウケースが成功で、早晩芸能事務所からデビューの話がくるだろう、と上機嫌。

ジンマンとオヒョクは、ニセショウケースがバレていないか戦々恐々。

dh-807

シ教授がいきなり、
「報告することが・・」と言い出したのでふたりはギクっとする。
「修学旅行の候補地について旅行会社から知らせがありました。」という話にほっとするふたり。

シ教授、ビビりながら尋ねるオヒョクに、
「昨日?ここには来ませんでしたけど。」としらっと言う。
なぜバラさないのか不思議に思うオヒョクだが、ジンマンは突然、理由が分かった気がする、と言い出す。

dh-808

昨日の、シ教授がジンマンの上にたおれこんだ接近遭遇を思い出し、自分にいいように誤解してるわ~~爆笑。


グクに逃げられた父親の部下の室長が、担任のオヒョクに会いに来る。

オヒョクは、室長が退学届をもってきたことをグクに知らせる。
グクが財界人ヒョン・ムジン会長の息子だとわかってオヒョクはびっくり。
「財閥二世だとわかってたら、部屋代やら入院費やらみんな請求したのに。」と。
グクの真意を尋ね、退学する気も留学する気もない、ときき、届けを破る。

グク、父が次ぎは校長にまで直談判に行きそうだと知り、トップエンターテインメント社のユン代表からもらった名刺をみながら考え込む。

・・ショウケースのあと代表にスカウトの話をされたときは、まだデビューする時期じゃないと思う、と消極的だったグク。

dh-809

しかし、
「うちの事務所に入った瞬間、誰もが知っている歌手になるってことなんだよ。」
と代表はあきれたように笑っていたことを思い出す。

dh-810


グク、父からの圧力を跳ね返すためにも、さっさとデビューして既成事実をつくろう、と思ったんじゃないかな。もちろん、ショウケースの舞台で感じたあの興奮を忘れられない、というのもあるだろうけど。


学内にデビューするものの名簿が発表になる。
ざわつく生徒達。
一年生では、グク(本名ヒョン・ジヒョク)、ベッキ、イ・リア、ジェイソン、の四人。
ジェイソン、ショウケースをサボったのに、いいのかあ?!笑


ヘミとサムドンは、グクがほんもののショウケースで、ベッキと共演、ダンスとラップを見せたことを知り驚愕。
とくにヘミは、グクがデビューのときにはヘミといっしょに舞台にたちたい、と言っていたことを思い出し、大ショック。

dh-811


トップ企画社からデビューする6人の生徒のインタビューがおこなわれる。

ベッキ、これまで出来が悪いと思われていた両親にたいして誇れる娘になれたようでそれが一番嬉しい、と答える。

dh-812

さらに、感謝したい人が誰か、と聞かれ、となりに立っているグクの名前をあげる。
「彼のおかげでステージに立てたんです。
二人目はシ教授です、友達よりライバルが大事だという言葉のおかげでここまでこれたからです。
そのライバルにも感謝しています。・・ずっと友達だと思っていた人が、ワタシのことを無視して、三流だとあざけってくれたおかげで、はっきり目が覚めたから。」
グクもヘミも、その言葉にショックを受ける。
サムドンも、オーディションのときの事情は知らないものの、ヘミのことだと直感。
さすがにベッキはそれが誰のことかは明かさず。


いたたまれずその場から逃げ出すヘミ。

ヘミ、屋上でたちつくしている。
自分を慕ってくるベッキに対してとってきた馬鹿にするような態度、言動を思い出す。
そしてオーディションのとき、落ちるならいっしょに落ちる方がいい、といったベッキを突き放し、
「自分が一流でこの子は三流よ!」と言い放ったこと、
家の破産をしったベッキが歩み寄ろうとしたときにも「人の同情できるような立場なの?」と罵ったこと・・。

