映画・小さな恋のステップ

2007.01.06 16:26|韓国映画
「トンマッコルへようこそ」で印象的な北の将校役だったチョン・ジェヨン
ドラマ「愛の群像」のイ・ナヨンが主演のコメディ、「小さな恋のステップ」(2004年)をDVDで見ました。
ペア
  
結論から先に~すごく面白かったです!!


映画はこんなふうにはじまります…、
プロ野球選手でピッチャーなのだが、いまは二軍の外野手のトン・チソン(チョン・ジェヨン)。
恋人に突然ふられた日に、前から鼻血がとまりにくかった彼は病院へ行き、なんと3か月の余命を宣告されてしまう。ヤケ酒をのんで酔っぱらった彼がふと気づくとホテルの一室。
一方、ハン・イヨン(イ・ナヨン)はチソンが高校球児の頃から、近所に住む彼を慕っていたのだが、チソンはまったく気づいていない。
彼のいきつけの店でバーテンダーをしている彼女が酔ったチソンをホテルに連れていったのだった。
…さて、チソンの運命は?イヨンの初恋は実るのか…?

「余命三ヶ月」だの「高校生のころの初恋」だの韓国映画にありがちな設定に見せかけて、微妙にハズしてくれる展開がすごく面白いです。

チソンは余命わずかという絶望的に切迫した状況なのに、より切迫度の低いシチュエイション、例えば銀行強盗に遭遇したり、再度一軍ピッチャーに抜擢されたり、空き巣にはいられたり、その空き巣犯人に間違えられたり…というような出来事に振り回されます。
さらに、そのあいまに、チソンを慕うイヨンがからみ、彼女の、本人はいたってマジメなのだが一風かわってみえる恋心や行動にも、チソンはしだいに影響をうけはじめます。

チョンジェヨンの肩が張ったようなからだつきや雰囲気が、野球選手らしい一本気な性格のチソンにぴったりで、冒頭、彼女に振られるシーンからすごく可笑しくて大笑い。
チョン・ジェヨン

彼が陥る深刻な状況にきまじめに対応しようとすればするほど、画面からは可笑しさが伝わってきて、チョンジェヨンは意識してそういう演技をしているのかしらん。
コメディセンスもある役者さんです。

イ・ナヨンも不思議系のヒロインが持ち味にぴったり。
この役柄で青龍賞主演女優賞を受賞しました。
イ・ナヨン

←このシーン、イヨンは、チソンの病気の原因を発見して、驚いてもっている器を落としてしまいます。
この映画のひとつのポイントのシーンですね。
(ネタバレ→  
ココのシーン大爆笑でおなかがいたくなりました。そんな話だったんかいっっっ! )




相性がいいのかよくないのかが、いまいちわからないようなこのふたりのぺアの雰囲気が、この映画をしゃれたものにしてくれています。
ラストの後味もよかった。
☆☆☆☆

………………………………………………………………………

ところで、この映画の原題は「アヌン ヨジャ」。
知り合いの女性、と言う意味ですね。
チソンがイヨンといっしょにいるところを元カノにみられたとき、
イヨンのことをそういうふうに紹介しました。「恋人」ではなくてただの知り合いという意味で。イヨンはそれでちょっと傷つくシーン、そこからこのタイトルはきています。

英語のタイトルは「Someone special
ちょっと原題からズレてますね。

そして日本語タイトルは「小さな恋のステップ
私は「小さな恋…」ときくと、「…メロディー」と出てくる世代なもんで(笑)、このタイトルは最初違和感があったのですが、映画をみると、チョン・ジェヨンのちょっと堅苦しいようなたたずまいとこのタイトルのミスマッチがなかなか面白くて、いいタイトルじゃないかな~と思いました。

刑事役でチャン・ジン監督が出演しているそうです。
私はわからなかったけど。

患者チソンの主治医がみているほかの患者役のこのひと(イ・チョルミン)、チンピラ役でみたことがある気がするのですが、う~ん、何に出演していたかがわかりませんでした…。



…………………………………………………………

<追記>突然思い出しました!↑のひと、「雪の女王」でヒョンビン(ハン・テウン)のボクサー仲間ですよね。
こちら↓
ボクサー

スポンサーサイト

Comment

ご覧になってくれたんですね!

気に入っていただけたようで、良かったです!
そうなんですよ、韓国定番要素満載のようで、全てズレてるんです。このズレさ加減が絶妙で!
私もこの映画の冒頭シーンでドーンとハマリましたね(笑)
韓国映画のラストって気にくわないのが多いのですが、
この映画は最後までズレで笑わせてくれたので、チェゴなんですよ~
ナヨンちゃんが美人度を完全に消してしまっている所にすごさを感じました。
しかしkomachiさんてレビューがお上手ですね~
「そうそう、そうなのよ!」と共感する点ばかりで嬉しいです。こういう韓国ラブコメディ映画がある事を広く知ってもらいたいです。
「オーブラザー」観ましたよ~
おもしろかったです!
イ・ボムスの演技に驚き、笑いました。
劇中、カラオケやドライブ中にかかった歌が私の好きなSHINHWAの曲だったのも良かったです(笑)

ことしもよろしくおねがいします。

みぐみぐさん、あんにょん~。
またまたいい映画を紹介してくださって、コマスミダ~。みぐみぐさんと好みが近いのか、
「当たり」の映画ばっかりですね。^^
ナヨンちゃんの、「英語完全征服」って見ましたか?あれも美人度が↓でしたが、面白かったですよん。

「オーブラザー」、いいでしょう?(笑)
イ・ボムス、ぶっとんだ演技で、なんだか目がはなせませんよね。
「シングルス」ではあんなにフツーのださい男を演っていたし。
彼の出演映画ももう少し観てみたいです。^^


B級だけど面白かったです♪

こんばんわ~。
こちらにもお邪魔します~☆
韓ドラの手法を逆手に取った面白さがありますね。
初恋とか病気とかを出しておいてケロッと裏切るあたりにおかしさが込められていました。
韓国映画の中でも重々しいものや悲しいものがよくある中でこういうB級映画は見落とされがちですが私はこういうのが好きなんです(笑)
TBを何度か試みましたが何故かはじかれてしまうようなのでURLから記事に飛ぶようにしました。

チャン・ジン監督

キャサリンさん、ガン&トークス、シン・ハギュンが好きなんですね。(記事を読ませていただきました。)
私もあの映画は好きでした。チョン・ジェヨン、あのときはルパン三世の次元みたいなカッコイイ役柄だったのにね~。^^;

この監督さんは、遊び心があってユニークな作品を作られるんですね。両作とも、いわれてみれば、演劇的な作り方かも。
非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール&ひとこと

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スクロールはカーソルをあてるとストップします♪

★★ 「秘密の森」が終わってしまい、このあとはイ・ヨニの「再会した世界」を見るつもりです。わりあい評判が良さそうなので。 ★★ ★♪ここへのコメントのかたはこちらをクリック♪

最近の記事

FC2カウンター

訪問ありがとうございます.

USERS ONLINE

現在の閲覧者数:

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