スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『スパイミョンウォル 스파이 명월 』 18話 (最終話) あらすじレビュー 

2011.09.27 16:29|スパイミョンウォル
たいへん遅くなりましたが、『スパイミョンウォル』の最終話です。
静か~に終わってしまって、ラストも盛り上がらなかったので、ついつい記事を書く機運を逸して・・・。


★評価は前半が楽しかったのでちょっと甘めの
★★

        final ep top
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


洞穴でミョンウォルを見つけたカンウ、「たとえ死ぬとしてもいっしょに死のう!」
なんとか説得しようとするが彼女の意志はかわらず。

smw-u-001


「このまま行ってしまったらいつ会えるかもわからないじゃないか・・」
最後の一晩だけここで一緒に過ごしたいというカンウを突き放せない。
ミョンウォルをじっと抱きしめるカンウ。

外では、リュが洞窟に近づいてきた会長の手下たちと乱闘。
彼らを倒したあとリュは、カンウのあとをつけてきたらしいインアを見つける。
無視しようとするが、必死についていこうとするインアが、すでに自分の正体を知っていると気づく。
リュに自首をすすめるインア。
「ここで暮らしたら助けられるわ、お金もいくらでもあげる。あなたならここでも成功できるはずよ!」
必死に説得するが、リュはいらだって、なんでそんなことを言うのか?と。
「好きだからよ!・・あなたには好きな女しか見えてなくて、自分を好いてくれる人は見えてないでしょ!」
ティントン!

smw-u-002

らしくないシリアスな告白をした自分に照れて、行こうとするインアだが、足をくじいてしまう。
彼女のねんざを治してあげながら、リュは、インアの気持ちは受け入れられない、と言う。
インア、やはりショックですこし涙ぐむが、ねんざのせいだ、と虚勢をはる。
そんなインアの涙に驚いた顔のリュ。
このふたりって全然ミスマッチかと思ってたけど、そうでもない感じ。
このシーンはいい雰囲気でした。



中年スパイふたりは、ひとりが通報して自首、のこるひとりが監獄行き、の計画について相談。
結局じゃんけんで決めることにするが、ヒボンが半分ズルをしたためオクスンが怒る狂う。
あはは、チョキかパーかあいまい~~~笑


そこにパニックのテガンがやってきて、ミョンウォルがスパイだという(ものすごく遅れた)ニュースをもってきて、オクスンもスパイでヒボクをだまして結婚したのかも、と騒ぐ。

smw-u-003

ヒボクは、仰天して気絶、のふり。


洞窟のふたり。
病み上がりのカンウを心配するミョンウォルだが、彼は時間が惜しいから病院には行かないという。

カンウはふたりが初めて会ったときのことを話しだし、ミョンウォルはシンガポールでサインをねだったのが自分だと気づかれていたことにびっくりする。

カンウは、ふたりで誰も知らないところに隠れて生きよう、とまた説得をはじめるが、ミョンウォルは、
「私が北で生まれたことも、南のあなたを愛したことも運命だと思うことにしたの。
そしてもし私たちが運命で結ばれてるなら、きっとまた会える。」という。
そして優しくカンウのほおをなでる。

smw-u-004



翌朝、ミョンウォルは眠るカンウをおいて洞窟からでてくる。
待っていたリュは、後悔しないか、と尋ねるが、
ミョンウォルは、去ってものこっても後悔するだろうから、カンウのそばで彼がつらい思いをするのを見ながら後悔するより、去ってひとりで後悔するほうを選ぶ、と。