ヘミ、いまになってやっとベッキがどれほど傷ついて、それをバネにどれだけ必死にやってきたかに思い至る。
・・コ・ヘミ、あんた最悪よ・・
自嘲のひとりごと。


心配そうなサムドンがおいかけてくる。
ヘミは大丈夫じゃない、と言う。
そして、ひとりごとのように、自分はハニーだと思っていたらナ・イエリだった・・キャンディだと思ってたらイライザだった、と言う。

dh-813

dh-814

少女漫画を知らないサムドンには意味がわからない。
けなげで頑張るヒロインのつもりが、そのヒロインを陥れ邪魔するヒールだった、という意味のよう。「走れ、ハニー」という人気漫画があったみたい。


デビュー予定者に、トップ社のユン代表、写真撮影や合宿所への入所について説明。
そのあとベッキはグクをよびとめ、また感謝の気持ちをつたえる。
しかしグクは腹立ちをおさえられない声で、
「感謝の気持ちが本当なら、二度と俺やヘミの話をするな。
おまえが有名になったら、おまえを三流と呼んだのが誰か、問題にあるだろうから。
まさかそれを狙ってないだろう?」と。

待ち伏せしていた室長に、グク、インタビューまで受けてやめたら騒ぎになってよけいに父に迷惑だろう、と反論。
やっぱり、こうやって父にあきらめさせるつもりだったんだね。



家で、洗濯物をたたみながら、サムドンはヘミに、ハニーとナ・イエリが誰か、と尋ねる。ヘミは漫画にでてくるキャラだ、と答える。

帰宅したグク、ヘミと話そうとするが、サムドンは席を外すことを断る。
いきなりグクはサムドンをかついでベランダにほうりだして閉め出す。

dh-815


グク、ヘミに謝って、しかしデビューのときいっしょに舞台に立ちたい、といった気持ちは本物だった、と弁解。
「デビューも、したくてするんじゃないんだ。どうしようもなくてするんだ。」
しかしこのグクのことばはヘミの気持ちを逆なで。
「しかたなく、ね。こっちは切羽詰まってるのに。
あんたのこと怒ってない。・・いえ、怒る資格がないと思うから・・私なんかに。」
いっそうヘミの怒りが感じられる言い方。

「デビュー、おめでとう、でも笑って祝ってあげられないわ!」

dh-816

ベランダからぬけだしてきたサムドン、いきなりグクをかつぎあげてソファにたおす。
「二度とこんなことするな!!」
gogo!!サムドン!やられたらやり返せ~~~!!


携帯電話のCF撮影現場。
ロミオとジュリエットという設定。
ジュリエット役のイ・リア、携帯で愛の歌を歌うのだが、ものすごい音痴。
監督もさじを投げる。
「デビューはとうてい無理だが歌がうまい」同級生はいないか、と聞かれ、リアはピルスクを思いつく。

さっそくピルスクが録音。
出来には監督も大満足。
ピルスクは大喜びで両親に電話、CMの放映予定をつたえ、自分の名前も出る、と。
ピルスク、迷ったすえジェイソンにも電話。

dh-817

電話を受けながらそっとピルスクに近づく。びっくりするピルスク。
CMの歌の件のお祝いを言うジェイソン。


ベッキがヘミに例のペンダントをあげる、と言い出す。
「あんたのほうが必要な気がして。
前はすごく憎んでたけど、なんでそうだったのかよくわからないわ。
無力ないまのあんたをみてると可哀想だし。・・もう憎んでもないしライバルとも思ってないわ。
だからあんたもそういうふうに思ってほしいわ。」
完全に上から目線で、ヘミの手にペンダントを握らせる。
逆転してしまったね・・・完全に。。。


ヘミ、完全にうちのめされる。


カフェのテーブルに頭をのせておちこんでいるヘミ。
一方のピルスク、ハッピーな顔で、ジェイソンが、自分のことを好きかもしれない、証拠もある、と。
ヘミ、give me a break的表情。
いっしょに『ノレバンにいった、いっしょに歌いたくてショウケースにも来てくれた、CFの件も祝ってくれた』などと『ジェイソンが私を好きな』証拠をあげるピルスク。

dh-818

ヘミ、70%くらいの可能性かも、と。
大喜びのピルスクをしげしげ眺めて、ヘミ、「あんたいま気づいたけど可愛いわね。」と。
恋する女はキレイさあああ~~~♪by ひろみ 郷。