目覚めたカンウは、ミョンウォルが指輪を残していなくなったことに気づき、絶望的な思いで、彼女の名を呼ぶ。

smw-u-005


森のなかからその声は聞こえてくるが、ミョンウォルはそのまま山を下りていく。



会長は、ミョンウォルも見つけられず、四合書もリュによって暗号が破損させられて復元できないと聞き、いらだつ。
手下になんとしてもミョンウォルをつかまえろ、と厳命。


スパイペアに別れの挨拶をするために、興信所アジトに戻ったミョンウォルに、オクスンは食事を用意してあげる。
30年間ここで家族もいなかった自分がミョンウォルのような娘ができてうれしかった、と涙ぐむオクスン。

smw-u-006

三人は涙、涙で別れのときを過ごす。




夜になり、リュに指定されたとおり、埠頭にきたミョンウォルだったが、当局らしい男たちを発見、
いったん逃げるが、誰かに麻酔薬をかがされ拉致される。



リュは時間になってもミョンウォルがあらわれないので不安がつのり、カンウの家に探しに行く。
ふたりがミョンウォルの安否を心配しているちょうどそのとき、
会長からカンウに電話がはいり、ミョンウォルとひきかえに、カンウ父殺害の証拠とリュのもつ四合書の暗号ファイルをよこせ、と要求。

この電話の会話を聞いてしまったインアは愕然とする。

smw-u-007

祖父に、必死になって警察にも出頭してカンウにも謝罪するように頼むが、会長はまったく聞く耳を持たず手下にインアを部屋に閉じ込めさせる。

リュとカンウは会長との取引について相談、リュは会長は信じられないと否定的だが、カンウはほかに方法がない、といい、ミョンウォルを救うために父の殺害された証拠を会長に渡してしまうことも決心。

smw-u-009

彼が会長に会いミョンウォルの居場所をなんとか聞き出し、リュが助け出す、という分担を決める。



ヒボクはオクスンを裏切って自分だけ自首しようと警察にでかけるが、係官を待っているあいだにオクスンのことを思い出し、改心。
署を出たところで隠れているオクスンにばったり。
お互いに、裏切って抜け駆けした、と非難の応酬。

smw-u-010

しかしふたりとも結局はお互いを裏切れなかったとわかったため、そろって自首をきめ、手をつないで署にはいっていく。
ふふふ、なんだかんだ言って、ベターハーフのふたりです。


ミョンウォルはどこかの倉庫のようなところに監禁されている。

smw-u-008



会長との会談で、カンウは、証拠は会長もその存在を知らなかったメモだという。
カンウが父が車にひかれて倒れたあと、怖くて逃げ出したが、幼心にメモのことを思い出し、父の机からそれを発見してとっておいた、と話す。
自分が捨てたメモ以外にまだ証拠があったことに驚愕する会長。

smw-u-011


カンウは最後に一度だけ会長を信じる、といい、そのメモとひきかえにミョンウォルの居場所を聞き出す。
しかし会長はまたもカンウを裏切り、嘘の場所、自宅の地下室、を教える。

すぐにその情報を受けて会長宅地下室にリュが急行。
しかしそこにはミョンウォルはおらず、手下たちと乱闘に。

会長に裏切られてボコボコにされたカンウは、リュから預かったチップ(四合書の情報と会長の犯罪についての情報がはいったファイル)をとりだし、リュの言葉を思い出す。


回想・・

smw-u-012

この四合書の情報を韓国情報部に渡すかわりに、北と交渉してミョンウォルがここで無事に暮らせる確約をとるのが条件だ、と言うリュ。
カンウが、リュはこれを北に持ち帰らないといけないはずだ、と驚くが、
リュは、ただ、
「これが、自分が君とミョンウォルにあげられる贈り物だ。」とだけ言う。


OMG!!
じゃあ、リュはもう祖国には戻らないつもり?このまえミョンウォルを狙撃した男を殺したときからもう覚悟してたのかも。
カンウがこのファイルで当局と取引して、リュとミョンウォルのふたりの安全を確保しないと。



チュ会長が帰宅すると、家にはいりこんだリュがいきなり銃を突きつけ、ミョンウォルの居場所を詰問。
しかし会長は、しぶとく、四合書のファイルを渡さないとミョンウォルが危険になる、と抵抗。
リュは、四合書はもう韓国情報部の手にわたっているだろう、と。
愕然とする会長に、命が惜しければミョンウォルを解放しろ、と叫ぶリュ。
会長、承諾したふりをして電話をかけるが、いきなりミョンウォルを始末しろ、と命令。
あーあ、リュもカンウも、いったい会長のなにをみて信用するワケ?!