サムドンは、ヘミの言っていたマンガを本屋で購入。
グクが話しかけても答えず、まだ仲直りする気なし。
でも、グクのパンツは勝手にはいているみたい。笑

グク、ヘミに合宿所に行くことを告げるが、無視される。


ピルスク、勇気をふりしぼって、ジェイソンに告白することに。
ハート型メモをジェイソンのロッカーからスタートして次々に貼ってある。
『私の気持ちしらないでしょ・・いいの、それでも・・・宇宙より好き・・愛してるみたい・・』歌詞を一節ずつ書いていき、最後のメモが、
『あなたも同じ気持ちなら階段のところまで来て』

ジェイソン、メモをはがしながら行くと、階段に座っているピルスクの背中を発見。
ピルスク、心のなかで、『来て、お願いだから。』と念じている。
となりにすわったジェイソン。

dh-819

とまどったふうに、
「そんなに僕を好きだって知らなかったな・・ゴメン、僕も君のこと嫌いじゃないけど、君の気持ちとは違うんだ。」
とジェイソン。
ピルスクを好きだから来たわけじゃなくて、告白されたらちゃんと返事をしないといけない、という礼儀のために来たのだと知ってがっくりするピルスク。

気まずい笑いでごまかしながら、
「・は・はは・・独りよがりの錯覚、しやすいんだ・・私・・ヘミにもよくいわれる・・」
メモの束をジェイソンからひったくって逃げるように去る。
ジェイソンの手に残った一枚のメモには、
『愛してるみたい』

ピルスクが帰宅。
店では両親が娘の歌ったCMを見ようとカメラをかまえてテレビにかじりついている。
しかし、画面のスーパーにはイ・リアのなまえ。
がっくりするピルスクと両親。
ピルスクの家の店が寿司レストランで、だからピルスクがオーディションのときエビの寿司の着ぐるみだったんだね。やっとわかった!(気づくの遅っっっ)



ヘミとピルスクは落ち込んだものどうし、学校のカフェテリアでぐったり。

dh-820

主人公になれないみたい・・というピルスクの手をだまって握るヘミ。


サムドンは、必死に少女マンガもどきの絵を描き、まわりには書き損じの紙が山のよう。



トップ企画社からデビューの決まった6人の写真撮影。
社長がリアに、このまえのCMの歌がよかったが歌ったのは誰か、と尋ね、リアは、ピルスクという子だけど、デビューするには30キロやせないと、と答えている。

dh-821

それをきいたジェイソン、リアのまえに立って、なんでピルスクの名前が出なかったんだ?と怒りをぶつける。
リアは、スポンサーが決めたのだ、と弁解。ジェイソン、最悪だな、と吐き捨てる。
リア、「私だって自分の顔に他人の声が流れるのがいい気持ちなわけないじゃない!!」
しかし、カメラマンに呼ばれると、いきなり職業的笑顔にもどる。
あはは、なかなかいいタマじゃないの。



グクが合宿所に入る日、オヒョクたちが家でケーキを買ってデビューのお祝い。
ヘミは戻っていない。妹が、すごく遅くなるって言ってた、と。
明らかにグクを避けている。
オヒョク姉、最近のヘミは、らしくない落ち込み方だ、と心配。サムドン、不愉快そうにグクをにらむがグクも暗い顔。

ヘミ、遅くに帰宅、家のまえで躊躇。
その後ろをグクがでていくが、ヘミは気づかず。

部屋にはいったヘミ、箱のなかに、グクの置き土産のヘルメットとイアフォンを見つける。
ヘルメットは、マ社長から逃げたときに貸してもらったもの、
そしてイアフォンは、バス停でほかの女生徒たちがヘミの悪口を言っていたとき、聞こえないふりをするために使え、といって渡してくれたもの・・

dh-822

「友達でもないのに、友達のふりもできるしな。」そう言ったグク・・
思い出がよみがえって涙がとまらないヘミ。

ヘミは家のまえでヘルメットをかぶった異様な姿でつっ立っている。

dh-823

サムドンがそれを見つけ、そっとヘルメットをはずすと、ヘミの泣き顔。
「ヘミ?!なんで泣いてるんだ?」
「なんで泣いてるか言ってもいいの?・・知ってたほうがいいわ・・グクのせいよ。」
「言うな!!」突然叫ぶサムドン。
そしてヘミをまっすぐ見つめて、
「そうだ・・グクのせいだ・・あいつがさっさとデビューしたのがうらやましくて、やきもちで、それで泣いてるんだ。・・俺のほうがおまえのことはよくわかってるんだ・・だろ?まちがいないだろ。」

dh-824

むりやりそうヘミに言い聞かせるように言いながら、最後には自分も半泣きのサムドン。
わかっててもヘミがグクを好きだから泣いている・・とはみとめたくないよね・・サムドン・・。


オヒョク、家をそうじしていて、サムドンの書き損じを大量に発見。
ヘミに見せると、サムドンが描いたものだろう、と。
「自分がハニーだと思っていたらちがったの。」とヘミ。
オヒョク、笑いながら、サムドンがヘミのために彼女が主人公のマンガを書いたのか、と。
サムドン~~~なんていい子なの・・泣けてきたわ・・
。・゚ ゚・・゚ ゚・(p>□<q)・゚ ゚・・゚ ゚・。 


dh-825

サムドンのマンガでは、悪役の子はベッキがモデル、そしてヒロインの相手役は自分で、やたら目が大きい。笑

dh-826


ヘミはオヒョクに、自分はマンガのヒロイン(ハニー)ではなく憎まれ役(ナ・イエリ)のほうか、と尋ねる。
オヒョクは、
「これまでのところはそうだ。友達を無視して傲慢であげくに友達がさきにデビューしたんだからな。
でもドラマはまだ中途だ。
先があると考えれば、ここで反省して態度をかえて成長して最後に山場が来るとしたら、主人公は誰になると思う?
だから速く行こう、と焦るな。
ゆっくりと行くほうがいろんなものを見てもっと成長できると俺は思うんだ。」

dh-827


ヘミ、気持ちが明るくなり、いままでアジョシとしか呼ばなかったオヒョクにカン先生と呼びかける。


教室で、サムドンは、このまえの件があって気まずいのでヘミのほうを見ようとしない。

ヘミ、サムドンのマンガを見せると、大慌てのサムドン、ヘミを追いかけてとりかえそうとする。
もみあっていてヘミの髪の毛がサムドンの名札にひっかかり、しばらくふたりはくっついたまま。ヘミ、
「このマンガの続き、私にはわかるわ。次は私たちが勝つ番よ。」とサムドンに笑いかける。

dh-829

ヘミの笑顔におもわずつられて笑顔になるサムドン。
はあああーー若いっていいわね~~~凹んでも反発力があって元通りになるもんねーー。(羨)


ピルスク、ロッカーのとびらに頭をぶつけたのをみて、ジェイソンがとんでくる。
ほおっておいてほしい、と言うピルスクに、
「気になるから。
嫌いならカラオケなんかいっしょに行かないだろ?
・・好きか嫌いかといえば、どっちかといえば好きなほうだ。友達としてなら。」と。
ピルスク、それを聞いて急に、200日後自分がやせてきれいになったらもう一回返事をきかせてくれるか?と言い出す。
ジェイソンはびっくり。
しかし前にイ・リアが、ピルスクを馬鹿にして30キロやせないかぎりデビューはない、と陰口を言っていたのをおもいだし、承諾する。

ピルスク、縄跳びと食事ダイエットを開始。
「この世に醜い女性はいないの、いるのは怠惰な女性だけ。」というのが先生のことば。

dh-830

ぎゃあ~~耳が痛い。>_<



ついに、グク・ベッキ・ジェイソンらが男女混合のアイドルグループ、K、としてデビュー、いきなり。
音楽番組の一位獲得。
サムドンとヘミ、それをみて唖然、ピルスクはジェイソンの成功を喜ぶ。