smw-u-013

リュ、激怒してまさに会長を撃とうとした瞬間、インアがとびこんできて、必死に命乞い。

結局会長を殺さなかったリュに、インアはミョンウォルの居場所を知っている、と。


カンウとリュがそれぞれミョンウォルの監禁場所に急行。

四合書が手に入らなかったことでパニックの会長。
しかしそこに警察が登場、殺人容疑などで会長を逮捕して連行していく。


会長の命令を受けた手下たちが監禁場所に来るが、ミョンウォルは縄を切るのに成功し隠れている。
彼らとミョンウォルが乱闘になり、彼女が倒されかけたときにリュが登場。

ふたりで手下どもをやっつけ、リュはミョンウォルを乗せてカンウと会う予定の場所に急ぐ。
「もう南北両方から自由の身になれる。」とミョンウォルに告げるリュ。
詳細はカンウに聞け、とだけ。

smw-u-014

「君のお父さんとの約束、君を守るという任務は完了だ。」
穏やかな表情でそう言うリュ。


カンウも同じ場所に向かいつつあり、お互いの車が視界に入ったその瞬間、リュの車が狙撃され車体はコントロールを失い、崖を転落、爆発!

smw-u-015


火に包まれた車を愕然とみおろすカンウの目に涙があふれる。
「ミョンウォル!!!」
カンウの絶望的な叫び声。

smw-u-016


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一年後・・

smw-u-017

カンウは、ミョンウォルとの幸せな生活の夢をみているが、目を覚ますと、ミョンウォルがすでにこの世にいない現実に打ちのめされている。
気持ちの整理のため米国行きを決めたカンウ。


インアは女優はやめて祖父の事業を継いでいる。

ヒボクとオクスンは結婚して、冷麺の店を開いており繁盛している。ヒボクはコーヒーショップもあらたにオープンしており、安定した生活。

smw-u-018


smw-u-019



カンウがアメリカに出発する日。

空港で、カンウは、最初に会ったときのミョンウォルと同じ服装の女性を見つけ、ついそのあとを追ってしまう。

smw-u-020

smw-u-021

見失ったと思ったそのとき、足下に野球のボールがころがってくる。
イ・カンウの名前の書かれたボール。
「お元気でしたか?カンウ同志!」
ふりかえるとそこにはミョンウォル!

smw-u-022


信じられない、という表情のカンウに、笑顔で、昔彼が書いたサインがわりの『あかんべー』のイラストを見せる。
「サイン、こんどはちゃんともらいます。
韓流スターカンウと結婚してここで幸せに暮らします。
・・・ここまでくるのにすごく時間がかかりました。もう絶対に離れません。」

smw-u-023


泣き笑いになるカンウに向かって走り出し、抱きつくミョンウォル。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ふたりの二度目の結婚式。

smw-u-024

テガンは、ミョンウォルがこの間どこにいたのか気になるようだが、オクスンは生きてかえってきたのだからそれでいい、とだけ。
ヒボク・オクスンは、リュのことを考えてつらい顔になる。

インアもリュを想い、その場を離れる。
車にもどり、フロントガラスに以前けがしたリュに貸したスカーフがはさんであるのを見つけ驚く。

smw-u-025

離れたところからインアをみているリュ。
その腕や首にはやけどのあと。



新婚旅行に出かけるカンウとミョンウォルの笑顔。

smw-u-026


そしてニュースでは、南北間で協力してレアメタル開発事業を行う旨の政府発表が伝えられている・・・・。



FIN



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

感想・・

脚本家の交代や、中盤でハン・イェスルの職場放棄事件など、紆余曲折があったドラマ。
視聴率もよくならないまま終わってしまい、エリックの復帰ドラマなのに、残念な結果に。

視聴率は最初からよくなかったんだけど、私はドラマの前半のコメディ満載の部分はとてもおもしろく見ました。
★評価も、前半は3~4くらいで、後半が1に落ち込んだ感じ。
それでトータルで★ふたつにしました。

ミョンウォルの浮世離れした行動も可笑しいし、中年スパイペアのダメダメスパイぶりも笑えたし。
ミョンウォルが天井にはりついたり、スパイペアのバカバカしいニセ親なりきり演技に騙されるカンウも相当笑えたわ。
カンウがミョンウォルにぞっこんで、だんだん壊れていく のも面白かった。
ハン・イェスルとエリックのゴージャスなルックスのカップルは目にも楽しかったしね。