順調にやせていくピルスク。
そしてKは、しばらく学校にもどり、次のアルバム準備をする、と。

この間、IUのギターにのせた歌声が流れていて、ちょっとハスキーな暖かい声がすてき。
♪You are a radio star・・・・♪


dh-831


そして・・・200日後。

ひさしぶりに学校にもどってきたKのメンバーたち。
生徒達に大歓声で迎えられる。

ジェイソンもグクも、すぐに入試部屋をみにいくが、誰もいない。

ジェイソン、ロッカーで以前のように棒付きキャンディーを発見。
ピルスクをさがすが、本人がそばをとおっても気づかず。
「Long time no see・・200日・・かな・・」
そうつぶやかれてふりかえると・・大幅にサイズダウンしたピルスク!!

dh-832


グク、みなが集まっているホールに行くと、そこで男女ふたりがダンス中。

dh-834
dh-833

逆光で、顔はみえないが、迫力あるダンスにみなの視線が集中。
・・・・サムドンとヘミ?!

dh-835


To be continued・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オヒョクがあいかわらずいいポイントポイントでいいアドバイスをしてくれるね。

速攻デビューのKっていうグループ、音痴のリアまではいっていてなんだか寄せ集めっぽいので、長続きしなさそう。笑
このあとヘミとサムドンの逆襲開始?!

ところで心配なのはサムドンの後遺症、それに、彼のケガの原因をつくった犯人のベッキ、だね~。
スター誕生にはそのまわりに挫折したひとの死屍累々になるんだろうけど、このドラマではあまり不幸になるひとは見たくないわ・・。


スポンサーサイト

Comment

映像効果

こんにちは
グクは親父さんから逃げたけど、その後は意外と通常の生活なんですね。^^;
途中のアニメと動画のトレースした動画処理はお気に入りでした。
200日というのは、ピルスクの痩身アフターには丁度いい設定ですね。

このドラマのテーマソング?はジングルのように短いのにインパクトがあって
最初はそうでもなかったのに、次第に気に入ってきました。
ドラマの最初のキャストが表示されるときのドラマロゴと一緒の花火のような
リングの効果も他のドラマでも見ない処理で好きです。

ヘミとグクの関係もこの辺りからちょっと怪しくてドラマも中盤を過ぎたと
実感しています。
他のドラマ(アテナ、パラダイス牧場、マイプリンセス)が面白くないのでこの
ドラマの展開だけが楽しみです。

SOPHILさんへ

こんにちは。

始まる前の期待を超える面白いドラマになってくれてとてもうれしいです。^^

>ドラマロゴと一緒の花火のような
リングの効果・・・・
>途中のアニメと動画のトレースした動画処理・・・・

凝ってますよね。
私もヘミとサムドンのほんわかした雰囲気がでてるイラストっぽいアニメは気に入りました。
ああいうのを見てると、ヘミはグクではなくて最後はサムドンとペアになるんじゃないかと・・(just speculation・・)

パラダイス牧場は見てないんですが、アテナとMPは・・私もかなり失望してます。
裏のサインのほうが面白そうですね。>_<;


No title

お世話になっています<(_ _)>

毎回想像力だけで見ているのですが(笑)
やはり、解釈が違っていて
とてもよく分かってありがたいです。
韓国語が聞きとれるようになりたいよ~
DS韓国語も聞き取りが全く出来なくて(T_T)

オヒョク先生の言葉には今回も泣かされました。
「ゆっくり行く方がいろいろ見られてもっと成長できる」
こういう言葉をさらっと言ってあげられる親になりたいものです(~_~;)

それと
「この世に醜い女性はいないの、いるのは怠惰な女性だけ。」
というのにも「やられた!」です。

勉強になります、このドラマ!(*^^)v

いつもありがとうございます

komachiさん、おはようございます!
8話のアップもありがとうございますm(__)m
ほんと、助かります!!
またまた私のブログで紹介させていただきました
事後報告でスミマセンm(__)m

ジングクが切なくて…
サムドンがいじらしくて…
ピルスクが可愛くて…

私のお気に入りはこの3人です♪
来週はいよいよ名古屋ロケシーンですね!
切羽詰まった撮影スケジュールで、撮影見学に集まっていた2PM
のファンたちも撮影に協力参加してもらったと聞きました(笑)

理事長が登場されなくても、もう~ドリハイ自体にハマってます!
これもアップして下さるkomachiさんのおかげです!
チョンマル カmサハmニダ~m(__)m

脳内BGM

今回もありがとうございます。
恋する女はキレイさ~v-341byひろみ郷
これ、かなりウケマシタ!!