途中、シュリのパロディドラマ撮影のあたりまでは楽しめたんだけど、カンウがなんどもミョンウォルに騙される話が繰り返されて冗長になって、11話くらいから退屈なドラマになっていったような・・。

本来、そこらへんからがシナリオの見せ所というか、こちらの予想を超えるような展開になってほしかったのに、とくに伏線もないし、四合書とか、カンウの父の事件とか、はじめからネタのわれている話がくりかえし使われるだけで退屈でした。
ラストも予想どおりだったし。

終盤はリュの切ない表情や笑顔が魅力で、それだけのために見ていた感じ。


たしかにハン・イェスルの行動は弁解の余地なしだろうけど、制作責任者のひとたちは、俳優やスタッフが現場で苦労する価値のある脚本なり演出でドラマのクオリティをあげてもらいたいです。
とくに脚本は、せっかくのスパイコメディなんだから、もっとイマジネーションを駆使したものを期待してただけに凡庸なものだったのが残念でした。

スポンサーサイト

Comment

こんにちは

いきなり全然関係ない話ですみません。
KNTVで、今、「最高の愛」「49日」(これは先週終了の放送をしていて見ていたのですが、トッコ・ジン、ガン、カンウの着ているなんかそれだけ見てるとさわやかなブルーなんだけど、全体でみるととってつけたようなブルーのJK(あんまり変なので印象に残っている)同じかな~と思っているのですが、、、、。いかがですか?(と聞かれても困るか?!)

ところで、私もこのドラマ、komachiさんのレヴューが面白かったので見始めたのですが、なんかどんどんしりすぼみになってしまいましたね。

先週、全州、慶州、ソウルに行っていたので、ガイドさんといろいろドラマの話もしたのですが、ハン・イエスルのボイコットは韓国では「こどもっっぽい」と受け取られているそうです。

でも、ゴージャスルックといい、私の好きな女優さんのひとりなんですが、、、。

703さんへ

あんにょん~

>トッコ・ジン、ガン、カンウの着ているなんかそれだけ見てるとさわやかなブルーなんだけど、・・・・

トッコのは覚えてましたが、カンウは過去記事でそれっぽいのがあって確認したら、ミョンウォルの素性を疑ってヒボクたちに突然会いに行くときにブルージャケット着てますね。
でも、カンウのはダブルで、トッコのはシングルボタンでした。

色めはそっくりでしたけど。

カン@四十九日、は・・・全く覚えてません。>_




>なんかどんどんしりすぼみになってしまいましたね。

残念でしたね~はじめのころのB級コメディぽいところがとても好きだったのに。

先入観のせいかハン・イェスルの離脱事件のあとの後半部分、彼女自身、精彩を欠いて見えました。
キャラクターもだんだん魅力がなくなったし。

職場放棄は・・たしかに大人の対応ではなかったですね。v-12

このあとドラマや映画にキャスティングされるのかどうか・・事務所は強そうなところですけどね。v-14

お疲れ様でした~

komachiさん あんにょん♪
スパイ…リタイアされたんじゃないかと…やっかん不安に…
でも、最後までレビューして下さって!!感謝です。^^

もぉ~!シナリオがダメダメなぶん、komachiさんのピンクコメントに助けられながら、どうにかラブコメとして最後まで視聴できたようなものですよっ!!