泣きながら食べる~~ムヒョガ~(←思い出したの)またまた私のツボなシーン。。。優しさに触れて泣いてしまうってわかるわあ~
私、産後ブルーな時に実家で母の作った料理を食べながら泣きました。産後はホルモンバランスが崩れるから涙もろくなるらしいですが。。。変な話ですいません。

ひっこ21 さんへ

こんにちは。

オヒョク、いい先生ですよね、どうしてこれまで毎年最低評価だったんだろう・・不思議です。^^;;
いろいろいいことも言うし、その言い方も素直に聞けるような言い方をしてくれるし。ほんとに親としては勉強になります。

ピルスク、えらい!
怠惰なワタシめは、この冬何度目かのダイエットもすでにリタイア気味・・アカン・・>_<

私の訳もたいがいいい加減なので、話半分で読んでくださいませ・・。v-421

kippoさんへ

いつもここをご紹介くださってありがとうございます。
いちいち了解をとらなくても全然OKです。v-426

>切羽詰まった撮影スケジュールで・・・

そんななか、今回のダンス大会の踊りの練習もちゃんとやったんでしょうし、えらいですよね~出演者がみな若いので、母目線で、「エライエライ!」と褒めてあげたい気持ちです。

私もピルスク、大好きです。
才能もあるけど、性格もよくて、常識もちゃんとあって賢い感じですよね。^^

来週の日本ロケ分、どういうふうに使われてるか楽しみです。

キダリッケヨさんへ

こんにちは。
脳内BGM・・笑った~~ナイスネーミング。

>泣きながら食べる~~ムヒョガ~(←思い出したの)またまた私のツボなシーン。。。

私もツボツボでした!ムヒョクのラーメンではバケツ一杯くらい泣いたし。^^;;
食べ物がからむと涙腺がいっそう刺激されますね・・
韓国の食卓でよくみかける、ご飯の上におかずを載せてあげる、というアレ、考えようによってはおおきなお世話なんですけど(笑)、シーンでみると情が濃くていいですね。

>産後ブルーな時に実家で母の作った料理・・
わかる気がします。
母の手料理はテッパンですね。^^

komachiさん、アンニョン~

komachiさんのレビューを読ませていただいてから、DVDレンタルになるのを待っていて。。
やっと8話、母と一緒に視聴しています!
みんなかわいい~ストーリーも楽しい~
それにしても、IUの歌がバックに流れたシーンまるまるカットです。ここをもう一度読んで、「K」でグループデビューしたこと等わかりました。ひどすぎだろ~このカットは。。。信じられません・・・。

詳しく検証していませんが、きっと細かくカットがされているのでは。。なにげに話が続かないとこもあったり?

だから日本でDVD化されたのって。。。結構がっかりします。
YouTubeで探しに行こうかな~

param さんへ

こんにちは。
いま地上派でやってるんですね。
お母様と視聴なんて、楽しそうです~

IUは声がすごく暖かい感じで、上手いし大好きです。
カットされたら残念だわ~。

DVDされたためなのかはわかりませんが、
日本放映ではカットはもうつきものですよね。
音楽が差し替えになってないなら、まだマシという感じ。

このドラマは、ほんとに青春そのもの、っていう感じで、しかもみな歌やダンスが玄人はだし・・あ、ちがう、もともとプロの子が多いのか・・とにかく、そのパフォーマンスも楽しめる美味しいドラマですね。

たしかシーズン2も来年くらいにやるらしいので、楽しみです。^^

非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール&ひとこと

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スクロールはカーソルをあてるとストップします♪

★★ 「秘密の森」が終わってしまい、このあとはイ・ヨニの「再会した世界」を見るつもりです。わりあい評判が良さそうなので。 ★★ ★♪ここへのコメントのかたはこちらをクリック♪

最近の記事

FC2カウンター

訪問ありがとうございます.

USERS ONLINE

現在の閲覧者数:

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。