韓国ドラマの日本人もそうなんだけど…スパイの現状なんかリサーチが足りないというか…時代考証間違っているというか…(苦)
エリート官僚のリュですら最後のツメが甘いという…
トホホ…(溜息)な展開でしたねぇ…
Aulはひとえにカンウ@エリ兄のカッコ良さ故に最後までリアル視聴頑張りました。

エリ兄…あに…エリ・デッピョンニム(代表)には、これからは神話カンパニーでカムバックに向けて頑張っていただいて…( ̄∇ ̄)

そうそう…このドラマで面白かったのは…何を隠そう…?後半のインアのキャラだったんですよ。…最初は全く眼中に無かったんですけど、後半、生意気さの中にも可愛らしさも出てきたりして唯一のコメディキャラだったような気がします。(ヒボク&オクスンはモチロン面白かったですけどね。^^)

今回もkomachiさんのレビューにとっても助けられました~♪
ありがとうございます。^^

P・S…イルぐんとギウぐんのイケメン・ラーメン店(?)…Aulもちょっぴり期待です。^^
また、素敵なドラマを紹介してくださいね。^^

Aulさんへ

あんにょん~

ちょっと、というか、ペンにはかなり残念なドラマでしたね。

ワタシはもっとぶっとんだ展開を期待していて(実はカンウもどこかのスパイだった、とかv-355)、最後までなにも意外なことがおきないで、花火が打ち上がらないままシュルシュルと消えた感じ・・みたいな。v-8

イナ、途中まではイラつく子だったのに、スタイリストがやめた頃から笑えるキャラになりましたね~
リュもややこしいミョンウォルはさっさと見切ってこっちにすればよかったのに。笑


>エリ・デッピョンニム(代表)には・・・

オモ、自分たちで会社を立ち上げたんですね~
成功例をつくって、後輩グループの目標となるようなビジネスモデルになってもらいたいわ~。^^

イケメンラーメン店、チョン・イルが高校生役?みたいなことをどこかで見て・・・・それってアリなのかしらん。v-394

おはようございます~^^。

最後あげてくださったんですね、ありがとうございました。
お疲れ様です~。
ほんと、皆様おっしゃるとおり、後半ずぶずぶになってしまいましたけど。繰り返しが多かったのが、うーん・・・・でした。
倉庫でしばられてるの何回みたことか・・。港では絶対先回りされてるし・・。
笑えたり、可愛かったり、切なかったり、いいところもあったのにと残念です。

でもkomachiさんのレビューが面白くて・・・エンタメとして一級品だと思います~~。正直本編を上回っていました^^。楽しかったです^^。

ハンイェスル騒動のことも・・・
>製作責任者の人たちは、俳優やスタッフが現場で苦労する価値のある脚本なり演出でドラマのクオリティをあげてもらいたい・・
流石です~^^。そうですよね~~。韓国の方は皆ほんとに芸達者なので、本さえしっかりしていれば・・・。

>カンウがスパイ・・・
いいですね~。私はしょうもないのしか思いつきませんでしたが、凄いです^^。


視聴率

こんにちは
とりあえず問題なくラストがハッピーエンドで一安心しました。
リュもケロイドがありながら助手席の彼女を守ったってことでしょうね。

その後、ハン・イェスルさんのバッシングは止まったのでしょうか。同時期に怪我しても頑張ったパク・シネさんと比較されてしまいましたね。

エリックは復帰作なのに散々だったですね。
でも最初にキャスティングされていた「ポセイドン」も
似たような視聴率低迷でどっちがよかったのか微妙です。

No title

こんにちは~。
スパイのラブコメということで、とても期待して視聴しはじめたドラマでしたが、
すったもんだもありまして、尻つぼみ的な感じになってしまいましたね。

最初から最後まで安定して面白かったのは“中年スパイコンビ”だけでした^^;
オクスンの冷麺屋、お店の看板も堂々として超繁盛しており、
幸せな暮らしぶりで私も嬉しくなりました。
この女優さん、今まで見たドラマの中ではこのオクスンが一番キュートで、
本当にぴったりの役柄だったと思います。
途中からショートカットになり、毎回首に巻いているスカーフが可愛かったです^^

kurumiさんへ

あんにょん。

最終話の記事が遅くなって失礼しました。v-421

記事をよく読んでくださってありがとうございました。
でもちょっとほめすぎです・・^^;;
あまり見ているひとが」いないドラマ(笑)だったので、こちらのほうこそコメントをいただけるととてもうれしかったです。^^


>倉庫でしばられてるの何回みたことか・・。港では絶対先回りされてるし・・。

あははは、マッタマッタ!
なんか同じ話をぐるぐる見させられた気分だったのはそのせいだったのか~~納得です。v-392

でも、世の中でいわれてるほど悪いドラマと思わなかったけど・・kurumi さんの言うように切なかったり、いいところもあったので。


ここだけの話ですが、ドラマの本数が多いわりにはおもしろい台本を書く人が少ないですよね・・v-403
マクチャンドラマは書けるというひとはいるんでしょうけど。
そういうのでないおもしろいドラマを期待してるんですけどね~こっちは。(と、海のこっちから叫んでも届かんけど>_<)

SOPHILさんへ

こんにちは。

>リュもケロイドがありながら助手席の彼女を守ったってことでしょうね・・

まず彼女を車外に出したんでしょうね。
最後まで守護神でした。

バッシングはどうなんでしょうか・・
この次にキャスティングされるかどうか、されたとして反応がどうなのか、気になりますね。

>「ポセイドン」も
似たような視聴率低迷でどっちがよかったのか微妙です・・

なるほど、そういう風に考えると確かに。
「ポセイドン」のほうが資金はつぎこんでいるようですが、あまり視聴率はあがりませんね。

エリックは、ずっと前にも出演ドラマが事故かなにかで途中打ち切りになったような・・ちょっと気の毒ですね。

萌萌さんへ

あんにょん~

>オクスンの冷麺屋、お店の看板も堂々として超繁盛しており、
幸せな暮らしぶりで私も嬉しくなりました。

me too!
看板に大きなオクスンの写真ものっていて、文字通り看板女将だなァと。^^

女優さんの件も同感です。
かわいらしい奥さんみたいな役が多かった気がしますが、今回のキャラがいままでで一番印象的でした。

スカーフ、そうそう、ワタシも思ってました。
おしゃれだな、と思って。

あのペアがかんたんに社会復帰するのは現実的なのかどうか知りませんが、そこは全然気にならなくて、ともかく幸せそうでよかったです。

全く同感です!!

こんにちは。何度かおじゃまさせてもらってます。今ままでもKOMACHIさんコメントに賛成!がほとんどだったのですが、今回は特に同感!!です。
もともとエリックにはあまり興味がなく、なんとなく見始めたのですが、なんとかっこいい!!美しい!!イエスルもきれいだし、声がかわいいし。久しぶりにキュンキュンわくわく大笑いで見ていました。前半まで。。。
最初からやけにリピートが多いことが気になっていましたが。。
10話ぐらいのドラマだったらおもしろかったでしょうね。
ドラマでミョンウオルがアドリブで自分を撃つシーンなんて泣いてしまったし。
後半は、まだあるの?って感じで同じことの繰り返しですよね。スパイのくせにそこでそんな話をするかっ!という場面も多いし。
後半のお楽しみはガンウを見ることだけだったと思います。
確かにイエスルも精彩を欠いていたような。。。
周りに見た人かいなくて、この気持ちがぶつけられずに、鬱々してたのですが、KOMACHIさんが、ここであげてくださっていてうれしかったです。
とは言いながら、前半の中年スパイとガンウのやりとりが好きなので、リピートして見ています!
また楽しませてください!!

mimikaさんへ

こんにちは。
コメントありがとうございます。
中年ペアが好きな人が見つかって嬉しいです。^^

>キュンキュンわくわく大笑いで見ていました。前半まで。。。

そうなんです!
視聴率は最初っからいまいちだったけど、前半は悪くなかったんです、というか面白かった!
主役ペアもゴージャスだったし。
でも、いつのまにかハレホレヒレホレ・・・になったんですよね・・。泣

>周りに見た人かいなくて・・・

あははは、やっぱり。
ワタシもなかなかひとにオススメとは言いにくくて。
前半だけ見てください・・とも言えず。爆

またよかったら、お越しくださいね。^^
非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール&ひとこと

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スクロールはカーソルをあてるとストップします♪

★★ 「秘密の森」が終わってしまい、このあとはイ・ヨニの「再会した世界」を見るつもりです。わりあい評判が良さそうなので。 ★★ ★♪ここへのコメントのかたはこちらをクリック♪

最近の記事

FC2カウンター

訪問ありがとうございます.

USERS ONLINE

現在の閲覧者数:

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。